LIFE

戸田での合宿生活&部員の素の姿をブログで紹介!練習のこと、仲間のこと、オフの出来事、etc

2018年 10月

ラストライフ〜〜〜

みなさんこんにちは!!!

須田くんよりご紹介いただきました4年の谷川です。

ついに「ラストライフ」を書くときがやってきてしまいました。

引退まで1週間ということで、同期の何人かはベット周りの整理を始めたりと引退ムードをプンプンにおわせておりますが、その中でもなかなか実感が湧かない谷川です。

さてさて、ラストライフということで何を書くかずっと考えていたのですが、なかなか良いアイデアが浮かばないので、引退を控えていま僕が感じていることについて書こうと思います。

入部してから約1300日が経とうといていますが、本当に色んなことがありました。

「エルゴの音すら聞きたくない!」と思うことは何千回とありましたし、オールすら握りたくないと思うことも何万回とありました。でも毎日一緒に過ごす最高の仲間たちがいたからこそ、厳しい練習も乗り越えられたと思っています。

もちろん32人部屋で寝泊まりし、10時に寝て5時に起きる生活が幸せだと思う人は少ないかもしれませんが、僕にとっては最高に幸せな日々でした(早起き以外!)。

仲間とふざけ合い、風呂場でくだらないことをひたすら話し、毎日のようにコンビニに通って男気じゃんけんをするような日々は最高でした。

本当にみんなありがとう!

また、部の仲間だけでなく、今まで僕を支えてきてくれた全ての方に感謝したいです。

忙しい中練習を見てくださった監督・コーチ陣の皆さん、高い高い合宿費を毎月払ってくれた父さん母さん、毎日美味しいご飯を作ってくれたマネージャーのみんな、本当にありがとうございました!!

めちゃめちゃ感謝してます。

ではではここらへんにして、

次は爽やか系イケメンこと辻くんの感動的なラストライフに期待したいと思います。

よろしく!!!

ありがとう慶應端艇部!!

こんにちは!!

 

「端艇部の元気印」の芝崎さんからご紹介いただきました、経済学部4年の須田祐介と申します。

まず、あの写真はひどいよ!

ライフの更新は今回で二度目となりますが、僕の一度目に書いた素晴らしいライフを見たい方はどうかこの下のURLをポチっとね

☟☟☟

 

http://keiorowing.sports.coocan.jp/blog/?p=3470

 

(良い子の皆さんは先にこっち、読んでくださいね。泣けるたぶん。)

 

さてラストライフ、何を書こうかたくさん悩んでいたらついに自分の順番が回ってきてしまいました笑

同期のライフを読んでいると、なんだかよくわからないけど目頭が熱くなります。

参考までに、磯貝君や黒田君は4000~5000字書いていたそうですね。

と、ここまでで200字弱ってもう途方もない文字数ですね。

 

締め切り直前の400文字のESを10分で書き、果てることに特化した僕には到底できない技です。(良い子の後輩のみんなは真似してはダメだよ。)

と、ここまでで350文字、そろそろ僕の命も尽きる頃なので、ボート部の話を少々しようかと、(398 words)

 

(そして命尽き果てる。)

 

と、ここまででなんと8分切り!

とある同期部員の、この間の2000mのタイムを上回ってしまいました。

(8分6秒バズーカ!)

高校生の頃に最初に引いた2000mがそんな感じのタイムだったような…

時間までボートの距離に換算されてしまって、こりゃ完全に侵されてますな。

 

冗談はさておき、皆すごく熱くて濃い4年間を送っていたのだなと、そんなこと考えながら真剣に書き始めたいと思います。

少々まとまっていない文章かと思いますが、お付き合い頂けたら嬉しいです。

僕の端艇部での4年間、LIFE!がなんとなく伝わればと、そんな気持ちで書いております。

 

さて、高校から始めて7年目、短いような長いような僕のボート部LIFEも幕を閉じようとしています。

 

高校では、全然勝てませんでした!それが悔しすぎて大学端艇部に入部しました。

ただ、自分が「勝ちたい!」という思いを抱いて。

 

端艇部は僕の心技体の成長にとって最適な場所でした。

僕はここでたくさん失敗をして、たくさん成長できました!

Maybe…

 

まず、ボートの技術や体力がかなり上がりましたね。

それなりにこだわり続けて漕いできたという自負もあります!笑

ボートの技術って意識し続ければ出来るってものでもなくて、すごく難しいです。

しかも、これがまた時間がかかります。

ただ、諦めずにやり続ければ上がると思います。技術も、体力も。時間はかかりますが。

 

逆に心の成長。

技術や体力の向上の方が、時間がかかるように思えます。そして実際に意識してから向上するまで、物理的な時間はかかると思います。

でも心は1日で変わると思います。これ本当です。

何かきっかけがあれば、すぐ変わると思います。

でも、どこがきっかけかなんて誰も教えてくれなくて自分で見つけに行かないと見つからないような気がします。

自分で見つけるからこそ、その成長が楽しめると思います。

僕の場合は少し遅めでしたが、最後の1年間はいろんな人のおかげで本当に「心」の成長を楽しめた気がします。

ただ、やっぱり「心」は目に見えない成長だったし、未だにどれくらい成長したかはわかりません。

(少しは成長していることを祈ります笑)

 

尊敬するボート選手がブログで言っていました。

スポーツをする価値って技術や体力の向上より、心の成長にあるって。

スポーツで得た体力とか技術はやめたら、どんどん落ちていく

でも心の成長もまた、極限まで自分を体力的に追い込んで、技術的な追及をした中でやっと得られる価値だと

本当にその通りだと思います。

 

何が言いたいかって本当に自分が恵まれた環境に置かれていたことです。

慶應端艇部には、自分を体力的に追い込める環境、技術を追求できる環境、それが整っていました。

 

船があり、オールがあり、たくさんの仲間がいる。

そして辛いときは、仲間が支えてくれてまた自分も誰かを支えているかもしれない、だから頑張れる。

時にはぶつかって、それでも「勝ちたい」っていうのは皆同じで、結局同じ志をもって目標に向かっていく。これって本当に幸せなことです。

その上、僕らはたくさんの人に支えられて応援してもらっています。

一人で戦っている人なんて誰一人いません。

 

大学4年間、ひたすらボートでした。ボートのことばかり考えていました。

失敗もたくさんしましたが、その度に、いろんな人が道を正し、僕を支えてくれました。

 

ここまで続けさせてくれたお父さん、お母さん。

休日返上で指導に足を運んでくださった監督コーチ陣の方々。

ビデオを撮り、ご飯を作ってくれるマネージャーの方々。

辛いとき、支えてくれた同期、後輩、先輩方。

 

他にも、たくさんいます。

そして残り少ないですが、よろしくお願いします。

 

僕らは、色んな人の想いを背負ってスポーツに打ち込んでいると思います。

先ほど、大学では「勝ちたい」と言いましたが、これは今でも本当です。

ただ、「誰の為に」って言ったら、もう自分一人が勝ったら楽しいからではない気がします。

支えてくれた人たちの笑顔が見たいからです。そう、129期のスローガンFor ∞mile ‼

今までは、自分の「勝ちたい」想いをオールに込めているだけで未熟でした。

 

全日本まで残り9日ですが、僕を支えてくれた全ての人の想いをオールに込めて試合に臨みたいと思います。

そして、結果でお返ししたいです。

僕は4×で出ますが、このブログを読んだすべての皆様、どうか慶應端艇部の応援のほどよろしくお願い致します!

皆様の応援があればあるほど、128期は強くなります。

そして皆さんを笑顔にします!

最後に一緒に笑いましょう!

本当にありがとう慶應端艇部!あと少しよろしく!

 

では、っした👏

次は、谷ポン!

 

こんにちは!めぐぽんから紹介を受けました、4年漕手の芝崎佐和子です。

初ライフを書いたのが、つい最近のことのように感じます。めぐぽん、エクレア、大きなエクレア。あれからもう3年、、早いです。

引退が近づき、昔の写真を見返すことが多くなりました。合宿生活をしていると、アイフォンのカメラロールはボート部員でいっぱいになります。
それらを見ながら、こんなことあったなぁ、あら、あんなこともあった、楽しかったなぁ、とぼんやりするのが、最近のオフの過ごし方です。またぼんやりしている。3年前から何も変わっていません。
そんなボート部尽くしのカメラロールを見て、私が思ったこと
その1: あさひなひろし多すぎる
画面をスクロールしてもしてもあさひなひろしのセルフィー地獄です。恐らく総枚数の3分の1はあります。本当に消去するのが面倒くさい
17F3E5E8-6310-44C6-A0D8-64E07FAF8BAE
その2: めぐぽん
大きなエクレアを頬張っていためぐぽんは、お抹茶パフェやおフラペチーノを嗜む大人の女性になりました。かわいいです。
8BAB6F92-BDAF-4E64-AED6-4EF687C16A11
AB885931-87E0-4DD8-8CA0-AC6108FEE8FD
その3: つじくんはいつもピンク色
だんだん色褪せてきてますね。
3D50966E-CD27-4C8C-A6F7-7EF9C8FE2D9A
58421477-1C95-4C69-A052-D00EAA6BB0FE
27425859-92E6-4AA9-8283-9A7BD64A995B
朝比奈、めぐぽん、辻くんには本当にお世話になりました。日々のお仕事に限らず、部のために色々と考えてくれている3人を見ると、私ももっと頑張らねばと思えました。私が「勝ちたいな〜」から、「どうにかして勝ちたい勝たなきゃ」と思うようになったのは、朝比奈と辻くんがマネさんになった時です。でも、まだ勝ててません。
最後のレース、全日本選手権まであと11日。まあ焦ります。
カメラロールを眺めてぼんやりしている場合ではありませんね。漕げる日々を大切に、出来る限りを尽くさねば。引退する時どんな気持ちなんだろうとか、後悔することが無いかなとか、じっくり考えたくなる気持ちもありますが、もっともっと目の前の事に集中していこうと思います。
というわけで、引退についての深いい感じの語りはゼロのライフですが、まあそれはまた、飲み会とか、全日本後に機会があったらということで。
後輩ちゃん達はまだまだ先がありますが、ありそうに見えますが、無いです。本当にあっという間なので。全日本頑張りましょ。頑張ります。
あと少し、129期をよろしくお願いします。
次はスダ!
スダを見ていると自然と笑顔になれます。ソウルメイト?
D57192B9-AF03-4A14-91AD-7F4C50BE14C6たぶんスダの顔が面白いだけです

ありがとうございました!

こんにちは!岸本君に忘れられたキムミナです。国籍はRepublic of Koreaで、純コリアンです。いつの間にかフルネームになりましたが、なんか可愛くてすごく満足しています。

そろそろ全日本選手権大会が近づき、4年生の引退も近づいていますね。私は引退を迎えて皆さんに感謝の気持ちを伝えたいです。皆さん、今まで付き合ってくださって本当にありがとうございました!ボート部で楽しい日々を過ごし、新しい経験をたくさんしました。一生忘れられないと思います!
heart2

私の気持ちです笑

以上でライフを終わらせるのはちょっと寂しいので、岸本君に要請された韓国のアイドルを紹介させていただきます。練習後疲れている皆さん、美女を見て癒されてください。選考基準は日本で知られてないが、現地で愛されているアイドルです。目をヒーリングしましょう。

それでは行きます。

1.IZ*ONE(アイズワン)
an won

最近デビューしたグループです。調べてみたら日本人のメンバーが3人いますね。上の写真の子は15歳だそうです!可愛いメンバーが多いのでもっと有名になるのではないかと思います。

2. gugudan

seje semina2 minaわりと人気のアイドルです。オーディション番組で上位だったので、そのままデビューしたらしいです。二つ目の子は一重の目が印象的ですね。

3.Blackpink

black jennyrisa日本でも活躍しているブラックピンクです。個人的にブラックピンクは音楽がよくてダンスもすごくうまいと思います。しかもスタイルもいいし可愛い…!!

 

いかがでしょう。目がヒーリングできましたか?元々は男子アイドルも紹介しようとしましたが、文章が長くなるため、省略させていただきます。気になる方は個人LINEください!笑

それでは皆さん、さようなら!お元気に!!YEAH-!

 

結晶



こんにちは!

4年マネージャーの鯉口です。

 

初めてライフを書いたのは1年生の11月頃、ちょうど3年ほど前でした。

たぶん、半年間漕いだり陸トレしたりしたことを振り返るライフだった気がします。

ちなみに1年生の新人戦では安立りなとダブルに乗ってました。結構頑張りました。しかも使用艇は、今は亡きスパツーです…涙

1

楽しかったなぁ。良い思い出です。

 

 

 

あれから3年、いろいろ悩み考えながら過ごした3年間でした。

部における自分の存在意義。マネージャーとしてどう貢献していけるのか。なぜボート部で活動し続けるのか。などなど。

日々やっていることがレースの結果に直接は結びつかない“マネージャー”という立場だからこそ、こういうことで悩むのかもしれません。

 

 

考える中で漠然と見えてきたいくつかの答え。そのうちの1つは、積極的になるべきだということです。

 

最低限やらなきゃいけないことを受身でこなしていたって、存在意義を見出せるわけがありません。

やるべきこと、やらなきゃいけないことの中で、少しでも自分なりに工夫する。自分だからこそ見出せる価値を探す。

そうすることで、大変だな忙しいな辛いなという気持ちではなく、やりがいや嬉しさを感じることが増えました。

 

 

 

 

 

 

 

 

深い系の話は他の同期も語ってくれるでしょうから、短めにしておきます笑

 

 

私は意外と、新しいことに取り組んだり多くの人と関わったりするのが好きなので、マネージャーとして様々な経験ができたことはとても楽しかったです。

 

マネージャーの仕事は、毎日ご飯を作りビデオを撮り時々河練のためのモーターを出している、だけではありません。

 

早慶戦の運営(これが年の半分くらい占める)、OB会の年会費を集める活動、合宿費の管理、水上運動会や遠漕の準備、毎日のメールの確認や諸々の資料作成……etc

これらをマネージャー陣で協力しながらおこなっています。

 

 

私自身は特に、部と早慶レガッタの広報活動に注力してきました。

一応財務も担当してますが、これは80人家族の家計簿をつけるような簡単なお仕事()だったので割愛。

 

早慶戦の広報では、広告関係のOBの方々のご協力でかっこいいポスターを作成していただきました。

また端艇部広報チームとして、応援指導部の人たちや早稲田漕艇部のマネージャーと一緒にプロモーション施策や当日盛り上げ施策を考えることもしました。広報チームの先輩方には大変お世話になりましたm(__)m

 

広告代理店でミーティングしたりテレビ局に伺ったりする機会もあり、ミーハーな私は内心とてもわくわくしたのを覚えています笑

 

86回大会で作っていただいた、プロモーション用画像マネージャーver↓

2

 

87回大会のときのポスタービジュアル撮影風景@戸田ボートコース↓

3

 

 

関わってくださった方々、本当にありがとうございました!

 

 

 

 

 

 

 

ここからは息抜き。未公開の写真をエピソード付きでてきとーに紹介するコーナー☆★

 

 

・2ヶ月も誕生日が違う辻くんと、誕生日を一緒に祝ってもらったby129期マネージャー

4

 

・隅田練で休憩中、オールを3本持たされてる持ってあげる主将高崎。優しい。

優しすぎて、東日本選手権では初めて獲ったという銅メダルを私にかけてくれました。嬉しかったです。

5

 

・これは2年生のとき。河練後の新人戦対校エイトをたまたま撮影。同期がみんな楽しそうでお気に入り。

6

 

・自分で撮った写真の中では一二を争うええ写。青空にエイトが映えてます。

7

 

・つい先日、インカレの代表者会議に向かう時の朝比奈と新井くん。夕陽が綺麗。

8

 

・同期マネージャー

代がわりして初の大イベントである遠漕を無事乗り切り帰宅中の写真。この3人でくだらない話も沢山したし、どういう代にしたいかとかの深い話もしました。熱い男だけどちょっと不器用な朝比奈と、たまに暴走するけどどこか憎めない、そして要領の良い辻くん、冷静で現実的な私。案外良い組み合わせだったのかもね。朝比奈と辻くんが同期のマネージャーで本当に良かった。

9

 

 

まだまだあるけどキリがないのでやめます…

 

 

 

 

あとは写真には残せない部分ですが、尊敬する先輩や信頼できる同期ができました。人間的にも成長できました。

思い出だから美化されているのかもしれないけれど、なんだかんだ充実した大学生活を送れた気がします。(まだ大学生活半年あるけど)

 

 

 

 

 

 

 

最後にもうひとつだけ。

何事も、やりたいことはやったもの勝ち、そしてせっかくやるなら楽しんだもの勝ちです。

これはボート部とか関係なく、私の持論です笑

 

ボート部生活も、積極的に、そして楽しむ姿勢で過ごした方が自分にとってプラスになると思います!

 

 

 

 

 

 

 

長文乱文すみません笑

ここまで読んでくださりありがとうございました。

 

 

 

 

次は、初ライフで私のエクレア好きキャラを確立させた影響力強め天然女子、さわこです。

(もしくはミナ)

 

よろしくね

『人生の選択に正解はない』

129期體育會端艇部4年ならびに商学部3年黒田です。

引退させてください…

 

書くの2回目にしてまさかのラストライフ。

後輩の皆さん、面倒でも地道に書いて更新し続けた方が後悔しないと思います。

ちなみに今回の僕のライフは約4000文字です。

参考までに磯貝くんは約5000文字でした。

長いですね、ラストだったのでいろいろ書いてしまいましたが時間の許す限りお付き合いください。

 

同期に遅れること1年、就職活動なるもので自分の過去を振り返ることが増えました。

 

自己分析というやつですね。

 

人生の選択で分かれ道に立ったとき、なぜその道を選んだのかを考え、自分のことをよく知りましょう的なやつ。

その流れでよく目にする『人生の選択に正解はない』という言葉。

この言葉の意味はなんとなくわかりますが、その先に続くとしたらなんだろうなと。

否定で終わるなら何か肯定した言葉に繋げて欲しいところです。

 

そもそも選択をしたその瞬間に正解だと決まる人生はなくても、何年か経過してから考えるとあの時の選択は正解だったのでは…とふと気づくことがありませんか?

もはやその瞬間は失敗だったのに…今となっては失敗してよかったなみたいなことも。

 

僕に当てはめると中学入試の失敗と留年があげられます。

中学入試に失敗していなかったら某一貫校に通っていたため志木高生になることはなく、大学も慶應ではなかったかもしれない、もちろんボートに出会わなかったかもしれないわけです。

 

一般的に正解の反対は不正解ですが、人生における正解の反対は後悔なのかなと思ったりもします。

そう考えると留年を後悔してはいません。

半年後には社畜になる可哀想な社会貢献をする素晴らしい同期より、1年余分に人生謳歌してやろうと意気込んでいます。(横線使ってみたくて無理矢理いれましたごめんなさい。)

もしくは、きっと自分にはこの1年が必要な運命だったんだと思い込んだり。

ようは10年後、20年後に留年が正解になる人生を送っていればいいんですよね。

 

そんな人生の選択について。

 

21年生きてきたうちの3分の1、7年を共に過ごしたボート人生を追いながら綴るラストライフ。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

“ボートという選択”

 

1つ目、早慶戦に選手として出られること。

2つ目、勝てること。

この2つをフィルターにかけて部活を探した結果がボート部でした。

早慶戦出場の最短ルートをいける部活はなんだろうかと考えた時、小中とやり込んできた大好きな野球は高校に早慶戦がなく、進学して六大学野球のレギュラーになれる未来が見えず、無理だろうなと諦めました。

 

好きを捨てました。

 

あとリーグ戦の中で年に何度も早慶戦ができるのは何かかける思いが違うなとも思っていました。

高校から始められるスポーツじゃないと勝ち目がないと考えると、ただでさえ部活の少ない志木高では2つに絞られ、グラウンドホッケー部とボート部しかありませんでした。

そして何より高校の部として早慶戦に出場でき、年に1度、365日の成果をたった15分の一発勝負にかける大学生の姿に惹かれました。

 

しかし、入部後に悟ってしまいました。

この同期の中で自分のフィジカルでは漕手として早慶戦には出られないと。

0DB83186-6CC0-47F9-98EA-C4850C680B5C

高2の夏には第2クォドのストロークでインハイ予選にしっかり出ました。

僕の漕手引退試合です。

 

オール1本1本に名前をつけていた志木高の内輪ネタですが、僕が使っていたオールはレジスタンスです。

あと何があったかな…と思い浮かぶのは、和平、海王我、グラードン、豆腐メンタル、漆黒の腹毛、YAMAYA等々…

ぜひ機会があったらチラッと志木高のオールのぞいてみてください。

個性溢れる志木高生の、名だたるキチガイが勝手につけたネーミングセンスも今や酒のつまみになるような良い思い出です。

 

“コックスという選択”

 

高2の夏を最後に主役で競争率の高い漕手ではなく、脇役で競争率の低いコックスを選びました。

漕手がキツかったとか、コックスをやりたくて転向したわけではなく、本気で早慶戦に出るためだけに選びました。

BFF019CA-6315-4123-B9A3-D891C7EA178D

 

高校の部ですが無事に選手となって早稲田にも勝ち、晴れて高3の夏には対校クォドのコックスになってインハイ予選優勝です。
4D2AB07B-BC15-4193-8CD8-0A4F796A55AD

with 新井くん、麓くん

僕のボート人生でガチのガッツポーズをしたのはこれが最後です。

どちらの選択も挑戦を避けた逃げだと言う人がいるかもしれませんが、僕にとっては早慶戦に出られるのなら、と種目もポジションも問わなかっただけです。

愚直に確率の高い方を選択したにすぎません。

ボート人生7年のうち3年分早慶戦に出場することができ、高校時代の僕は紛れもなく正解の道を選んでくれました。

 

そして、大学に入部したあとも年功序列のコックスなら早慶戦は出られるなと確信し、目標も出るなら早慶戦の対校エイトという風に少し変わっていました。

念願叶って対校エイトに乗った去年の早慶戦。

負けて後悔したことが多すぎて、自分がコックスでなければ勝っていたのではと何度も考えました。

あの橋での舵はミスった、コールの入れるタイミング遅れた、マイクが水没してしまった…

考えるとキリがないものです。

この年の漕手陣は最強とまで監督に言われていただけにコックスの自分だけ場違いでやらかしたと。

 

艇種にもよりますが、2000mレースにおいて1艇身から半艇身差まではコックスの技量で埋まると言われています。

ということは、早慶戦なら2艇身以上は変わるかもしれません。

距離が長く、蛇行した隅田川はコックスにかかる比重が大きい分コースよりもやりがいを感じる中、3750mずっと半艇身の攻防を繰り返し敗北。

7BB9BBAE-8685-45E4-943F-24C348CA6136

兄が途中の橋で撮影してくれたものです。

こんなに並んでいて両艇の距離が近い早慶戦は滅多にないのではないでしょうか。

コックスとして申し訳なさしかなく、自信もなくしてモチベーション0になりました。

 

なぜ自分が対校エイトになったのか。

来年に向けての経験を積ませるために自分は対校エイトに乗せてもらえただけなのか。

こいつに任せればいける、という選択をされたわけではないのだろうなと。

ネガティブを極めていました。

ひたすらに愚痴りまくって支えてもらったこともあります。

現実逃避もしました。

一人旅、おすすめします。

ネガティブになるのは自分に自信がなくなるからなので。

 

 話も長いし、負のスパイラルに入ったので趣味の話をして切り替えましょう。

※ここまでで大体3分の2程かと、お付き合いありがとうございます。

 

皆さんからみたOFFを過ごす僕の印象はどんな感じでしょうか。

艇庫でも随一のアクティブに過ごしている人だと自負しています。

僕としては映画のアクションシーンを全部浅く体験してみたい、なんて思ってアクティビティやっています。

E161E6A5-73C1-411A-806A-6935BDACC53B

この歳で木登りやってみると、めちゃくちゃ高いところまで登れます。

1人でふらっと旅して、雪山滑って、海に潜りました。

そろそろスカイダイビングをやってみたいので誰か一緒に行こう。

こんなことは自分しかやらないだろうなってことを見つけると少しポジティブになれます。

 

根拠のない自信ってやつです。

 

自分の趣味は何だろうなと考えると、僕の中ではネガティブになった時にポジティブに変換できるきっかけが趣味です。

9割楽しみ、1割のスリルを味わうことでネガティブな心を打ち消しているような気もします。

一人旅、スノボー、ダイビング、全部楽しいですが、共通しているのは調子に乗ると地味に命に関わることです。

身近に例えるならフワッとする感じを楽しむジェットコースターみたいな。

853479B4-002E-4252-8DBF-4002D028604C

写真の場所も小笠原の島民に案内してもらわないと辿り着けない、戦時中の砲台が置いてある崖です。

落ちたら死にます。

山の獣道を通るので普通なら立ち入り禁止区域みたいな場所です。

でもそこでしか見られない景色も非日常で、地平線に沈む夕日からグリーンフラッシュが見られました。

僕にとってネガティブな心を忘れられるので、非日常を体感することが趣味なんだと思います。

だから磯貝くんにとってスプラトゥーンはもはや趣味なのではないでしょうか。

 

“第2エイトという選択”

 

話は戻って部活のことを。

僕がボートに限らず勝負事で涙を流すのは後悔した時です。

笑っている時はたとえ負けても正解の道を選んだと、満足に感じられた時です。

どちらでもない時は無表情になっています。

7年間の比率でいうと1:1:8くらいです。

それを踏まえた早慶戦も、去年は泣いて今年は笑っていました。

 

あれだけ大差で負けて悔しい気持ちはあっても、レース中は正直楽しんでいました。

スタート直後完全にレーン侵害してくる早稲田にぶつけたら前代未聞だろうなとか。

この艇差をひっくり返せたらかっこいいなとか。

大荒れなのに影響を受けないRGの水を切り裂いて進む重厚感すごい好きだなとか。

翌朝1人の選手から、エグくて意識が飛んでいたけれど、橋の下で黒田さんの声聞こえて我に帰ってこれましたと言われました。

95BC8C49-D9C8-4D68-9490-933DF3A21798

7番の笑っているやつに言われたんですが、僕にとって一番嬉しい言葉でした。

第2エイトは自ら選んだ道ではありませんでしたが、これもまた正解だったなと改めて思っています。

自ら選択して正解になったボート、コックスという選択と、選択せざるを得なかった第2エイトは、結果的にどちらも正解の道でした。

 

今年は早慶戦、東日本、インカレとエイトに乗りましたが、漕手8人と一緒に勝利に貢献できなかった自分が嫌になり、自分が最大限に付加価値を与えられるクルーに乗りたいと思うようになりました。

エイトの8人をカバーできるほどの技術は自分にないので付きペアに乗りたい、とコーチ含め周りにも話していました。

果たしてこの付きペアという選択が正解になるのかどうか。

 

全日本選手権次第です。

 

漕手の力を何%引き出せるかがコックスの技量です。

エイトで8人の力を引き出すことはできませんでしたが、何としても付きペア2人の力を引き出し、残り3週間で7年間の蓄積を伝えられるだけ伝えようと思います。

 

10月28日のレース後。

結果はどうであれ、笑顔でボート生活に幕を閉じたい。

9割を占める涙と無表情だけは避けたい。

 

これから先、社会に出るに従って理不尽すぎる出来事がたくさん起こるだろうなと身構えています。

どんな人生の選択をしようと後悔しないように努力し、正解に変えていくことが人生かなと。

あと60年くらい生きていくなかで大事にしていきたいと思えた、人から聞いて僕は腑に落ちた、最初の問いかけに続く深イイ言葉。

 

 

 

 

 

 

 

 

『人生の選択に正解はない、でも選択した人生を正解にする』

 

 

 

 

 

 

 

 

次は岸本に忘れられたキムミナ?それともこいちゃん?

あと3週間でみんなにまわるように巻きで2人とも書いてください。笑

自分にしか語れないこと

 

 

 

 

こんにちは!ご無沙汰しておりました、129期の岸本光平です。

 

高校からこのライフを読んでいたのですが、まさかラストライフを書く日が来るとは…感無量ですね。。。

 

とは言っても、何を書くか特に決めてなかったので、僕の最近考えてることを書こうかなーって思います。文章を書くのは苦手なので駄文だと思いますが、どうぞお付き合いください。

 


 

 

思えば、高校の部活の延長みたいな感じで大学端艇部に入部しました。まあノリです。自分を変えたかったっていう気持ちもあったし、尊敬する先輩方もいたけど、何よりボートが好きだった。自分の選択に迷うことはありませんでした。

そこから2年生が終わるまで死に物狂いで練習しました。でも、満足できる結果が出たのなんてほんの数回くらいだったなあ。。   エルゴも伸び悩んだり、全然艇速が出なかったり、いろんな先輩方に怒られたり。コースに響き渡る声で毎日怒られながら漕いだ日々も、今はいい思い出です。

 

そんなこんなであっという間に2年間は終わったのですが、僕のボート生活における、いや、おそらく人生の転機になったのは、大学3年の春過ぎです。

「肩が痛え、、、」

最初は変なとこ使っちゃったなあとか思ってナメてました。漕いでたら直るっしょ、みたいな。しばらく漕いでたら、だんだん痛みが出てくるようになりました。完全に誤算でした。怪我人入りをする訳ですが、僕は焦りました。とにかく焦りました。怪我をしたこともなかったから何をしたらいいか分からないし、同期や先輩後輩が目の前で漕いでるのに、漕げない自分がめちゃくちゃ情けなかった。それに耐えられなかった当時の僕は、すぐに復帰しました。

漕いでたのはいいんですけど、次第に別の問題に。。。

「あれ、肩が思ったように動かねぇ、、、」

 

僕なりに色々調べたりして練習するのですが、なかなか上手くいかない。絶対に治ると信じて練習しても、端から見たら全く変わってない。「今までできてた動きが、なんでできないんだろう…」「いろんな練習をしても、感覚が戻らない…」「でもそんなこと言ってられないし、練習しなきゃ…」「はぁ…また全然ダメだった…」こんな負のサイクルに入り続けてしまいました。全然ボートを好きじゃなくなってたんですよね。

気づけば心と体はもうボロボロになってました。これ、いわゆる「イップス」ってやつです。なんだよそれ…って思ってる方、多いと思います。簡単に言うと、自分の思い通りの動きや意識が出来なくなる症状らしいです。僕もついこの間まで野球選手とかゴルフ選手がなるものだと思ってました。

僕はインカレが終わってから、「漕ぐことをやめる」決断をしました。

 


 

 

…とまあ結局ボート部での生活をざっくり振り返ってしまったのですが、自分でも何を書いてるか分からなくなってきました。

何が言いたいって、今まで書いたことって全部「僕にしか語れないこと」なんです。別に哀れんで欲しいとか、同情して欲しいとかそういうことではないです。部員全員がそれぞれ並々ならぬ思いで練習してたり、怪我もしながら取り組んでると思います。それってすべて、その人にしか語れないことです。そんな経験が、人生を豊かにしてくれて、成長させてくれるものだと思ってます。なにより、自分にしか語れないことがあるのってカッコよくないですか?笑

僕の場合、イップスになって、嫌でも自分の弱さや課題と向き合えました。もしかしたら、僕の決めたことは、マネージャーや漕手をはじめ、多くの人を裏切るかもしれない。今でもそう思ってます。あのときああすればよかったとか、後悔することばかりです。でも、イップスになって思うように漕げなくなったことも、治すために色々挑戦したことも、全部僕にしか語れないことだと思ってます。

多分、ボートを始めてなかったらこんな経験はできなかったでしょう。最後はボロボロでしたが、こんな競技に出会えたことや、多くの方が支えてくれたこと、非常に感謝しています。

漕げなくなっても、僕の気持ちはまだ死んでません。最後に胸を張って終われるように、僕のすべてを後輩に託すために1日1日を大切に過ごしたいと思います。

 

こんな経験が、いつか笑い話になったり、役に立つ日がくればいいなぁ…

 

最後に後輩の皆さん、これからも辛いことに直面することもあるかと思いますが、めげずに全力で頑張ってください。そういう辛いことって、全部自分にしか語れないことです。その経験は今すぐに生きるかもしれないし、遠い未来になるかもしれないです。

関わったすべての後輩たちが、将来活躍すると信じています。

 

なんかあんまりまとまってないし、伝えたいことがちゃんと伝えられてない気もするけど、まあいいや!

 

次は、コックスの黒田が書いてくれます。よろしく!

 

 

 

 

 

 

 

頑張る理由の見つけ方

こんにちは。
ご紹介にあずかりました、岡山卓生です。

 

ラストライフということで、何を書くか迷いましたが、僕が、ボート部に入ってきづいたことの中で、1番大事にしていることを後輩のみんなに知ってもらい、是非、今後のボート生活の参考にしてもらいたいなと思っています。

 

いきなりですが、みなさんは、それぞれ目標設定を行い、日々挑戦を重ねていると思います。

挑戦をする上で、必ずといっていいほど、困難が立ちはだかると思います。

また、その挑戦が高みであればあるほど、耐え忍ぶ期間は長く、悩むことも多いと思います。

困難が連続すればするほど、やめたい、やりたくないという気持ちは大きくなってきます。

ですが、やめるかやめないか、どうするかの判断をするために、深く考えるよりも、困難とどのように付き合っていくかが重要なのかなと考えています。

 

以下、僕の経験も交えつつ、みんなに伝えていきたいと思います。

みんなも困難に直面したことがあると思いますが、僕も、辛くてしんどい時期、何度もありました。正直、無気力で、何もしたくない状況が続きました。

何かを頑張らないといけないことはわかっていました。でも、ドツボにはまって、どうしても抜け出せない毎日でした。

自分で自分を追い込んでいたのかもしれません。

迷いばかりが生じるだけで、正解なんて見つかりませんでした。もう、自分なりの解釈で答えを出すしかないのかなと思いました。

 

そこで浮かび上がったのが、
やるか、やらないかの二択でした。

 

少しシビアな言葉かもしれませんが、逃げるか逃げないかの二択なのかもしれません。

 

やるを選択することで、前を向いて考える必要があります。

でも、どうしても前を向くことができません。やるとは決めたものの、頑張るためのエンジン、動機が見つからない。

むしろ、できない理由ばかりに目がいってしまう。

 

もし、そういう状況に陥っている人がいれば、一度試してみてください。

 

「困難は自分が成長できるチャンス」

 

と考えてみることをおすすめします。

 

成長できる絶好の機会が与えられている、ここで踏ん張ることができれば、この困難を糧に変えることができれば、時機が来たときに、大きな力になる、と信じて取り組んでみてください。

僭越ですが、「物事は表裏一体」だと思います。どれだけ困難な状況でも、少し捉える角度を変えるだけで、自分にとってプラスになるような考え方ができ、前向きになれると思います。

 

振り返ってみると、少々、パワープレーな感じも否めないですが、自分が決めた選択に正解も不正解もないのかもしれません。

自分がこの道を進むと決めたら、その道を正解にできるかどうかは、自分次第だと思います。自分の至らなさを、人や環境のせいに、絶対にしてはいけないです。

 

まだまだ弱冠二十一歳ですが、本当に人生は一度切りだと思います。決断するのは最後は自分。「進む意志があるところに必ず、道は拓かれる」と僕は信じています。

 


 

仰々しいかもしれませんが、ボートを通じて、自らが環境から気づいて得たことや、同期や、後輩といった端艇部の仲間たちから学べたこと、そして先輩や、監督・コーチの方々をはじめとする、人生の諸先輩から教えていただいたことは、この4年間において、一番の財産だと思っています。

 

そんな僕も引退まで残りわずか。
最後の最後の一瞬まで、イージーオールをするラストの一本まで、真摯に向き合って、前進し続けたいと思います。

 

長くなりましたが、最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

 

次のラストライフは、「129期の元気印」岸本くんです!!

是非ご期待ください!!

 

 

スポーツマン失格

 

 

 

 

ラストライフを愉しみにしている皆さん。お待たせいたしました、

スプラトゥーン大好き、磯貝悠です。

 

ライフなんて書いたことあったっけ?と思い自分のライフを遡ってみたところ、
前回書いたライフは1年生の時の“はじめましてライフ“でした。2回目のライフです。

 

先輩方のラストライフって、

「色々あったけど、よかった!家族監督コーチありがとう!後輩がんばれ!」

ってイメージを勝手に抱いていて、僕もその例に漏れず色々偉そうなこと書いて感謝を述べることになるのかなって下級生の頃は思ってました。

 

あれ?おかしいぞ?そんなにまとまった綺麗なこと書けねえし、感謝を正直に伝えられない。というのが正直な僕の現状です。
僕は強い選手でも強いメンタルの持ち主でもありません。最後の数ヶ月は多くの部員に迷惑をかけました。監督コーチにはとてもお世話になっているにも関わらず、これでもかというほど恨みと不満があります。
最後の最後まで、子供じみたところは変わらずじまいでした。。

 


 

長ったらしい前置きになりましたが、せっかくのラストライフ、思った通りのことを自由に長々と書かせていただこうと思います。

 

ラストライフでは僕が4年間悩み続けて最近やっと少しわかった気になっている、

『ボートとは、スポーツとは何か』

について。
自分なりの解釈を文章にしてみようと思います。

 

上の問題は正直ボートをする上で考えなくてもいい些細な事です。
ですがこの些細なことを意識せずに練習できる人はとても強い選手だと思うんですよね。
まず4年間を少し振り返ろうと思います。
1年生、僕は他の皆と同じように情熱をもってボート部に入部しました。
高校生の時のようにただただひたむきに練習に取り組むつもりで入りました。
同期の誰よりも本気で練習に取り組んだつもりですし、目の前のボートに夢中でした。

初めこそ練習した分だけ記録も伸び絶好調でしたが、実力主義、弱肉強食の世界で2年3年と続けるうちにエルゴ記録は伸び悩み始め、
運の悪いことに怪我もしました。メンタルが強ければまだいいものの、、
尻すぼみとしか言いようのない非常にカッコ悪いフェードアウトの仕方をしてしまいました。

結局徐々にですが何を目的に練習をしているのか、何のためにストイックに体を追い込んでいるのか分からなくなりました。
着々と精神が蝕まれていく感覚です。不満が無駄に溜まります。

もちろん練習自体は頑張っていましたが、前ほどキツい練習に踏ん張りが効きません。結果も出ません。
どんどん焦り、余計結果が出ないという悪循環でもありました。

そんな悩める時期に僕はさらなる深みにハマります。

 

”更なる深み”の始まりは”全体ミーティング“でした。
ボート部員は4年間を通して何度も監督コーチと選手による全体ミーティング(全ミ)に参加します。
ここでは監督コーチが練習や日々の生活に欠かせない心構えなどを教えてくれます。
大半の選手は何を話していたかミーティング終了とともに忘れます。
この全ミの中で唯一、僕の中でずっとひっかり膨らんでいく疑問がありました。

それは以下の通りです。

慶應端艇部の有識者、H田さんはおっしゃいます。

「早慶戦は戦争だ。」

ごもっともな意見です。體育會端艇部にいるからには生半可な気持ちではダメでしょう。

他方、O澤さんはおっしゃいます。

「まあ、楽しんでナンボだね。」

 

 

ここでふと思います。
あれちょっと待てよ?と。
戦争?楽しむ?矛盾してないか?

戦争 ≠ 楽しい
ここで僕はジレンマに陥ります。考えれば考えるほど論理の罠に嵌ります。迷宮とはまさにこの事。
僕にはどうもこの「戦争」と「楽しむ」という2つの要素が相反する考え方でありイコールで結ぶことができませんでした。
「命をかけて勝ちをもぎ取る!」「ボートまぢキモちぃい、楽しぃ!」という要素がどうも自分の中でスッとは結びつきません。

こんなことで悩む人って僕だけですかね?
ただ当時の僕にはどうしてもどちらかを選ばなくてはいけない気がしました。
どちらに重点を置けばいいのかですごく悩むことになりました。

というのも、4年になるまでは死ぬ気で練習をして、楽しいということをあまり考えたことがありませんでした。
それまでは、もはや仕事だ、修行だぐらいの気持ちで何の疑問も持たずに練習をしていました。現主将がボート大好きです!とか言っている時も何言ってんだとか思ってました。

結果が順調に出ていればその考え方でもよかったのかもしれません。

が、
練習が辛くなるにつれ、楽しくない。という感情が先に働くようになってしまいました。なんだかんだボートを楽しんでいたのだと思います。

 

ですが、それまでスポーツを修行のように”こなす”ことしか意識してこなかったわけですね。
楽しむだけの勝ちを目指さない體育會生に居場所はないとも強く感じていました。

 

生半可な奴にこのままボートをスポーツを続ける資格はあるのか。
スポーツ選手としてこんなことを思う時点で失格なのではないか。

 

悩んでいるうちに時間だけが刻一刻と過ぎ去りました。

 


 

ほんと、よくここまで長い文章を読んでいるなと感心します。大半の人がたぶん既にブラウザごと閉じている中、ここまで読んでくれた人ひとりひとりにお礼して回りたい気分です。ここからはもっとポジティブな話をしようと思います。

ボート部にいる意味、スポーツを続ける意味を見出せないという悩みでしたが、これは意外なものを糸口に解決に向かいました。

 

 

 

。。。。。

 

 

。。。

 

 

 

勘のいい人なら気づいたかと思います。。。

 

 

 

 

 

 

 

ズバリこれですね。

IMG_2464

 

そう!スプラトゥーン!

あの”世界の任天堂“が開発した渾身の一作です!!
もちろんゲーム大国「にっぽん」ですから、存在を知らない人はいないと思います。
全国民周知のこととは思いますが、念のために説明をすると、

 

スプラトゥーンとは、

「ネット上で、4対4のチーム戦で、水鉄砲をもったイカのキャラクターを操作してインクを撃ち合うシューティングゲーム」

です。
FPSの類、荒野行動の類と言った方が通じますかね?

今まで特に熱烈にテレビゲームをしたこともなかった僕が、何を思い立ったか散財してニンテンドースイッチを買い、
たまたま手に取ったソフトがスプラトゥーンでした。本当に偶然出会いました。運命感じますね。

もうその後はスプラトゥーンにどっぷりと浸かる毎日です。オフの日は全てをスプラトゥーンに捧げています。
世界の屈強なイカたちに対抗すべく、僕のイカちゃんは日夜鍛錬を重ねています。
まさかハマりすぎて院試に落ちたとは口が裂けても言えません。

余談ですが、あの世界のテニスプレイヤー錦織圭選手はスプラトゥーンの大ファンで練習のない日はひたすらいかちゃんを鍛えているとかいないとか?、、、信じるか信じn、、
これだけでスプラトゥーンの評価が上がったでしょう?

 

結局スプラトゥーンの話かい!!!!!

とみんなのツッコミが想像できますが、ここからは真面目な話です。

 

このスプラトゥーンを通してスポーツとは何かを読み解いていきたいと思います。
このスプラトゥーンというゲーム、今ニュースでも取り上げられて巷でも話題の「eスポーツ」というジャンルに属するゲームです。
eスポーツとはつまり電子ゲームに競技性を持たせたものです。

それまでeスポーツと聞いても「スポーツ?ゲームしてるだけじゃん。なんのこっちゃ?」状態だった僕が初めて触れたeスポーツでした。やっぱりゲームだから楽しい!という感想とともになぜかスポーツという表現が腑に落ちる驚きがありました。
これはボートと比較する事ですぐ答えが出ました。
ボートを含む「スポーツ」とスプラトゥーンという「eスポーツ」を比べれば共通項に残るのはスポーツに不可欠な要素だと思ったからです。

 

共通している点は2つでした。

 

1.  楽しめる要素がある

2.  人と競い合う要素がある

 

はい当たり前のことですね。

意外にも、身体運動という要素はなくてもいいことに気づきました。
というのも、

身体を動かすことがスポーツであるなら、引っ越し業務もスポーツになっていないとおかしい。
コンビニの中を走って汗をかいたらスポーツにならないとおかしい。
eスポーツに欠かせない動体視力や瞬発力が身体運動なら、両方の能力を要求されるパイロットはスポーツでなくてはおかしい。

身体運動には楽しいという要素が付随しないとスポーツにはなりえない。
楽しむという要素があるからこそスポーツになるのだと気づきました。

 

でも、楽しむだけなら渋谷のクラブでもなんでもいいですし、カラオケにでも行けばいい。
楽しむだけなら體育會はいらない。
他人と切磋琢磨し競い合うことができるからこそ、あえてスポーツを、ボートを選ぶ価値がある。

また、こうも考えられます。

ライバルと挺身差を本気で競いあう。争い合う。いわばスポーツは擬似的な戦争の体験であると。
大学を見回してみると、本気で競い合う要素があるものって意外と少ないことに気づきます。
結局、このライフの前半で話した僕の中での疑問はいとも容易く解決しました。
スポーツは、ボートは、「楽しむ」と「戦争」を両立させて初めてスポーツなんだと。
熾烈な環境で競い合うのはもちろんのこと、それ自体楽しむことではじめて純粋なスポーツになるのだと。

 

それに気づいたら肩の荷が降りたように感じ、ボートの練習を頑張るより前に積極的に楽しむことにしました。
いつの間にか楽しみ方がわからなくなっていたボート。楽しく練習するのが正しいのかどうかも確信を持てなかったのがウソのようでした。

 

ボート選手って「練習はくそ地道で面白くない。」「勝った瞬間が楽しい、全てが報われる。」なんて言いますよね。
まあ間違いないんですけど、ボートをやる価値ってそこじゃない気がします。
むしろ、“スポーツ”としてどれだけ楽しんで練習に取り組めるかが長期的には良い結果に繋がるかもしれません。

やっぱりボートって、
河で鏡のような水面に艇を滑らせている時、
朝焼けに煌めく水面を見ながら漕いでる時、

さいっっこうに楽しいと思うんですよね。

下の画像、どれも練習の風景です!

30678682261_19166a9818_o
河練の時に鯉ちゃんが撮ってくれました。見事な静水、鏡面。個人的お気に入り。

28254942603_182a1891fd_o
過酷な正月合宿を乗り切った先に見た荒川の初日の出。

38522355231_890287b437_o
後輩の新人戦指導の傍ら見た戸田公園の朝焼け。

それまで、楽しめなくなっていた僕はスポーツをやっていなかったなあ、
スポーツする人として失格だったのかなあなんて思っている次第です。

 

「スポーツとは」なんて仰々しいことを語ってしまいましたが、正直こんなのは大半の人にとって当たり前のこと。
Wikipediaを見ればスポーツとは何かがキレイに定義されています。
ですが、やはり自分の中の感覚で府に落ちるところまで解釈を突き詰めて、咀嚼しきって初めて意味が生まれると思うんですよね。
本当の意味で自分の中に落とし込めていなければそれは理解していないのと同じこと。
ボートの練習でも先輩から聞いた漕ぎの技術を自分の言葉で表現できないと理解しきれていないのと同じこと。

 

最後に。もし、もしも今ボート部にいる理由がはっきりしない、ボート部に自分が生半可な気持ちでいていいのか迷っている人がいたら。もちろんほぼ全ての部員が必死に努力しているのでこんなことを言うのはご法度ですが、言わせてください。どんな人でも絶対に何かしらこの部にいるべき理由があります。ボート部に所属し続けること自体に意味があります。ぶっちゃけ内心どんなに勝ちまでの道筋が描けなくても、最低限楽しみ競い合おうとすればそれだけでいいと思っています。そんな人が“もし”いたならば、まずは練習をどうすれば楽しめるか考えてみてください。

それも難しいようであれば、スプラトゥーン何でもいいので自分が自信を持って情熱を注げる趣味を持つと、ボートでも使える「楽しみ方」を学べるかもしれません。

 


 

引退まだ1か月後なのにこの文章はまずかったかな? まあシラネ。
幼稚な文章へのお付き合い、どうもありがとうございました。

 

お次のラストライフは、129期きっての地道な努力家、生粋のシングルスカラー、不遜なる狂気の器、湧き上がり・否定し・痺れ・瞬き・眠りを妨げる、爬行する鉄の王女、絶えず自壊する泥の人形、結合せよ、反発せよ、地に満ち 己の無力を知れ破道の、、「岡山卓生」

 

乞うご期待!