LIFE

戸田での合宿生活&部員の素の姿をブログで紹介!練習のこと、仲間のこと、オフの出来事、etc

カテゴリー: ラストライフ129期

後悔先に立たず

 

 

 

 

 

待っていた人はこんにちは。

待っていなかった人も、ブラウザバックは控えて暫しお付き合いください。慶應義塾大学體育會端艇部129期主将の髙崎です。

何か楽しいことでも書こうと思ったのですが、せっかくなので自分語りをしようと思います。

 

思い返せば、こんな”仰々しい”肩書きを頂いたのも丁度去年の同じ頃でした。

圧倒的な実力を持ち、経験豊富でエネルギーに満ち溢れ、何よりボートを心から愛していた先代内田主将。

そんな偉大なる内田先輩から引き継ぎ、手渡された主将という役職は僕にとって、結局最後まで『荷が重いもの』でした。

 

これまでの人生において受け身の姿勢をとり続けた積極性の欠片もない僕が、部を率いなければならない。

体が大きいだけで知識も経験も少なく、大して上手くもない自分が、荻野さんと、根本さんと、山本さんと、航さんと、中田さんと、内田さんと同じ場所に立たなければならない。

誇らしい気持ちがありました。喜びがありました。過程は何にせよ選ばれたという事実に、今後部のトップを名乗れる事実に、承認欲求満たされちゃいましたよって感じでした。

だけどそれ以上に、不安がありました。

だって僕が今まで頑張れたのは、きっと期待値が低かったから。

「意外にやるじゃん。」そんな評価しかもらえない僕が最も苦手とすることこそ、きっと「期待に応える」ということだったのでしょう。

書いてて悲しくなってきました。しにたい。

 

そして朝比奈に何度も聞かれた、「お前はどうしたいの?」という問い。どうすればいいのかではなく、僕がどうしたいか。

人に未来はわかりません。だからこそ、局所的な正解が長期的に見て正解でないことがザラにあるからこそ、”なんとなく正解っぽい選択肢”ではなく”自分がやりたい選択肢”を採るべきなんだということを朝比奈は教えてくれました。

 

同期の誰から見ても、後輩の誰から見ても、きっともどかしくて苛立つような姿が多かったことでしょう。自分が何をしたいのかも分かろうとしないまま色々なことから逃げて、臆病に不完全で幼稚な”それっぽい選択肢”を選び続ける姿に、失望と怒りを覚えていたことでしょう。

太宰治風にいうと、恥の多い1年を送ってきましたって感じです。

 

そのツケを支払わされたのが、9月のインカレでした。スイープチーム全艇が2日目で敗退、スカルチームも3日目にて全種目が散ったのは、きっと、いつまでもいつまでも忘れたくても忘れられない。

どうしていいのかわかりませんでした。覚悟しているつもりだったはずの後輩からの評価も言葉も、同期からの呆れたような目も。自分自身のやってきたことと、やらなかったことの清算なんだと思いました。

自分の中で決めたはずのことが揺らいで曲がって圧し折られて、試合後からほとんど何も口にできないまま2000m測定を行なって、家からほとんど出ない5日間のオフを過ごして、艇庫入りして、どこかふわふわした状態のまま選考期間に入って、そして気づいた時にはもう、対校エイトに僕のシートはありませんでした。

当然ですね。この部が1番勝ちたい、勝たなければならない艇に覚悟の足りない中途半端な選手など必要ありません。ましてやクルーリーダーなんて務まる筈もない。

だからきっと、全日本選手権で僕の乗らない対校エイトが敗者復活戦で勝ち上がったのは必然だったのだと思います。日本大学の棄権があったからとかそういうのは関係ありません。

自身の乗るM4+の敗北を受けた後に、勝利に喜ぶ対校エイトの面々を見て思ったことは、その場に自分がいないことへの怒りよりも「僕じゃなかったんだ」という妙な納得感でした。新人戦も、早慶戦もインカレも負けさせてきた僕は、きっと初めからトップクルーには必要なかったのかもしれません。

 

 

申し訳なさと、後悔ばかり残る1年間でした。

 

それでも付きフォアの3番として挑んだ最後の2ヶ月間は、4年間でトップ3の中に入るほど楽しい時間でした。練習を心から楽しめたのは早慶戦ぶりで、陸でも水上でもやりたいようにやらせてもらいました。昨年に同期から唯一2人で対校エイトに乗って、先輩方の無念の引退を共に味わったタカトラと同じクルーになれたのは何の幸運か。2人で最後の最後まで楽しんでトライし続けることができました。

後輩を勝たせるのは先輩の仕事なんだと仰られていたのは、2年前の廣橋さん。

最後の最後のクルーで、近い将来に確実に部の根幹と成り得る鍛治田・王田・向井と漕げたことをとても光栄に思います。なけなしの経験と技術を伝えたつもりではありますが、勝たせてあげられなかったことが何よりの心残りです。

 

 

 

 

はい。

ここまでご覧になってくれてありがとうございます。実はここまでの文はほとんど試合に負けた夜と土曜に書いたやつなんですね。

 

なんか読み返すとネガティブがすごいです。自虐もひどい。でもこんなんしか書けませんでした。書いちゃいけないこととか書くべきこととか色々考えてたんですが、やめました。最初から最後までつらつらと頭の中に浮かんだ書きたいことだけ書いてあります。

打ち上げである程度スッキリしましたし、引退して1週間以上経った今としてはまあここまでネガティブになってるわけでもないので全部消して書き直そうとしたんですが、本音で語ろうとすると結局こんな感じ↑になるのかもと思いましたのでそのまま載っけときます。

 

引退して10日経った僕からは、アドバイスっぽいお願いを。

 

ホワイトボードにも書いた、感謝・謙虚・誠実の3つ。早慶戦のミーティングで麓が言った言葉です。

この3つを絶対に忘れないようにしたまま、みんなの心の中の奥にある、1番大事な目的に通ずる「欲望」をどんどん大きくしていってください。

 

目的とか目標とかこの1年間でよく聞いたと思いますが、目標とは基本的に目的のためのステップです。

例えばお金が欲しいとしましょう。だけど普通、お金というものは何かを買うためのもの。お金が欲しいのなら、きっとお金で買いたい何かがあるってことです。

そうです。プレステ4とスパイダーマンですね。ならばこの場合の「目的」とは、テレビの前に座って、自らの操るスパイダーマンでオープンワールドを駆け巡って楽しむこと。バイトを始めるとかお金を手に入れるのはそのための目標の1つでしかありません。

 

この部のみんなは本当に頭が良いです。どいつもこいつもめっちゃ考えてる。小賢しいと言ったほうがいいかもしれません。

だから色んなことに気がつくし、気がついたら全部試したくなってしまう。そしていつの間にか、お金を手に入れるためにお金を手に入れようとしていることがよくあります。

 

陸でも水上でも障害ばかりのこのスポーツをやる上で、自分がなんでこの部にいるのか、何がしたくてここにいるのかを忘れないようにしてください。

そしてその目的への思いが強ければ強いほど、その目的に至るまでのどこかに必ずある「勝つ」という目標に傾けるエネルギーが大きくなります。

この思いの強さ、なんていう曖昧な物が滅茶苦茶モノを言うのが学生スポーツの醍醐味だと思うのです。

 

感謝を忘れず謙虚な姿勢で、全ての物事に誠実に。そして何よりやりたいことにエネルギーを全部注ぎ込む、アツい現役生活を過ごしてください。

もう岸から応援しか出来ない身ですが、心からみんなの勝利を願ってます。

そしてこれまでの僕の10年間のボート生活に関わってくださった全ての人たちに、深く深く感謝いたします。何物にも代え難い充実した時間でした。

本当にありがとうございました。

 

 

支離滅裂・情緒不安定になってしまいましたが、別にいつもと変わらないですね。

129期、本当に楽しかったです。

ではまた。

 

次は新井くん。

お待たせして申し訳ございません。

4D4F8482-8DD2-4373-8D10-B2C1C5D06E45

『ヒロシの飯、味濃くね?』『まじそれな』

こんにちは、フジケンよりバトンを受けました129期主務の朝比奈です。

とうとうラストLIFEです。気張って行きます。

 

 

 

さて、引退生活5日目ということで、さぞ楽しい毎日を送っているのかと思われがちですが、実際は全然そんなことありません。

 

引退を区切りに、これまで多少勉強ができなくても、多少太っていても僕をキャンパスという戦場から守り続けてきてくれた「学生服」、「体育会学生」という鎧は失われ、今は大学に来ていく「私服」すら満足に持っていない、ただの体脂肪23.6%という驚異的な「脂肪」だけが残った22歳のふくよかな一学生となってしまいました。

 

 

この現実は週4で大学に通わねばらない僕にとっては余りに厳しい状況です。

 

 

 

そんなふくよかな一学生が、今となってしまっては過去となってしまった4年間で思ったこと、感じたことをツラツラと書いていきたいと思います。

文学部ですが、文才は皆無ですので根性で書き進めていきます。どうぞお付き合い頂けますと幸いです。

 

 

 

 

 

 

 

はい、ということでここからは少し真面目に。

何を書こうか迷いましたが、やっぱりマネージャーになってからの2年を中心に書き進めていこうと思います。

というのも、ここで感じたことが僕の端艇部生活4年間の全てであり、一つ屋根の下で暮らし、同じ釜の飯を食った家族同然のみんなに伝えたいと思ったからです。

 

あとは、もしかしたら1ヶ月後、10年後、50年後にマネージャーになるかもしれない端艇部員に向けて。

これは、僕の経験からですが、僕がマネージャーになった当時一番知りたかったのが、これまで端艇部の長い歴史の中でマネージャーをやってきた人達が最後に何を思って引退して行ったのか一番知りたかったからです。

ただ、実際に探してみると、なかなかありませんでした。当時は、ゴールが見えない、自分の残りの2年を捧げるにふさわしいポジションなのか分からなく不安でしょうがなかったのを覚えています。

なので、あくまでマネージャーを務めたうちの1人が思ったこととして、参考程度にしてもらえればと思います。

 

 

 

 

先日、同期の麓と引退後に艇庫へ荷物の片付けに行った帰り、飯を食いながら麓から「マネージャーやってて一番辛かったことって何?」って質問をされました。

その時は、なんとなく言わなかったですが2年間一番辛くて嫌で嫌でしょうがなかったのは、選手としてボートを漕げないことでした。

 

 

 

僕は、ボート部に選手として活躍したくて、もっと言えば選手として勝利した時に感じるであろう「熱い気持ちを得る」ことが目的でボート部に入部しました。極論を言えば、自分が一番いい思いをしたかったわけです。

 

 

 

でもマネージャーになりました。それまでの20年間の人生、それなりに色々ありましたが、こればっかりは本当に目の前真っ暗案件でした。就活的に言えば「人生で一番の挫折」ってヤツです。

 

 

マネージャーを任せられた時は、マネージャーといえば「選手を支えること」が目的であり、「熱い気持ち」とは最も遠いポジションだと思っていました。だからこそ、本当に嫌で嫌でしょうがなかった。

でも、マネージャーになっても声かけてくれた同期、後輩、先輩、家族いろんな人にカッコ悪いところ見せたくない。それに、マネージャーになってとき、僕と辻は監督から「マネージャーから端艇部を強くして行ってくれ」と言われました。

だから、マネージャーになった以上、「選手を支えること」に徹底しなきゃ、じゃないと自分の立場ないやって頑張って思ったんですね。

 

それから、選手を支える為に毎日の仕事とかなるべく丁寧にやりました。ただ、一向に身が入らない。

選手の時はなかったのに、毎日のようにボート漕いでる夢見るし、とにかく選手がボート漕いでる姿を見るのが羨ましくて辛くてしょうがないって感じでした。それでも、根性で乗り越える、そんな毎日でした。

 

 

 

 

 

すみません、長くなりました。

長くなりすぎるので、結論から言います。

マネージャーの目的が「選手を支えること」っていうのは間違いでした。

 

 

それに気付くきっかけは去年の86回早慶戦でした。

負けたときに、これまで感じたことがないくらい悔しくてしょうがなかった。心の底から「悔しい、ちくしょう」って感情が溢れてきたんですね。

そのときに、「あれ?他人の勝負事の結果なのにこんなに悔しいなんて、勝ったときはマネージャーでも熱くなれんじゃない??」って気付いちゃったんです。

 

 

 

 

それからは、マネージャーだからって諦めずに、入部当初の目的であった勝利したときに得るであろう「熱い気持ち」を掴み取ってやろうと思うようになりました。選手が1着でゴールして水上で喜んでいる時に、自分は陸上でそれ以上のガッツポーズをとってやろうって。

 

 

でも、「熱い気持ちを得る」には選手にいい結果・勝利を勝ち取ってもらわなきゃ始まらない。いい結果を取る為に、選手がボートに集中できるように、「選手を支える」事が必要。だから自分が全力でサポートすることで、艇速を一秒でもあげてやろう、そのために全力でマネージャーやってやろうって思うようになりました。

つまり、「選手を支えること」は目的ではなくて、「熱い気持ちを得る」ための手段となったんですね。

 

 

 

ただ、どんなに僕が頑張っても最後に漕ぐのは選手です。

だから、僕は選手に自分の4年間を「懸ける」ことを選びました。

 

 

 

 

それからの一年半、色々ありました。

自分の頭では理解できても、心がついてこず悩んだこともありました。

何より、選手、特に同期に対して一番の想いをかけていた分、中途半端なことをされると本当に頭にきたし、本当に悔しかった。選手との考えにギャップを感じることもありました。

 

 

 

 

ただ、4年間終わって引退した身として、先輩、後輩、そして同期みんなに一番言いたいのは「ありがとう」ってことです。

最後の全体ミーティングでも話しましたが、僕のマネージャーとしての2年で「嬉しい・悔しい」といった勝負事の世界において一番の魅力とも言える、「熱い気持ち」を選手時代のように僕にもたらしてくれたのは、皆んなのお陰でした。

最後の全日本が終わって、結果どうこう関係なくオールを置いていく同期をみて思うのは、誇らしい気持ちでした。

 

 

 

余談ですが、最後のエイトの順決の伴チャ帰りに辻井から

 

「成仏できた?」

 

って言われました。

成仏ってワードどっから出てきたのか覚えてないし、文字にすると意味よく分からないけど、それを言われたあの時の僕は涙ちょちょぎれました。「あーやっと終わった」って気持ちと、「マネージャーやってきて良かった」って気持ちと、色んな感情が溢れてきました。

 

仲間に恵まれたお陰で、僕は選手という憧れに未練なく、マネージャーに誇りをもって、マネージャーとして成仏できます。本当にありがとう。

 

 

 

 

 

またまた、長くなりました。すみません。

後輩の皆んなむけて、あとちょっとだけ書かせて。

 

 

これまでツラツラと、あたかも100%やりきって、最高の気持ちで引退して的なこと書いてますが、やっぱり勝てなかったことだけは心残りです。早慶戦の負けは思い出すと今でも、悔しくてしょうがないです。

やっぱり最後は、優勝してガッツポーズとって、対岸から慶應艇庫に届くくらい大きな声で雄叫びをあげるような「熱い気持ち」を勝ち取りたかった。

だからこそ、後輩の皆んなには本気で来年、再来年、その次も、早稲田に勝って欲しいし、インカレ・全日本では雄叫びを上げまくって欲しいなって心の底から思います。

 

 

じゃあ、慶應義塾體育會端艇部の強みとはなんでしょう。

 

 

 

それは、「一艇ありて、一人無し」を他大より体現しやすい環境にあるんじゃないかと思います。

というのも、全ミでも話した通り、選手から強制的にマネージャーを出す制度をずっとしているのは慶應の強みなんです。

 

 

だから、マネージャーは選手に想いを懸けるべきだし、勝ちたいなら、選手からは勝利という見返りをしっかり求めるべき。でも見返りを求めるだけじゃ絶対だめで、マネージャーにされちゃったって悲劇の主人公気取ってる暇があれば、少しでも頭使って部のためになることをしなきゃいけない。

マネージャーの仕事は、直接選手に関係ないことも多くあるし、何やってんだろって思うような仕事も多いけど、意味のないことに意味を持たせるのはマネージャーの努力次第だし、その努力に選手は結果で応えてくれるから。

逆に選手も、マネージャーは事務作業する事務員でも、飯作る調理人なんかじゃなくて勝利を掴むために存在しているポジションってことを理解して、相応の責任をもって試合に臨まなきゃいけないと思う。

 

これが出来た時、綺麗ごとじゃなく「一艇ありて、一人無し」が体現できると思います。

 

 

 

これは幸にも不幸にも、選手から強制的にマネージャーを指名する制度があるからこそできることなんです。

これが上手く機能するようになった時、慶應義塾體育會端艇部って組織に他大にはない色が生まれると思うし、それが最後100m並んだ時に他大とのトップボール1個分の差を生み出してくれると僕は信じてます。

 

 

 

 

 

長々と本当にすみませんでした。これで終わりです。

全ミでもお分かりの通り、話し下手だし纏めるのが苦手なんです。

読み返すと、恥ずかしくなっちゃうので読み返しません。訂正は受け付けません。

 

 

ちなみに、題名は僕が地味にエグられた同期からの言葉第1位に輝いたものです。

 

 

 

さて、僕はキャンパスという戦場で生き抜くため、引退後太るであろう同期に2年分のマウントを盛大に取るために、炭水化物ダイエットと有酸素運動をしてきます。

 

 

 

それでは、みなさん、最後は内輪ネタで。

『左様ならば(さようなら)』👋

※参照:https://wanodaigaku.com/genre03/use009/

 

 

最後は高崎!!!

 

 

 

S__61874178

 

 

朝比奈 寛

 

 

 

enjoy rowing のすすめ

 

 

 

 

こんにちは!

文武両道の権化、麓君から紹介に預かりました南雲です。

 

同期の引退ライフを読み、引退を実感するとともに

独り感傷に浸っています。

 

何について書こうかな。

いざ自分の番になると思いつかないものですね。

面白いことが特に思いつかないので、競技生活を振り返りながら、ボート部から学んだことを書き記そうと思います。

 

①『楽しむこと』

 

今回、全日本選手権に舵手無しペアで出場することになり、後輩の古谷君とクルーを組むことになりました。

 

最初は驚きの毎日。

 

どんなに艇の調子が悪くても、後ろの古谷君は笑っています。

不思議に思い、古谷君に尋ねました。

すると、

「良くなる過程だと思って楽しんでいます。」

 

なるほど。

その日以降、私もどんなに調子が悪くても練習を楽しむようにしました。

 

するとどうでしょう?

艇の動きは弾むようになり、クルーの雰囲気も良くなりました。

 

確かに、それまでの自分は良いものを出そうと、強く艇を動かそうと力み過ぎていたのかもしれません。

今はリラックスして、一本一本を楽しむようにしています。

 

振り返れば私は昔からずっと、失敗ばかりしてきました。

中学受験も、高校の部活も、大学受験も…

いつも思い通りの結果が出ない。

 

今思い返してみると、自ら自身を追い込んでいたのかな、結果を求めて力み過ぎていたのかな、と思います。

 

これからの人生は楽しみながら過ごそっと。

 

最後の最後に、大切な後輩から大事なことを学びました。furuya

(左から南雲、古谷)

 

 

②『感謝のきもち』

 

ボート部は年間約300日の合宿生活を戸田公園で送っています。rowing4

(戸田ボートコース。ここで練習しています。寮の真横!)

まさに非日常。

 

中学・高校を書道部で過ごし、毎日定時に帰宅していた私にとって衝撃の毎日でした。

今までの日常がどれほど有り難いものであったのか

恥ずかしながら、ボート部に入って、艇庫で暮らして初めて気づきました。

寮では、家ではやらなかった食器洗いや洗濯も自ら行わなければいけません。

 

今では感謝の気持ちで胸がいっぱいです。

これからは、支えてくれた両親に感謝の気持ちをもって恩返ししたいなと思います。

 

また私は、先述した通りの書道部出身。

エルゴ(陸の上でボートの動きができる機械)もランニングも水上も部内最下位からのスタート。

入部当初、ボート部は無理な挑戦だったかなと思うこともありました。

一年生の時、何度も辞めたくなりました。

 

しかし、そんな時、先輩の

「南雲、今度飯行こうよ」(K原さん、N人さん)

という声かけに救われました。

 

「こんな僕でも見てくれている人がいるんだ…

強くなって、あの時声かけて良かったなって思われるようになりたい。」

今では、辛い時も、思うような結果が出ないときも

あの日先輩と食べた あぺたいと の焼きそばの味を思い出して頑張るようにしています。

https://tabelog.com/saitama/A1102/A110202/11021719/

(⇑あぺたいとの食べログ)

K原さん、N人さん、本当にありがとうございました!!

あと少し、頑張ります。

 

自分で言うのもなんですが、ボート部は人が素晴らしいと思います。

悩んでるときに話を聞いてくれる人がいる。

 

何かに躓いて苦しんでいる後輩がいたら

是非とも先輩に話しかけてみてほしいなと思います。

きっと楽になるはず。

(先輩は後輩に話しかけてあげるんだぞ!)

 

あれ?何を言いたいのか分からなくなってきたな。。。

 

感謝の気持ちは人を強くするってことを伝えたかったはずです笑

 

実際、感謝の気持ちを持つようになってから、日々の過ごし方が変わりました。

今日は一生懸命過ごせたのか?

支えてくれる、応援してくれる人に誇れる1日を過ごせたのか?

もし、頑張りたいのに頑張れなくて悩んでいる人がいたら実践してみてください。

感謝。おすすめですよ。

______________________________________________________________________________________________

ボート部からは他にも沢山の事を学びました。

書き始めたら止まらないので、最後に近況を報告して終わりたいと思います。

 

先ほど、全日本選手権の初日が終わりました。

結果は3位。明日の敗者復活に回ります。

しかし、心の炎はまだ消えていません。

4年間の全てを明日のレースにぶつけたいと思います。

あ、やべ。力み過ぎてるな笑

力み過ぎてると古谷君に怒られるので意気込みはこれぐらいに。

 

最後の最後、信頼できる後輩と一緒の船に乗れて幸せです。

4年間で今が一番楽しい。(練習も毎日楽しかったよ!)

あぁ、慶應端艇部に入部してよかった。

あと4日。

端艇部に恩返ししなきゃな。

(終)

 

次のLIFEは平本君!

感動のLIFEを頼むよ!

 

 

 

ロマンチックが止まらない

こんにちは!129期理工学部4年の辻です。

ラストライフ、書かせていただきます。

 

 

ついに順番が周ってきたラストライフですが、

まだ何書くか決めていません。(2018年10月23日19時03分現在)

 

 

 

とりあえず最近自分が何を考えていたかなぁということで、safariの履歴でも見てみますか。

 

 

 

IMG_5140

調査中

 

 

 

IMG_5142

・・・調査中

 

 

 

IMG_5144

・・・・・・・・・

 

 

ポチッ

 

47195089_220x220

 

あっ(察し)

 

 

・・・・・・・・・そ、そういえば私は現代っ子にしては珍しく、携帯使わない人間だったことを思い出しました(汗)

なので履歴は無かったモノとして、書きたいこと、思い浮かんだことを順に書いていこうと思います。

 

 


 

 

引退まであと1週間を切りました。

 

大学入学から今日まで1302日、引退まであと残り5日

文字通り桁が違います。一瞬です。

 

 

でも実際、そんなに実感は湧いていないです。

いままで“当たり前”であったことが数日後にはガラッと変わるなんて、自分自身では信じがたいものだからですかね。

 

だからこそ定量的に。客観的に。

 

文に起こし、見つめ直すって意味のあることだなと思います。

だから僕は毎週毎週レポートをあんなにも書いていたのでしょうか?

 

 

 

2016年11月13日、漕手からマネージャーに転向しました。

 

思えばまさに”当たり前”であったことがガラッと変わった日でした。

 

 

 

実はこの日、iPhoneのメモに日記らしきものを書いていました。

恥ずかしいのでここには載せませんが、思ったこととか考えとかをつらつらと書き綴っています。

 

 

その文を見返すと今でも鮮明にあの時の瞬間を思い起こすことができます。

10年後、20年後、もっと遥かに時間が経ってからでも、きっと今と同じように思い出せるのではないでしょうか。

 

 

そう考えると、文章とはただの記録ではなく、人そのものが乗り移っていると感じますね。不思議だ。

 

 

 

こんな取り留めのないことを書いているだけなのに、なんだか引退に対しての実感が多少出てきました。

ラストライフを書いているという自覚からでしょうか。

 

 

文章の力ってスゲーッ!

 

 

 

というわけで(?)、明日から毎日日記を書くことにしました。

ここで宣言します。

 

 

使う日記帳はこちら↓(今日ポチりました)

 

アピカ|日記手帳5年日記

(https://www.amazon.co.jp/アピカ-日記帳-5年日記-日付け表示あり-D304/dp/B0033VP7L0)

61yCtNLjtRL._SY355_

 

 

5年間の同日を1ページに書くスタイルの日記帳。

書きながら去年とか一昨年の自分を見返すことができるみたいです。

これめっちゃいいじゃん。現役の時からやっていれば良かった…

 

 

 

これから頑張って続けます。

 

 

 

 

さて話は変わりますが、慶應端艇部戸田艇庫にはフロンティアルームなるものがあります。

3年前、私が1年生の秋の時に艇庫改修工事があり誕生しました。ちょうど1回目(前回)のライフを書いていた頃でしょうか。

 

ここには数々の先輩方の写真などが保存されています。

大昔の大先輩の方のものから監督・コーチやマネージャーとして関わらせていただいた馴染みある方のものまで。歴史がぱんっぱんに詰まっています。

 

マネージャー関連の作業などで何かと出入りすることが多かったフロンティアルームですが、実は私のお気に入りの場所でもあります。

 

見ていて本当に飽きることがないです。

 

特に早慶レガッタのパンフレットなんかはオススメです。

早慶戦合宿期間にはマネージャーみんなで、あんな人やこんな人の現役時の姿や一言コメントを見て大笑いしていました。

この場を借りてお詫び申し上げます。有難うございます、面白かったです。

 

 

でも真面目な話、早慶レガッタの一言コメントはしっかり書いた方がいいと思うよ!

なんか一行で変化ないコメントだと見返してもつまらないし…

唯一後悔していることかもです。

 

 

 

話が飛んでしまいました。

何が言いたかったかというと、今は見る側でも、やがて見られる側(残す側)になるよということです。

 

 

image1

111年前のこの先輩たちは今の社会や端艇部を想像していたでしょうか?

 

 

もしかしたら100年後の後輩たち、229期のみんなが僕らの写真を見て、

 

「2Dの写真とか初めてみた。」

とか

 

「昔のオールの形ってやっべぇなこれ」

とか言ってるかもしれません。

 

 

それってなんか素敵なことじゃないですか?

その場面を想像するとなんだかワクワクが止まらないですね。

 

えっ、そうでもない?僕はそう思います。

 

 

文章であれ、写真であれ、「今」を物理的に後に残すっていいですね。

歴史を紡ぐ。大きいようだけど案外気が付いたら出来てるものかもしれません。

 

 

予想だにせず、なんかロマンチックな感じになってしまいました。

ここらへんで止めないと、まだ見ぬ彼女とかにを囁き出してしまうかもしれないので終わりにします。

 

 

ともかく。最後には勝ちたいです。

 

そして「勝った代」としてフロンティアルームで後輩を待ちたいです。

 

 

では

 

 

次は辻井よろしく!期待してます。