LIFE

戸田での合宿生活&部員の素の姿をブログで紹介!練習のこと、仲間のこと、オフの出来事、etc

カテゴリー: ラストライフ128期

ライフ隊長のラストライフ

 

 

 

野方さんに紹介されました、慶應義塾大学法学部法律学科4年の細田外嗣です。

彼女はこないだのインカレで優勝しました!まじですごい!全部員からの人気者!アメリカ帰っても元気でね!!

はい。2週間ぶり5回目のライフにして最後のライフを書きたいと思います!

 

同期にライフの更新を急かしたために、自分も早く書かないと怒られそう。

でも圧倒的文才のなさを前に絶望です。みんなのクオリティの高さが信じられません。頑張って書きます。頑張ります。

 

下級生の頃想像していた、引退直前の自分は、

「やっと引退だ!」とか、「さみしい」とかそんな感じなんだろうな、と思っていました。

2014年の僕にとって2017年は見えないほど遠い未来でした。東京オリンピックがまだ想像できないのと同じです。

しかし4年が経ち、思った以上に「終わる」という実感がありません。

自分の中で思ったよりも日常になりすぎたせいで、あんまり信じられません。

 

この4年間の思い出は、同期のみんなが色々書いてくれました。

懐かしい思い出は引退してからゆっくり思い返すとして、

僕はありきたりすぎますが、この部活で学んだことを書きたいと思います。

 

この部活で学んだことはたくさんあります。

人のベッドにチョコレート菓子をばらまいてはいけないこと、朝弱い人には話しかけていけないこと、人のベッドにシャンプーをばらまいてはいけないこと、など。

 

その中で僕の一番学んだことは、「自分に自信を持つこと」だと思います。

これが最も大切でインポータントだと最近になってわかりました。

 

「自分ならもっとできると思って、実力より一歩上の目標に挑戦してください。」

というのは、ありきたりですが、一番大事です。

有名スポーツ選手の書く本のテンプレですね。

でも彼らには絶対わからない、言わないことが一つだけあります。

 

「自信を持てば持つほど、失敗した時のダメージはとても大きい」ということです。

僕たちの代は早慶戦負けました。絶対勝てるという自信があったからこそ、ダメージはとても大きい。

テレビ放送はまだ見れていません。

でも、最初から「相手の方が格上だな」と思って挑戦すれば、おそらく精神的ダメージは軽微だったでしょう。

 

自信を失うような大きな失敗に直面した時、多くは自分の実力に対する自信を疑い、本能的にもうこんなダメージを食らわないようにしてしまいます。

この部活でも「絶対勝てるのに負けた」、「シートレースでびっくりするくらい勝てない」など、自分の実力を客観視できてしまう、自信を疑わざるを得ないような場面がたくさんあります。

 

あまりうまく言えないのですが、それでも、どうにかして自分を過信し続けてください。こんなもんかなと妥協した挑戦はあんまり楽しくないからです。どうせなら夢いっぱいの冒険しましょう。

 

どうしても辛い時は、周りに助けてもらってください。(仲間のありがたみについては北原のライフ参照)

僕はたまに同期の寺坂くんに相談するのですが、彼は99%こう言います。

「まあ、やむなしじゃね」(注:やむを得ないね、仕方ないねの意)

その言葉を聞いて僕は、やむなしな訳ねーだろおおと思い、突き放された気分になります。

でもよく考えると、皆同じ志を持ち、同じように挫折や成功を経験している人たちです。その仲間たちが仕方ないと思うレベルならまだまだいけると思って頑張れました。

皆さんも誰かが必ず助けてくれます。世の中寺坂より冷たい人間はいないよ。優しい仲間にあふれているよ。

 

もし今うまく行かねえと思っているのならば、今直面している挫折なんて過去に誰かが通ってきた道だと思って、自信を持って乗り越えてください。絶対いけます。

 

僕も最後まで自分を過信して全日本に挑みます。

4年間本気で挑戦できる環境と全ての人へ感謝を示すために勝ちたいと思います。頑張ります。

 

ラストライフだと思って読んでみたら思ったよりも説教じみてて腹が立った読者の皆さんへ、超ごめんなさい。

次は超面白くて超感動するライフを我が部の誇る圧倒的副将が書いてくれます。

ご期待ください。

IMG_4592

 

 

「つらさ」の後には必ず「幸せ」

 

 

 

 

ボート部に入ったときにはきのこみたいな髪型だったので、キノコと呼ばれていましたが、最近髪の毛が伸びて人間的魅力が増していると思われます。野方です。
ラストライフでは、四年間ボートをやっていて気づいたことを書きたいとおもいます。
それは、
「つらいことの後には、かならず幸せがくる」ということです。
例えば

《SFC1限練習からの…》

私がこの四年間で最も耳にするのを恐れた言葉。それは、「SFC1限」。
これは、SFC1限の授業に間に合うように朝練を終わらせなければならない、という意味です。
この一言を消灯前に聞いた翌朝はAM4時15分から練習が始まります。要するにAM3時45分くらいに起きなければいけません。3時45分はもはや朝ではありません。真っ暗です。早起きは三文の徳といいますが、この練習をすると一日中眠すぎて、あまり得をした気分にはなりません。
この早朝ならぬ深夜練習の後に、果たして幸せは待っているのでしょうか。
実は、待ってます。

練習していると、朝日が昇ってきます。

S__11567138

この美しい朝日をコースの特等席からクルーみんなで見られる。幸せです。

S__11567139

(この写真はオリビアが送ってくれました。オリビアありがとう!)
《苦しい河練からの…》
河練。なんだかんだきついのは荒川まで船を持って行く時です。今日もキムミナの絶叫が遠くから聞こえてきます。
船がイワオになったときは地獄でした。ガンネル細すぎ。
そして、川にボートを浮かべると、モーターから秋ヶ瀬までUTという指示を受け、秋ヶ瀬に向かいます。
このUTをやった先に、果たして幸せは待っているのでしょうか。
実は、待っています。

電車の音が徐々に近づいてきます。ラストスパートで水中をあげます。最高に苦しいです。鉄橋を超え、「イージョ」とコールされ、横の土手を見ると…
S__11567134

一面真っ黄色の美しい景色が広がります
ちょうど早慶戦合宿の終盤になると秋ヶ瀬は菜の花で埋め尽くされます。
S__11567135
この景色を見て癒されれば、帰り道もガンガン水中が出せます。

じゃあ、川下に行くときは何もないのか…
いやいや、ありますよ!
S__11567136

赤羽鉄橋のところでは芝桜と桜のコラボレーションが見られます!
S__11567137
つらいパドルの後には必ず幸せが待ってるんですね。

《早慶戦の連敗からの…》
早慶戦で早稲田に勝つ

長年の慶應女子部の先輩方がそのために努力し、それでも実現できずにいること。

今年も実現できませんでした。

S__11567140

今年の早慶戦でのこの瞬間を私は一生後悔するし、一生引きずると思います。

「もっと練習でハイレートをやりこんでいればこんなことにはならなかったのか。」
「バウの私がしっかり漕げていればこんなことにならなかったのに」
「ラストスパートをもっと遅くいれてればよかったのか」

試合が終わった後は、後悔だけがただただ募っていきました。この一瞬で、クルー全員で掴みかけた勝利がこぼれ落ちていきました。毎週土日に来てくれて、深夜までリギングをしてくれたコーチや、応援してくれた先輩方後輩たちに申し訳ない気持ちでいっぱいでした。

早慶戦で負けた日の夜、ベットで泣きながらそのときの気持ちを忘れないように練習ノートに書きました。そのノートを今年何度も読み返し、その瞬間を思い出して何度も泣きました。何度思い出しても悔しくて悔しくてどうしようもないです。
この早慶戦という舞台で勝つためには、早稲田の2倍も3倍も練習をして、早稲田のだれよりも強く漕いで、心から勝ちたいと思い続けなければいけません。
それはつらくて大変なことですが、クルーみんなでそれができれば、「エグ楽しい」毎日が送れるのでは無いでしょうか。
慶應にとってつらい結果が20年以上続いています。でも必ず幸せは来るはずです。
「つらさ」の後には必ず「幸せ」がやってきます。どんなにつらくても、目指すところが高くてどんなに不安になっても、クルー全員が決して諦めずに同じ方向を向いていれば必ず「勝利」を掴み取れると思います。
来年の早慶戦は、後輩たちが「幸せ」を掴みとってくれると信じてます。
私はもう早慶戦にはでられないので、四年分の思いを全日本でぶつけたいと思います。
応援よろしくお願いいたします!

次は、「真面目さ・優しさ・愛嬌」全てを持ち合わせている、完璧な男、細田くんです。