LIFE

戸田での合宿生活&部員の素の姿をブログで紹介!練習のこと、仲間のこと、オフの出来事、etc

2018年 9月

わたしの居場所。

こんにちは。ご紹介に預かりました4年の渥美です。

ラストライフということで、何を書こうか迷い、過去の先輩たちのラストライフを読んで、参考にしようと思ったのですが、文才がなかったため諦めます。

ちなみに、ずっと覚えているのが、最近、コーチとして新しく来てくださることになった、127期主将の中田さんのライフ、その少し前に書かれている、同じく127期の高林さんのライフです。

私がずっと憧れ続けた真田さんのライフも合わせて、スクショしてあります。笑

中田さんのライフはこちらからどうぞ!

お世話になりました。

どうせなら、明るいラストライフにしようと思ったので、私の暮らしている部屋について書きます。知られざる女子寮内部を本邦初公開です!

女子寮には選手たち寝る部屋が4つと、トイレ、お風呂があり、私の寝ている部屋は4人部屋です。7.5畳のスペースに二段ベッドが2つ置いてあり、通称”おべや”と呼ばれています。

みんなに汚い汚いと言われるのですが、想像して頂ければわかるように、狭すぎてどうしようもないんです。むしろ、床が見える状況を褒めて欲しいくらいです。笑

この部屋の住人は、私の下の段に3年の青木、隣のベッド下段が4年芝崎、その上が4年安立です。他の部屋よりも距離が近いせいか、常に誰かが話しており、なかなかカオスです。

おべやでは、今年に入り、毎晩おべや写真なるものが撮影されていたのですが、いつの間にか終わっていました。しかし、計132枚もの写真がアルバムに保存されています。

この中から写真を載せたいと思ったのですが、背景が汚すぎて選べなかったのでやめます。

写真がないのも悲しいので、部屋の片隅を綺麗にして、ライフ用にしっかりキメ顔で、久しぶりのおべや写真を撮りました!

D74F710A-A113-478B-A605-9D52751CB903

写真、向かって左から、

ベッドの前で座敷童のフリをしても相手をしてくれる、未だにリギングができない芝崎

ムシャクシャした時に、ベッドにぬいぐるみを投げても怒らない安立

掃除場所も一緒で、私が落とした靴下や下着を拾ってくれる優しい青木

本当にステキな住人たちに恵まれて、おべやの居心地は最高です。

全日本で4年が3人も引退するので、誰がおべやに配属されるのかが、この冬最大の注目ポイントです。

ラストライフとはいえ、あと1ヶ月近くあるため、実感が湧かずに、薄っぺらいライフになってしまい、すみません。でも、私の慶應端艇部での生活は、この部屋なしには語れません。

次は、最近、スプラトゥーンにどハマりし、特典目当てにコロコロコミックを買ったと噂の磯貝くんです。溢れる文才に乞うご期待!

6A5D0091-7438-4FA2-9521-84D8A97D24E5

撮影:南雲正樹(商4)

ラストライフはじまるよ

129期ラストライフ、トップバッターを務めさせていただく安立です。 こういう時に自分の名字を恨んでみたり…でも慣れっこです。

また飛ばしてしまって永田君ごめんね…

私は心打たれるような美しい文章を書くことが苦手なので最近考えていることをただ書き連ねてみます。

感動的なラストライフは次の渥美さんに託します。

私は最近、下級生中心のエイトに乗らせていただいています。 キツいメニューが多く辛いことがいっぱいですがそれ以上に今、練習がとても「楽しい」です。

河に練習で行くことも多い中、4人艇が3艇並べで皆が一生懸命漕いでる動画を見ると胸が熱くなります。 私が1年生の頃はエイトを組むのに当時コックス志望だった私まで乗らないと組めない時代だったのに…

こんなにたくさんの後輩達が頑張っている。 ここまで慶應女子部が大きくなってきたんだなぁ。女子部が大きく強くなっていく未来の入り口を見ているような気がして嬉しい、何よりそんなクルーに関われていることがとても嬉しいなと。

まだまだ未熟な私も最上級生としてクルーに一つでもいい影響を与えたいと思っている次第です。

ラストライフを書くにあたりラスト〇〇を色々と探してみました。

ラストインボディー? 多分あと1回あるのかな?

ラスト”夏野菜”カレー? 夏野菜はラストかもしれないけどカレーはまだ食べることできるだろうからな〜

意外とまだラストはそんなになさそうです。 まだまだ引退まで時間もあり出来ることもたくさんあります。 後輩みんなと漕げる時間を大切に、無駄にせず最後の試合まで駆け抜けていきたいです。

夏休み中、卒業論文なるものに全く手を触れずに過ごしてきました。 教授からの呼び出し、怒られないといいなぁ。

次は最近よく一人でGoogleHomeに話しかけている渥美さんです。

神津島

はじめまして。

経済学部2年の向井新と申します。順番だと次は永田くんだったのですが、感動が冷めないうちにライフを書こうとおもい抜かしてしまいました。
ごめんねナガズ、、、

999462E2-AA4D-4F2C-B7EB-7309C7F3E440

端艇部は先日まで待ちに待った “インカレオフ” に入っていました!計算したところ実に74日ぶりのまとまった休暇…
東日本選手権からそんなにたっていたんですね 早すぎる…。 艇庫内の時間軸がどれだけ歪んでいるかは小宮山くんのLIFEをご参照ください。

キーワード:「4年前、早慶戦、艇庫、時空」

みんなおもいおもいの場所でインカレオフを満喫していたようですが、僕は同期たちと神津島へ行ってきました!

「どこだよ⁇」と思ったそこのあなた!
神津島は東京から船で最速3時間半!伊豆諸島に浮く島です。東京都とは思えないほど美しい場所でした。詳しくは後ほど。

離島ということで当然船を使って行くのですが、集合場所はやはり竹芝東京港😏
たまらず恒例の写真を撮りましたので載せておきます。

IMG_0090

既視感溢れるアングルですね…

ここで今回の旅を共にしたクルーの紹介です。

【M4+】使用艇:さるびあ丸

C:向井新(経2)
S:村上廉太郎(政2)
3:鍛治田有史(政2)
2:浦敬太郎(経2)
B:桒原侃生(政2) (TO DA LAND より)

これまた既視感のある文ですね。
(ちなみに納涼船後のさるびあ丸はとても酒臭い😑)

到着すると宿の送迎バスが待っておりすぐにチェックインすることができます。おばちゃんがきりもりする民宿でした。
自転車をレンタルしまずはサイクリング🚵‍♂️ カラオケしながら海岸線を駆け抜けました。とても気持ちよかったです。

IMG_9713

そして到着!赤崎遊歩道!
海にせり出した岩場を利用し3つの飛び込みスポットが設けてあります。
外から見ると大した高さではないのですが、いざ立って見ると意外とびびるもんですね。かなり心拍数上がっています😇

IMG_0097

意を決すまではビクビクですがジャンプしてみれば楽しいもんです!あるあるですね。
ただ入水が下手くそだと鼻に水が入ってしまうため、この日はずっと鼻から海水を垂らしていました。

昼ごはんを食べた後は登山⛰
「さっきまで海にいたじゃん⁉︎」と思ったそこのあなた!
そう、神津島に行けば一日で海も山も満喫できるわけです。贅沢ですね。
雲行きが怪しかったこともあり序盤からかなりとばして登ったわけですが、これが仇となり中盤からは厳しい戦いでした🤮 ペース配分が重要なところはボートと同じですね。これが試合だったら戸田病院からオニの失速です…🚣‍♀️

登るにつれて強風によるラフコンでしたが、それでもなんとか踏破!きつかった…
疲れが飛ぶなんてことがあるわけはないのですが、すぐ下に海が広がっている景色は迫力満点。思わずLINEとinstagramのトプ画にしました。

IMG_0098

初日はこんな感じで海に入り山に登りと盛りだくさんな1日。不眠症の鍛冶田くんもこの日ばかりは熟睡💤

とまあ一瞬で朝になってしまうわけで、疲れを感じながらも二日目も海🏖 昼過ぎには帰りの船に乗らないといけないため港から一番近い前浜海岸に来ました!

IMG_0095

ええ写ですね。この直後、高寅さんからお借りしたビーチボールが潮で流され救出不能となります。申し訳ありませんでした。

Goproを駆使しおもいおもいに写真を撮るわけですが、水が綺麗ですね。水中でも遠くまで見渡せます。
IMG_0093

真っ白な浜は砂の量も桁違い

IMG_0096

恒例行事になりそうですね。今回は砂が大量でしたのでいけるとこまでかぶってもらいました。かなりの重さだったようで、体を起こすにも一苦労。

とまあここらで出港の時間も近づき神津島を後とすることに。

初めての島旅行だったわけですが、本当に美しい。感動。くすんだ心も洗われます。
みなさん来年のインカレオフは島に行きましょう。
海、山、温泉、サイクリングなんでもできますし、とにかくみんな優しい!夕食中も地元の漁師さんから金目鯛のひらきをもらったり!

IMG_9733

↑めちゃめちゃ美味しかった

すでにオフは明け練習が再開しているのですが今だに離島観光サイトから離れられません…
島ロスですね😩
次はどの島に行くかな🤔

そろそろネタも尽きてきましたのでここらで終わろうと思います。ありがとうございました。
次は永田くんに戻るかな?
みんなテンポよく更新していこうね!