LIFE

戸田での合宿生活&部員の素の姿をブログで紹介!練習のこと、仲間のこと、オフの出来事、etc

2016年 11月 (page 1 of 2)

 

こんにちは。理工学部3年の浅倉弘尭です。2週間ほど前の全日本選手権をもって4年生の先輩方が引退され、途中遠漕と1週間オフを挟み、昨日新体制での練習がいよいよスタート致しました。128期が始動してから最初のライフを僕が担当することになり、非常に光栄に思います。

前置きはさておき、みなさん、突然ですが「」と聞いて何を思い浮かべますか?多くの人はただ思い思いの鴨を頭に浮かべるでしょう。しかし戸田でボートを漕いでる方はきっと練習中にプカプカ浮いているあの鴨を思い浮かべると思います。(ただし僕や南雲、北原含む巣鴨出身の巣園健児は誇り高き我が母校を思い浮かべるかもしれませんが。)というのもボート選手にとって鴨はただの鴨ではなく毎日の辛い練習を、苦楽を共にする仲であり、部員の次に顔をあわせる仲でもあります。そこらへんの大学のヨッ友なんか目じゃありません。

というわけで今日はそのような我々と熱い友情で結ばれている戸田の鴨たちの「あるある」をみなさんにお送りしたいと思います!

img_0635

1「鴨あるあるいいたいよ~鴨あるあるいいたい~鴨のあるあるをいいたいのさ~wow~鴨あるあるyou’re my dream~(中略)〜鴨あるあるいうよ~鴨あるある練習中のボートギリギリで避けがち~

戸田の鴨は普段からコース上で生活しているためボートの避け方を熟知しています。ただたまに向かってくるボートに対して紙一重の差で避ける鴨がいまして、昔荒々しくスカルを漕いでいた僕ですらその度胸に驚かされます。

2「鴨のあるあるいいたいFu-Fu鴨のあるあるをいいたいFu-Fu鴨のあるあるを~いいたいよ~鴨のあるあるをいいたい~ハイヒール(中略)鴨のみなさんいつもペアで行動しがち〜

これは僕も最近気づいたのですが戸田の鴨は必ずといっていいほどペアを組んで常に行動しています。他の池にいる鴨を見ると1匹で行動している鴨もいるので戸田の鴨ならではだと思います。恐らく多くのボートが行き交い鴨にとって常に死と隣り合わせの環境を生き抜く術としてペアを組むという選択肢を選んだのではないのでしょうか。

3「鴨あるあるはやくいいたい~鴨あるあるはやくいいたいよ~(中略)Wake me up before you go-go 鴨は~人からうまく逃げがち~

ボート選手なら一度は戸田の鴨を捕まえようと思ったことがあると思いますが恐らく誰もが逃げられたことでしょう。かくいう僕も艇庫に迷い込んだ鴨を朝比奈くんとタッグを組んで15分ほど本気で追いかけましたが、草むらの中に逃げられ巻かれてしまいました。

4「鴨あるあるはやくいいたい~鴨あるある早く伝えたい~鴨あるあるはやくいいたい~(中略)鴨閉じておいでよ鴨あるあるいいたいから(中略)鴨の中にたまにあまり見かけない鳥いがち~

コース上の鳥たちを観察しているとたまに白くて無駄にカッコいい鳥や急に潜っていなくなったと思いきや魚を咥えて水の中から出てくる鳥などを見かけます。そのようなレアキャラを見つけるとほんの一瞬だけテンションが上がります。

以上で戸田の鴨のあるあるは終了です。探そうと思えばまだまだ見つかると思うのでボート部のみなさんはぜひ注意深く観察してみてください!

さて、ここまで読んだ方は

「あるある面白かった〜」

「深夜テンションで書いたな笑」

「新体制になって最初のライフになんてふざけたことを書いているんだ」

「これはライフとして不適切な内容、書き直して欲しい」

などなど色々な意見を持つと思います。ですが僕がここで伝えたかったことはただ一つです。

特に書きたいことがありません。

以上、長文駄文失礼しました。

次のライフはただのありまくんです。ちなみに遠漕に関しては僕はただ運転していただけなのでありまくんに書いてもらいたいと思います。

新体制発足

ご無沙汰しております。内田です。

遅ればせながら新体制についてご報告させていただきます。

 

 

 

主将    法学部政治学科3年    内田 優志

 

副将    総合政策学部3年     高田 直人

 

主務    法学部法律学科3年    宇津木 琢哉

 

女子部主将 法学部政治学科3年    野方 千裕

 

 

以上となります。

 

 

 

 

先日128期最初の大イベント銚子遠漕を行いました。

先輩方が引退してわずか4日目で出発したため、

色々と準備不足があって混乱する場面もありましたが

全員が協力し、なんとか無事戸田へ帰ってくることができました。

遠漕についての詳しい話はきっと次の浅倉君が詳しく話してくれるでしょう。よろしくね

 

 

 

 

これから一年間、私内田優志の一生を捧げるつもりでこの端艇部を引っ張って参りますので

皆様よろしくお願いいたします。

お世話になりました。

 

皆さん、こんばんは。
127期主将の中田です。

一昨日全日本選手権が終わり、同時に私もオールを置きました。

高校から数えれば、7年間のボート生活。終わってみれば本当に、本当に、本当に、あっという間でした。

大学1年目。入学前に同期の和田、米沢と共に大学ボート部の門を叩きました。
初めはトレーニングについていけず、バーピー100回で脚がガクガクしていました。
エルゴでタイムを出せるようになってから対校エイトにも選ばれましたが、何もわからず何もできず、正直、乗艇が苦痛な日が殆どでした。

2年目。対校エイトで早慶レガッタに出場し勝利。ボートを続けてよかったと、こんなに嬉しいことがあるのだと心の底から思いました。新人戦。色々ありましたが準優勝。明治大学に負けて悔しかったですが、確かに手ごたえを掴んだ大会でした。

3年目。悔しい思い出が多いです。早慶レガッタ。結果では勝ちましたが、早稲田大学は速かった。その早稲田大学はインカレで優勝し、結局彼らの背中を見ることなく終わりました。当時の四年生の力になれなかったことが、本当に悔しかったです。

そして「日本最速」を掲げた4年目。早慶レガッタ5連覇は、部で勝ち取ったものです。対校エイトとして新しいことにもチャレンジしました。わがまま聞いてくれたクルーの皆に感謝です。ですが、第二エイトが隅田川で漕げなかったことが心残りです。インカレ4位。そして全日本5位。頑張ってきた後輩を勝たせてあげることが出来ず、申し訳ない気持ちで一杯です。でも最後のあの漕ぎは、後輩たちが来年戦えると自信を持てる、その手助けは出来たんじゃないかなと思います。凄く辛くて、凄く楽しい6分間でした。

 

7年間のボート生活、特に大学での4年間はとても貴重な時間でした。学んだことも沢山ありました。勿論体力もついたし、精神的にも強くなりました。ですが、やはり何だかんだ「仲間」です。それが慶應ボート部の強みです。そして、最後の最後に気が付いたこと、それは「最後の最後まで成長できる」ということです。引退の前日に後輩のアドバイスによって気が付き、レース前の水上アップでも試行錯誤する。そして、ラストレースで「これだったのか」と実感する。本当の意味でこのことを体験出来て良かったです。

現役の皆さん。體育會に所属していることは、そんなにすごいことではありません。自分の好きなことをやらせてもらっているに過ぎないからです。何に価値があるのかというと、最も自由な学生生活でボート部というチョイスをして、その中で「命を懸けて」日本一を目指していることです。慶應義塾體育會端艇部は、その環境として最高です。この時を噛みしめて、過ごしてください。

 

最後になりましたが、お世話になった先輩方、OB・OGの方々、そして何より監督・コーチの方々、有難うございました。128期はとても強い代です。期待しましょう!!

 

中田幸太郎

ラスト

こんばんわ、別木です。

全日本の最終日まであと1日となりました。

 

同期が引退していく中、彼らのラストローイングを見届けると、四年間漕ぎ続けてくれたことへの誇らしさ、感謝、そして負けた悔しさが残ります。

 

試合であと一歩足りずに敗退する。

それでも、その反省を踏まえて次の代に活かす、この積み重ねが慶應が日本一を取ることに繋がると思います。

 

まだ決勝に進んでいる舵手付きペア、順位決定戦に進んでいるエイト、それぞれのレースでの勝利を楽しみに明日を迎えたいです。

 

引き続き応援よろしくお願いします。

飛ぶ和田後を濁さず

今晩は、4年の和田です。

引退まであと3日、今まで3回先輩達の引退を見てきました。今度は遂に、自分達の番となりました。最後に、3度目の芸を披露して気持ちよく引退したいと思ってます。

思えば、ボート部からはたくさんの経験を貰いました。なのに僕は何一つ返すこともなく引退して行くみたいです。

地味に7年間もボート続けてました。最初の方は割と頑張ってたんだけどなぁ〜

このダメダメだった大学4年間を反省して、これからの社会人生活に活かして生きたいと思います。

じんわり

3週間の教育実習を終え、全日本前ギリギリで戻ってきました。

4年の青山です。

前回のらいふもしみじみしていましたが、今回こそじんわりと。。(とっても真面目になってしまった)

 

全日本前の大切な3週間、教育実習に行かせてくれた部員のみんなには本当に感謝しています。

教育実習では、毎日私に声をかけてくれたり笑顔で励ましてくれたりする、本当に愛おしい子どもたちに支えられました。

多くの先生方にもご指導頂き、自分の弱さを改めて知りました。3週間忙しくも辛くとも充実していて、貴重な時間を過ごすことが出来ました。

周りに支えられて、3週間無事に実習を終えることが出来ました。感謝です。

 

端艇部での生活は私にとって異次元でした。その中でいろいろな経験をさせてもらえたと思っています。

2年までは選手として、たくさんの人に支えられ練習に専念することが出来ました。怪我が多く自信の持てない私でも、見守ってくれる先輩方や励ましてくれるコーチの方々がいました。

3年からは逆に支える立場になって2年生までの経験に感謝しながら生活しました。自分ができたこと、やったことは本当に少なかったけれど、立場が変わっても応援してくれる人や気さくに話しかけてくれる後輩たちに恵まれました。

大学の友達や、高校時代の友達にも苦しい時はいっぱいいっぱい助けてもらって、周りに支えられて自分がいることをじんわり感じています。本当に感謝。

 

端艇部での私の目標は、自分のキャパシティーを広げること。様々な立場から関わって、愛溢れる人を目指してきました。

みんなに還元できたものは全然ないかもしれないけれど、この端艇部で4年間を過ごすことが出来た事を今は誇りに思います。そして、それを支えてくれたたくさんの人に、感謝の気持ちでいっぱいです。

 

あと、3日。感謝の気持ちを込めて、丁寧に。できるだけたくさんの部員のみんなと関わっていけたらと思います。

みんなあと少し、よろしくね。

 

次は戦友の和田ちゃん!厨房掃除は私の心のオアシスでした、厨房で本当によかった。

和田ちゃん4年間ありがとう!よろしく~!

 

 

手に届く宇宙は限りなく澄んで

法学部政治学科四年の、廣橋光希と申します。

再度のアップとなってしまい申し訳ありません。手違いでブログを消してしまいました。。

明日、11月10日から、全日本選手権が始まります。皆様戸田公園まで足を運んで下さると幸いです。

さて、

ラストライフということで…なにを書こうか。

じゃあ、

自分が、ボートを通じてどれだけ弱い人間だったかを知った話でも、書こうかな。

長文ですが、お付き合いを。
まず、僕はとにかくメンタルの弱い人間だと思う。それは、生まれつきのものだ。中学、高校野球でもピッチャーなんかをやってたけど、マウンドに立つだけですくみ上がってしまい、ストライクが入らなかったのが懐かしい。

ボートをやればメンタルが強くなる。そう信じて入部した。エルゴ、2000m、寮生活…これらは僕を強くしてくれる試練だ。そう信じていた。だけど違った。

そう、

“人はいくら周りの環境を変えても、内側から変わらなければ絶対に生まれ変わらない”

つくづく感じた。

そして僕はこのボート部で、否が応でも内側から変わらざるを得ない状況に追い込まれた。すると、みるみる精神が崩壊して日常生活が送れなくなった。電車に乗れない、テレビが難しすぎて分からない、何も記憶できない(19単位が犠牲に。)、人と話せない、体重が10キロ落ちる。etc.
部活を休み、学校にも行かなくなり、自分の部屋に引きこもった。つい去年の夏の出来事だ。

まさか、小中高皆勤の僕が、体調ならまだしも、メンタルでくたばるなんて完全に想定外だった。

その頃思った事は、ロクでもない。
「生まれて来てごめんなさい。」「死んでいいかな。。」「生きててごめんなさい。」そんなことばかりだった。そんな僕を見た母親が心配して泣いている。倒れてしまう。そんな凄惨な状況に、自身の申し訳無さから、居なくなりたくなる。涙がでる。かあさんごめんなさい。本当にごめんなさい。。そんな日々が続いた。

この苦しみはなんだ。今ならわかる気がする。
脱皮だ。心の脱皮。
自然の世界は面白いほど、僕等に人生を教えてくれる。
蛇や蟹などの類はからだを大きくするために脱皮を繰り返す。天敵に喰われないように強くなるためだ。中には脱皮を乗り越えられず死ぬ奴もいる。命懸けの苦しみ、困難の先に、安全、自立、強さを手に入れるのだ。

僕は見えない天敵と戦っていたように思う。それは社会であり世界であり、艇庫の仲間たちとの生活だった。

なんとか立ち直れたのは、つい最近の話だ。今年のインカレが始まる前くらい。

元気な状態でインカレを迎えられて良かったと思う。大好きな後輩達と、最高の経験ができた。

それはさておき、僕が言いたいのは、人は誰しも”弱さ”を持ってるって事だ。なんてことない顔をして、死ぬほど悩んでる人がいるってこと。

リアルな体験を経て、弱い人の気持ちも全て汲むことができ、強い人の気持ちも知っている。
それが本当の、”立派な人”だと思う。
そのくらい奥行きのある人間の方が、おもしろいし、僕はすきだ。

僕は生まれてから今まで、ずっと自分の弱さを学んで来た。でも、強さを学んだ事はない。

どうすれば強さを学べるのか、、

それはひたすらに、
“弱さ”を知るしかない。
そんなことを気付かせてくれた、ボート部の4年間だった。本当に楽しかった。辞めたくない。ずっとずっと、大好きな後輩達と、ここに居たい。

こんな弱々しいクルーリーダーを頼りにして慕ってくれる後輩の存在が、ありがたい。有難い。

最後の一漕ぎ、その刹那まで自分の”弱さ”を知りたい

そしてボートを辞めても、死ぬまでずっと自分と向き合いたい
強くなりてぇ…
ただひたすらに、そう想いながら。

廣橋光希、慶應大学端艇部編、完。

楽しむこと

こんにちは。4年の米澤一也です。

勝手に前回がラストライフだと思ってまじめなことを書いてしまいました笑

そのため何を書こうかなぁとしばらく悩んだのですが最近思っていることを書こうと思います。

最近ボートはとても楽しいスポーツだなと思うようになりました。もう引退も迫っていますがまだ新しい発見が毎日あります。同じことを漕手に表現してもらいたい時でも、少し言葉の表現を変えるだけでその反応が全然異なります。それが楽しくて面白くて仕方がありません。

もちろんとてもハードでタフなスポーツだと思います。練習もきついことがほとんどですが、やはりクルーの動きがあったときの船の滑りは筆舌に尽くしがたいものがあります。きっとそれが楽しくてみんなボートをつづけるのでしょう。でなければこんなきつい競技続けられるとは思えません笑

最近ようやく自分がインカレが終わってから求めてきた船の動きが実現できるようになってきました。

一番遅い付きペアという種目で日本最速を実現してチームに勢いを与えたいです!

やっぱり何事も楽しんでなんぼだと思っています。最後の試合思いっきり楽しんで終わった後には楽しく美味しくお酒を飲みたいですね!

意気込みは前回書いてしまったので、本当に中身のないまとまりのないライフになってしまいました…すみませんここらで終わりにします。

次は教育実習から帰ってきた青山先生です。

GOGO!

最近フィニッシュのガコッが気になる4年の宮本です。後告知ですね。

キャッチで肩に力が入ってガコッてなることもあります。これは4回に1回くらいです。先告知ですね。

残りの合宿生活、試合はGOGO!と頑張りたいです。

images

 

TIME BOMB will blow up soon

LIFE読者のみなさま、ご無沙汰しております。4年の長谷裕太です。

新日本プロレスで時限爆弾が爆発した今日このごろ、みなさまいかがお過ごしでしょうか?

僕は鈴木軍が帰ってくると予想していたのですが、高橋広夢(カマイタチ)が凱旋帰国とは・・・・

予想できる範囲内の発表で肩透かし感もあったのですが、高橋広夢はヤングライオンの頃から観てきた選手、嬉しいものです。

新日Jr.に新しい風を吹き込んでくれる事を期待。

 

EVIL(渡辺高章)と高橋広夢が1.4の舞台で両方ともベルト戦を戦うとは・・考え深いものです。

hiromu_takahashi

高橋広夢*Wikipediaより引用

かっこいいヒール感が漂っていて、いい感じです。変なジャケットつながりで黒潮イケメン二郎とも試合をしてほしい。

 

話は変わりますが、今年は浦和レッズにとって最高の年でした。

ルヴァンカップ優勝、さらに念願のJ1リーグ年間総合優勝を手にしました。

両試合とも埼スタに行くことは残念ながら叶わなかったのですが、待ちに待った優勝の瞬間、震えました。

14701091_1606214926351134_8959065929916874752_n

*最終節・試合後のサポーターのコレオ。友人のInstagramから引用

毎年、「終盤にかけて失速する」と言われ続けたレッズ、毎年この時期は1サポーターとして悔し涙を流したものです。

今年はどの試合も安定感があり、観てて不安を感じる事はありませんでした。

正直Jリーグチャンピオンシップには否定派の僕ですが、12月3日は埼スタに行こうと思います。

img_0611

余談ですが、今年多くの選手からサインを貰う事ができました。

まとまりのない話ですが、まぁこんなもんで

P.S.

MotoGPはマルク・マルケスの若き天才ぶりが発揮されたシーズンでした。日本グランプリでの走りは「クレバー」の一言。来年はECU(エンジン・コントロール・ユニット)共通のルールは撤廃してほしいところ。あれはいただけない。

F1日本グランプリのマクラーレン・ホンダの惨敗は非常に残念でしたが、これを糧に成長してくれることを期待。来年はトークンシステムも廃止されるので、ガンガン開発競争をしてほしい。

 

 

 

Older posts