LIFE

戸田での合宿生活&部員の素の姿をブログで紹介!練習のこと、仲間のこと、オフの出来事、etc

Page 2 of 13

「つらさ」の後には必ず「幸せ」

 

 

 

 

ボート部に入ったときにはきのこみたいな髪型だったので、キノコと呼ばれていましたが、最近髪の毛が伸びて人間的魅力が増していると思われます。野方です。
ラストライフでは、四年間ボートをやっていて気づいたことを書きたいとおもいます。
それは、
「つらいことの後には、かならず幸せがくる」ということです。
例えば

《SFC1限練習からの…》

私がこの四年間で最も耳にするのを恐れた言葉。それは、「SFC1限」。
これは、SFC1限の授業に間に合うように朝練を終わらせなければならない、という意味です。
この一言を消灯前に聞いた翌朝はAM4時15分から練習が始まります。要するにAM3時45分くらいに起きなければいけません。3時45分はもはや朝ではありません。真っ暗です。早起きは三文の徳といいますが、この練習をすると一日中眠すぎて、あまり得をした気分にはなりません。
この早朝ならぬ深夜練習の後に、果たして幸せは待っているのでしょうか。
実は、待ってます。

練習していると、朝日が昇ってきます。

S__11567138

この美しい朝日をコースの特等席からクルーみんなで見られる。幸せです。

S__11567139

(この写真はオリビアが送ってくれました。オリビアありがとう!)
《苦しい河練からの…》
河練。なんだかんだきついのは荒川まで船を持って行く時です。今日もキムミナの絶叫が遠くから聞こえてきます。
船がイワオになったときは地獄でした。ガンネル細すぎ。
そして、川にボートを浮かべると、モーターから秋ヶ瀬までUTという指示を受け、秋ヶ瀬に向かいます。
このUTをやった先に、果たして幸せは待っているのでしょうか。
実は、待っています。

電車の音が徐々に近づいてきます。ラストスパートで水中をあげます。最高に苦しいです。鉄橋を超え、「イージョ」とコールされ、横の土手を見ると…
S__11567134

一面真っ黄色の美しい景色が広がります
ちょうど早慶戦合宿の終盤になると秋ヶ瀬は菜の花で埋め尽くされます。
S__11567135
この景色を見て癒されれば、帰り道もガンガン水中が出せます。

じゃあ、川下に行くときは何もないのか…
いやいや、ありますよ!
S__11567136

赤羽鉄橋のところでは芝桜と桜のコラボレーションが見られます!
S__11567137
つらいパドルの後には必ず幸せが待ってるんですね。

《早慶戦の連敗からの…》
早慶戦で早稲田に勝つ

長年の慶應女子部の先輩方がそのために努力し、それでも実現できずにいること。

今年も実現できませんでした。

S__11567140

今年の早慶戦でのこの瞬間を私は一生後悔するし、一生引きずると思います。

「もっと練習でハイレートをやりこんでいればこんなことにはならなかったのか。」
「バウの私がしっかり漕げていればこんなことにならなかったのに」
「ラストスパートをもっと遅くいれてればよかったのか」

試合が終わった後は、後悔だけがただただ募っていきました。この一瞬で、クルー全員で掴みかけた勝利がこぼれ落ちていきました。毎週土日に来てくれて、深夜までリギングをしてくれたコーチや、応援してくれた先輩方後輩たちに申し訳ない気持ちでいっぱいでした。

早慶戦で負けた日の夜、ベットで泣きながらそのときの気持ちを忘れないように練習ノートに書きました。そのノートを今年何度も読み返し、その瞬間を思い出して何度も泣きました。何度思い出しても悔しくて悔しくてどうしようもないです。
この早慶戦という舞台で勝つためには、早稲田の2倍も3倍も練習をして、早稲田のだれよりも強く漕いで、心から勝ちたいと思い続けなければいけません。
それはつらくて大変なことですが、クルーみんなでそれができれば、「エグ楽しい」毎日が送れるのでは無いでしょうか。
慶應にとってつらい結果が20年以上続いています。でも必ず幸せは来るはずです。
「つらさ」の後には必ず「幸せ」がやってきます。どんなにつらくても、目指すところが高くてどんなに不安になっても、クルー全員が決して諦めずに同じ方向を向いていれば必ず「勝利」を掴み取れると思います。
来年の早慶戦は、後輩たちが「幸せ」を掴みとってくれると信じてます。
私はもう早慶戦にはでられないので、四年分の思いを全日本でぶつけたいと思います。
応援よろしくお願いいたします!

次は、「真面目さ・優しさ・愛嬌」全てを持ち合わせている、完璧な男、細田くんです。

遊び

寺坂君から紹介頂きました長石です。
いよいよラストライフですね。感動はしないと思います(笑)
では書いていきます。

監督が全ミの中で話した4年間をかけた壮大な「遊び」も終わってしまいます。
僕はこの「遊び」という表現がとても好きです。監督が1度話しただけだと思いますが僕には心に残っています。これには色々な意味が込められているような気がするからです。

まず1つ目が辛い練習をしているときや心が折れそうなときもありますが自分が好きでやっていることです。貴重な時間やお金をかけてやっているのだから本気で取り組まなければ時間やお金のムダになってしまいます。だから心が折れそうなときは初心を思い出して自分で始めたのにツラいところから逃げ出してかっこ悪くないのかと自問しながら頑張ってください。

2つ目が遊びは夢中になるから時間があっという間にすぎてしまうということです。ボート部も4年間ありますが引退はすぐです。1つ1つの練習に本気で取り組んでほしいです。手を抜き続けてしまうと後に取り返しがつかなくなってしまいます。4年生の最後の試合にすべてやり切ったと言えるように頑張りましょう。僕も最後の最後まで本気で取り組んでいきます。

3つ目は楽しいと感じるところはどのような点に見つけてもいいということです。ボート部の生活で楽しめることは意外とあると思います。同期とわいわい過ごしたり、ボートを深く知ったり、辛い練習の中で自分に打ち勝ったり、自分の弱さや強さを知ったりなどです。数えきれないほどあって人の数だけあります。後輩にはこれらを多く見つけてボートを楽しみながら深くつきつめてほしいです。

他にも人によっては「遊び」の意味を受け取れるかもしれませんがこのあたりにします。

OBの方や先輩、同期、後輩、家族などたくさんの方々のおかげでこの「遊び」に夢中になれました。とても充実した4年間でした。

この4年間の経験を生かしてカッコいい大人になりたいと思います。

次は4年間で魅力が増したと言われている野方です。

ついにきてしまったLAST LIFE

みなさんこんにちは。
たっちーより紹介を受けた4年の寺坂僚太です。

ついにラストライフが回って来ました。皆んなのライフを読んで思うことは『文章うまくね?』なんやかんや皆んなうまくまとまった良い文章書くなぁとしみじみしていました。
僕もなんとか頑張ろうと思います。

ただ、書くことがない。。。
書くことがないというより何を書けば良いのかわからないという状態です。自分が思ってることを全部書いたら1冊も売れない本が書けそうです。
なので引退を間近に控えて今思ってることを超々厳選して書くと

『寂しい』

です。そうなんです。寂しいです。僕が端艇部に入った理由は日本一になれるからでもボートがかっこいいと思ったからでもなく、このチームの人や雰囲気が好きだったからです。だからもし、ここがラクロス部だったら僕はラクロス部に入っていたかもしれません。そんな直感的に入ったボート部でしたが、僕の直感は正しかったです。艇庫にいる時間は楽しくevery day 修学旅行のような気分でした。そんな場所にいられなくなるのですからそれは寂しいです。

しかし、どれだけ寂しいと言っても引退までの日数は変わりません、なので残り本当に少ない日数をより一層噛み締めて過ごしていきたいと思っています。

最後に支えてくれた監督コーチ、OBの方々、マネージャー、そして現役部員の皆さん、こんなにも引退することが寂しいと思わせてくれる4年間をありがとうございます。
感謝を形にするためにも全日本でしっかり勝ちます。
さて締まりのない文章をだらだらと書いてしまったので、僕のラストライフはこのくらいにして次のバルトの感動ラストライフに期待することにします。バルトよろしくね。

本当の最後に愛すべき128期の成長の証を乗せて終わりたいと思います。

1年山中湖合宿

0EC95728-CCE7-4277-9407-74EFC6711E1E

 

 

4年遠漕

92865521-794F-4E80-B8E9-2A9B37C3E547

 

4年間ありがとうございました

こんにちは。4年生マネージャーの立川千尋です。

今回は最後のライフということで、4年間マネージャーをやってきて感じたことを、色々と考えてきました。

考えてきたのですが、色々とありすぎてまとまらなかったので、ざっくり書きたいと思います。

私にとって端艇部で過ごした4年間は、大きく分けると2つの時期に分けられます。

前半の2年間は、辛くて悩んでばかりだった暗い時期で、後半の2年間は気持ちが若干明るくなった時期です。

1・2年生の時、私は同期のマネージャーと後輩がいませんでした。いつも1人だったことに加え、私は本当に仕事ができませんでした。メールの作成では間違えが多く、生活備品を注文する際にも間違ったものを頼んだりしていました。勝手に自己嫌悪に陥っては、周りや環境のせいにし、負のスパイラルに陥っていたような記憶があります。そんな自分がだめだとわかっていながらも、なかなか直すことができませんでした。

後半の2年間は、同期のマネージャーと後輩に囲まれて過ごし、環境が大きく変わったように思います。まず、気持ちが大きく楽になりました。もう自分が一番下ではないという思いから、気が引き締まったように思いますし、1人じゃないと思うと、気持ちが明るくなりました。もちろん前半2年間の教訓もあるのですが、後半2年間の方が学ぶことが多かったように思います。周りの人の良いところを見つけられるようになったり、自分の長所・短所共に受け入れられるようになりました。

私は4年間、周りの人に助けてもらってばかりいましたが、この部活に在籍したことで、自分自身も、将来のことも考えられるようになりました。

今までありがとうございました。次は寺坂君お願いします。

LIFEもLINEも超つまんねえのか俺…

 

 

 

 

こんにちは。

筋肉日焼けモンスターこと笹岡から紹介を受けました、端艇部128期の高橋航平です。

 

笹岡と最初に話をしたのは3年前の4月、艇庫で試乗会をした帰りの電車だったことをよく覚えています。

彼は持ち前の爽やかさと韓流イケメンパワーで同期メンバーと積極的に話をし、仲を深めてくれていました。

この4年間でそんな彼の女性に対して優しい姿勢、後輩に対する面倒見の良さ、イジるとたまにガチギレする所、その他ブラックな部分など・・・色々な面を見ることが出来ました。ここでは語り尽くせないのでそれはまた別の機会に。
IMG_4396

 

 

さて、いつもなら副将の高田直人から紹介を受けるはずの僕ですが、「俺、副将やから最後の方に更新するしお前先にLIFE書けや(鼻ほじりながら)」という高田の心ない言葉により先に更新することになってしまいました。

なので今日の朝、急遽書き始めたこのラストLIFEはまとまりがなく読み辛くなってしまうかもしれませんがご容赦ください。

直人はもうちょっと人の気持ち分かるようになろうね☆彡

直人の超絶怒涛の感動LIFEはcoming soonなので乞うご期待です。

 

IMG_1939

 

 

4年生のラストLIFEリレーも中盤に差し掛かり、みんな結構いい事書いてるなーと感じています。

僕も何かいい事書きたい!と思ったのですが、すぐには出てこないものですね。文才が急に上がるわけでもなく、、、

 

「LINEの内容がつまんねえなお前」という、現代人にとっては致命的な煽りを普段から受けている僕には、ラストLIFEなんていうものは荷が重すぎるのかもしれません…

題名の通り、LINEもLIFEも超つまんない文章ダメダメ野郎になってしまいそうです(*_*)

 

 

文才がないなら、せめて熱く語れるものについて書こうと思い立ちました。僕が熱く語れるもの、それ即ち、マンガ!JAPANESE MANGAです!

 

艇庫生活の4年間を振り返ると、暇な時間はマンガを読むことに費やしてきました。練習の合間のマンガ時間が僕の至福タイムです笑

暇な時間にマンガ読んでる人、多いんじゃないですか?そんなに多くないですかね?多いってことにしておきましょう(^^)
そんな皆さんも一度は読んだことがあるんじゃないでしょうか、日本で1番売れているマンガ『ONE PIECE』についてお話したいと思います。

主人公の海賊モンキー・D・ルフィがワンピースというお宝を目指して仲間と共に旅をする海洋冒険ロマンです。

IMG_7033

 

日本一のマンガだけあって、感動するシーンがたくさんあるんですね。僕も何度も涙腺が緩む場面があります。

ルフィのカッコいい所は、本気で怒る時はいつも誰かのためで、その時に最高の力を発揮して仲間を助ける所です。そんな姿勢に周りの人達も心を許し、ついていくようになるのです。

 

IMG_7035

IMG_7031
ルフィのように仲間のために頑張る気持ちが最高の力を引き出し、そして人を感動させることができるのだと読んでいて強く感じます。

ボートのレース中の1番キツい時でも、自分のためではなく信頼する仲間や支えてくれる多くの人のために漕ぐ気持ちこそが、僕たちを突き動かす原動力になるのです。

 

そして、週刊少年ジャンプの三大原則は友情、努力、勝利ですがこれらはボート部員である僕たちにも通じる精神だと思います。

 

今のボート部には心から信頼し合える仲間との友情、ひとつの目標に向かって進む努力があります。
あと一つ勝利を得るために僕たちは最後の一本まで漕ぎ抜きます!

 

どうか最後まで応援よろしくお願い致します!!

 

長くなってしまいましたがこの辺で終わりたいと思います。

それではみなさんまたどこかで。

 

つぎはたっちーです。よろしくね!

さよなら部活道

 

 

 

 

 

 

 

みなさんこんばんは。

 

てつお君にバトンを渡されました、笹岡裕之です。感動ライフは書けませんでした(泣)

彼とは同じ塾高バスケ部の先輩である小原さんに勧誘を受け、気づいたら七年間一緒でした。いやーおつかれ。早いもんだね。

 

これまで何度も先輩方のラストライフを見てきましたが、まさかこんなにも早く自分の番になってしまうとは、、、。光陰矢の如しとはこのことです。気をつけろよ〜後輩たち。あっという間だぞ。

同じような毎日の中でなにか新しいことをしてみよう。昼寝は、実は1時間以上するとよくないらしいよ。

 

IMG_7078

 

 

 

僕は難しい話は得意ではないので、この4年間を写真で振り返っていこうと思います。グーグルフォトに端艇部の写真がリンクしちゃってたくさんあるのです。

 

IMG_5232

IMG_4981

 

この二枚は、一年生のオックスフォード盾レガッタの写真です。まさにエンジョイローイングの全盛期でした。もちろんボートは今でも楽しい(!?)のですが、純粋に新しいスポーツの試合に新しい仲間と出場することは、新鮮で楽しかった。

記憶に残っているのは、

 

「3番4番リリースぅ(怒)」

 

この言葉はバウであり当時の4年生であり我らリバツー族(高田北原小坂高橋笹岡)の師であった大木さんが2千回くらい放ったものでした。ちなみに僕は2番(写真2枚目参照)

 

IMG_5225

 

これは4年生125期引退。僕らは当時よく、4年生になったらあんな感じに大人になれんのかな?みたいなこと言ってました。なれてたらいいのですがあっという間過ぎて実感わきません。

最後は背中で見せようぜみんな!!

 

 

 

IMG_3746

 

ニコニコおっ君とてつお

 

 

IMG_3748

 

ストローク高橋コウヘイが絶賛されていた時。

 

IMG_3757

 

どちらも一年の新人戦。直人がなんかスリム。

 

その後早慶戦で感動的勝利をしたのですが、写真がなかったので残念ながら割愛、、、!

 

IMG_2552

 

翌年の2年生のインカレではてつお君と今村君が付きペア、寺坂君がなしフォアでメダルを取って、本当に感動しました。

この時パーマをかけたらババアと言われパーマの乱気流による抵抗でインカレに負けパーマもうかけないと決めました。

 

 

IMG_3101

 

2年生の新人戦。銀メダルは悔しかったけど嬉しかった。

今の2年生1年生には全幅の信頼を寄せています。まずは全日本だけど、新人戦頑張れ!!練習楽しくやって、自信持って金メダル宜しく!!

 

 

 

、、、とまあそんなこんなで長すぎちゃうので、

やっぱり振り返り写真はこのへんで、、、

 

とにかくこの四年間は、大学生というよりはちょっと勉強するボート選手って感じでした。

オフは少ないし、毎日同じような練習で飽き飽きすることもあったけど、

 

毎日同じ仲間と同じ場所で同じ時を共有することで、互いに絆は深まり、良き財産を得たと思います。いつもありがとう!

後輩たちも練習辛いなあとかあったらとにかく仲間に頼ろう!何かしら楽しいことして気を紛らわそう!!そしたらハッピーな艇庫生活で自然と練習もハッピーに。

あと、同じ練習をこんなにするなんてつまらない!って思うかもしれないけど、、、

 

 

頑張れ!いつか楽しくなる!!辛抱あるのみ!!!

 

 

 

 

最後に、ありきたりかもしれませんが感謝の言葉を。

これまで僕らを支えてきてくれた皆様、有難う御座いました。

忙しいのに監督として土日を裂き続けてくれる小澤さんたちコーチ陣をはじめ、マネージャーとして長い間頑張ってくれた宇津木、伊澤くん、シェフの浅倉、そして僕が勧誘したパリピ片山。厨房追放どんまい。ちょっと早いけどお疲れ様!ありがとう!

 

 

そして父さん母さん今まで本当にありがとう!遂に小学校からの部活道ともさよなら。昔から長々と迷惑かけました、、、。

でもあとちょっとよろしく!

 

 

 

IMG_6904

 

来たる10月26日、128期、そして端艇部の集大成をぜひご覧ください!

全日本応援宜しくお願い致します!!

 

 

それではこの辺でお別れとしましょう!!

 

 

またどこかで!!ザイジェン!!

 

 

 

 

次は、童童(トントン)高橋航平です。ラストライフ宜しく。

 

 

 

笹岡裕之

 

 

 

 

 

自分なりの答え

 

 

 

 

こんにちは。端艇部128期、商学部4年の小坂哲生です。北原君はいつの間にか129期になっていたようですが、これはもしかしたらシャイな彼なりの現役続行の意思表示なのでしょうか?(笑)

まあそんなことははさておいて、とうとう最後のLIFEになってしまいました。僕はあまり文章を書くのが得意ではない上に、最後にして初めて真面目にLIFEを更新しようと考えているので、どうか多少のミスは温かく見守っていただけると幸いです。

自分でもこの4年間色々あったなあと振り返っていて思います。入学当初の体重が90kgを越えていた時期に始まり、秋には、シングルに乗って圧倒的なビリレースを高橋と繰り広げ、下手過ぎてシングルから降ろされるという珍事?を起こした事もありました。他にも怪我をして大部屋の隅っこで小さく存在感を消してずっと漫画を読んでいた時もありました。そんなこんなで時間は流れ、気付いたらもう引退間際になってました。

正直ラストLIFEでは4年間の振り返りをすればいいと思っていたのですが、前回の全体ミーティングの宍戸さんのお話を聞いて、少し気が変わり別の事を書きたいと思います。それは自分なりに4年間かけて考えてきた事で、この端艇部のもっと良くなるとおもうポイントであり、自分が全く実践できなかった事です。

急ですが、努力しているってどういう時だと思いますか。それ自体は人によって様々だと思います。エルゴ引いてる時、ウェイトしている時、艇に乗っている時、野球部なら素振りしている時、バスケ部ならシュート練習をしている時でしょうか。

スポーツを続けていると、自分もずっと感じていた事が起こります。なんで、こんなに努力しているのに、きつい練習を毎日しているのに成長できないんだ。なんで勝てないんだ。本当に絶望したくなる時もありますよね。あんなに毎日河練習で漕ぎまくって、努力していたのになんでなんだ。おかしいだろってボートを大嫌いになった時もありました。

でも8月の奥只見湖合宿明けに、家でゴロゴロしている時にふとある言葉を見つけました。

「努力は必ず報われる。

もし報われない努力があるのならば、

それは努力とは呼べない。」   日本のプロ野球選手の王貞治さんの名言です。

今まで、ボート技術が成長しないのは、自分が向いてないからで仕方がない事だし、こんなに練習しても勝てないのはきっともっと向いてる人たちを相手にしているからだろうと思っていました。

でも、この言葉を見た時、自分がしてきた物はそもそも努力と呼べるのか?という所に気が付きました。確かにどんな時も力いっぱい出力してきたし、集中力がなくなっても頑張ってきました。しかしそれは努力なのか?自分の課題に対しての最善の方法だったのかと考えると、全く違いました。

その時の僕なりの答えはこうです。

努力する事≠頑張る事

努力する事=何かを向上させることです。

だから、努力しているのに成長できないとか、誰よりも努力しているのに勝てないという事はないです。成長が出来ないのはただ頑張っているだけであり、それは努力ではなくむやみに練習をしているだけだからです。勿論体格の差や向き不向きはあると思いますし、僕たちが世界レベルの選手にと言われたら、違うと思いますが、インカレや全日本レベルなら勝てないのだって、単純に努力不足と考えられると思います。だからこれを読んだ後輩にはもしよければ考えながら練習に取り組んでほしいです。それは、何も考えずに長い距離をこなすのでも、エルゴをひたすらガンガンやるのでもなく、与えられた事に従うのでもなく、自分に必要な事を選ぶことです。最後の最後まで、気付きませんでしたが、コーチの方は思ったよりも優しく、考えてることを伝えると尊重してくれるはずです。これをやっても意味がないと考えながらやっても、それは実にならないし、努力しているとも呼べません。だから、むやみにエネルギーを使うくらいなら、今日何が向上できるのかとか、何を武器にすれば自分は他人に勝てるのかとか考えていた方がいいと思います。

こんな当然の事に、小学1年生の頃からスポーツを始めて、最後の最後にして気付きました。もっと早く気付いていれば、ボートにおいても、高校までのバスケにおいてももう少し違ったのかなとか後悔していたりします。

私の様な若輩者が、上から目線な文章な上に、乱文失礼致しました。しかし、自分なりに端艇部に関わってきて、最もこの部分が欠けていると感じた部分であり、自分自身出来なかった部分を伝えようとした結果ですのでどうかお許しください。

最後になりますが、今まで端艇部だけでなく、自分の人生を支えてきてくださった方々本当にありがとうございました。色々な方々のお世話になったのに短い文章になってしまい申し訳ありません。今までの人生は後悔ばかりのでしたが、一人ではこんなに幸せな人生にはできませんでした。この気持ちを集大成としての全日本選手権で見せられればと思います。

以上、何かカッコつけた文章になりましたが、大して中身は成長していないのでどうかこれからもよろしくお願い致します。

次は、高校以来7年間の付き合いの笹岡君です!!感動のラストLIFEを期待しているね(笑)

 

なまか

 

 

 

皆さんこんにちは。129期の北原です。

今回は、極厚で熱盛な、GOKUATSUMORI LIFEをお届けしたいと思います。

LAST LIFE。。。何を書こうか結構悩みました。悩んだんですがあまりいい案が思い浮かばなかったので奇をてらうのはやめました。

僕が今から書くのは何の変哲もないつまらない典型的なLAST LIFE。端艇部での4年間で得たものについてつらつらと書いちゃう系LIFEで大変退屈かとは思いますが、どうかお付き合いいただければ幸いです。

僕が艇庫入りしたのは、2014年4月2日でした。入学式の次の日でした。

なぜこんなにも早く入ったのかというと、僕の記憶が正しければ当時マネージャーであった宮本俊平さんから「YOUいつ艇庫入るの?どうせ入るなら早く入っちゃいなYO!」的な勧誘LINEを頂き、若かりし頃頭の悪かった僕はノリで「はい!できるだけ早く入ります!」と返事したのがきっかけだったと思います。

この早期合宿入りに関してはそこそこ後悔しております。完全に生き急ぎました。笑

これを読んでくれている高校生諸君!

かの有名なシェイクスピアも言いました。人生は選択の連続です。物事はもっと慎重に決めようね☆

とまあ、冗談はさておき、この2014年4月2日から本日2017年10月16日に至るまで実に1294日間の端艇部生活。

僕は色々なことを経験し、色々なものを得ることが出来たと思います。本当ならここに得たもの一つ一つについて詳細に書きたいです。しかし、そんなことをすると広辞苑並みのボリュームになってしまうので、今回はその中で最も得られて良かった思えるあるひとつのものについて書こうと思います。

そう!それは!ズバリ!女!!!!!おんなああぁぁ!!!!です!笑笑笑

端艇部に入って僕は本当に女の子にモテるようになりました!端艇部最高ー!端艇部ばんざーい!

……………

はい。したっ。

とまあ、冗談はさておき(10行ぶり2回目)、僕が得た最も大切なものそれは「仲間」です。

月並みな言い方にはなりますが、日本一を目指して同じ釜の飯を食い、苦楽を共にし、一緒にバカやってきた端艇部の仲間は本当に兄弟みたいなもんだなんだなあって最近になってしみじみ思います。

とにかくねんむいアップ、お世辞にも楽しいとは言えない練習、だらだら大部屋ストレッチタイム、風呂での裸の付き合い、和気藹々なご飯タイムなどなど、思い返すと艇庫生活ではどのフェーズにも誰かしらが近くにいました。

そんなプライバシーもくそもない環境が嫌で、「家帰りてえ、艇庫抜け出してえ」って1,000,000回くらい思ったと思います。

ですが、引退間際、この段階になってようやく気が付きました。

ここまで人と密に、真摯に関わりあいながら、何かに集中できる経験って実はものすごく貴重で素晴らしい経験なんだ、と。

現役の諸君、一人で自由気ままに生活することは大人になったらいくらでも出来ます。しかし同じ志を持った仲間とこんなにも近い距離で関係を築きながら、大きな目標に挑戦できるなんてこの4年間が最初で最後です。大いに楽しんでください。ただでさえボートの練習は地味で辛いです。艇庫での生活が楽しめなければ、何も楽しいことがなくなって、それはもうただの地獄(HELL)じゃないですか、って感じです。ちなみにこれはあくまで個人的な意見ですが、艇庫生活が楽しめれば練習の方も少しは楽しくなってくると思います。そういうもんな気がします。

最後に…

親愛なるお世話になった先輩方、お世話してやった後輩方(笑)、そして最&高な同期のみんな、本当に楽しかったです。端艇部を通じて出会えたみんなは間違いなく僕の人生で一番の財産です。心から言えます。ありがとうございました。

そして、その今まで関わった全ての人たちをハッピーに笑顔にするために全日本選手権勝ちたいと思います。

以上で僕のLAST LIFEとさせていただきます。

基本ふざけて、ちょいちょい真面目な部分をはさむ。まるで僕の端艇部生活を象徴するようなLIFEになったかなと思います。

次に書いてくれるのは、小坂哲生君です。よろしく~。

P.S. こんなに真面目なこと書けるなんて北原君見直したわ!ステキ!是非一度ご飯でもご一緒したいわ!とお思いの全国の女子の皆様、ページ右上のCONTACTをクリックすればお問い合わせフォームに飛びますのでドシドシご応募ください。ワンチャンあります。お待ちしております。

あんま書くことなくない???うぉううぉう

 

 

 

 

 

こんにちは。慶應義塾體育會端艇部128期三田漕マネの片山です。僕にもこんなかっこいい肩書があるんです。

なんかみんなのライフを見てるととんでもない量を書いてて本気でドン引いてます。あと2週間で引退だと思うと何とも言えない気持ちになりますなあ(T_T)(T_T)(T_T)(T_T)(T_T)(T_T)

今回は、ライフ係のがいしくんに怒られる気がするので、文章書くのへたくそだけど量だけは頑張って書きます。

 

それでは、僕の4年間振り返ってみます。

僕はみんなと違って春からボート部ではなくて、競走部に入ってました。この前その同期が箱根の予選会に出てて少しうらやましかったのは秘密です。

その後は、いわゆるテニサーと呼ばれるところに入って「ウパウパ」してました。

そんな生活が何となく嫌になって、やっぱ部活やろうと思っていたら、高校の同級生でパリピである笹岡君に勧誘されてボート部に入りました。

最初の練習が米澤さんとおっくんと一緒で、バーピー300回をやらされてその日は大号泣したのだけは覚えています。なんだよこの部活頭おかしいのかな??って1日目で思いましたね。そんな僕も試合に出ればこんなにかっこよく漕いでました。異論は受け付けません。あらぶる

そんな2年生の10月にマネージャーになりました。選手をやめてマネージャーになるので普通は悔しさで泣いてしまうと思うのですが、僕は意外とそうでもなくて、悔しさがありながらも結構面白い経験ができるんじゃね??くらいに思ってました。

ところが、コースビデオや河練や食事作りは何回やっても面倒くさいし全く楽しくないし、先輩やOBの方に怒られたり迷惑もかけました。三田漕の仕事も、序盤は年会費は例年より集まらないし、総会、決算は準備が大変でオフの日に艇庫に来て仕事もしました。それでも、どうにか形にできたのは社会人のOBの方々や先輩同期後輩マネージャーがいたからこそだと思います。特に社会人の方と多く関わらせて頂いたことは、本当に貴重な経験でした。ありがとうございました。

 

つまりいい経験ができたってことです。まじめな話も書こうと思えばかけるけど、やっぱりこの辺で。もう端艇部でやり残した事もだいぶ減りました。あとは選手のみんなが全日本で頑張ってるのを見るのと、食事づくりをクビにした浅倉に逆襲するくらいです。

宇津木と一緒に反撃するから覚えとけよ!!!!

 

まあ0.03mmくらいの内容が書けたのでこの辺で、極厚の内容は公約通り、漢KEIGO君が書いてくれます!

よろぴく~~

 

さいご。

 

 

 

 

どうもこんにちは。端艇部128期平部員の奥山です。

 

今村からラストライフリレーを引き継ぐと思ったら、突然の幹部二名の割り込みに遭い急激なハードルの高まりを感じております。困ったな。悩んでもしょうがないのでいつものように徒然なるままに書いていこうと思います。

さて、志木高端艇部の頃から数えて七年、長かったボート部員としての生活もようやく終わりの時が迫っております。七年間を通して振り返ると、前と比べ本当にいろいろと変化していった艇庫生活だなと感じております。その中でも特に艇庫にいる時間がより濃くなった大学四年間は有形無形問わず変化をより如実に感じた気がします。今回はその中の一部を紹介したいと思います。

 

まずなにより変わったのは食事です。ラストライフを書くにあたってカメラロールを漁っていたときにまず目に飛び込んできた一枚がこれでした。

S_6843425485756

もうなんだかわからないかもしれませんがこれはカレーです。汁物ではないです。当時これを四年間食べるのかという絶望感からとった一枚だった気がします。壮絶ですね。それが今では、女子栄養大からのメニュー指導とマネージャー方々の努力の甲斐あって

S_6843409350946

こうなりました。圧巻ですね。これには副将の直人君もニッコリ。

S_6843409313330

また、朝食も野菜炒めからおにぎりに変わり、以前より練習前に朝食をとる人が増えました。

体が資本となるアスリートにとって食事は最も大切な部分。毎日の食事がおいしいこと、三食食べることによって練習へのモチベーション、パフォーマンスが変わるというものです。感謝ですね。

 

二年前には艇庫の改装があり、大部屋、新生コックス部屋、そしてフロンティアルームができました。

S_6843420874276

大部屋改装前

S_6844530126698

大部屋改装後

S_6844530097305

新生コックス部屋

 

大部屋にはロッカールームが新設され、更衣と荷物の保管が楽になりました。多分。

また、私自身改装には関与してはおりませんが、環境大臣として艇庫生活がよりよいものになれるよう微力を尽くしまいりました。今後もより現役部員が住みよい艇庫になっていってくれたらいいなと切に願います。

 

端艇部という組織も大きな変化がありました。そも、私が大学に入部する前の端艇部のイメージと入った後のイメージは180°違うといっていいほど変わっていました。当時主将だった山本さんの下、雰囲気から何からすべて勝つことに向けより貪欲になっていったように感じました。そんな変化の起こった境目である年に入部できたのは今思えば非常にラッキーだったと思います。

そこからも毎年、勝つために、組織が前に進むために様々な変化がありました。あまりに多いのでここには書ききれないので記しませんが、よりよい方向へ向け変わっていったことだけは確かだと明記しておきます。

 

様々な変化を紹介しましたが、その中でも変わらなかったものもあります。

例えば練習前の体操。ウォーミングアップの手順はいろいろ変わっていきましたが、これだけは四年間欠かさずやってまいりました。割と伝統的で古くからある体操らしいのですが、運動前の動的ストレッチはパフォーマンス向上に有効であり、先人たちはそのことをわかってやっていたのでしょうか。すごいですね(小並感)。

慶應端艇部128年の長い歴史の中で培われた伝統は多く存在します。一見何の意味もないように感じるものも多くありますが、一つ一つが意味を持っているからこそ淘汰されずに残ったのでしょう。必要なものは大事にしてください。

 

長々と過去から現在までの変化を書いてきましたが、次は自身が思う端艇部の未来の変化について書きたいと思います。組織が今後前に進んでいくためには様々な変化が必要になると思います。故きを温ねて新しきを知るもよし、あるいはまったく新しい道を突き進むのもよし、後輩たちには勝つために最善を尽くしてほしいです。そのなかでも変化するときに、時流に合った形態を維持すること、これが当たり前かもしれませんが一番大切だと私は考えます。過去の成功、メソッドに固執しすぎず、部員のニーズ、周囲の変化に対応し変化し続けることができれば、きっと今より強い端艇部になれるのではないでしょうか。頑張ってください。

 

なんだか最後まで雑な文章ですね笑 文才もないの書き溜めもしないでぶっつけでライフを書くとこうなります。後輩諸君、備えよう。

そろそろ書くこともなくなってきたので最後に自分のことを少し書いて終わりにしたいと思います。四年前、高校で出し切れなかった何かを求め大学でもボートを続けることを決めました。やめたくなったこともありましたし、迷走した時期もありましたが、本気で日本一を目指す同期、先輩後輩に恵まれ非常に充実した四年間を過ごすことができました。その集大成として今月末、七年間のすべてを表現できるよう、そして願わくば笑顔で最後を迎えられるよう頑張っていきたいと思います。応援のほどよろしくお願いいたします。

S_6843432541022

 

以上!奥山清弘のラストライフでした。長々と書きましたが最後まで読んでいただきありがとうございました!

したっ!

次は同じ経済学部生であり、私の迷走期を共に駆け抜けた片山君です。

 

 

 

 

« Older posts Newer posts »