LIFE

戸田での合宿生活&部員の素の姿をブログで紹介!練習のこと、仲間のこと、オフの出来事、etc

Author: lifeadmin (page 2 of 16)

慶應端艇部万歳!!!!

ちは!4年の麓政人です。ラストライフとなる訳ですが、僕自身初めてライフを書かせていただきます。

さて、志木高から始まったボート人生も、いつの間にか気がついたら大学4年の最後の試合を目の前に控えています。高1から数えて7年間、本当にあっという間でした。

志木高入学時、部活説明会で僕は一切他の部活の見学に行かず端艇部の所に行きました。球技はあまり得意ではなく、体がぶつかり合うスポーツも嫌でした。その結果、ほとんど消去法で僕は端艇部、とずっと心に決めていたのです。
今思えばこのなんとなくの決断が全ての始まりでした。

高1は内田先輩、塚越先輩、仲野先輩にクォドで必死について行く毎日。エルゴもきつくてしょっちゅうゲロを吐いてました。幸運なことに、天竜、インハイも先輩方に連れて行ってもらいました。代替わりしてからはなかなか結果を出せずに本当に消えたくなる日々。そして高3はやっと、今やjapanの新井君の力もあり最後にインハイ行きを決めました。脳みそ溶けるくらい嬉しかったです。

大学では最初は医学部端艇部に入り、沢山の試合に出させていただきました。多くの先輩、同期にも恵まれました。今でも早稲田理工に早慶戦で勝ったときの感動は忘れません。

それでもどうしても、僕はもう一度志木高端艇部の仲間と漕ぐことを諦めきれませんでした。そして2年の冬に全塾の方に移らせていただきました。こんな身勝手な自分を許してくださった両部の皆様には感謝の念しかありません。

色んな人に迷惑をかけ、支えられ、守られてきた7年間でした。

しかしそれと同時に最高にきつい7年間でもありました。

自分ののやりたいこと全部やらせてもらってこんなこと言うのも間違ってると思うのですが、やっぱりきつかったです。

朝5時に起きるの当たり前、1日2部練が基本、雨でも雪でも乗艇、エルゴはえぐい、勉強する暇ない、例を挙げればキリがありません。ボートを始めた頃は本当に文字通り死ぬかと思う日々でした。

しかし不思議なもので、気がつけばボートは僕の生活の一部として無くてはならないものになりました。高1の頃は家に帰ってそのまま玄関で寝て、二度と明日は練習するもんかと思っていたボートが、今や毎日の中心です。

なんでこんなにもきついことを7年間やってこれたのか、自分でも驚きです。

オフが少なすぎて辞めたいと思う前にもう次の練習が始まってたから。一般大学生よりもえぐってる自分に変なプライドを感じてたから。色々理由はあります。

でもそれだけてはなかったです。

高校で引退して一度置いたオールを再び大学でも握りたいと思った理由、そして4年間勉強も大変だったけどボートを諦めきれなかった理由、それがなんだったのか。

ボート人生の終わりが見えてきた今、ようやくその答えが分かってきた気がします。

僕はきっと、ボート部でしか得られない、”仲間”を求めていました。

ボートが他のスポーツと絶対的に違う点、ボートをボートたらしめる所以、それはクルーの存在です。

今僕はエイトに乗らせていただいてますが、僕は他の8人のことを本当に兄弟のように思っています。気が合うから一緒にいるような単なる仲良しじゃありません。
苦しみ、悲しみ、喜び、全てを共有してきた、水上でしか得られない仲間です。

今年は早慶戦の敗北に始まり、インカレまで惨めな思いをすることが多かったです。結果が全ての體育會で甘いことは言えません。

それでも僕は誰に何と言われようと、今まで一緒に漕いできたクルーが大好きです。

真っ赤な夕焼けの下漕いだ河練も、冬の暗くて寒いでっぱんも、灼熱地獄の夏の練習も、そこには必ずクルーの皆がいました。

そして死にそうになりながらもコックスのコールに8人でまとまって艇速を上げるとき、お互い励ましてあって全員でえぐさを乗り越えるとき。
僕はクルーで共有するそういう血が燃えるような熱い瞬間がたまらなく好きでした。

ボートは楽しい競技ではありません。その代わりに、9人で飛び込む、最高にきつくて、苦しくて、でもめちゃくちゃ熱い世界がいつの間にか僕の居場所になっていました。

これは一緒のクルーじゃなかった皆にも同じです。

いくらでも快楽を追い求められる21世紀において、わざわざ體育會という選択をして、合宿生活の端艇部に入った人に悪い人がいるはずがありません。
そんな人たちと同じ空間で暮らして、同じ風呂入って、同じ釜の飯を食う。決して暮らしやすい環境ではないけど皆んなそれぞれ工夫して暮らしてる。そして必ず誰かがどっかでくだらなくて下品なことして皆んなで大声で笑って過ごす日々。

スマートじゃないけど泥臭く生きる、人間味あふれる皆との生活が本当に好きでした。

水の上も、陸の上も本当に僕は周りの人に恵まれました。感謝してもしきれません。

監督、コーチ陣の方々。休日返上で我々学生のために戸田に来てくださり、本当にありがとうございました。途中入部で人間的にも、漕手としても未熟だった僕を受け入れてくださったことは本当に感謝の念しかありません。最後まで皆様の元で漕げて、僕は本当に幸せでした。

志木高コーチ陣の方々。僕は志木高端艇部が本当に心の底から大好きです。志木高で過ごした日々があったからこそ、大学も最後まで続けられました。志木高端艇部は死ぬまで僕の原点であり続けます。本当にありがとうございました。

医学部の皆さん、本当にたくさんのご迷惑をおかけしました。それでも信濃町や戸田で、1人の後輩、同期、先輩として接してくださり、凄く嬉しかったです。勉学と部活の両立を目指す皆さんの姿は本当に心の支えでした。ありがとうございました。

先輩方。ずっと憧れていた皆さんと同じ艇、同じ部活で漕げたことは一生の誇りです。途中入部にもかかわらず、たくさんのことを教えていただき、そしてかわいがってくださったことが何より嬉しかったです。これから先も、ずっとずっと、先輩、と呼ばさせてください。

同期の皆、途中入部なのに僕を迎え入れてくれたことがマジで嬉しかった。129期の一員になれたことは僕の人生で起きたことの中で、間違いなく1番幸運なことだった。こんなにも愉快で、楽しくて、熱い皆んなに出会えて良かった。皆んなへの恩は一生忘れない。本当に、本当に、ありがとう。これからもよろしく!

後輩の皆。皆との何気ない日々のやりとりが凄く楽しかった。どんなに辛い時も、皆と一緒にいると必ず笑顔になれた。皆はいかなるときもユーモアを忘れなかった。さんざん、ど○○いだとか、ゲ○とかいじられたけど、それも良い思い出だ。
皆にこんな偉そうなことを言うのははばかられるけど、これだけは言わせてほしい。これから先、どんなに苦しい時も、必死な時も、みんなが持つそうしたユーモア精神を絶対に無くさないでほしい。もちろん、練習は死ぬ気でやるべきだし、妥協はしちゃダメだ。楽をした方がよいということじゃない。
でも困難に直面した時に、感情に支配されてほしくない。感情に支配され途端、人は盲目になってしまうから。腹立つことも、泣きたいことも、苦しいこともあると思う。勉強とか就活との両立で悩むこともあると思う。でもそんなときは冗談を言い合うくらいの、余裕ある態度を忘れないでほしい。
余裕ある態度は必ず心の余裕につながる。そして心の余裕はきっと、自分の中で新しい道を見つけてくれるから。

もう一つ、皆んなに言いたいことがある。それはクルーを信頼してほしい。ボートは信頼のスポーツだ。クルーに対して不信感を抱いた途端、全てが崩壊する。もちろん、仲良しごっこをしろということではない。皆んなで厳しく意見言い合うべきだし、生ぬるい空気でやるべきじゃない。それでも、相手を尊重し、信頼する心は絶対に無くしちゃいけない。
ボートは本当に不思議なスポーツだ。前のやつらは背中しか見えないし、ましてや後ろに座るやつなんて視界にも入らない。だからこそ、クルーに全幅の信頼を寄せて彼らにそれぞれのオール託すこと、そこにボートの面白さ、価値があると僕は信じてる。

喧嘩することも、なかなか馬が合わないやつも出てくるだろう。でも、いがみ合うことが目的になっちゃダメだ、あくまでも艇を速くすることが目的なんだということを忘れちゃいけない。
まずは自分がクルーを信じ、そして自分も相手の信頼を勝ち取ることを忘れないでほしい。

最後に、対校のみんな。

三輪、新井、宮嵜、本多。高校の頃、一緒に対校エイトかっけえーってよく話したな。俺はその頃から志木高端艇部で大学の対校に乗るのが夢だった。それが今や7番とストサイ全員志木高端艇部。これに胸が熱くならない訳がないよ。ほんと、6年間色々と世話になった。あと少しだけよろしく頼む。
中居、栗野、ゴリ、ふじけん。大学に入ってこんなにも熱く、信頼できる仲間ができるなんて思ってもいなかった。なぜだか皆のことは、大学よりももっと昔から知ってるような気がしてならない。皆んなに出会えて、そして同じクルーになれて本当によかった。最後の全日本、同じエイトになったのも、なんかの運命だ。よろしく!
僕が7年間ボートを続けてきた理由の全てがこのエイトには詰まってる。最後の最後まで、最高に熱く、皆んなで灰になるまで燃え尽きよう。

ここに挙げただけではなく、本当に多くの人にお世話になった7年間でした。全ての人に直接お礼を言いたい気持ちでいっぱいです。

ボートはスポーツの一言で片付けるにはあまりにも奥が深くて、難しくて、熱いものです。
そのボートは僕の人生であり、青春そのものでした。

そして永遠に続くものだと勝手に思っていたそんな日々ももうおしまいです。

明日からの全日本が終わったらどんな気持ちになるのか、想像もつきません。清々しい気持ちになるのか、それとも名残惜しい気持ちになるのか。

でも、今はただ、この仲間と最高のレースをして、熱く、熱く、燃え尽きたい。それが今の願いです。

僕が求めるもの、欲しいものの全てが水上にはありました。體育會端艇部に入って良かった。本当に、心の底から、ありがとうございました。

そして何よりも、これからもどうぞ、體育會端艇部をよろしくお願いします。

次は誰かな、ひらか南雲かな。。。。

ボートに愛された男

こんにちは。辻から紹介に預かりました、129期の辻井将仁です。東日本で乗ったダブルは楽しかったね。

朝比奈、もちろん忘れたわけじゃないよ。

辻 ダブル朝比奈 ダブル

 

二人には本当に感謝してます。ありがとう。もちろん鯉ちゃんも。

そしてあと少し、宜しく。

 

 

さて、いつもは関西から持って生まれた抜群のお笑いセンスで艇庫を楽しく盛り上げている僕ですが、たまには真面目な感じで書いてみようと思います。はい。

 

ラストライフ。何を書くか本当に悩みました。

過去の先輩やこれまでの同期のラストライフを読んでいると、皆思い思いのことを書いています。

同期のK本君は、普段はTW⚪⚪⚪の話しかしないのにものすごく真面目に書いていたり、同期のS田君は普段は艇庫の⚪口しか言わないのにいきなり感謝してたり、本当は皆この4年間で内に秘めてるものがあったんでしょうね。

 

ということで、僕も軽く過去を振り返ってみて思ったことを書いてみました。

駄文ですが、最後までお付き合いください。

 

ボート競技を始めて10年。本当にあっという間でした。始めてオールを握ったのは中学1年生の5月にある試乗会。ボート部に入ろうと思ったきっかけは、・・・・・

 

 

 

このまま続けると磯貝の倍は軽く超えてしまうので止めます。

 

大学に入って1年目は、全員同期で出漕したオッ盾。

楽しかったな。純粋に。朝4時に起きて右も左も分からずスイープ漕いで、知識もないのにとりあえずクルーミーティングしたり。全員同期で、始めてエイトを漕いで、未経験者のふじけんや高寅、朝比奈が、クソしんどそうだったけど楽しそうに漕いでる(と勝手に思ってた)のを見て、自分も初心にかえったのを覚えています。

オッ盾 エイト

2・3年目は、沢山の人とクルーボートに乗りました。

お花見、軽量級、東日本、新人戦、インカレ、国体、全日本・・・

今だから言えますが、シーズン中にスカルとスイープを行き来するのは本当に辛くて大変でした。特にこの2年間は辛いことの方が多かったような気がしますが、そこから学んだこともたくさんありました。何を学んだかは最後の方にちょっとだけ。

 

4年目。最初で最期の早慶戦。対校エイトで出場し、負けました。

岸蹴りの際、円陣を組んだ時の空気感、観覧席の横を通った時に感じたプレッシャー、桜橋から聞こえる大歓声、そして負けた瞬間は今でも鮮明に覚えています。

本気で誰かの為に勝ちたいと思ったのは、この試合が最初で最後でした。最高のメンバーで漕がせてくれた監督、田邊さん含めコーチの方々、最高の舞台を用意してくれたマネージャー、OBの方々、有難うございました。中学の時からずっと好きなことをさせてくれた両親、本当に感謝してます。そして当日までサポートしてくれた部員の皆、本当にありがとう。

宮嵜、新井、本多、ゴリ、三輪、来年は頼んだよ。

早慶戦 エイト

 

ざっと振り返って書いてみると、こんな感じになりました。

 

今シーズンは早慶戦、軽量級、東日本、インカレと続き、明日から全日本が始まり、引退まであと3日。早いものですね。

漕ぎたくても漕げないと思うと正直寂しいです。だからこそ、最後の一本まで悔いの残らないように。そして今一緒に漕いでくれている後輩達の力も借りて、結果を出したい。応援宜しくお願いします。

 

 

最後に一言。

 

ボート競技と出会って10年。長かったような、短かったような。

まあ、人生の半分ほど使ってるって考えたら長いですね。

自分でもよくこんなに続けてこれたなと思います。

単調で、同じ動きの繰り返しで、練習は本当にしんどいし、年に数回しかないレースで勝つのは本当に難しい。

よく同期や後輩から、「そんだけやってて辞めたくなったことはないの?」と聞かれますが、辞めたくなったことはありません。いろんな要素はありますが、単純にボートを漕ぐのが好きだったからです。笑

漕ぐ前に頭の中でイメージして、それを水上で実行する。それが時にはうまくハマったり、逆に悪い方向にハマったり、、、

でも僕は、それこそがボート競技の面白さだと思います。考えて、考えて、考え続けた結果艇速が伸びる時もあれば、考えれば考えるほど、漕げば漕ぐほど、悪くなる時もあります。そこにボートの魅力を感じてしまった僕は10年も没頭してしまいました。。。

他にもたくさん魅力があり、例えばボートにはいろんな種目があり、沢山の人たちと漕ぐことができます。

もちろん2・3年生から対校エイトに乗り、シーズン通してほとんど変わらないメンバーと部を背負って漕ぐのも素晴らしいことです。むしろ尊敬します。正直僕も1年生の最初の頃は対校に乗らないと意味がないとさえ思っていました。しかしその人たちには味わえない、多くの種目で沢山の人と試合に出ることも、また違ったボートの面白さだと気付きました。

そうやって1日1日、練習一つ一つに面白さを見出すのも悪くないと思います。

あと3日、できることを全力で。

長文乱文失礼いたしました。

 

次は南雲、頼んだ!

 

辻井

 

 

 

 

ロマンチックが止まらない

こんにちは!129期理工学部4年の辻です。

ラストライフ、書かせていただきます。

 

 

ついに順番が周ってきたラストライフですが、

まだ何書くか決めていません。(2018年10月23日19時03分現在)

 

 

 

とりあえず最近自分が何を考えていたかなぁということで、safariの履歴でも見てみますか。

 

 

 

IMG_5140

調査中

 

 

 

IMG_5142

・・・調査中

 

 

 

IMG_5144

・・・・・・・・・

 

 

ポチッ

 

47195089_220x220

 

あっ(察し)

 

 

・・・・・・・・・そ、そういえば私は現代っ子にしては珍しく、携帯使わない人間だったことを思い出しました(汗)

なので履歴は無かったモノとして、書きたいこと、思い浮かんだことを順に書いていこうと思います。

 

 


 

 

引退まであと1週間を切りました。

 

大学入学から今日まで1302日、引退まであと残り5日

文字通り桁が違います。一瞬です。

 

 

でも実際、そんなに実感は湧いていないです。

いままで“当たり前”であったことが数日後にはガラッと変わるなんて、自分自身では信じがたいものだからですかね。

 

だからこそ定量的に。客観的に。

 

文に起こし、見つめ直すって意味のあることだなと思います。

だから僕は毎週毎週レポートをあんなにも書いていたのでしょうか?

 

 

 

2016年11月13日、漕手からマネージャーに転向しました。

 

思えばまさに”当たり前”であったことがガラッと変わった日でした。

 

 

 

実はこの日、iPhoneのメモに日記らしきものを書いていました。

恥ずかしいのでここには載せませんが、思ったこととか考えとかをつらつらと書き綴っています。

 

 

その文を見返すと今でも鮮明にあの時の瞬間を思い起こすことができます。

10年後、20年後、もっと遥かに時間が経ってからでも、きっと今と同じように思い出せるのではないでしょうか。

 

 

そう考えると、文章とはただの記録ではなく、人そのものが乗り移っていると感じますね。不思議だ。

 

 

 

こんな取り留めのないことを書いているだけなのに、なんだか引退に対しての実感が多少出てきました。

ラストライフを書いているという自覚からでしょうか。

 

 

文章の力ってスゲーッ!

 

 

 

というわけで(?)、明日から毎日日記を書くことにしました。

ここで宣言します。

 

 

使う日記帳はこちら↓(今日ポチりました)

 

アピカ|日記手帳5年日記

(https://www.amazon.co.jp/アピカ-日記帳-5年日記-日付け表示あり-D304/dp/B0033VP7L0)

61yCtNLjtRL._SY355_

 

 

5年間の同日を1ページに書くスタイルの日記帳。

書きながら去年とか一昨年の自分を見返すことができるみたいです。

これめっちゃいいじゃん。現役の時からやっていれば良かった…

 

 

 

これから頑張って続けます。

 

 

 

 

さて話は変わりますが、慶應端艇部戸田艇庫にはフロンティアルームなるものがあります。

3年前、私が1年生の秋の時に艇庫改修工事があり誕生しました。ちょうど1回目(前回)のライフを書いていた頃でしょうか。

 

ここには数々の先輩方の写真などが保存されています。

大昔の大先輩の方のものから監督・コーチやマネージャーとして関わらせていただいた馴染みある方のものまで。歴史がぱんっぱんに詰まっています。

 

マネージャー関連の作業などで何かと出入りすることが多かったフロンティアルームですが、実は私のお気に入りの場所でもあります。

 

見ていて本当に飽きることがないです。

 

特に早慶レガッタのパンフレットなんかはオススメです。

早慶戦合宿期間にはマネージャーみんなで、あんな人やこんな人の現役時の姿や一言コメントを見て大笑いしていました。

この場を借りてお詫び申し上げます。有難うございます、面白かったです。

 

 

でも真面目な話、早慶レガッタの一言コメントはしっかり書いた方がいいと思うよ!

なんか一行で変化ないコメントだと見返してもつまらないし…

唯一後悔していることかもです。

 

 

 

話が飛んでしまいました。

何が言いたかったかというと、今は見る側でも、やがて見られる側(残す側)になるよということです。

 

 

image1

111年前のこの先輩たちは今の社会や端艇部を想像していたでしょうか?

 

 

もしかしたら100年後の後輩たち、229期のみんなが僕らの写真を見て、

 

「2Dの写真とか初めてみた。」

とか

 

「昔のオールの形ってやっべぇなこれ」

とか言ってるかもしれません。

 

 

それってなんか素敵なことじゃないですか?

その場面を想像するとなんだかワクワクが止まらないですね。

 

えっ、そうでもない?僕はそう思います。

 

 

文章であれ、写真であれ、「今」を物理的に後に残すっていいですね。

歴史を紡ぐ。大きいようだけど案外気が付いたら出来てるものかもしれません。

 

 

予想だにせず、なんかロマンチックな感じになってしまいました。

ここらへんで止めないと、まだ見ぬ彼女とかにを囁き出してしまうかもしれないので終わりにします。

 

 

ともかく。最後には勝ちたいです。

 

そして「勝った代」としてフロンティアルームで後輩を待ちたいです。

 

 

では

 

 

次は辻井よろしく!期待してます。

誓い

だいぶ気温が下がってきましたね。みなさんいかがお過ごしでしょうか。

秋の深まりを乗艇中に受ける風の冷たさからひしひしと感じています、4年コックスの中居です。

 

辻くんの順番でしたが、先に書き上げたので割り込みで投稿させていただきます。

このままだと全員に回りきらないので、4年生、書けた人からどんどん更新お願いします、、、

 

 

「旅立ちの時は すぐに訪れた」

仰々しい(笑)タイトルから書き始めましたが、そんな堅い内容じゃないので、肩の力を抜いて読んでもらえればと思います。

まずは、音楽のレコメンから。

「ストレイテナー、ROCKSTEADY」

「旅立ちの時は すぐに訪れた」からはじまり、サビで「僕らは進まなくちゃ 先を急がなくちゃ」「君らは残らなくちゃ 後を担わなくちゃ」とまあほんとに引退にぴったりの曲だと思います。

この曲を聴きながら、試合に向かう自分の姿をイメージしていたら、あっという間にその時がきてしまいました。感傷に浸りたい方はぜひ。

 

ライフが回ってくるたびに音楽のレコメンをしようと思っていたのですが、1年生の冬を最後にとうとう順番が来ることはありませんでした。きのこ帝国とかアートスクールとかマイブラの話をしたかったのにいいいいい。

 

更新止めてたやつら、お前らあとで全員覚えとけよ。

 

 

 

 

さて、そろそろ本題に。

 

何書くかめちゃくちゃ悩みました。

今までの自分の歩みを振り返るのもよし。

諸先輩方への感謝を綴るもよし。

後輩のために説教じみた成功の秘訣でも書いてみようか。

 

いろいろ考えたのですが、みんながボート人生を振り返って素晴らしい文章を書いているので、ぼくはすこし趣向を変えて未来のお話をしてみようと思います。

 

 

「未来のことはどんなに考えたって、結局わからない」

未来の話って何やねん、スケールでかすぎんぞワレ。

という方のために結論から書きました。

未来のことは、たった4年先でもわからない、ということをお話しします。

 

4年間という時間は、超気持ちよくなっていた北島康介も何も言えなくなり、敗戦に悔しさを滲ませていた本田圭佑もきよきよしくなるくらい長いんです、みなさん知ってました???

 

22歳のぼくも、18歳、大学に入ったばかりのぼくからは想像もつかないようなところに立っていると思います。

昔はライトないわゆる「邦ロック」ってヤツを聴いていたのに、今は落ち着いた暗い音楽を聴くようになっている。

軽音サークルでギターを掻き鳴らすつもりだったのに、気がついたら辺境の地で日々ボートに揺られている。

このポジション絶対に向いてない、自分にはできないと思っていたコックスが、今は天職のように感じる。

 

感傷に浸るには十分すぎるくらい長いですね(笑)。

 

 

 

少しだけ自分の昔話をしたいなと思います。

 

入部してしばらくの間、先輩から

「対校に乗らなくていいよ。セカンドで楽しくやるのも手だよ」

ってよく言われていました。けっこうショックでした、期待されていないんだなあって(笑)。

まあ、そう言われると逆に燃え上がって意地でも対校乗ってやるよって思ってしまうのがぼくで。でも、対校に憧れながらも、上のレベルで戦うことに言い表せないほどの恐怖も感じている、そんな選手が18歳のぼくでした。

口では対校に乗りたいと言いつつ、毎日毎日、不安との戦いです。

 

全然うまくなっている気がしない。

うまくなるビジョンも見えない。

すぐ感情的になってしまう自分が、全体を俯瞰しなければいけないコックスというポジションを務められるのか。

わからない。わからない。わからない。

右も左もわからないまま、このまま自分はどうなってしまうんだろう。対校なんて夢のまた夢なんじゃないか。

 

 

そんな思いを払拭するために、毎回の練習に没頭する日々が続きました。

今日はこんなコールをしてみよう。今日はコールなんてどうでもいいから頑張ってまっすぐ進めるようにしよう。

先輩にしつこいほど質問してみたり、めちゃめちゃ怖かったけど、対校の人に一緒に練習してくれとお願いしてみたり。

他大のコックスのコールを伴チャしながら録音したこともありました。(このあとめっちゃ怒られました!勝手に録音するのはやめようね!!)

 

 

 

「気がついたら、、、」

ほんとに、「もがいていた」って言葉がぴったりじゃないかと思います。不安に捕まらないように、必死で泳ぎ続けていた。

でも、こんな不安から逃れるための必死の毎日が、気が付いたら自分の「未来」になっていました。

あのとき先輩にもらったアドバイスが大きく自分のその後を変えてくれた。

泣きながら積み重ねた練習が今立っている足場になった。

短所だと思っていた、感情的な部分はコントロールできるようになってからは誰にも負けない長所になった。

 

 

なんだかんだぼくは今ここに立っていて、ときどき凹みながらも何とかやっています。それなりに強く生きています。(メンヘラとか言わないでくださいね

 

 

未来って結局考えたってわからないんです。だって、今を積み重ねることでしか、たどり着けないから。でも、だからこそ逆もまた真なり。

「今を一生懸命頑張っていれば、その先に未来は開けてくる」

 

 

 

 

何かきっかけがあって、もしくは何もないせいで、どうしようもなく未来が不安になるとき、誰にもきっとあります。

そんなとき、苦しかったらときどき休んでもいいと思うのです。止まらずに走り続けられるほど人間って強くはないから。

 

でも静かにじっとしていると、そのうち少し元気になるとおもいます。何かしたくなります。止まっているのも案外疲れるんですね(笑)。

そうして動く元気が出てきたら、ゆっくりでいいから歩き出してみてほしい。足を進めるうちに、思っているよりずっと遠くまでいけるものです。

もしかしたら自分の思っている形とは違うかもしれないけれど、今の歩みの積み重ねが素敵な未来へと繋がっているかもしれません。

 

 

「意外と」

ぼくのことも、この文章を読んでいるあなたのことも、いろいろ好き勝手言う人がたくさんいると思います。そんなこと出来ない、って烙印を押されてしまうこともあります。

でも未来は結局誰にもわからない。

だからこそ、自分自身が自分の未来に一番の期待をかけてもいいと思うのです。

やってみたら意外とできるんだよ、人間って

 

少年野球を引退するとき(もう10年も前ですね)、コーチから

「意思が行動を作り、行動が習慣を作り、習慣が人格を作り、人格が人生を作る」

という言葉をいただきました。この言葉は、幼いながらにぼくの中にグサッと刺さりまして、これがぼくの未来観の礎になりました。

 

「人間、本気で思えたところまでは、絶対にいける」

 

 

 

 

気が付いたら、己を振り返り、諸先輩方への感謝を綴り、後輩に説教するライフになってました。(やばいやばい)

気を取り直して「未来の話」しますね。

 

 

 

「ほんの少し先の未来の話」

先日、エイトの練習で「超絶ウルトラスーパーハード」なメニューがありました。

ぼくは、正直これは乗り切れないだろうなあ、と心の中で思っていました。だって、まともにやったら体がボロ雑巾になってしまうくらいエグかったもん。

 

しかし、いざ練習が始まってみるともうそれはそれは漕手のパフォーマンスは言葉では表しきれないくらいに素晴らしかった。

とても高いクオリティーで、すべてのセットをやりきった。

 

 

静かに、でも気持ちを込めて漕ぎつづけるストローク。

絶対的大黒柱の7番。

しっかりと全体を見て、行くところは自分で勝負に行ける6番。

物凄いスピードで成長している5番。

苦しいときに頼れるエンジンの4番。

攻めるときは、本当に押してくれる3番。

クルーがどんな雰囲気でもみんなを支えてくれる2番。

誰よりもエイトに強い思いを持っているバウ。(叩き上げパワーで最後まで一緒に頑張ろうね)

 

 

その8人の姿を見て、ぼくはもう目の前がぼやけてしまうくらい感涙してしまいました。

どんな苦境にも負けず、強く、力強く、漕いでいる。生きている。

 

一緒に乗っていて、思いが溢れて止まらなかった。

 

このクルーでなら、どこまでもいける。

勝てる。勝ちたい。勝ちたい。

練習が楽しい、

ボートのことを考えるのが楽しい、

上手くなっていくのが楽しい、

みんなと時間を共有できるのが楽しい。

 

 

この最高のメンバーに、最高のコール、ラダー、パフォーマンスで応える。

 

 

 

それがこのときに立てたぼくの誓い。

 

 

 

 

 

慶應のことも、いろいろ好き勝手言う人がたくさんいると思います。夏の結果は散々でしたし、まあ至極当然です。

でも、未来は結局誰にもわからない

だからこそ、ぼくは自分に、このクルーに、このチームに最大の期待をかけたいのです。

やってみたら意外とできるんだよ、人間って

 

人間、本気で思えたところまでは、絶対にいける。

全日本がそれを証明する戦いになればと思います。

 

全日本選手権、男子対校エイト。

慶應レコードを更新します。

 

次は誰が書くのかな、

それでは。

 

中居

ラストライフ

みなさんこんにちは。

須田くんよりご紹介いただきました4年の谷川です。

ついに「ラストライフ」を書くときがやってきてしまいました。

なかなか引退を控えているという実感が湧かず、ラストライフを書くことにとても違和感を感じています。でもせっかくの機会なので、引退を控えて今自分が感じていることについて書いてみようと思います。

 

本当にこの四年間は、最高に熱く、最高に楽しく、最高にきつい四年間でした。

毎朝5時に起きるのが当たり前、練習して学校に行き、帰ってきてまた練習、22時には寝るような毎日。何回部外の友達との飲み会をすっぽかしたかわかりません。笑 でもそんな生活はいつも情熱にあふれ、最高に充実した日々でした。もちろん授業帰りの埼京線に乗っている際、何度もこのまま家に帰ってやろうと思ったことがありました。でもそんなとき、いつも戸田公園に帰ろうと思わせてくれていたのは仲間たちの存在でした。彼らがいたからこそ、こんなに厳しい生活を毎日のように続けてこれたのだと強く思います。

 

僕は入部して1ヶ月でヘルニアという怪我を患い、一時期ボートをやめるか本気で迷っていた時期もありました。そんなときでも、僕を支えてくれたのはいつもそばにいてくれた仲間たちでした。たとえ選手として四年間全うできなくても、ボート部に居続けようと思わせてくれたのは、彼らがいたからです。

 

大学3年のときの早慶戦後、2000エルゴでベストが出るまで配艇なしという期間がありました。そのとき僕は9回2000エルゴを引いてもベストが出ず、ほぼほぼ鬱みたい状況に陥っているときがありました。笑顔だけが取り柄の僕が、1日一度も笑えないような日々でした。エルゴを開発した人を恨んでいたくらいす。そんなときでも、僕の背中を押し続けてくれていたのは、一緒に生活していた仲間たちでした。実際に10度目の2000エルゴでベストを出し、一緒に祝ってくれた仲間たちとの思い出は一生忘れません。

 

本当に仲間たちに支えてもらいっぱなしの四年間でした。

彼らがいなければ退屈で、平凡な日々をおくっていたことでしょう。

本当に感謝しきれません。

 

部の仲間たちだけではありません。

お仕事で忙しい中、毎週僕たちの練習を見てくださった監督・コーチ陣のみなさま、本当にありがとうございました。監督・コーチ陣のみなさまがいたからこそ、ボートの技術面だけでなく、人としても四年間を通じて成長できたと思います。

 

父さん母さん。

毎月毎月高い合宿費を払い続けてくれてありがとう。感謝の気持ちでいっぱいです。

 

マネージャーのみんな。

マネージャーのみんながいたからこそ、今の僕がいます。そしてボート部員がいます。毎日こんな僕たちのために朝昼晩ご飯作ってくれて、さらに早慶戦の準備、練習のビデオ撮影、本当に全てのことをしてくれてありがとう。言葉で表せないくらい感謝しています。

 

長い文章になってしまいましたが、本当に多くの方々に支えられてきました。

こんなに充実したボート部生活を過ごすことができたのも、みなさまのお陰です。

本当にありがとうございました。

 

ではでは、僕の話はここらへんして、

次は辻くんの感動的なラストライフにご期待ください。

あでぃおす!

ありがとう慶應端艇部!!

こんにちは!!

 

「端艇部の元気印」の芝崎さんからご紹介いただきました、経済学部4年の須田祐介と申します。

まず、あの写真はひどいよ!

ライフの更新は今回で二度目となりますが、僕の一度目に書いた素晴らしいライフを見たい方はどうかこの下のURLをポチっとね

☟☟☟

 

http://keiorowing.sports.coocan.jp/blog/?p=3470

 

(良い子の皆さんは先にこっち、読んでくださいね。泣けるたぶん。)

 

さてラストライフ、何を書こうかたくさん悩んでいたらついに自分の順番が回ってきてしまいました笑

同期のライフを読んでいると、なんだかよくわからないけど目頭が熱くなります。

参考までに、磯貝君や黒田君は4000~5000字書いていたそうですね。

と、ここまでで200字弱ってもう途方もない文字数ですね。

 

締め切り直前の400文字のESを10分で書き、果てることに特化した僕には到底できない技です。(良い子の後輩のみんなは真似してはダメだよ。)

と、ここまでで350文字、そろそろ僕の命も尽きる頃なので、ボート部の話を少々しようかと、(398 words)

 

(そして命尽き果てる。)

 

と、ここまででなんと8分切り!

とある同期部員の、この間の2000mのタイムを上回ってしまいました。

(8分6秒バズーカ!)

高校生の頃に最初に引いた2000mがそんな感じのタイムだったような…

時間までボートの距離に換算されてしまって、こりゃ完全に侵されてますな。

 

冗談はさておき、皆すごく熱くて濃い4年間を送っていたのだなと、そんなこと考えながら真剣に書き始めたいと思います。

少々まとまっていない文章かと思いますが、お付き合い頂けたら嬉しいです。

僕の端艇部での4年間、LIFE!がなんとなく伝わればと、そんな気持ちで書いております。

 

さて、高校から始めて7年目、短いような長いような僕のボート部LIFEも幕を閉じようとしています。

 

高校では、全然勝てませんでした!それが悔しすぎて大学端艇部に入部しました。

ただ、自分が「勝ちたい!」という思いを抱いて。

 

端艇部は僕の心技体の成長にとって最適な場所でした。

僕はここでたくさん失敗をして、たくさん成長できました!

Maybe…

 

まず、ボートの技術や体力がかなり上がりましたね。

それなりにこだわり続けて漕いできたという自負もあります!笑

ボートの技術って意識し続ければ出来るってものでもなくて、すごく難しいです。

しかも、これがまた時間がかかります。

ただ、諦めずにやり続ければ上がると思います。技術も、体力も。時間はかかりますが。

 

逆に心の成長。

技術や体力の向上の方が、時間がかかるように思えます。そして実際に意識してから向上するまで、物理的な時間はかかると思います。

でも心は1日で変わると思います。これ本当です。

何かきっかけがあれば、すぐ変わると思います。

でも、どこがきっかけかなんて誰も教えてくれなくて自分で見つけに行かないと見つからないような気がします。

自分で見つけるからこそ、その成長が楽しめると思います。

僕の場合は少し遅めでしたが、最後の1年間はいろんな人のおかげで本当に「心」の成長を楽しめた気がします。

ただ、やっぱり「心」は目に見えない成長だったし、未だにどれくらい成長したかはわかりません。

(少しは成長していることを祈ります笑)

 

尊敬するボート選手がブログで言っていました。

スポーツをする価値って技術や体力の向上より、心の成長にあるって。

スポーツで得た体力とか技術はやめたら、どんどん落ちていく

でも心の成長もまた、極限まで自分を体力的に追い込んで、技術的な追及をした中でやっと得られる価値だと

本当にその通りだと思います。

 

何が言いたいかって本当に自分が恵まれた環境に置かれていたことです。

慶應端艇部には、自分を体力的に追い込める環境、技術を追求できる環境、それが整っていました。

 

船があり、オールがあり、たくさんの仲間がいる。

そして辛いときは、仲間が支えてくれてまた自分も誰かを支えているかもしれない、だから頑張れる。

時にはぶつかって、それでも「勝ちたい」っていうのは皆同じで、結局同じ志をもって目標に向かっていく。これって本当に幸せなことです。

その上、僕らはたくさんの人に支えられて応援してもらっています。

一人で戦っている人なんて誰一人いません。

 

大学4年間、ひたすらボートでした。ボートのことばかり考えていました。

失敗もたくさんしましたが、その度に、いろんな人が道を正し、僕を支えてくれました。

 

ここまで続けさせてくれたお父さん、お母さん。

休日返上で指導に足を運んでくださった監督コーチ陣の方々。

ビデオを撮り、ご飯を作ってくれるマネージャーの方々。

辛いとき、支えてくれた同期、後輩、先輩方。

 

他にも、たくさんいます。

そして残り少ないですが、よろしくお願いします。

 

僕らは、色んな人の想いを背負ってスポーツに打ち込んでいると思います。

先ほど、大学では「勝ちたい」と言いましたが、これは今でも本当です。

ただ、「誰の為に」って言ったら、もう自分一人が勝ったら楽しいからではない気がします。

支えてくれた人たちの笑顔が見たいからです。そう、129期のスローガンFor ∞mile ‼

今までは、自分の「勝ちたい」想いをオールに込めているだけで未熟でした。

 

全日本まで残り9日ですが、僕を支えてくれた全ての人の想いをオールに込めて試合に臨みたいと思います。

そして、結果でお返ししたいです。

僕は4×で出ますが、このブログを読んだすべての皆様、どうか慶應端艇部の応援のほどよろしくお願い致します!

皆様の応援があればあるほど、128期は強くなります。

そして皆さんを笑顔にします!

最後に一緒に笑いましょう!

本当にありがとう慶應端艇部!あと少しよろしく!

 

では、っした👏

次は、谷ポン!

 

こんにちは!めぐぽんから紹介を受けました、4年漕手の芝崎佐和子です。

初ライフを書いたのが、つい最近のことのように感じます。めぐぽん、エクレア、大きなエクレア。あれからもう3年、、早いです。

引退が近づき、昔の写真を見返すことが多くなりました。合宿生活をしていると、アイフォンのカメラロールはボート部員でいっぱいになります。
それらを見ながら、こんなことあったなぁ、あら、あんなこともあった、楽しかったなぁ、とぼんやりするのが、最近のオフの過ごし方です。またぼんやりしている。3年前から何も変わっていません。
そんなボート部尽くしのカメラロールを見て、私が思ったこと
その1: あさひなひろし多すぎる
画面をスクロールしてもしてもあさひなひろしのセルフィー地獄です。恐らく総枚数の3分の1はあります。本当に消去するのが面倒くさい
17F3E5E8-6310-44C6-A0D8-64E07FAF8BAE
その2: めぐぽん
大きなエクレアを頬張っていためぐぽんは、お抹茶パフェやおフラペチーノを嗜む大人の女性になりました。かわいいです。
8BAB6F92-BDAF-4E64-AED6-4EF687C16A11
AB885931-87E0-4DD8-8CA0-AC6108FEE8FD
その3: つじくんはいつもピンク色
だんだん色褪せてきてますね。
3D50966E-CD27-4C8C-A6F7-7EF9C8FE2D9A
58421477-1C95-4C69-A052-D00EAA6BB0FE
27425859-92E6-4AA9-8283-9A7BD64A995B
朝比奈、めぐぽん、辻くんには本当にお世話になりました。日々のお仕事に限らず、部のために色々と考えてくれている3人を見ると、私ももっと頑張らねばと思えました。私が「勝ちたいな〜」から、「どうにかして勝ちたい勝たなきゃ」と思うようになったのは、朝比奈と辻くんがマネさんになった時です。でも、まだ勝ててません。
最後のレース、全日本選手権まであと11日。まあ焦ります。
カメラロールを眺めてぼんやりしている場合ではありませんね。漕げる日々を大切に、出来る限りを尽くさねば。引退する時どんな気持ちなんだろうとか、後悔することが無いかなとか、じっくり考えたくなる気持ちもありますが、もっともっと目の前の事に集中していこうと思います。
というわけで、引退についての深いい感じの語りはゼロのライフですが、まあそれはまた、飲み会とか、全日本後に機会があったらということで。
後輩ちゃん達はまだまだ先がありますが、ありそうに見えますが、無いです。本当にあっという間なので。全日本頑張りましょ。頑張ります。
あと少し、129期をよろしくお願いします。
次はスダ!
スダを見ていると自然と笑顔になれます。ソウルメイト?
D57192B9-AF03-4A14-91AD-7F4C50BE14C6たぶんスダの顔が面白いだけです

ありがとうございました!

こんにちは!岸本君に忘れられたキムミナです。国籍はRepublic of Koreaで、純コリアンです。いつの間にかフルネームになりましたが、なんか可愛くてすごく満足しています。

そろそろ全日本選手権大会が近づき、4年生の引退も近づいていますね。私は引退を迎えて皆さんに感謝の気持ちを伝えたいです。皆さん、今まで付き合ってくださって本当にありがとうございました!ボート部で楽しい日々を過ごし、新しい経験をたくさんしました。一生忘れられないと思います!
heart2

私の気持ちです笑

以上でライフを終わらせるのはちょっと寂しいので、岸本君に要請された韓国のアイドルを紹介させていただきます。練習後疲れている皆さん、美女を見て癒されてください。選考基準は日本で知られてないが、現地で愛されているアイドルです。目をヒーリングしましょう。

それでは行きます。

1.IZ*ONE(アイズワン)
an won

最近デビューしたグループです。調べてみたら日本人のメンバーが3人いますね。上の写真の子は15歳だそうです!可愛いメンバーが多いのでもっと有名になるのではないかと思います。

2. gugudan

seje semina2 minaわりと人気のアイドルです。オーディション番組で上位だったので、そのままデビューしたらしいです。二つ目の子は一重の目が印象的ですね。

3.Blackpink

black jennyrisa日本でも活躍しているブラックピンクです。個人的にブラックピンクは音楽がよくてダンスもすごくうまいと思います。しかもスタイルもいいし可愛い…!!

 

いかがでしょう。目がヒーリングできましたか?元々は男子アイドルも紹介しようとしましたが、文章が長くなるため、省略させていただきます。気になる方は個人LINEください!笑

それでは皆さん、さようなら!お元気に!!YEAH-!

 

結晶



こんにちは!

4年マネージャーの鯉口です。

 

初めてライフを書いたのは1年生の11月頃、ちょうど3年ほど前でした。

たぶん、半年間漕いだり陸トレしたりしたことを振り返るライフだった気がします。

ちなみに1年生の新人戦では安立りなとダブルに乗ってました。結構頑張りました。しかも使用艇は、今は亡きスパツーです…涙

1

楽しかったなぁ。良い思い出です。

 

 

 

あれから3年、いろいろ悩み考えながら過ごした3年間でした。

部における自分の存在意義。マネージャーとしてどう貢献していけるのか。なぜボート部で活動し続けるのか。などなど。

日々やっていることがレースの結果に直接は結びつかない“マネージャー”という立場だからこそ、こういうことで悩むのかもしれません。

 

 

考える中で漠然と見えてきたいくつかの答え。そのうちの1つは、積極的になるべきだということです。

 

最低限やらなきゃいけないことを受身でこなしていたって、存在意義を見出せるわけがありません。

やるべきこと、やらなきゃいけないことの中で、少しでも自分なりに工夫する。自分だからこそ見出せる価値を探す。

そうすることで、大変だな忙しいな辛いなという気持ちではなく、やりがいや嬉しさを感じることが増えました。

 

 

 

 

 

 

 

 

深い系の話は他の同期も語ってくれるでしょうから、短めにしておきます笑

 

 

私は意外と、新しいことに取り組んだり多くの人と関わったりするのが好きなので、マネージャーとして様々な経験ができたことはとても楽しかったです。

 

マネージャーの仕事は、毎日ご飯を作りビデオを撮り時々河練のためのモーターを出している、だけではありません。

 

早慶戦の運営(これが年の半分くらい占める)、OB会の年会費を集める活動、合宿費の管理、水上運動会や遠漕の準備、毎日のメールの確認や諸々の資料作成……etc

これらをマネージャー陣で協力しながらおこなっています。

 

 

私自身は特に、部と早慶レガッタの広報活動に注力してきました。

一応財務も担当してますが、これは80人家族の家計簿をつけるような簡単なお仕事()だったので割愛。

 

早慶戦の広報では、広告関係のOBの方々のご協力でかっこいいポスターを作成していただきました。

また端艇部広報チームとして、応援指導部の人たちや早稲田漕艇部のマネージャーと一緒にプロモーション施策や当日盛り上げ施策を考えることもしました。広報チームの先輩方には大変お世話になりましたm(__)m

 

広告代理店でミーティングしたりテレビ局に伺ったりする機会もあり、ミーハーな私は内心とてもわくわくしたのを覚えています笑

 

86回大会で作っていただいた、プロモーション用画像マネージャーver↓

2

 

87回大会のときのポスタービジュアル撮影風景@戸田ボートコース↓

3

 

 

関わってくださった方々、本当にありがとうございました!

 

 

 

 

 

 

 

ここからは息抜き。未公開の写真をエピソード付きでてきとーに紹介するコーナー☆★

 

 

・2ヶ月も誕生日が違う辻くんと、誕生日を一緒に祝ってもらったby129期マネージャー

4

 

・隅田練で休憩中、オールを3本持たされてる持ってあげる主将高崎。優しい。

優しすぎて、東日本選手権では初めて獲ったという銅メダルを私にかけてくれました。嬉しかったです。

5

 

・これは2年生のとき。河練後の新人戦対校エイトをたまたま撮影。同期がみんな楽しそうでお気に入り。

6

 

・自分で撮った写真の中では一二を争うええ写。青空にエイトが映えてます。

7

 

・つい先日、インカレの代表者会議に向かう時の朝比奈と新井くん。夕陽が綺麗。

8

 

・同期マネージャー

代がわりして初の大イベントである遠漕を無事乗り切り帰宅中の写真。この3人でくだらない話も沢山したし、どういう代にしたいかとかの深い話もしました。熱い男だけどちょっと不器用な朝比奈と、たまに暴走するけどどこか憎めない、そして要領の良い辻くん、冷静で現実的な私。案外良い組み合わせだったのかもね。朝比奈と辻くんが同期のマネージャーで本当に良かった。

9

 

 

まだまだあるけどキリがないのでやめます…

 

 

 

 

あとは写真には残せない部分ですが、尊敬する先輩や信頼できる同期ができました。人間的にも成長できました。

思い出だから美化されているのかもしれないけれど、なんだかんだ充実した大学生活を送れた気がします。(まだ大学生活半年あるけど)

 

 

 

 

 

 

 

最後にもうひとつだけ。

何事も、やりたいことはやったもの勝ち、そしてせっかくやるなら楽しんだもの勝ちです。

これはボート部とか関係なく、私の持論です笑

 

ボート部生活も、積極的に、そして楽しむ姿勢で過ごした方が自分にとってプラスになると思います!

 

 

 

 

 

 

 

長文乱文すみません笑

ここまで読んでくださりありがとうございました。

 

 

 

 

次は、初ライフで私のエクレア好きキャラを確立させた影響力強め天然女子、さわこです。

(もしくはミナ)

 

よろしくね

『人生の選択に正解はない』

129期體育會端艇部4年ならびに商学部3年黒田です。

引退させてください…

 

書くの2回目にしてまさかのラストライフ。

後輩の皆さん、面倒でも地道に書いて更新し続けた方が後悔しないと思います。

ちなみに今回の僕のライフは約4000文字です。

参考までに磯貝くんは約5000文字でした。

長いですね、ラストだったのでいろいろ書いてしまいましたが時間の許す限りお付き合いください。

 

同期に遅れること1年、就職活動なるもので自分の過去を振り返ることが増えました。

 

自己分析というやつですね。

 

人生の選択で分かれ道に立ったとき、なぜその道を選んだのかを考え、自分のことをよく知りましょう的なやつ。

その流れでよく目にする『人生の選択に正解はない』という言葉。

この言葉の意味はなんとなくわかりますが、その先に続くとしたらなんだろうなと。

否定で終わるなら何か肯定した言葉に繋げて欲しいところです。

 

そもそも選択をしたその瞬間に正解だと決まる人生はなくても、何年か経過してから考えるとあの時の選択は正解だったのでは…とふと気づくことがありませんか?

もはやその瞬間は失敗だったのに…今となっては失敗してよかったなみたいなことも。

 

僕に当てはめると中学入試の失敗と留年があげられます。

中学入試に失敗していなかったら某一貫校に通っていたため志木高生になることはなく、大学も慶應ではなかったかもしれない、もちろんボートに出会わなかったかもしれないわけです。

 

一般的に正解の反対は不正解ですが、人生における正解の反対は後悔なのかなと思ったりもします。

そう考えると留年を後悔してはいません。

半年後には社畜になる可哀想な社会貢献をする素晴らしい同期より、1年余分に人生謳歌してやろうと意気込んでいます。(横線使ってみたくて無理矢理いれましたごめんなさい。)

もしくは、きっと自分にはこの1年が必要な運命だったんだと思い込んだり。

ようは10年後、20年後に留年が正解になる人生を送っていればいいんですよね。

 

そんな人生の選択について。

 

21年生きてきたうちの3分の1、7年を共に過ごしたボート人生を追いながら綴るラストライフ。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

“ボートという選択”

 

1つ目、早慶戦に選手として出られること。

2つ目、勝てること。

この2つをフィルターにかけて部活を探した結果がボート部でした。

早慶戦出場の最短ルートをいける部活はなんだろうかと考えた時、小中とやり込んできた大好きな野球は高校に早慶戦がなく、進学して六大学野球のレギュラーになれる未来が見えず、無理だろうなと諦めました。

 

好きを捨てました。

 

あとリーグ戦の中で年に何度も早慶戦ができるのは何かかける思いが違うなとも思っていました。

高校から始められるスポーツじゃないと勝ち目がないと考えると、ただでさえ部活の少ない志木高では2つに絞られ、グラウンドホッケー部とボート部しかありませんでした。

そして何より高校の部として早慶戦に出場でき、年に1度、365日の成果をたった15分の一発勝負にかける大学生の姿に惹かれました。

 

しかし、入部後に悟ってしまいました。

この同期の中で自分のフィジカルでは漕手として早慶戦には出られないと。

0DB83186-6CC0-47F9-98EA-C4850C680B5C

高2の夏には第2クォドのストロークでインハイ予選にしっかり出ました。

僕の漕手引退試合です。

 

オール1本1本に名前をつけていた志木高の内輪ネタですが、僕が使っていたオールはレジスタンスです。

あと何があったかな…と思い浮かぶのは、和平、海王我、グラードン、豆腐メンタル、漆黒の腹毛、YAMAYA等々…

ぜひ機会があったらチラッと志木高のオールのぞいてみてください。

個性溢れる志木高生の、名だたるキチガイが勝手につけたネーミングセンスも今や酒のつまみになるような良い思い出です。

 

“コックスという選択”

 

高2の夏を最後に主役で競争率の高い漕手ではなく、脇役で競争率の低いコックスを選びました。

漕手がキツかったとか、コックスをやりたくて転向したわけではなく、本気で早慶戦に出るためだけに選びました。

BFF019CA-6315-4123-B9A3-D891C7EA178D

 

高校の部ですが無事に選手となって早稲田にも勝ち、晴れて高3の夏には対校クォドのコックスになってインハイ予選優勝です。
4D2AB07B-BC15-4193-8CD8-0A4F796A55AD

with 新井くん、麓くん

僕のボート人生でガチのガッツポーズをしたのはこれが最後です。

どちらの選択も挑戦を避けた逃げだと言う人がいるかもしれませんが、僕にとっては早慶戦に出られるのなら、と種目もポジションも問わなかっただけです。

愚直に確率の高い方を選択したにすぎません。

ボート人生7年のうち3年分早慶戦に出場することができ、高校時代の僕は紛れもなく正解の道を選んでくれました。

 

そして、大学に入部したあとも年功序列のコックスなら早慶戦は出られるなと確信し、目標も出るなら早慶戦の対校エイトという風に少し変わっていました。

念願叶って対校エイトに乗った去年の早慶戦。

負けて後悔したことが多すぎて、自分がコックスでなければ勝っていたのではと何度も考えました。

あの橋での舵はミスった、コールの入れるタイミング遅れた、マイクが水没してしまった…

考えるとキリがないものです。

この年の漕手陣は最強とまで監督に言われていただけにコックスの自分だけ場違いでやらかしたと。

 

艇種にもよりますが、2000mレースにおいて1艇身から半艇身差まではコックスの技量で埋まると言われています。

ということは、早慶戦なら2艇身以上は変わるかもしれません。

距離が長く、蛇行した隅田川はコックスにかかる比重が大きい分コースよりもやりがいを感じる中、3750mずっと半艇身の攻防を繰り返し敗北。

7BB9BBAE-8685-45E4-943F-24C348CA6136

兄が途中の橋で撮影してくれたものです。

こんなに並んでいて両艇の距離が近い早慶戦は滅多にないのではないでしょうか。

コックスとして申し訳なさしかなく、自信もなくしてモチベーション0になりました。

 

なぜ自分が対校エイトになったのか。

来年に向けての経験を積ませるために自分は対校エイトに乗せてもらえただけなのか。

こいつに任せればいける、という選択をされたわけではないのだろうなと。

ネガティブを極めていました。

ひたすらに愚痴りまくって支えてもらったこともあります。

現実逃避もしました。

一人旅、おすすめします。

ネガティブになるのは自分に自信がなくなるからなので。

 

 話も長いし、負のスパイラルに入ったので趣味の話をして切り替えましょう。

※ここまでで大体3分の2程かと、お付き合いありがとうございます。

 

皆さんからみたOFFを過ごす僕の印象はどんな感じでしょうか。

艇庫でも随一のアクティブに過ごしている人だと自負しています。

僕としては映画のアクションシーンを全部浅く体験してみたい、なんて思ってアクティビティやっています。

E161E6A5-73C1-411A-806A-6935BDACC53B

この歳で木登りやってみると、めちゃくちゃ高いところまで登れます。

1人でふらっと旅して、雪山滑って、海に潜りました。

そろそろスカイダイビングをやってみたいので誰か一緒に行こう。

こんなことは自分しかやらないだろうなってことを見つけると少しポジティブになれます。

 

根拠のない自信ってやつです。

 

自分の趣味は何だろうなと考えると、僕の中ではネガティブになった時にポジティブに変換できるきっかけが趣味です。

9割楽しみ、1割のスリルを味わうことでネガティブな心を打ち消しているような気もします。

一人旅、スノボー、ダイビング、全部楽しいですが、共通しているのは調子に乗ると地味に命に関わることです。

身近に例えるならフワッとする感じを楽しむジェットコースターみたいな。

853479B4-002E-4252-8DBF-4002D028604C

写真の場所も小笠原の島民に案内してもらわないと辿り着けない、戦時中の砲台が置いてある崖です。

落ちたら死にます。

山の獣道を通るので普通なら立ち入り禁止区域みたいな場所です。

でもそこでしか見られない景色も非日常で、地平線に沈む夕日からグリーンフラッシュが見られました。

僕にとってネガティブな心を忘れられるので、非日常を体感することが趣味なんだと思います。

だから磯貝くんにとってスプラトゥーンはもはや趣味なのではないでしょうか。

 

“第2エイトという選択”

 

話は戻って部活のことを。

僕がボートに限らず勝負事で涙を流すのは後悔した時です。

笑っている時はたとえ負けても正解の道を選んだと、満足に感じられた時です。

どちらでもない時は無表情になっています。

7年間の比率でいうと1:1:8くらいです。

それを踏まえた早慶戦も、去年は泣いて今年は笑っていました。

 

あれだけ大差で負けて悔しい気持ちはあっても、レース中は正直楽しんでいました。

スタート直後完全にレーン侵害してくる早稲田にぶつけたら前代未聞だろうなとか。

この艇差をひっくり返せたらかっこいいなとか。

大荒れなのに影響を受けないRGの水を切り裂いて進む重厚感すごい好きだなとか。

翌朝1人の選手から、エグくて意識が飛んでいたけれど、橋の下で黒田さんの声聞こえて我に帰ってこれましたと言われました。

95BC8C49-D9C8-4D68-9490-933DF3A21798

7番の笑っているやつに言われたんですが、僕にとって一番嬉しい言葉でした。

第2エイトは自ら選んだ道ではありませんでしたが、これもまた正解だったなと改めて思っています。

自ら選択して正解になったボート、コックスという選択と、選択せざるを得なかった第2エイトは、結果的にどちらも正解の道でした。

 

今年は早慶戦、東日本、インカレとエイトに乗りましたが、漕手8人と一緒に勝利に貢献できなかった自分が嫌になり、自分が最大限に付加価値を与えられるクルーに乗りたいと思うようになりました。

エイトの8人をカバーできるほどの技術は自分にないので付きペアに乗りたい、とコーチ含め周りにも話していました。

果たしてこの付きペアという選択が正解になるのかどうか。

 

全日本選手権次第です。

 

漕手の力を何%引き出せるかがコックスの技量です。

エイトで8人の力を引き出すことはできませんでしたが、何としても付きペア2人の力を引き出し、残り3週間で7年間の蓄積を伝えられるだけ伝えようと思います。

 

10月28日のレース後。

結果はどうであれ、笑顔でボート生活に幕を閉じたい。

9割を占める涙と無表情だけは避けたい。

 

これから先、社会に出るに従って理不尽すぎる出来事がたくさん起こるだろうなと身構えています。

どんな人生の選択をしようと後悔しないように努力し、正解に変えていくことが人生かなと。

あと60年くらい生きていくなかで大事にしていきたいと思えた、人から聞いて僕は腑に落ちた、最初の問いかけに続く深イイ言葉。

 

 

 

 

 

 

 

 

『人生の選択に正解はない、でも選択した人生を正解にする』

 

 

 

 

 

 

 

 

次は岸本に忘れられたキムミナ?それともこいちゃん?

あと3週間でみんなにまわるように巻きで2人とも書いてください。笑

Older posts Newer posts