LIFE

戸田での合宿生活&部員の素の姿をブログで紹介!練習のこと、仲間のこと、オフの出来事、etc

2018年 10月 (page 1 of 2)

ひとすじ

ご紹介に預かりました、129期女子部主将の萩原沙柚子と申します。

2回目にして人生最後のライフになります。

 

のんびり屋さんな同期が多いのでしょうか。この期に及んでも、相変わらずのスローペースな更新頻度だったので、私はてっきりこのままラストライフを投稿せずして引退するのではないかと、内心ほっとしていました。気を揉んでおりました。

 

それにしても、同期の皆はそれぞれ“その人らしさ”がぷんぷん溢れる素敵なラストライフを書いていますね。私も例に漏れず、思いの丈を徒然なるままに書いてみようと思います。駄文にお付き合いして下さると嬉しいです。

 

私は、皆さんに「有難う。」と「御免なさい。」、この2つの気持ちをお伝えしたいです。

 

大学1年生の春、右も左も分からないばぶちゃんだった私は、どういう訳だか分かりませんが、当時自分に足りないものは、筋肉とガッツだと信じ切っていました。ボートとも埼玉県とも、そもそも運動すら縁のない生活を送ってきました。しかしながら、“兎に角、強靭な身体が欲しい”と考え、無鉄砲にも最もマッチョの多そうなボート部の門を叩きました。

 

当時の先輩には、「大学のボート部っていうのはね、中高の運動部を2回りくらい本気にさせた様なところだヨ♪、ま、そう気負わずに、未経験でも何の問題もないよ。」と勧誘されました。

 

 

…大嘘じゃん!!、すぐに弱気になりました。正直なところ、まだぴよぴよすらしていない若かりし頃、日本一になることや早慶戦で早稲田を倒すこと、どちらも全くピンと来ませんでした。

 

転機は2年生の早慶戦です。雲のまたその上の存在であった早稲田が、レースでは意外と近くにいた。並んだ。バウだったからか、余計にそう思えたのかもしれないですが、この紛れもない事実が自分にとって大きな励みになりました。

3年の早慶戦では、早稲田の背中を捉えました。「あ、勝てそう。」、奇跡を掴みかけた瞬間でした。そして、「勝てそうだった去年よりも更に速い艇速」で挑んだ4年の早慶戦では、一瞬並んだもののあっけなく離されました。

主将という大役を頂き、クルーリーダーも任せて貰えたのに、クルー勝利に導くことが出来ませんでした。御免なさい。

思えば4年間、ボートを心の底から楽しむことなんて出来ませんでした。休む暇もなく毎日2回と続く厳しい練習は、まるで踊り場のない階段を強制的に昇らされている様に感じたことが多かったです。

頭の中が常にボートのことで100%を占めて、ボートに追われるのではなく、ボートを追いかけるような情熱を持って毎日を過ごせたのかと言われれば、正直なところ答えは否です。私は、きつい練習を“我慢する”ことは出来たのかもしれませんが、子供が遊びに熱中するように、寝食を忘れ没頭して楽しむことは本当に難しかったです。そう振り返ると、やはり申し訳ない様な、遣る瀬無い気持ちになります。

 

そして同時に、人間、自分の気持ちが高まることに最大の力を投入することが出来ることは、さぞ幸せなことなのだろうなとも思います。それがボートであっても、将来後輩の皆さんがよほどの不労所得をお持ちでない限り、やがて就くであろう何かしらの職業であっても、その道“一筋”になれることは最大の幸福だとも考えたりします。

何だか、冗長な話になってしまいましたね。

少し酷に聞こえるかもしれませんが最近、「三つ子の魂百まで」とはよく言ったものだな、とひしひしと感じます。幼少期の生まれ持った性格は大人になっても変わることはない、という意味です。ボート部に入って、まるでライザ〇プの広告に載るような変貌を遂げたり、エルゴのベストが更新されたり、そういったフィジカル的な変化は大いにあります。けれども、やはり本質的な性格というのはなっかなか変えられない、己を捨てることは非常に難しい。

慶應端艇部は、他大に比べて人数が多いのはさることながら、女子も男子も未経験が多く多様なバックグラウンドを持っています。これは日本一を目指す組織としてどうなのだろう、ずっと考えていました。他大の様に、最初から選りすぐりの経験者を集めて少数精鋭の組織のほうがよほど手っ取り早い。そして、私の持論ですが、人は簡単には変わらない、変われない。様々なカラーを持つ三つ子の魂達が集うこの慶應端艇部、果たして何が強みなのでしょうか。

 

私がヒントを得たのは、全国に現存している、日本のお城です。正確に言えば、その土台となる石垣です。中世に建てられて、およそ数百年が経つ今も、地震や自然災害に屈せず今もなお悠然とそびえ立っています。日本の石垣が、世界でも指折りの頑丈さを誇る秘密。それは、当時の職人さんが“大小さまざまな大きさの形や石”をせっせとみつけてきて、見事に隙間なく敷き詰めているからです。

 

これ、ちょっと慶應ボート部っぽくないですか?…飛躍しすぎですかね。

 

ずば抜けたフィジカルを持つ人、いつもクルーの元気印となる人、逆も然り。様々な個性が光る部員ら全員を共に抱えて、この慶應端艇部は129年と長い歴史を脈々と紡いでいるのです。

 

だから、どんなに自分に絶望しても、変わりたいのに、変われないって嘆いたとしても、自己嫌悪に陥っても意外と“どうにかなる”んです。自分がおいそれとどうこうしなくても、時間が解決に導いてくれることも、それこそこのカラフルな組織が、この環境が救ってくれることがあります。つまり誰ひとりとして欠けてはいけない、大切な礎なのです。

 

そろそろ締めに入ります。端艇部での4年間、多くの学びを得ました。この環境を与えてくれた、全ての皆様に感謝の想いでいっぱいです。

 

“ボート部に入りたい”こんな突拍子もないわがままに4年間付き合ってくれた両親、土日返上でご指導くださった監督やコーチ陣、共に切磋琢磨し合った同期、時に大きな道標となり厳しく温かく導いて下さった先輩方、本当に有難う御座いました。

 

そして、特に女子部の後輩に言いたいです。数ある選択肢の中から、慶應女子ボート部に入部してくれて本当に有難う。長く苦楽を共にしてきた3年生、残り1年頑張ってください、心の底から応援しています。練習熱心で頼もしい2年生、その向上心の高さに沢山の刺激を貰っていました。いつも明るく可愛い1年生、気恥ずかしいので直接は言えないけれど、ひたむきに練習に励む姿に日々感銘を受けていました。未来の慶応女子部にとって、とてつもない大きな戦力になってくれると信じています。有難う。ずっとずっとずっと、見守り続けたいです。お世話になりました、皆さん本当に有難う御座いました。

 

それでは、長文・乱文失礼致しました。お付き合い頂き有難う御座います。

 

何とか引退するまでに(後10時間くらいですかね…)、ラストライフを回したいものです。次は、副将のふじけん、宜しく。

強い選手とは

みんな大好きGENTA君から紹介に預かりました、タカトラです。

更新が非常に遅れまして、申し訳ありません。

 

優秀な幹部ならあと1日で129期のラストライフも終わるはず!

 

 

 

 

 

最後のレースを終えてから、何を書こうかと考えて思う所は色々あるのですが、コトバにまとめるのって中々難しいですね。

 

 

 

さあ困りました。

 

困った困った。。。。

 

 

 

困った??

 

 

 

 

_人人人人人人人人人人_

> 「困ったら原点」 <

 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄

 

 

 

 

これは僕の高校時代の監督の口癖でも何でもありませんが、非常に困ったのでH本くんの助言通り「原点」に戻ってみようと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

僕のiPhoneのカメラロールを遡ること、2015年8月22日。

第55回オックスフォードレガッタ。

 

これが僕のボート史上における原点とも言えるレースですね。

 

 

・2000mレースの想像を超えるエグさ

 

・300m以降の記憶ない

 

・この世にコレよりキツイものはある??

 

・てか、このレース四年間で何本やるの?

 

・圧倒的な絶望感、、、

 

 

 

中高まで陸上の短距離しかやったことなかった僕にとって、本当に地獄の7分間でした。

 

まあ、こんなことはボート選手全員が分かりきっていることではあると思うので、

この時の様子を写真で振り返ってみましょう。

 

 

life1

 

クルー紹介

 

【M8+】使用艇:LeviathanⅡ

 

C: N居くん

S: I貝くん

7: K本くん

6: T崎くん

5: T井くん

4: A比奈くん

3: Y田くん

2: H田くん

B: F原くん

 

 

 

みなさん、見覚えのある顔ぶれが揃っているかと思います。

 

そうです。

この時のオッ盾エイトBは129期の一年生だけで構成されたクルーだったのです!!

(ちなみに、H田くんは現在勉学に励んでいます。)

 

結局最初で最期だった同期オンリーのクルー、楽しくなかったわけがないですよね。

 

個人的には、垢抜けていない表情・髪型のT崎くんに注目して頂きたいです。

 

 

life2
life3

 

 

 

そして、こちらがレース中のショットです。

 

僕が見事なアウトハンドフェザーを決めている最中、5番でエンジンのT井くんが素晴らしいファイナルポジションを決めていますね。

 

 

 

そして、この時のタイムをみて驚いたのですが、慶應義塾大学Bは6:20だったそうです。

 

https://www.jara.or.jp/race/2015/2015intercollege_ox.html

(JARAの大会情報より)

 

 

経験者のみんなが頑張ってくれていたんですね、僕は全く覚えていませんでした。笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それから、3年と少しが経ちましたが

 

自分自身が一人前のボート選手、「強い選手」になることは出来なかった、そう感じています。

 

 

 

特に自分が最上級生になってからの1年間は苦悩の日々でした。

 

今まで通りに漕いでいるはずなのに、ビデオを見ると全く違う動きをしている。それに付随してエルゴのタイムも伸び悩んだり…

 

そして、目標にしていた早慶戦に出ることすらできず…

 

 

 

 

2,3年の頃に、先輩方と乗らせて頂いた付きペアやエイトで、

決勝や順位決定での熱いレースを経験させてもらったのにも関わらず、その意思を継ぎ、勝つことができなかったことが本当に悔しいです。

 

 

 

 

life4

 

 

 

 

 

 

「強い選手」と比べると何が足りなかったのか、自分なりに考えてみました。

 

というよりは、1つの記事を見てハッと気付かされました。

 

 

 

現在、日本を代表する陸上競技選手の山縣亮太さんの出身校である慶應の陸上部に関する記事に書かれていたことなのですが、

 

 

 

「強い選手」は現在の課題や調子の言語化が非常に上手い 

 

 

 

 

いまの自分はどのくらいの調子であって、どこを修正すればベストになれるのか――

 

それを言葉で表現することができるということはすなわち、自分の置かれている立ち位置や問題点を冷静に分析できているということである。

(文春オンライン 「慶応陸上部はなぜ強い? コーチ不在でも山縣亮太ら躍進の理由」より)https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181013-00009319-bunshun-spo&p=1

 

 

 

 

自分のカラダのコンディションを理解しており、それをしっかり自信を持って言語化できる。

 

それを分析できているからこそ、その日の周りのコンディション、ボートで言えば波風や、クルーの動きに敏感に反応できるのではないかと思います。

 

 

 

 

船の進みが非常に悪い時、

船の動きを無視して動いて揺らした時によく言われる

 

「船を待つ!」や「船の動きを感じろ!」

 

はそういうことです。

 

 

 

自分のカラダを上手く理解しきれず、船の進みが悪い時に

持ち前のフィジカルから繰り出すパワーでどうにかしようとしがちだった僕は、

 

正直何となくの感覚で漕いでいました。

 

 

 

 

自分を分析するためには、その自分の感覚や先輩から言われたこと等の客観的な視点をしっかりと文字に書き記すことが大切です。

 

そして、ただ練習メニューをこなすのではなく、それを元に考えて考えて漕ぐ!

 

 

分からないことがあれば、先輩方や有識者たちがきっと答えてくれます。

分からないことをそのままにしておくことが、1番危険です。

 

 

まず、自分を理解しないことにはクルー2人・3人・4人・5人・8人でまとまれることなんで出来ない、僕はそう思います。

 

 

 

 

 

これは後輩たち(特に未経験者のみんな)へのメッセージかな?

同じ道を辿ってほしくはないから。

 

自分を言語化して、コントロールできるようになって下さい!

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、

ボートに対して思うことがもう一つ!!

 

 

 

 

ボートは本当に繊細なスポーツだということ!

 

ちょっと力んだだけで揺れるし、少しズレただけで傾くし、クルー全員で漕げる瞬間なんて1回の乗艇の中で出せたらいい方。

 

 

 

自己ベスト更新を追い求め続け、ひたすら走れば走り込む程、脚は速くなる!

 

筋力と瞬発力だけを鍛えつづけていた中学・高校時代を過ごしていた僕にとって、このボートというスポーツは毎日が新鮮なことだらけでした。

 

最後の最後まで、ボートの難しさを痛感されられました。

 

 

 

 

でも、この困難に立ち向かっている過程で

 

タイムが0.1秒でも上がった時、1つでも弱点を克服できた時、クルー誰かが少しでもいい感覚があると言ってくれた時、

 

そのちょっとしたことでも、成長できていると実感できることが楽しかったし、それさえあればどんなキツイメニューも厳しい指導や怒号も耐えられました。

 

↑これはキャパらないコツです。

 

 

 

それを同じ目標にむかって戦う仲間と合宿生活の中で分かち合えるというのも、究極のチームスポーツならではでした。

 

 

 

メシ食べたり酒を飲んだりしたりしただけで、生まれるような友情関係とはキズナの深さが違います。

 

この4年間で一生付き合っていける仲間と出会えました。

 

端艇部のみんなありがとう!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、今日は2018年10月28日。

全日本選手権最終日。

 

約4年間苦楽を共にしてきた同期の引退レース、そして端艇部の未来を担う有望な後輩たちのカッコいい姿を見に行きましょう!

 

慶應義塾體育會端艇部129期の最終日ラストレースの始まりです。

 

life5

 

 

 

 

次はいよいよ129期の幹部たちのラストライフが始まります。

 

まずは、さゆこよろしくー!

僕らの生活を文字で伝えるには限界が

もはや順番も関係ないぐらいに追い込まれている129期ラストライフリレーですが、無事終わることを願いつつ、書き上げさせていただきます。

ご一読お願い致します。

 

つい先程プロ野球のドラフト会議が終わりましたね。

ドラフトされた人は、プロの世界へと進んでいくわけですが、どのような心境なのでしょう。

 

まぁ僕には関係のない話でしたね。(雑な導入でごめんなさい)

 

申し遅れました。どうも、平本です。

僕もあと数日で慶應端艇部を引退すると考えると何か悲しい気持ちになります。

 

“今の心地よい環境を失いたくない。”

そんな気持ちです。

 

この1年を振り返ると最上級生らしいことを何もしてないなぁと感じます。

 

Pと君で遊んだり、full谷君に漕ぎ方教わったり、Pと君と遊◯王を買いに行ったり、後輩のケータイで音ゲーしたり、Pと君の服で濡れた手拭いたり、変な挨拶したり、コース散歩したり、などなど。

 

ご覧の通り、ロクなことをしていません。

自分のやりたい放題に付き合わせてる感じがします。

 

4C319DB3-5D5A-4CA5-8DFD-5D3D09C0F57

(こんな顔して反撃をしてくる後輩もいますが、、)

 

 

本当に今年1年間は新しく入ってきてくれた1年生も含めた後輩、同期に世話になったなぁと思っています。

 

こうして自分に付き合ってくれた後輩や同期と当たり前のように一緒に生活する事がないと考えるとこれほどまでに悲しい事はないでしょう。

 

みんなと練習して、飯食って、騒いで、寝て、笑って、というかけがえのない日々は細胞レベルで体に染み付いています。

ボート部での4年間の合宿生活は僕が生まれてから死ぬまでの時の流れの中で最も多くの、最も大切な仲間を得た期間であると断言出来ます。

 

そんな大切な仲間へ一言

「基礎・基本を大事にしよう」

16F39BF9-9B6F-4698-AA34-382C91DE7E13

 

突然ですが問題です。

 

Q.

1段の階段の登り方も知らない人間が登るごとに段が高くなっていく階段を登り1番上へ辿り着けるでしょうか?

Q.

正確にワンストローク漕げない人が正確に漕ぎ進める事は出来るでしょうか。

Q.

スーパーマ◯オの1-1がクリア出来ない人はクッハ◯に辿り着き全クリ出来るのでしょうか。

 

A.

まぁリームーです。(無理!)

 

CE52FD0E-2E72-485B-9A21-B5917EFD4126

(ワぁーっっ!!)

 

 

「困ったら原点」

これは僕の高校時代の監督の口癖です。ピッチャーの配球についての言葉でしたが、今思うと万事に通ずるものだなぁと感じます。

 

Q.

皆さんは「基礎・基本」大丈夫ですか??

(はいorいいえ)

 

A.

自由記述(2文字以内)

 

 

 

「守破離」

と言う言葉をご存じですか

部員の半数は知らなそう。。。。。。

その関連の言葉にこんなものがあります。

「型を持つ人間が型を破ったら型破り、型を持たない人間が型を破るのは型なし」

 

基礎・基本を会得した上で次のレベルがあるんだよーって事です。(ちょっと違うけどニュアンスはそんな感じ)

 

この部活には129年の歴史があり伝統があります。この伝統は明文化されておらず非常に不明瞭で、解釈の幅が広い言葉だと思います。

 

Q.

“伝統”とはなんでしょう??

 

A.

過去を遡り過去の型に僕たちを縛るものではなく、過去を理解して、今から未来へ僕たちが歩いた道が結果“伝統”になるものだと思います。

過去を後追いするような堅く脆い伝統に縛られず仲間を信じて恐れず「型破り」してって下さい!

 

59E85726-EFA9-44B8-8B01-425B2C9F862A

(なんか型破りっぽい写真かなぁと)

 

 

と、まあ長々と綴ってしまいましたが、

 

苦楽を共にしてきた仲間は本当にかけがえのない一生物の宝です。

 

人がいなければ成り立たないこの社会に生きる以上、人(人とのつながり)は最重要です。

 

僕はこの4年間でとても強く深いつながりを手にすることができたと思っています。

 

このつながりは他の学生にはない僕たちだけの武器であることは間違いないでしょう。

僕はそう確信しています。

 

みんなありがとう!

(あと3日よろしくお願いします。)

 

ま、こんなもんでいっかー

 

 

本編は終わりですが、次回予告的なものが必要らしいので

ボーナス問題です。

 

Q.

次回更新するのは誰でしょう>>

 

1.赤帽超人

2.怪力恐竜

3.辻井将仁

4.温故知新

5.服濡手拭

6.平熱帰宅  7.八分六秒

8.継往開来

 

A.

>>>誰だろうね(笑)

 

 

それでは失礼しま、(ッスーーーーー)。

 

慶應義塾體育會端艇部129期

平本尚暉

enjoy rowing のすすめ

 

 

 

 

こんにちは!

文武両道の権化、麓君から紹介に預かりました南雲です。

 

同期の引退ライフを読み、引退を実感するとともに

独り感傷に浸っています。

 

何について書こうかな。

いざ自分の番になると思いつかないものですね。

面白いことが特に思いつかないので、競技生活を振り返りながら、ボート部から学んだことを書き記そうと思います。

 

①『楽しむこと』

 

今回、全日本選手権に舵手無しペアで出場することになり、後輩の古谷君とクルーを組むことになりました。

 

最初は驚きの毎日。

 

どんなに艇の調子が悪くても、後ろの古谷君は笑っています。

不思議に思い、古谷君に尋ねました。

すると、

「良くなる過程だと思って楽しんでいます。」

 

なるほど。

その日以降、私もどんなに調子が悪くても練習を楽しむようにしました。

 

するとどうでしょう?

艇の動きは弾むようになり、クルーの雰囲気も良くなりました。

 

確かに、それまでの自分は良いものを出そうと、強く艇を動かそうと力み過ぎていたのかもしれません。

今はリラックスして、一本一本を楽しむようにしています。

 

振り返れば私は昔からずっと、失敗ばかりしてきました。

中学受験も、高校の部活も、大学受験も…

いつも思い通りの結果が出ない。

 

今思い返してみると、自ら自身を追い込んでいたのかな、結果を求めて力み過ぎていたのかな、と思います。

 

これからの人生は楽しみながら過ごそっと。

 

最後の最後に、大切な後輩から大事なことを学びました。furuya

(左から南雲、古谷)

 

 

②『感謝のきもち』

 

ボート部は年間約300日の合宿生活を戸田公園で送っています。rowing4

(戸田ボートコース。ここで練習しています。寮の真横!)

まさに非日常。

 

中学・高校を書道部で過ごし、毎日定時に帰宅していた私にとって衝撃の毎日でした。

今までの日常がどれほど有り難いものであったのか

恥ずかしながら、ボート部に入って、艇庫で暮らして初めて気づきました。

寮では、家ではやらなかった食器洗いや洗濯も自ら行わなければいけません。

 

今では感謝の気持ちで胸がいっぱいです。

これからは、支えてくれた両親に感謝の気持ちをもって恩返ししたいなと思います。

 

また私は、先述した通りの書道部出身。

エルゴ(陸の上でボートの動きができる機械)もランニングも水上も部内最下位からのスタート。

入部当初、ボート部は無理な挑戦だったかなと思うこともありました。

一年生の時、何度も辞めたくなりました。

 

しかし、そんな時、先輩の

「南雲、今度飯行こうよ」(K原さん、N人さん)

という声かけに救われました。

 

「こんな僕でも見てくれている人がいるんだ…

強くなって、あの時声かけて良かったなって思われるようになりたい。」

今では、辛い時も、思うような結果が出ないときも

あの日先輩と食べた あぺたいと の焼きそばの味を思い出して頑張るようにしています。

https://tabelog.com/saitama/A1102/A110202/11021719/

(⇑あぺたいとの食べログ)

K原さん、N人さん、本当にありがとうございました!!

あと少し、頑張ります。

 

自分で言うのもなんですが、ボート部は人が素晴らしいと思います。

悩んでるときに話を聞いてくれる人がいる。

 

何かに躓いて苦しんでいる後輩がいたら

是非とも先輩に話しかけてみてほしいなと思います。

きっと楽になるはず。

(先輩は後輩に話しかけてあげるんだぞ!)

 

あれ?何を言いたいのか分からなくなってきたな。。。

 

感謝の気持ちは人を強くするってことを伝えたかったはずです笑

 

実際、感謝の気持ちを持つようになってから、日々の過ごし方が変わりました。

今日は一生懸命過ごせたのか?

支えてくれる、応援してくれる人に誇れる1日を過ごせたのか?

もし、頑張りたいのに頑張れなくて悩んでいる人がいたら実践してみてください。

感謝。おすすめですよ。

______________________________________________________________________________________________

ボート部からは他にも沢山の事を学びました。

書き始めたら止まらないので、最後に近況を報告して終わりたいと思います。

 

先ほど、全日本選手権の初日が終わりました。

結果は3位。明日の敗者復活に回ります。

しかし、心の炎はまだ消えていません。

4年間の全てを明日のレースにぶつけたいと思います。

あ、やべ。力み過ぎてるな笑

力み過ぎてると古谷君に怒られるので意気込みはこれぐらいに。

 

最後の最後、信頼できる後輩と一緒の船に乗れて幸せです。

4年間で今が一番楽しい。(練習も毎日楽しかったよ!)

あぁ、慶應端艇部に入部してよかった。

あと4日。

端艇部に恩返ししなきゃな。

(終)

 

次のLIFEは平本君!

感動のLIFEを頼むよ!

 

 

 

慶應端艇部万歳!!!!

ちは!4年の麓政人です。ラストライフとなる訳ですが、僕自身初めてライフを書かせていただきます。

さて、志木高から始まったボート人生も、いつの間にか気がついたら大学4年の最後の試合を目の前に控えています。高1から数えて7年間、本当にあっという間でした。

志木高入学時、部活説明会で僕は一切他の部活の見学に行かず端艇部の所に行きました。球技はあまり得意ではなく、体がぶつかり合うスポーツも嫌でした。その結果、ほとんど消去法で僕は端艇部、とずっと心に決めていたのです。
今思えばこのなんとなくの決断が全ての始まりでした。

高1は内田先輩、塚越先輩、仲野先輩にクォドで必死について行く毎日。エルゴもきつくてしょっちゅうゲロを吐いてました。幸運なことに、天竜、インハイも先輩方に連れて行ってもらいました。代替わりしてからはなかなか結果を出せずに本当に消えたくなる日々。そして高3はやっと、今やjapanの新井君の力もあり最後にインハイ行きを決めました。脳みそ溶けるくらい嬉しかったです。

大学では最初は医学部端艇部に入り、沢山の試合に出させていただきました。多くの先輩、同期にも恵まれました。今でも早稲田理工に早慶戦で勝ったときの感動は忘れません。

それでもどうしても、僕はもう一度志木高端艇部の仲間と漕ぐことを諦めきれませんでした。そして2年の冬に全塾の方に移らせていただきました。こんな身勝手な自分を許してくださった両部の皆様には感謝の念しかありません。

色んな人に迷惑をかけ、支えられ、守られてきた7年間でした。

しかしそれと同時に最高にきつい7年間でもありました。

自分ののやりたいこと全部やらせてもらってこんなこと言うのも間違ってると思うのですが、やっぱりきつかったです。

朝5時に起きるの当たり前、1日2部練が基本、雨でも雪でも乗艇、エルゴはえぐい、勉強する暇ない、例を挙げればキリがありません。ボートを始めた頃は本当に文字通り死ぬかと思う日々でした。

しかし不思議なもので、気がつけばボートは僕の生活の一部として無くてはならないものになりました。高1の頃は家に帰ってそのまま玄関で寝て、二度と明日は練習するもんかと思っていたボートが、今や毎日の中心です。

なんでこんなにもきついことを7年間やってこれたのか、自分でも驚きです。

オフが少なすぎて辞めたいと思う前にもう次の練習が始まってたから。一般大学生よりもえぐってる自分に変なプライドを感じてたから。色々理由はあります。

でもそれだけてはなかったです。

高校で引退して一度置いたオールを再び大学でも握りたいと思った理由、そして4年間勉強も大変だったけどボートを諦めきれなかった理由、それがなんだったのか。

ボート人生の終わりが見えてきた今、ようやくその答えが分かってきた気がします。

僕はきっと、ボート部でしか得られない、”仲間”を求めていました。

ボートが他のスポーツと絶対的に違う点、ボートをボートたらしめる所以、それはクルーの存在です。

今僕はエイトに乗らせていただいてますが、僕は他の8人のことを本当に兄弟のように思っています。気が合うから一緒にいるような単なる仲良しじゃありません。
苦しみ、悲しみ、喜び、全てを共有してきた、水上でしか得られない仲間です。

今年は早慶戦の敗北に始まり、インカレまで惨めな思いをすることが多かったです。結果が全ての體育會で甘いことは言えません。

それでも僕は誰に何と言われようと、今まで一緒に漕いできたクルーが大好きです。

真っ赤な夕焼けの下漕いだ河練も、冬の暗くて寒いでっぱんも、灼熱地獄の夏の練習も、そこには必ずクルーの皆がいました。

そして死にそうになりながらもコックスのコールに8人でまとまって艇速を上げるとき、お互い励ましてあって全員でえぐさを乗り越えるとき。
僕はクルーで共有するそういう血が燃えるような熱い瞬間がたまらなく好きでした。

ボートは楽しい競技ではありません。その代わりに、9人で飛び込む、最高にきつくて、苦しくて、でもめちゃくちゃ熱い世界がいつの間にか僕の居場所になっていました。

これは一緒のクルーじゃなかった皆にも同じです。

いくらでも快楽を追い求められる21世紀において、わざわざ體育會という選択をして、合宿生活の端艇部に入った人に悪い人がいるはずがありません。
そんな人たちと同じ空間で暮らして、同じ風呂入って、同じ釜の飯を食う。決して暮らしやすい環境ではないけど皆んなそれぞれ工夫して暮らしてる。そして必ず誰かがどっかでくだらなくて下品なことして皆んなで大声で笑って過ごす日々。

スマートじゃないけど泥臭く生きる、人間味あふれる皆との生活が本当に好きでした。

水の上も、陸の上も本当に僕は周りの人に恵まれました。感謝してもしきれません。

監督、コーチ陣の方々。休日返上で我々学生のために戸田に来てくださり、本当にありがとうございました。途中入部で人間的にも、漕手としても未熟だった僕を受け入れてくださったことは本当に感謝の念しかありません。最後まで皆様の元で漕げて、僕は本当に幸せでした。

志木高コーチ陣の方々。僕は志木高端艇部が本当に心の底から大好きです。志木高で過ごした日々があったからこそ、大学も最後まで続けられました。志木高端艇部は死ぬまで僕の原点であり続けます。本当にありがとうございました。

医学部の皆さん、本当にたくさんのご迷惑をおかけしました。それでも信濃町や戸田で、1人の後輩、同期、先輩として接してくださり、凄く嬉しかったです。勉学と部活の両立を目指す皆さんの姿は本当に心の支えでした。ありがとうございました。

先輩方。ずっと憧れていた皆さんと同じ艇、同じ部活で漕げたことは一生の誇りです。途中入部にもかかわらず、たくさんのことを教えていただき、そしてかわいがってくださったことが何より嬉しかったです。これから先も、ずっとずっと、先輩、と呼ばさせてください。

同期の皆、途中入部なのに僕を迎え入れてくれたことがマジで嬉しかった。129期の一員になれたことは僕の人生で起きたことの中で、間違いなく1番幸運なことだった。こんなにも愉快で、楽しくて、熱い皆んなに出会えて良かった。皆んなへの恩は一生忘れない。本当に、本当に、ありがとう。これからもよろしく!

後輩の皆。皆との何気ない日々のやりとりが凄く楽しかった。どんなに辛い時も、皆と一緒にいると必ず笑顔になれた。皆はいかなるときもユーモアを忘れなかった。さんざん、ど○○いだとか、ゲ○とかいじられたけど、それも良い思い出だ。
皆にこんな偉そうなことを言うのははばかられるけど、これだけは言わせてほしい。これから先、どんなに苦しい時も、必死な時も、みんなが持つそうしたユーモア精神を絶対に無くさないでほしい。もちろん、練習は死ぬ気でやるべきだし、妥協はしちゃダメだ。楽をした方がよいということじゃない。
でも困難に直面した時に、感情に支配されてほしくない。感情に支配され途端、人は盲目になってしまうから。腹立つことも、泣きたいことも、苦しいこともあると思う。勉強とか就活との両立で悩むこともあると思う。でもそんなときは冗談を言い合うくらいの、余裕ある態度を忘れないでほしい。
余裕ある態度は必ず心の余裕につながる。そして心の余裕はきっと、自分の中で新しい道を見つけてくれるから。

もう一つ、皆んなに言いたいことがある。それはクルーを信頼してほしい。ボートは信頼のスポーツだ。クルーに対して不信感を抱いた途端、全てが崩壊する。もちろん、仲良しごっこをしろということではない。皆んなで厳しく意見言い合うべきだし、生ぬるい空気でやるべきじゃない。それでも、相手を尊重し、信頼する心は絶対に無くしちゃいけない。
ボートは本当に不思議なスポーツだ。前のやつらは背中しか見えないし、ましてや後ろに座るやつなんて視界にも入らない。だからこそ、クルーに全幅の信頼を寄せて彼らにそれぞれのオール託すこと、そこにボートの面白さ、価値があると僕は信じてる。

喧嘩することも、なかなか馬が合わないやつも出てくるだろう。でも、いがみ合うことが目的になっちゃダメだ、あくまでも艇を速くすることが目的なんだということを忘れちゃいけない。
まずは自分がクルーを信じ、そして自分も相手の信頼を勝ち取ることを忘れないでほしい。

最後に、対校のみんな。

三輪、新井、宮嵜、本多。高校の頃、一緒に対校エイトかっけえーってよく話したな。俺はその頃から志木高端艇部で大学の対校に乗るのが夢だった。それが今や7番とストサイ全員志木高端艇部。これに胸が熱くならない訳がないよ。ほんと、6年間色々と世話になった。あと少しだけよろしく頼む。
中居、栗野、ゴリ、ふじけん。大学に入ってこんなにも熱く、信頼できる仲間ができるなんて思ってもいなかった。なぜだか皆のことは、大学よりももっと昔から知ってるような気がしてならない。皆んなに出会えて、そして同じクルーになれて本当によかった。最後の全日本、同じエイトになったのも、なんかの運命だ。よろしく!
僕が7年間ボートを続けてきた理由の全てがこのエイトには詰まってる。最後の最後まで、最高に熱く、皆んなで灰になるまで燃え尽きよう。

ここに挙げただけではなく、本当に多くの人にお世話になった7年間でした。全ての人に直接お礼を言いたい気持ちでいっぱいです。

ボートはスポーツの一言で片付けるにはあまりにも奥が深くて、難しくて、熱いものです。
そのボートは僕の人生であり、青春そのものでした。

そして永遠に続くものだと勝手に思っていたそんな日々ももうおしまいです。

明日からの全日本が終わったらどんな気持ちになるのか、想像もつきません。清々しい気持ちになるのか、それとも名残惜しい気持ちになるのか。

でも、今はただ、この仲間と最高のレースをして、熱く、熱く、燃え尽きたい。それが今の願いです。

僕が求めるもの、欲しいものの全てが水上にはありました。體育會端艇部に入って良かった。本当に、心の底から、ありがとうございました。

そして何よりも、これからもどうぞ、體育會端艇部をよろしくお願いします。

次は誰かな、ひらか南雲かな。。。。

ボートに愛された男

こんにちは。辻から紹介に預かりました、129期の辻井将仁です。東日本で乗ったダブルは楽しかったね。

朝比奈、もちろん忘れたわけじゃないよ。

辻 ダブル朝比奈 ダブル

 

二人には本当に感謝してます。ありがとう。もちろん鯉ちゃんも。

そしてあと少し、宜しく。

 

 

さて、いつもは関西から持って生まれた抜群のお笑いセンスで艇庫を楽しく盛り上げている僕ですが、たまには真面目な感じで書いてみようと思います。はい。

 

ラストライフ。何を書くか本当に悩みました。

過去の先輩やこれまでの同期のラストライフを読んでいると、皆思い思いのことを書いています。

同期のK本君は、普段はTW⚪⚪⚪の話しかしないのにものすごく真面目に書いていたり、同期のS田君は普段は艇庫の⚪口しか言わないのにいきなり感謝してたり、本当は皆この4年間で内に秘めてるものがあったんでしょうね。

 

ということで、僕も軽く過去を振り返ってみて思ったことを書いてみました。

駄文ですが、最後までお付き合いください。

 

ボート競技を始めて10年。本当にあっという間でした。始めてオールを握ったのは中学1年生の5月にある試乗会。ボート部に入ろうと思ったきっかけは、・・・・・

 

 

 

このまま続けると磯貝の倍は軽く超えてしまうので止めます。

 

大学に入って1年目は、全員同期で出漕したオッ盾。

楽しかったな。純粋に。朝4時に起きて右も左も分からずスイープ漕いで、知識もないのにとりあえずクルーミーティングしたり。全員同期で、始めてエイトを漕いで、未経験者のふじけんや高寅、朝比奈が、クソしんどそうだったけど楽しそうに漕いでる(と勝手に思ってた)のを見て、自分も初心にかえったのを覚えています。

オッ盾 エイト

2・3年目は、沢山の人とクルーボートに乗りました。

お花見、軽量級、東日本、新人戦、インカレ、国体、全日本・・・

今だから言えますが、シーズン中にスカルとスイープを行き来するのは本当に辛くて大変でした。特にこの2年間は辛いことの方が多かったような気がしますが、そこから学んだこともたくさんありました。何を学んだかは最後の方にちょっとだけ。

 

4年目。最初で最期の早慶戦。対校エイトで出場し、負けました。

岸蹴りの際、円陣を組んだ時の空気感、観覧席の横を通った時に感じたプレッシャー、桜橋から聞こえる大歓声、そして負けた瞬間は今でも鮮明に覚えています。

本気で誰かの為に勝ちたいと思ったのは、この試合が最初で最後でした。最高のメンバーで漕がせてくれた監督、田邊さん含めコーチの方々、最高の舞台を用意してくれたマネージャー、OBの方々、有難うございました。中学の時からずっと好きなことをさせてくれた両親、本当に感謝してます。そして当日までサポートしてくれた部員の皆、本当にありがとう。

宮嵜、新井、本多、ゴリ、三輪、来年は頼んだよ。

早慶戦 エイト

 

ざっと振り返って書いてみると、こんな感じになりました。

 

今シーズンは早慶戦、軽量級、東日本、インカレと続き、明日から全日本が始まり、引退まであと3日。早いものですね。

漕ぎたくても漕げないと思うと正直寂しいです。だからこそ、最後の一本まで悔いの残らないように。そして今一緒に漕いでくれている後輩達の力も借りて、結果を出したい。応援宜しくお願いします。

 

 

最後に一言。

 

ボート競技と出会って10年。長かったような、短かったような。

まあ、人生の半分ほど使ってるって考えたら長いですね。

自分でもよくこんなに続けてこれたなと思います。

単調で、同じ動きの繰り返しで、練習は本当にしんどいし、年に数回しかないレースで勝つのは本当に難しい。

よく同期や後輩から、「そんだけやってて辞めたくなったことはないの?」と聞かれますが、辞めたくなったことはありません。いろんな要素はありますが、単純にボートを漕ぐのが好きだったからです。笑

漕ぐ前に頭の中でイメージして、それを水上で実行する。それが時にはうまくハマったり、逆に悪い方向にハマったり、、、

でも僕は、それこそがボート競技の面白さだと思います。考えて、考えて、考え続けた結果艇速が伸びる時もあれば、考えれば考えるほど、漕げば漕ぐほど、悪くなる時もあります。そこにボートの魅力を感じてしまった僕は10年も没頭してしまいました。。。

他にもたくさん魅力があり、例えばボートにはいろんな種目があり、沢山の人たちと漕ぐことができます。

もちろん2・3年生から対校エイトに乗り、シーズン通してほとんど変わらないメンバーと部を背負って漕ぐのも素晴らしいことです。むしろ尊敬します。正直僕も1年生の最初の頃は対校に乗らないと意味がないとさえ思っていました。しかしその人たちには味わえない、多くの種目で沢山の人と試合に出ることも、また違ったボートの面白さだと気付きました。

そうやって1日1日、練習一つ一つに面白さを見出すのも悪くないと思います。

あと3日、できることを全力で。

長文乱文失礼いたしました。

 

次は南雲、頼んだ!

 

辻井

 

 

 

 

ロマンチックが止まらない

こんにちは!129期理工学部4年の辻です。

ラストライフ、書かせていただきます。

 

 

ついに順番が周ってきたラストライフですが、

まだ何書くか決めていません。(2018年10月23日19時03分現在)

 

 

 

とりあえず最近自分が何を考えていたかなぁということで、safariの履歴でも見てみますか。

 

 

 

IMG_5140

調査中

 

 

 

IMG_5142

・・・調査中

 

 

 

IMG_5144

・・・・・・・・・

 

 

ポチッ

 

47195089_220x220

 

あっ(察し)

 

 

・・・・・・・・・そ、そういえば私は現代っ子にしては珍しく、携帯使わない人間だったことを思い出しました(汗)

なので履歴は無かったモノとして、書きたいこと、思い浮かんだことを順に書いていこうと思います。

 

 


 

 

引退まであと1週間を切りました。

 

大学入学から今日まで1302日、引退まであと残り5日

文字通り桁が違います。一瞬です。

 

 

でも実際、そんなに実感は湧いていないです。

いままで“当たり前”であったことが数日後にはガラッと変わるなんて、自分自身では信じがたいものだからですかね。

 

だからこそ定量的に。客観的に。

 

文に起こし、見つめ直すって意味のあることだなと思います。

だから僕は毎週毎週レポートをあんなにも書いていたのでしょうか?

 

 

 

2016年11月13日、漕手からマネージャーに転向しました。

 

思えばまさに”当たり前”であったことがガラッと変わった日でした。

 

 

 

実はこの日、iPhoneのメモに日記らしきものを書いていました。

恥ずかしいのでここには載せませんが、思ったこととか考えとかをつらつらと書き綴っています。

 

 

その文を見返すと今でも鮮明にあの時の瞬間を思い起こすことができます。

10年後、20年後、もっと遥かに時間が経ってからでも、きっと今と同じように思い出せるのではないでしょうか。

 

 

そう考えると、文章とはただの記録ではなく、人そのものが乗り移っていると感じますね。不思議だ。

 

 

 

こんな取り留めのないことを書いているだけなのに、なんだか引退に対しての実感が多少出てきました。

ラストライフを書いているという自覚からでしょうか。

 

 

文章の力ってスゲーッ!

 

 

 

というわけで(?)、明日から毎日日記を書くことにしました。

ここで宣言します。

 

 

使う日記帳はこちら↓(今日ポチりました)

 

アピカ|日記手帳5年日記

(https://www.amazon.co.jp/アピカ-日記帳-5年日記-日付け表示あり-D304/dp/B0033VP7L0)

61yCtNLjtRL._SY355_

 

 

5年間の同日を1ページに書くスタイルの日記帳。

書きながら去年とか一昨年の自分を見返すことができるみたいです。

これめっちゃいいじゃん。現役の時からやっていれば良かった…

 

 

 

これから頑張って続けます。

 

 

 

 

さて話は変わりますが、慶應端艇部戸田艇庫にはフロンティアルームなるものがあります。

3年前、私が1年生の秋の時に艇庫改修工事があり誕生しました。ちょうど1回目(前回)のライフを書いていた頃でしょうか。

 

ここには数々の先輩方の写真などが保存されています。

大昔の大先輩の方のものから監督・コーチやマネージャーとして関わらせていただいた馴染みある方のものまで。歴史がぱんっぱんに詰まっています。

 

マネージャー関連の作業などで何かと出入りすることが多かったフロンティアルームですが、実は私のお気に入りの場所でもあります。

 

見ていて本当に飽きることがないです。

 

特に早慶レガッタのパンフレットなんかはオススメです。

早慶戦合宿期間にはマネージャーみんなで、あんな人やこんな人の現役時の姿や一言コメントを見て大笑いしていました。

この場を借りてお詫び申し上げます。有難うございます、面白かったです。

 

 

でも真面目な話、早慶レガッタの一言コメントはしっかり書いた方がいいと思うよ!

なんか一行で変化ないコメントだと見返してもつまらないし…

唯一後悔していることかもです。

 

 

 

話が飛んでしまいました。

何が言いたかったかというと、今は見る側でも、やがて見られる側(残す側)になるよということです。

 

 

image1

111年前のこの先輩たちは今の社会や端艇部を想像していたでしょうか?

 

 

もしかしたら100年後の後輩たち、229期のみんなが僕らの写真を見て、

 

「2Dの写真とか初めてみた。」

とか

 

「昔のオールの形ってやっべぇなこれ」

とか言ってるかもしれません。

 

 

それってなんか素敵なことじゃないですか?

その場面を想像するとなんだかワクワクが止まらないですね。

 

えっ、そうでもない?僕はそう思います。

 

 

文章であれ、写真であれ、「今」を物理的に後に残すっていいですね。

歴史を紡ぐ。大きいようだけど案外気が付いたら出来てるものかもしれません。

 

 

予想だにせず、なんかロマンチックな感じになってしまいました。

ここらへんで止めないと、まだ見ぬ彼女とかにを囁き出してしまうかもしれないので終わりにします。

 

 

ともかく。最後には勝ちたいです。

 

そして「勝った代」としてフロンティアルームで後輩を待ちたいです。

 

 

では

 

 

次は辻井よろしく!期待してます。

誓い

だいぶ気温が下がってきましたね。みなさんいかがお過ごしでしょうか。

秋の深まりを乗艇中に受ける風の冷たさからひしひしと感じています、4年コックスの中居です。

 

辻くんの順番でしたが、先に書き上げたので割り込みで投稿させていただきます。

このままだと全員に回りきらないので、4年生、書けた人からどんどん更新お願いします、、、

 

 

「旅立ちの時は すぐに訪れた」

仰々しい(笑)タイトルから書き始めましたが、そんな堅い内容じゃないので、肩の力を抜いて読んでもらえればと思います。

まずは、音楽のレコメンから。

「ストレイテナー、ROCKSTEADY」

「旅立ちの時は すぐに訪れた」からはじまり、サビで「僕らは進まなくちゃ 先を急がなくちゃ」「君らは残らなくちゃ 後を担わなくちゃ」とまあほんとに引退にぴったりの曲だと思います。

この曲を聴きながら、試合に向かう自分の姿をイメージしていたら、あっという間にその時がきてしまいました。感傷に浸りたい方はぜひ。

 

ライフが回ってくるたびに音楽のレコメンをしようと思っていたのですが、1年生の冬を最後にとうとう順番が来ることはありませんでした。きのこ帝国とかアートスクールとかマイブラの話をしたかったのにいいいいい。

 

更新止めてたやつら、お前らあとで全員覚えとけよ。

 

 

 

 

さて、そろそろ本題に。

 

何書くかめちゃくちゃ悩みました。

今までの自分の歩みを振り返るのもよし。

諸先輩方への感謝を綴るもよし。

後輩のために説教じみた成功の秘訣でも書いてみようか。

 

いろいろ考えたのですが、みんながボート人生を振り返って素晴らしい文章を書いているので、ぼくはすこし趣向を変えて未来のお話をしてみようと思います。

 

 

「未来のことはどんなに考えたって、結局わからない」

未来の話って何やねん、スケールでかすぎんぞワレ。

という方のために結論から書きました。

未来のことは、たった4年先でもわからない、ということをお話しします。

 

4年間という時間は、超気持ちよくなっていた北島康介も何も言えなくなり、敗戦に悔しさを滲ませていた本田圭佑もきよきよしくなるくらい長いんです、みなさん知ってました???

 

22歳のぼくも、18歳、大学に入ったばかりのぼくからは想像もつかないようなところに立っていると思います。

昔はライトないわゆる「邦ロック」ってヤツを聴いていたのに、今は落ち着いた暗い音楽を聴くようになっている。

軽音サークルでギターを掻き鳴らすつもりだったのに、気がついたら辺境の地で日々ボートに揺られている。

このポジション絶対に向いてない、自分にはできないと思っていたコックスが、今は天職のように感じる。

 

感傷に浸るには十分すぎるくらい長いですね(笑)。

 

 

 

少しだけ自分の昔話をしたいなと思います。

 

入部してしばらくの間、先輩から

「対校に乗らなくていいよ。セカンドで楽しくやるのも手だよ」

ってよく言われていました。けっこうショックでした、期待されていないんだなあって(笑)。

まあ、そう言われると逆に燃え上がって意地でも対校乗ってやるよって思ってしまうのがぼくで。でも、対校に憧れながらも、上のレベルで戦うことに言い表せないほどの恐怖も感じている、そんな選手が18歳のぼくでした。

口では対校に乗りたいと言いつつ、毎日毎日、不安との戦いです。

 

全然うまくなっている気がしない。

うまくなるビジョンも見えない。

すぐ感情的になってしまう自分が、全体を俯瞰しなければいけないコックスというポジションを務められるのか。

わからない。わからない。わからない。

右も左もわからないまま、このまま自分はどうなってしまうんだろう。対校なんて夢のまた夢なんじゃないか。

 

 

そんな思いを払拭するために、毎回の練習に没頭する日々が続きました。

今日はこんなコールをしてみよう。今日はコールなんてどうでもいいから頑張ってまっすぐ進めるようにしよう。

先輩にしつこいほど質問してみたり、めちゃめちゃ怖かったけど、対校の人に一緒に練習してくれとお願いしてみたり。

他大のコックスのコールを伴チャしながら録音したこともありました。(このあとめっちゃ怒られました!勝手に録音するのはやめようね!!)

 

 

 

「気がついたら、、、」

ほんとに、「もがいていた」って言葉がぴったりじゃないかと思います。不安に捕まらないように、必死で泳ぎ続けていた。

でも、こんな不安から逃れるための必死の毎日が、気が付いたら自分の「未来」になっていました。

あのとき先輩にもらったアドバイスが大きく自分のその後を変えてくれた。

泣きながら積み重ねた練習が今立っている足場になった。

短所だと思っていた、感情的な部分はコントロールできるようになってからは誰にも負けない長所になった。

 

 

なんだかんだぼくは今ここに立っていて、ときどき凹みながらも何とかやっています。それなりに強く生きています。(メンヘラとか言わないでくださいね

 

 

未来って結局考えたってわからないんです。だって、今を積み重ねることでしか、たどり着けないから。でも、だからこそ逆もまた真なり。

「今を一生懸命頑張っていれば、その先に未来は開けてくる」

 

 

 

 

何かきっかけがあって、もしくは何もないせいで、どうしようもなく未来が不安になるとき、誰にもきっとあります。

そんなとき、苦しかったらときどき休んでもいいと思うのです。止まらずに走り続けられるほど人間って強くはないから。

 

でも静かにじっとしていると、そのうち少し元気になるとおもいます。何かしたくなります。止まっているのも案外疲れるんですね(笑)。

そうして動く元気が出てきたら、ゆっくりでいいから歩き出してみてほしい。足を進めるうちに、思っているよりずっと遠くまでいけるものです。

もしかしたら自分の思っている形とは違うかもしれないけれど、今の歩みの積み重ねが素敵な未来へと繋がっているかもしれません。

 

 

「意外と」

ぼくのことも、この文章を読んでいるあなたのことも、いろいろ好き勝手言う人がたくさんいると思います。そんなこと出来ない、って烙印を押されてしまうこともあります。

でも未来は結局誰にもわからない。

だからこそ、自分自身が自分の未来に一番の期待をかけてもいいと思うのです。

やってみたら意外とできるんだよ、人間って

 

少年野球を引退するとき(もう10年も前ですね)、コーチから

「意思が行動を作り、行動が習慣を作り、習慣が人格を作り、人格が人生を作る」

という言葉をいただきました。この言葉は、幼いながらにぼくの中にグサッと刺さりまして、これがぼくの未来観の礎になりました。

 

「人間、本気で思えたところまでは、絶対にいける」

 

 

 

 

気が付いたら、己を振り返り、諸先輩方への感謝を綴り、後輩に説教するライフになってました。(やばいやばい)

気を取り直して「未来の話」しますね。

 

 

 

「ほんの少し先の未来の話」

先日、エイトの練習で「超絶ウルトラスーパーハード」なメニューがありました。

ぼくは、正直これは乗り切れないだろうなあ、と心の中で思っていました。だって、まともにやったら体がボロ雑巾になってしまうくらいエグかったもん。

 

しかし、いざ練習が始まってみるともうそれはそれは漕手のパフォーマンスは言葉では表しきれないくらいに素晴らしかった。

とても高いクオリティーで、すべてのセットをやりきった。

 

 

静かに、でも気持ちを込めて漕ぎつづけるストローク。

絶対的大黒柱の7番。

しっかりと全体を見て、行くところは自分で勝負に行ける6番。

物凄いスピードで成長している5番。

苦しいときに頼れるエンジンの4番。

攻めるときは、本当に押してくれる3番。

クルーがどんな雰囲気でもみんなを支えてくれる2番。

誰よりもエイトに強い思いを持っているバウ。(叩き上げパワーで最後まで一緒に頑張ろうね)

 

 

その8人の姿を見て、ぼくはもう目の前がぼやけてしまうくらい感涙してしまいました。

どんな苦境にも負けず、強く、力強く、漕いでいる。生きている。

 

一緒に乗っていて、思いが溢れて止まらなかった。

 

このクルーでなら、どこまでもいける。

勝てる。勝ちたい。勝ちたい。

練習が楽しい、

ボートのことを考えるのが楽しい、

上手くなっていくのが楽しい、

みんなと時間を共有できるのが楽しい。

 

 

この最高のメンバーに、最高のコール、ラダー、パフォーマンスで応える。

 

 

 

それがこのときに立てたぼくの誓い。

 

 

 

 

 

慶應のことも、いろいろ好き勝手言う人がたくさんいると思います。夏の結果は散々でしたし、まあ至極当然です。

でも、未来は結局誰にもわからない

だからこそ、ぼくは自分に、このクルーに、このチームに最大の期待をかけたいのです。

やってみたら意外とできるんだよ、人間って

 

人間、本気で思えたところまでは、絶対にいける。

全日本がそれを証明する戦いになればと思います。

 

全日本選手権、男子対校エイト。

慶應レコードを更新します。

 

次は誰が書くのかな、

それでは。

 

中居

ラストライフ

みなさんこんにちは。

須田くんよりご紹介いただきました4年の谷川です。

ついに「ラストライフ」を書くときがやってきてしまいました。

なかなか引退を控えているという実感が湧かず、ラストライフを書くことにとても違和感を感じています。でもせっかくの機会なので、引退を控えて今自分が感じていることについて書いてみようと思います。

 

本当にこの四年間は、最高に熱く、最高に楽しく、最高にきつい四年間でした。

毎朝5時に起きるのが当たり前、練習して学校に行き、帰ってきてまた練習、22時には寝るような毎日。何回部外の友達との飲み会をすっぽかしたかわかりません。笑 でもそんな生活はいつも情熱にあふれ、最高に充実した日々でした。もちろん授業帰りの埼京線に乗っている際、何度もこのまま家に帰ってやろうと思ったことがありました。でもそんなとき、いつも戸田公園に帰ろうと思わせてくれていたのは仲間たちの存在でした。彼らがいたからこそ、こんなに厳しい生活を毎日のように続けてこれたのだと強く思います。

 

僕は入部して1ヶ月でヘルニアという怪我を患い、一時期ボートをやめるか本気で迷っていた時期もありました。そんなときでも、僕を支えてくれたのはいつもそばにいてくれた仲間たちでした。たとえ選手として四年間全うできなくても、ボート部に居続けようと思わせてくれたのは、彼らがいたからです。

 

大学3年のときの早慶戦後、2000エルゴでベストが出るまで配艇なしという期間がありました。そのとき僕は9回2000エルゴを引いてもベストが出ず、ほぼほぼ鬱みたい状況に陥っているときがありました。笑顔だけが取り柄の僕が、1日一度も笑えないような日々でした。エルゴを開発した人を恨んでいたくらいす。そんなときでも、僕の背中を押し続けてくれていたのは、一緒に生活していた仲間たちでした。実際に10度目の2000エルゴでベストを出し、一緒に祝ってくれた仲間たちとの思い出は一生忘れません。

 

本当に仲間たちに支えてもらいっぱなしの四年間でした。

彼らがいなければ退屈で、平凡な日々をおくっていたことでしょう。

本当に感謝しきれません。

 

部の仲間たちだけではありません。

お仕事で忙しい中、毎週僕たちの練習を見てくださった監督・コーチ陣のみなさま、本当にありがとうございました。監督・コーチ陣のみなさまがいたからこそ、ボートの技術面だけでなく、人としても四年間を通じて成長できたと思います。

 

父さん母さん。

毎月毎月高い合宿費を払い続けてくれてありがとう。感謝の気持ちでいっぱいです。

 

マネージャーのみんな。

マネージャーのみんながいたからこそ、今の僕がいます。そしてボート部員がいます。毎日こんな僕たちのために朝昼晩ご飯作ってくれて、さらに早慶戦の準備、練習のビデオ撮影、本当に全てのことをしてくれてありがとう。言葉で表せないくらい感謝しています。

 

長い文章になってしまいましたが、本当に多くの方々に支えられてきました。

こんなに充実したボート部生活を過ごすことができたのも、みなさまのお陰です。

本当にありがとうございました。

 

ではでは、僕の話はここらへんして、

次は辻くんの感動的なラストライフにご期待ください。

あでぃおす!

ありがとう慶應端艇部!!

こんにちは!!

 

「端艇部の元気印」の芝崎さんからご紹介いただきました、経済学部4年の須田祐介と申します。

まず、あの写真はひどいよ!

ライフの更新は今回で二度目となりますが、僕の一度目に書いた素晴らしいライフを見たい方はどうかこの下のURLをポチっとね

☟☟☟

 

http://keiorowing.sports.coocan.jp/blog/?p=3470

 

(良い子の皆さんは先にこっち、読んでくださいね。泣けるたぶん。)

 

さてラストライフ、何を書こうかたくさん悩んでいたらついに自分の順番が回ってきてしまいました笑

同期のライフを読んでいると、なんだかよくわからないけど目頭が熱くなります。

参考までに、磯貝君や黒田君は4000~5000字書いていたそうですね。

と、ここまでで200字弱ってもう途方もない文字数ですね。

 

締め切り直前の400文字のESを10分で書き、果てることに特化した僕には到底できない技です。(良い子の後輩のみんなは真似してはダメだよ。)

と、ここまでで350文字、そろそろ僕の命も尽きる頃なので、ボート部の話を少々しようかと、(398 words)

 

(そして命尽き果てる。)

 

と、ここまででなんと8分切り!

とある同期部員の、この間の2000mのタイムを上回ってしまいました。

(8分6秒バズーカ!)

高校生の頃に最初に引いた2000mがそんな感じのタイムだったような…

時間までボートの距離に換算されてしまって、こりゃ完全に侵されてますな。

 

冗談はさておき、皆すごく熱くて濃い4年間を送っていたのだなと、そんなこと考えながら真剣に書き始めたいと思います。

少々まとまっていない文章かと思いますが、お付き合い頂けたら嬉しいです。

僕の端艇部での4年間、LIFE!がなんとなく伝わればと、そんな気持ちで書いております。

 

さて、高校から始めて7年目、短いような長いような僕のボート部LIFEも幕を閉じようとしています。

 

高校では、全然勝てませんでした!それが悔しすぎて大学端艇部に入部しました。

ただ、自分が「勝ちたい!」という思いを抱いて。

 

端艇部は僕の心技体の成長にとって最適な場所でした。

僕はここでたくさん失敗をして、たくさん成長できました!

Maybe…

 

まず、ボートの技術や体力がかなり上がりましたね。

それなりにこだわり続けて漕いできたという自負もあります!笑

ボートの技術って意識し続ければ出来るってものでもなくて、すごく難しいです。

しかも、これがまた時間がかかります。

ただ、諦めずにやり続ければ上がると思います。技術も、体力も。時間はかかりますが。

 

逆に心の成長。

技術や体力の向上の方が、時間がかかるように思えます。そして実際に意識してから向上するまで、物理的な時間はかかると思います。

でも心は1日で変わると思います。これ本当です。

何かきっかけがあれば、すぐ変わると思います。

でも、どこがきっかけかなんて誰も教えてくれなくて自分で見つけに行かないと見つからないような気がします。

自分で見つけるからこそ、その成長が楽しめると思います。

僕の場合は少し遅めでしたが、最後の1年間はいろんな人のおかげで本当に「心」の成長を楽しめた気がします。

ただ、やっぱり「心」は目に見えない成長だったし、未だにどれくらい成長したかはわかりません。

(少しは成長していることを祈ります笑)

 

尊敬するボート選手がブログで言っていました。

スポーツをする価値って技術や体力の向上より、心の成長にあるって。

スポーツで得た体力とか技術はやめたら、どんどん落ちていく

でも心の成長もまた、極限まで自分を体力的に追い込んで、技術的な追及をした中でやっと得られる価値だと

本当にその通りだと思います。

 

何が言いたいかって本当に自分が恵まれた環境に置かれていたことです。

慶應端艇部には、自分を体力的に追い込める環境、技術を追求できる環境、それが整っていました。

 

船があり、オールがあり、たくさんの仲間がいる。

そして辛いときは、仲間が支えてくれてまた自分も誰かを支えているかもしれない、だから頑張れる。

時にはぶつかって、それでも「勝ちたい」っていうのは皆同じで、結局同じ志をもって目標に向かっていく。これって本当に幸せなことです。

その上、僕らはたくさんの人に支えられて応援してもらっています。

一人で戦っている人なんて誰一人いません。

 

大学4年間、ひたすらボートでした。ボートのことばかり考えていました。

失敗もたくさんしましたが、その度に、いろんな人が道を正し、僕を支えてくれました。

 

ここまで続けさせてくれたお父さん、お母さん。

休日返上で指導に足を運んでくださった監督コーチ陣の方々。

ビデオを撮り、ご飯を作ってくれるマネージャーの方々。

辛いとき、支えてくれた同期、後輩、先輩方。

 

他にも、たくさんいます。

そして残り少ないですが、よろしくお願いします。

 

僕らは、色んな人の想いを背負ってスポーツに打ち込んでいると思います。

先ほど、大学では「勝ちたい」と言いましたが、これは今でも本当です。

ただ、「誰の為に」って言ったら、もう自分一人が勝ったら楽しいからではない気がします。

支えてくれた人たちの笑顔が見たいからです。そう、129期のスローガンFor ∞mile ‼

今までは、自分の「勝ちたい」想いをオールに込めているだけで未熟でした。

 

全日本まで残り9日ですが、僕を支えてくれた全ての人の想いをオールに込めて試合に臨みたいと思います。

そして、結果でお返ししたいです。

僕は4×で出ますが、このブログを読んだすべての皆様、どうか慶應端艇部の応援のほどよろしくお願い致します!

皆様の応援があればあるほど、128期は強くなります。

そして皆さんを笑顔にします!

最後に一緒に笑いましょう!

本当にありがとう慶應端艇部!あと少しよろしく!

 

では、っした👏

次は、谷ポン!

 

Older posts