LIFE

戸田での合宿生活&部員の素の姿をブログで紹介!練習のこと、仲間のこと、オフの出来事、etc

2017年 9月 (page 1 of 2)

投稿できるように、なたよ~

皆様いかがお過ごしでしょうか。

”恋する男”高橋からバトンを受けました副将の高田です。

高橋君、最近は何事もない平和な日常が続いていて退屈なので一波乱期待してます(^^)

 

 

さて、今回のLIFEはまだラストではなく妙に気合が入りません。

僕も北原君同様、非常に内容の薄い0.01mmのLIFEになってしまいかねないことを先に宣言しておきます。。

そこで今回は歴代の先輩方のお力を借りようと思います。

題して!!

8668b75c

新・3大「個人的にお気に入りの過去のLIFE」

をお届けします。

 

 

早速1つ目行ってみましょう!

一つ目はボート編です。

① 2012年 8月10日 投稿 のこの記事!

オリンピック番外編”

http://keiorowing.sports.coocan.jp/life/1208/120810.html

我らが大先輩、大木さんがロンドン五輪のボート競技について書いたこの記事。

その内容は非常に分かりやすく、当時高校生だった自分が知らなかったことばかりで

とても印象に残っていることからランクイン!

大木さんは僕が1年生の時出場したオッ盾クルーのクルーリーダーであり、当時も非常に多くの

ボートの知識を僕たちに与えてくれました。

大木さん、また今度ご飯でも行きましょう!

 

 

さてどんどん行きましょう、続いては面白編です!

ランクインしたのはこの記事。

 

 

② 2013年 10月4日 投稿

”デカ麻辣まぜ麺選手権!”

http://keiorowing.sports.coocan.jp/blog/?p=531

我らが前コーチ、関口さんによるこの記事、

内容は僕にはとても難しくて何が書いているか良く分かりませんが

どうやら戸田公園駅前のラーメン屋さんの「ラーメン一番」の看板商品である

麻辣まぜ麺?について書かれている記事のようです…?

皆これを読んで食べに行こう!

ということで堂々のランクイン!

 

 

 

 

 

 

さてさていよいよ最後になりました、最後は恋愛編?です!

③ 2012年 1月7日 投稿 のこの記事!

”最後に愛は勝つ”

http://keiorowing.sports.coocan.jp/life/1201/120107.html

我らが親分、藤枝さんによるこの記事、

どうやら現女子部コーチであり僕の直属の先輩である井上コーチについての記事のようです!

流石井上コーチ、端正な顔立ちと優しさを武器に一年生時から”りあじゅう”だった模様です。

非常に、非常に気になりますが、プライベートを探るのは良くないこと。。

気になった人は直接井上コーチに聞きに行きましょう!

 

 

 

 

というわけでこれで私、高田が選ぶ

新・3大個人的お気に入りの過去LIFE

の発表を終わります!

ご清聴ありがとうございました。。

 

 

次は、お人形さんみたいと他大から噂されているたっちーです!

夏なのか秋なのか

みなさんこんにちは。

経済学部4年の高橋航平です。

 

最近、朝起きると肌寒いと感じる日が多くなりました。もう秋かなーと思ったら日中はとても暑くなる日もあり、着る服装に困ってしまう事も多いですね。

季節の変わり目なので体調は崩さないように過ごしたいと思います。

 

慶應義塾大学では夏休みが終わり、授業が再開されました。

ボート部員は早朝練習をし、眠気を感じながら学校に行って授業を受け、また艇庫で練習をする生活サイクルになります。

ハードな練習の後でも、我々は新しい知識を得るために学校に行く事を厭わないのです。これぞ知的好奇心の為せる技ですね。

 

僕の役割は、授業に向かう下級生を艇庫から見送る事です。精一杯の「いってらっしゃい」で送り出した後、自分のベッドで快適な睡眠をとります。

あれ…この生活…夏休みと変わんないじゃん!そうです、夏休み延長戦です!

下級生はしっかり単位をとっておく事をオススメします。4年生になったら素晴らしい平日を過ごせるよ。

 

最後に、平日に授業に行かなかった人達で撮った素敵なペアルック写真で終わりたいと思います。

IMG_7011

次は副将の直人!よろしく!

 

南方せんせぇしこりがありんす

ライフの皆さん今日は。

法学部政治学科4年の笹岡裕之です。
今回はラストライフに繋がるものということで少々短めになります。
早速ですが、
先日はまっていた漫画「仁」を読み終えました。ドラマにもなるような作品で、とても面白かったです。みなさん是非、読んでみてください!
今回はこの漫画を読んで思ったことについて書き記したいと思います。

仁では現代医師の主人公、仁君が色々あって150年前の日本にタイムスリップし、環境や時代の違いに苦労しながらもそこで怪我や病気の人々を治していきます。

彼がよく自分に問いただしていたのは、
「僕はなぜここにいて、何をすれば良いのだろう」
という問いでした。移り変わって行く歴史の中で、自分の存在とはなんだ!?って感じで迷いながら頑張るんです。
なにせ、急に未知の環境に置かれてしまったら何に向かってどう頑張れかいいのかもわかりません!!
僕も初めてボート部に入った時は、それまでと何から何まで環境が違いすぎて、どう頑張れか良いのかという面で1番苦労しました。また、下級生の時は、部にとって自分には何の意味があるのだろう、と迷っている時期もありました。

 

みんなも考えたことあるかね!!ちょっとはあるよね!

 

しかし上級生になるにつれ、その答えがわかってきた気がします!!!!でもこの先は、ラストライフにて書かせていただきたいと思います!!!!!!!!

読んで下さり有難う御座います!!!、

次は高橋航平になります。ヨロシク。

留学生活

お疲れ様です。留学生の小山オリヴィアです。私の最初と最後のブログの更新をさせていただきます。私は先週の日曜日にアメリカへ帰国しました。さよならパーティでこのスピーチを発表しました。発表で結構間違えしましたので(がっかりすぎました)、もし分からなかったら、読んでください。

”こんばんは。
私が前みんなに話したのは私の最初のゼンミでした。うつぎさんにじこしょうかいをきかれました。その時、私はこの席から皆んなをみてたくさん知らない人の目を見て、きんちょうしていて、何も話したくなかった。しかし、今、皆んなの目を見て、たくさん話したいことがあります。だから、このスピーチはちょっと長いです。

去年9月18日にわたしは初めて艇庫へ行きました。明日になったら、本当にちょうど一年になります。この日の前 ちょっとおざわさんとさなださんとe-メールで話したけど、まだ慶應義塾大学のボート部がわかりませんでした。
実は秋の学期がとても大変でした。このスピーチのために、思い出そうとしましたが、どうやってすごしていたのか、わかりません。

例えば、そのときは去年のインカレの二週間前で、この間、一人で練習しました。日本へ来る前 夏休みがあったのでわたしは4ヶ月ぶりに漕ぐエルゴだったよ。インカレの後で、2千テストがあるといわれて、めっちゃ困ってた。谷さんと別木さんに普通の女子部のメニューを頼んで、その答えのはut 18キロでした。これは本当バカだったけど、私の初めて艇庫のエルゴの練習、エルゴで18キロしました。この日今の4年生に艇庫に晩御飯をさそってもらった。嬉しかったけど、きていく服がなかったし日本語で話せなっかたし、けっこう疲れました。

去年のインカレの後、全日本前エイトで漕いだので、2ヶ月ぐらい毎日4:15に起きて自転車がなっかたから、艇庫に走っていって練習をして電車に乗って電車の乗り換えを間違えて1限から4限まで勉強してもう一回電車を間違えて時間がないので晩御飯を食べながら宿題をしてエルゴをして掃除をして寝ました。眠かったし体がきんにくつうになったし、死ぬかと思ったけど、全然いやにならなかった。皆さんを見て、なんで私だけこの生活がかんたんにできないのだろうと考えて自分を強くならなければなりませんでした。この毎日は大変だったけど、私は同じレベルいっしょけんめいな人たちを人を見つけたと思った。

私は日本語の名前はあるから、アメリカでいつもじこしょうかいの時、私は日本人の顔がないのでなぜ日本語の名前があると聞かれていました。答えは私が半分日本人だからですが、日本語が話せなかったし、一歳の時しか日本へ来ませんでしたので、自分では日本人の感じがしなかった。自分の日本人の意味をさがしているために日本へ来ました。
そして、私はアメリカでも漕いだので、もちろん、ボートも上手になりたかった。だから、ていこで両方、日本語とボート、の夢がしんぽができて最高のばしょを見つけたと思った。死んでいる時、私の体と頭がやばっかたのに、心で頑張るのを分かるようになった。
この一年で、私は今までで一番大きくかわれたと思います。私は日本へ来る前、いつも人と話はめんどくさいと思いました。アメリカにいた頃は人に話をしてもあまり自分が話すことにあまり意味はないと思っていた。でも日本に来て、みんながやさしく話しかけてくれて、話すことに意味があるというわけじゃなくて、話している相手をどうかんじさせるかが大切だとわかりました。

早慶戦のかたずけの後、四年生が負けたせきにんを取りました。全部わかりませんでしたが、これを見たことがなっかた。私にはボート部でなんのせきにんがあるを考えました。この艇庫には外国人が私しかいなくて、みんなが私を見ていると感じることが多かったので、みんなにそんけいされるようなこうどうをしようと決めました。私は最初より日本人っぽくなりました。例えば、納豆を食べられるようになったり、まえがみをぱっつんにしたり、みんなといっしょにおふろに入れるようになりました。

私は日本へ来る前、日本の留学のゴールを決めました。もちろん日本語を上手になるのは一番大切だったけど、多分二番は日本でレースに勝つことです。そのため私はいつも日本でボートをこぐ意味を作るために勝つのが必要だと思いました。

インカレでこの二つめの勝つというゴールをたっせいしました。もちろん喜んだけど、私は思ったほど嬉しくなかった。もっと信じられなっかた。私の頭によく優秀を考えたけど、メダルとトロフィーをもらって慶應のフラグを上がりながら慶應の歌を聞いて、”終わった”しか考えられなかった。それはインカレでの勝ちはじゅうようなことだったけど、それはたった1日のことで、今まですごしてきた1年がすごくこくて、毎日の生活もすごく大切だったことに気がついたからです。

アメリカに戻ったら、周りは私に日本での生活はどうだったかと聞くでしょう。そしたらまず私は、インカレ優勝の話をします。さらに彼らに写真を見せれば、彼らは私の努力をほめてくれると思います。しかし、彼らにはわからないでしょう。また、私は艇庫での様子や部員の皆さんのことを話すこともできます。ただそれでも、彼らと満足に私の経験した想いを共有することはできません。私の日本での素晴らしい経験について語り合えるのは、あなたたちだけです。あなたたちが、今の私を作ってくれました。

私は全く新たなスタートを切るために日本に来ました。周りの人たちが自分に自信を持てるよう手助けし、そしてその人たちをそれぞれの目標に向けてこぶできるような人間になりたいと考えていました。私はこの1年で自分は変わったと思いますし、あなたたちが変わる姿も見ることができてよかったです。
あなたたちのこれからの人生がすばらしいものになることを心から願っています。艇庫生活を経験したことで私は人生で何がしたいかに気づくことができました。そして最後に、みなさんがこれからも私の人生の一部であり続けてくれたらしあわせです!”

帰国の前よく”将来に日本に帰るつもりですか”と聞かれました。もちろん、帰ると思いましたが、この一年は最高だったのでどうやってもっといい日本の経験を作るのを考えました。とりあえず、一番大事の溶液は日本語が話せます。皆んながこの文が見られるので、自分の責任を作るために、このブログでこのゴールを書いています。注意:日本語の練習のために、あなたたちに連絡するかもしれません。

もし英語を練習したいかアメリカへ行ったら、私に連絡して下さい。

お疲れ様でした。
どうもありがとうございました。
全日本頑張ってください。
また今度。

趣味

こんにちは!商学部4年の小坂哲生です。

身長178㎝です。体重は75kgです。

出身高校は慶應義塾高等学校で、出身中学は原山中学校です。

 

ところで、僕の趣味である、NBAの今シーズンの注目チームについて話したいと思いますが、皆さんはボートの世界選手権がアメリカで行われることを知っていますか???

是非興味があったら日本ボート協会のHPに結果が投稿されるはずなので見てみてください。

念のためですが、今回は残念ながら出場することが出来ませんでした。

 

では、NBAの話に戻ります。

私は今シーズン応援している、サンアントニオ・スパーズが優勝すると予想しています。

スパーズは安定感、実績共に抜群で、今シーズンは優勝します。
今回のライフは、書きたいことや伝えたいことが山ほどあるので、文章がわかりにくくなってしまったかと思います。申し訳ありません。

以上、失礼いたします。

次は笹岡宜しく。

 

内容は薄めです。

皆さんこんばんは。

128期の北原敬梧です。

何もネタを用意していなかったため、今回は内容の薄さ0.01mm、超極薄LIFEとなってしまっております。

来たるラストLIFEでは、極厚なものを提供出来るよう努めますので、今回はご勘弁ください。

さて、それでは0.01mmの中身を書いていこうと思います。

何もいい案が思い浮かばなかったので今回は僕が過去に撮ったピン写真、略してピン写をシリーズにしてお届けしようと思います。

囚人

S_6740270411922

ライオン

S_6740270465488

歯医者

S_6740270632697

滝行

S_6740270669714

リクルート

S_6740270592622

成年飲酒

S_6740270549474

はい、ということで以上です。

まあ0.01mmなんてこんなものです。

予想を大きく上回る薄っぺらさで誠に申し訳ありません。

次回、皆さん待望の感動作をお届けすることをここで約束いたしますのでお許しください。

最後に自分でも、いつ、どこで、何故、撮られたのか分からないこのピン写でお別れです。

1429505051084

これが撮影された時に何があったかはあまりよくは覚えていませんが、この写真は他のどのピン写よりもピン写感が強くて僕自身めちゃくちゃ気に入っています。

これこそが、真のピン!写!って感じがたまらないっすねえ~。

ってな感じでこの辺で失礼致します!次の人よろしく!

 

 

ラストスパート

こんにちは、4年の片山です。

いよいよ引退まで1か月ほどということで、後輩マネージャーに仕事を引き継いだりしていると自分の引退が迫ってきていることを実感し、ボート部生活でやり残したことを全てやり遂げないといけないなという使命感に駆られております。
「くにや」や「あぺたいと」など部員がよく食べに行くお店は最後に食べておかないとなあと思ってます。

そんな中で一番やらなきゃいけないなあと思っているのは、後輩との食事の時間です!!
僕自身、去年は先輩にたくさん美味しいごはんをご馳走になりました。

今度はやっぱり僕の番だなあと思ってるので最後にたくさんご飯を一緒に食べたいなあと思ってます。

大体こんな感じですね!!2人とも美味しそうに食べてるなあ、、

IMG_2203-min

IMG_2147-min

そんな感じで書くことがなさ過ぎてこんな感じで、とても頭悪そうな文章ですが今回のライフを終わります、次の人宜しくです

光陰矢の如し

こんにちは。四年の奥山がLIFEを更新させていただきます。なんだか前の人がハードルを上げていきましたがそんなに面白いことかけるかなあ・・・。

さて、我々四年生も早いものであとひと月ちょっとで引退となります。それ以外でも進路が固まり、卒業も決まり、だんだんと終わりが実感を伴ってきました。LIFEの更新もあと一回か二回かと思うと寂しいような、そもそもそんなに更新してないような・・・。入部当初はとてつもなく長く感じられましたが気づけばあっという間の四年間でした。

あっという間といえば先週の土曜日留学生のオリヴィアがアメリカに帰国に伴い、お別れ会がありました。1505872265507

オリヴィアは奥山家(縦割り班みたいなものです。)の一員としてもかかわりがありましたが、去年来たばかりには日本語でのコミュニケーションがほぼできなかったオリヴィアが最後に日本語でロングスピーチを披露してくれた時は感動しました。改めて言わせていただきます。お疲れ様でした。

1505135067273

 

先ほども書きましたが残すところあとひと月。おそらくあっという間に過ぎていくのでしょうが、最後のレースが最高の七分間になるよう精進してまいりたいと思います。

なんだか若干短い気もしますがラストLIFEに続くということでこれぐらいで終わります。

あんまりおもしろいこと書けなかったので次の人、頼みます。ゴメンネ

以上、したっ!

 

悔いのない生活

こんにちは!129期の岸本です。今回は、僕がライフの更新をさせていただきます。

実は最近、オフや空いてる時間を使って映画を見まくっています。そんな僕がみなさんに紹介したい映画はというと、、、

 

1000588525_j1

 

そうです。ジャック・ニコルソンとモーガン・フリーマン主演の「最高の人生の見つけ方」です。

…え?みなさんもう知ってましたか? 僕は恥ずかしながらこの映画を見たのが最近なのです。ここから先は僕のレビューみたいな感じになりますが、もう少しお付き合いください。

 

さて、この映画ですが、死の宣告をされたおじいちゃん2人が紙に「死ぬまでにやりたいこと」を書き出して、世界を旅しながら願いを叶えるというお話です。

ざっくり内容を言いましたが、とにかくメチャクチャいい話なんです。初めての人は多分涙が止まらないと思います。僕は開始5分で泣きました。

 

僕はこの映画を観て、「残された時間をよりよく過ごすためには、行動しなければならない」ということを身にしみて感じたのですが、これは端艇部生活でも言えるのではないかと思いました。とまり、主人公が僕たち現役部員で、死ぬ時が引退するときっていう感じです。

ボートで日本一を目指すということは人生で一度しかないことなので、引退するときに悔いなく笑っていられるように、残り1年と少しですが頑張ろうと思いました、、、

 

あんまりまとまってないですけど、とにかく前向きな気持ちになるので、やる気が出ない人や元気になりたい人は絶対観たほうがいいです!マジでおすすめです。

 

 

あー、結局真面目路線で書いてしまいました、、、なんかすみません笑

次の人はきっとめっちゃ面白いことを書いてくれるでしょう!乞うご期待!

 

 

登山

こんにちは。
更新滞っており失礼致しました。
今回のライフは宇津木が担当します。

インカレオフの最終日、祖父と登山に行ってきました。
登ったのは「宝剣岳」という長野県の木曽山脈(中央アルプス)にある標高2,931 mの山です。

朝4時に起きて静岡は磐田から長野県駒ケ根市まで車移動。
8時半頃から登り始めました。

最初はこんな高く見えた頂上ですが、

300px-Mount_Hoken_from_Komagane_2003-01-03

だんだんと山小屋(スタート地点)が小さくなっていき、

写真 2017-09-08 9 17 40縮小

こんな岩場も登りました。

縮小写真 2017-09-08 9 45 57

やっと標高2,931mの頂上に。

縮小写真 2017-09-08 10 42 47

頂上の景色を堪能し、歩んできた道を振り返ると、
一歩一歩進むことが高い目標に辿り着くためのただ一つの道なのだと悟りました。

達成感もありましたが、こんな素晴らしい景色の中を歩けたこと自体とても楽しかったです。

縮小写真 2017-09-08 8 49 12

縮小写真 2017-09-08 9 50 20

ちなみにおじいちゃんは今年81歳です。
すれ違った誰よりも年上で、峯から滑り落ちないかどきどきでしたが無事に下山できました。
僕もいくつになっても志を持ち続けたいと思います。

シーズンの集大成、総合優勝の景色をみんなで味わえるよう頑張りましょう!

以上

Older posts