LIFE

戸田での合宿生活&部員の素の姿をブログで紹介!練習のこと、仲間のこと、オフの出来事、etc

2016年 10月

続々と引退していくネ

おはこんばんちは。「うわ~今年もこんなこといちいち呟くやついるんだ~」と思っていた呟きを自分もしていたことを見事に掘り返されてしまった4年の小原孝明です。志木高バスケ部の後輩や中等部の後輩も無事入部してくれたので、3年の月日を超えて「結ぶ」ことが出来たかなと感動した次第です。

4-0

3-0

2-0

遂にラストライフですね。メタルシャワーは自分で買うことにしました。

 

本日、月曜オフを利用してボート部有志を募り野球を見に行ってきました。そう広島ドラ一加藤投手が2安打完封に押さえ、5番山本クンが.475という驚異的な打率を収め首位打者賞に輝いた本塾野球部の早慶戦です。初めての早慶戦は中学一年生の頃で、防ぎようのない初夏の日射しにグロッキーだったことを思い出します。
彼らは春期4位という結果から部を挙げて変革に取り組み(主将談)、明治に敗れはしたものの六大学野球において2位という立派な成績を残しました。

塾高大学と仲良くしてくれた木村健人くん、5季ぶりの早慶戦勝利おめでとう&副将お疲れさまでした。僕たちのレースみに来てくれな。
引退セレモニーでは皆一様に清々しい表情をしており、恐らく悔いのない試合だったんだと思います。ハラハラしたけど楽しかったです。今風に加工した写真をのっけます。

_20161031_2015401
今回久々に試合を第三者として観客席から見ることで、應援指導部を始め、改めてたくさんの方の応援があることを実感しました。
僕たち選手に出来るのは全力を出しきることであり、ボートしかできない僕たちを応援してくださる方々のために全力を出しきる義務があると強く感じました。
よくわかりませんがつまり出来ることは全てやり、爽やかに引退したいということです。

11月10日から13日までの全日本選手権、頑張りますので応援よろしくお願いします。4年リーダーの方々も本日引退らしいですがお暇であればレースいらして下さいね。僕は応援されて伸びるタイプです。

 

次はいつも飛ばしててごめんなさいのマイコはんか、艇庫イチ気が狂っていると評判のタモンくんです。

dsc_0007-3 dsc_0155

10月31日月曜日

こんばんは。四年の大津です。

 

前回四年生になって初のライフを書いたと思ったら、、

今度はラストライフです笑。宜しくお願いします。

 

さて、今日は10月31日(月)です。世間的にはハロウィーン一色ですが、

僕たち端艇部の四年生にとっては、引退前のラスト月曜オフという印象の方が

強いのではないでしょうか。

 

最近は、引退に備えて衣服の整理や、ベッド周りを片付けることが多くなってきました。

パソコンの書類も整理していたら懐かしい写真が、、、

1372730196559 1372730200051

一年生の時に陸トレでしごかれていた時に撮ったものですね笑。まだあどけない雰囲気があります。

 

あれから四年近く経ちました。

%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%95%e5%86%99%e7%9c%9f

 

みんなそれぞれ何かしらこの生活から学び、経験し成長してきたと思います。

 

だから、、全日本頑張ります!!

 

四年 大津 匠

 

次は、ボート部に入るきっかけを作ってくれた同期の小原です。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-31-18-07-48

 

4時下4時半浮き

お疲れ様です。

四年の池田可南子です。ついこの前まわってきた気もするのですが、教育実習中のさえの前にライフを書いてしまいたいと思います。

ちょうど先ほど、ラストライフにぴったりの話題ができました。ラストぷらむの話です。

ぷらむとは、戸田公園にある喫茶店のことです。戸田のボート部の人なら一度は行ったことがあるのではないでしょうか。ホットサンドや大きいパフェが美味しいお店です。慶應コーチ陣の憩いの場でもあります。

今日は、流石さんとそのぷらむおさめに行ってきました。

コンビーフとチーズのホットサンドを食べながら話していると、忘れていたことも思い出されたりして、なにかしみじみとした気分になりました。

写真も撮ったのですがうまく載せられなかったのであきらめます。

ホットサンドは相変わらず美味しかったです。

 

 

次は、さえか大津君お願いします。

小豆澤、もうすぐ引退だってよ

4年の小豆澤です。

結局、もう一回4年生にLIFEが回ってきてしまいました。

 

 

ラストLIFEということなので僕の好きな映画のラストについて書こうと思います。

 

 

 

まずは割と王道『テルマ&ルイーズ』

51213wm7bql

この映画のラストくらい清々しく引退できるように全日本で最高の結果を残したいです。

 

 

 

次は19歳の少年と79歳の老婆の恋愛を描いた問題作『ハロルドとモード 少年は虹を渡る』

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89-1

この映画は美しいラストシーンもさることながら

少年ハロルドが『卒業』して『大人』になったときのやったった感に溢れる表情が最高です。

(彼が何から卒業したのかはここでは明言しません。ご想像にお任せします。映画見てください)

僕も表彰台の一番上であんな顔してみたいと思います。

 

 

 

 

そして『桐島、部活やめるってよ』

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89-2

この作品に関しては一言では何も纏まらないので是非見てほしいのですが、

大学4年間、弘樹のように目標を見失ってしまうことなく、

前田のように好きなことにとことん取り組むことが出来る環境に身を置けて良かったと思います。

 

 

なんだかしみじみした感じではありますがまだ全日本まで2週間近くあって追い込みの時期で

実際そんな気分は全く感じていません。最後に「日本最速」を達成すべく精進を重ねたいと思います。

 

 

最後はこちらも僕の大好きなある映画のラストの台詞で締めたいと思います

「In case I don’t see ya, Good afternoon, good evening, and good night!」

 

次は教育実習中の青山です

 

 

リンゴ

更新遅れて申し訳ありません。4年の和田 拓海です。

実はこの10月の間、2回もスマホをあのきったねぇ戸田の水に落としてしまいました。その修理やら交換やらで更新が遅れてしまった次第でございます。

水没だったので、データもほとんど復元できず、修理、更新に費用が結構かかりました

僕はiphoneだったので、Appleのお店に行ったんですけど、店員さんには『iphoneなのにphoneじゃなくなっちゃった感じですね〜笑』

久々に人の冗談で腹が立ちました。

情けも容赦も血も涙もなかったです。iphoneの人は、水没だけはマジで気を付けて下さいね。

image

唯一残った最近の写真です。長谷くんとダリ展に行った時の物です。こんなのしか残りませんでした。

引退まで20日を切りました。僕だけだと思いますが、まだ実感湧きません。もう一度4年生はライフ書くのかな?

今回のライフ、愚痴になってしまってすみません。次がもしあったら真面目に書きます。

 

一番欲しいもの

こんにちは。4年の米澤一也です。

宮本君からは失恋したと紹介されましたが明言は避けます笑
察してください。

最近は寒かったり暖かかったりよくわからない天気が続いていますね。
でも早くなった日没や遅くなった日の出を体感しては、もう一年も終わりに近づいているのだなぁと実感しています。
そしてもう自分たちも引退か…と少しだけ感慨深いです。

最近大学生活も終わりに近づいてきて、自分は何を一番成し遂げたいのか、何が一番欲しいのかと考えることがありました。

みなさんは何が一番欲しいでしょうか?

お金?時間?かわいい・かっこいい彼女・彼氏?地位や名誉?etc

どれも手には入れば最高ですが、僕はそこまで器用な人間ではありません。
結局僕が出した結論は金メダルが欲しいでした。

この前のインカレは本当に目の前まで来ていた金メダルを逃してしまいました。
次の全日本こそ必ず金メダルがとりたい、優勝したい。それ以外は何も望みません。

幸い僕にはもう高林と高寅という頼れるクルーがいます。
最期必ず優勝して部に勢いを与えられればと思います。

きっと僕の中で一番欲しいものが、彼女になったときにそれはできるのではないかと今は信じています笑
そういえば剃ったすね毛ももう生えてきました。僕も何度でも立ち上がるすね毛を見習いたいですね。

次は和田です。僕に色々アドバイスをくれたり励ましてくれたりしました。ありがとう。

おかえりなさい、さようなら

こんにちは、別木主務より紹介にあずかりました宮本です。

ご存じの方もいると思いますが、ボート部はカヌー部と共同生活をしています。
そんなカヌー部の同期は8月に引退しましたが、国体に出場するため唯一太田さんは10月まで漕いでいました。

そんな太田さんが国体から帰ってきたました。おかえりなさい。

s_5050460169336

いい顔してますね。僕も11月に引退するときはいい顔して引退したいです。

さようなら太田さん。

次はすね毛を除毛した米澤君。失恋でもしたのかな?

in嘉善県and上海

ちわ!
四年の別木彗です。

いつもライフの文章の最後に「次は〇〇」と紹介されるのに、僕は紹介されず寂しい限りです、廣橋くん。

ただ更新が遅れてことは上記の理由と関係ありません、すみませんでした。

今回は先月アジア選手権で行った中国の様子を紹介しようと思います。

上海と嘉善県に行ったのですが、上海は最終日にちょろっと行っただけで、主に嘉善県が拠点でした。

嘉善県はどういうところかというと、
thumb_img_0551_1024

thumb_img_0552_1024
情緒ある風景ですね、決して田舎ではないです。
野良犬多いです。

中国といえども、海外に行くというものはワクワクするもので、
細田君も
thumb_img_0432_1024
ちょっと嬉しそう

飛行機の時間は短く2時間ちょっとでした。
ただ空港でホテル行きのバスを待つのに渡航時間並みに待ちました笑

ガイドさんもどれがどのバスかわからなかったみたいです、ホームなのに。。

やっとホテルに着いた時にはほっとしました。

thumb_img_0433_1024
thumb_img_0434_1024
ふてぶてしいですね、調子に乗ってるも今のうちです。

ホテルのご飯はバイキングで、すべて中華料理でした。

thumb_img_0482_1024
美味しいんですが、さすがに九日間も続くと堪えましたね…

thumb_img_0446_1024
この様子だと大分飽きてます笑

中国で脅威だったのはやはり
PM2.5です。

thumb_img_0452_1024
この写真だと一見天候が悪いように見えますが、快晴です。
霧みたいのはすべてPM2.5ですね。

これには小坂も

thumb_img_0483_1024
死んでます笑

練習も大会も嘉善県水運動公園で行いました。
thumb_img_0499_1024
thumb_img_0500_1024
thumb_img_0447_1024
thumb_img_0450_1024
thumb_img_0475_1024
コースと言うよりは沼ですね、伴チャする道挟んだ反対側は地元民が河蟹の漁業や鶏の放し飼いをしています。

thumb_img_0496_1024
結構中国感溢れています、いい写真ですね。

大会当日はかなり賑やかになり、会場もちゃんとしていました。

thumb_img_0515_1024
ドローンも飛んでます
thumb_img_0513_1024

日本代表となった2人。
thumb_img_0519_1024
thumb_img_0518_1024
とても凛々しい、羨ましい限りです。

thumb_img_0520_1024
thumb_img_0553_1024
岸蹴りの瞬間…!(指が写ってます、サーセン。)

スタート
thumb_img_0521_1024

結果はご存知の通り、全体で4位。

thumb_img_0617_1024
がいし、てつお、お疲れ様でした!

嘉善県での最終日は軽く観光しました。

thumb_img_0567_1024
thumb_img_0569_1024
どうやら「ミッションインポッシブルⅢ」のロケ地に使われたところと同じらしいです。この場所かはわかりませんが。

あとは偽物探しに出かけました笑

まあ中国はパチもんが多い!

thumb_img_0568_1024
チョッパー(?)の目が怖い

thumb_img_0570_1024
藤子・F・不二雄とMARVELが契約したんですかね…?

thumb_img_0571_1024
…。

thumb_img_0580_1024
ミニーではありませんトイです。

thumb_img_0573_1024
最後は僕達も心身共々(?)環境に順応し、楽しむことができました!

最終日は上海に寄り、
thumb_img_0584_1024

谷コーチにご馳走していただき、
thumb_img_0579_1024

thumb_img_0582_1024
ホテルのスパにて疲れを癒して帰国致しました。

今回の遠征は
谷コーチも含めいろんな方々に助けていただいた遠征でした。

選手も僕も色々と学ばさせていただき、この経験を更に生かして全日本に臨んで参りたいと思います。
thumb_img_0480_1024

次は生粋の勝負師・宮本、おなしゃす。

おじさんはもう疲れたよ

みなさんこんにちは。法学部政治学科四年、廣橋です。
引退まであと40日という数字にまだ実感が湧きません。

でも、確かに感じることは、おじさんになったなぁという事。

ふとした瞬間に、老い?成熟?を感じるんです。

筋肉痛が翌々日に来る。
食べ放題で脂物を昔ほど食べられない。
ネギが美味しい。
ビールが美味しい。
夜なかなか寝付けない。
…えとせとら。

でも何より、自分、大人になったなあと感じる瞬間は、「この部に自分の意志を何か残さなきゃな。」という感情が沸き起こったときです。

残りの40日間で、この部になにが残せるか、全日本タイトル?エルゴタイム?自分の使ってた練習道具?(要らないか。。)
四年生はみんな、色々な方法で、自分がこの部に存在していたという事、何かしらの爪痕を残したいと考えているのではないだろうか。

僕は何にしよう….

そう考えた時、月並みな言葉にはなりますが、「後輩に自分の”全て”を伝える」事こそが、僕に残された仕事かなと思います。

では、”全て”とはなんだろう?

漕ぎ方?トレーニング方法?ボートに対する姿勢?
もちろんそれもあります。でも何より、僕は後輩に、「価値を残せる人間」になってほしいと思います。そしてそのために今、私、廣橋光希は何をすればいいのか考え続けること。そのプロセスこそが僕が後輩に残せる”全て”です。

去るインカレでは、無しフォアで出艇しました。同クルーは皆後輩で、自分がクルーリーダーとして初めて出場するインカレとなりました。

何かを残す、それは後輩への叱咤激励にはじまり、自分に厳しい姿勢を見せる事、オンオフの切り替えなど、、、筋肉に包まれたお馬鹿な頭で自分に出来ることを考え、探し、アウトプットしました。

結果は敗者復活敗退という、自分のボート人生で最低の結果で終わってしまいましたが、後輩が確かに成長してくれたと確信できた事、「価値を残せる人間」に近付いてくれた事が私のボート人生の中で最高の喜びだったし、これが、私の”残したかったもの”ではないかなあとカッコをつけています。笑(まだ全日本あるのにね。)

あと40日、それはすぐにやってきます。

最後まで考え続けます。

ラストイージーオール、どんな気持ちになるんだろうなぁ…..

そんな事を思いながら。

ダリの事はダリにも理解できない

LIFE読者のみなさま、お久しぶりです。4年の長谷裕太です。

キャプテン・ニュージャパンがバレットクラブに電撃加入した今日このごろ、みなさまお元気でお過ごしでしょうか?

私はお陰様で、怪我なく、毛がない日々を送っております。

img_0694

*毛がなくなる直前の僕@六本木ヒルズ 東京シティービュー『ジブリの大博覧展』

img_0693

*毛がなくなった僕@艇庫

見事に好青年に生まれ変わっていますね。日本男児は坊主に限る。

ちなみに、なくなった毛は目に見えるところだけではありません。

池袋のワックス脱毛サロン「リアンジェ」、オススメです。ブラジリアンワックスは意外と痛くないです。

 

今回紹介したいのは、タイトルでピンと来た方もいらっしゃるかと思いますが

現在国立新美術館で開催されている『ダリ展』。

日本でダリの大規模な個展が開催されるのは約10年ぶりです。当時小学6年生だった僕は、友達と2人で上野の森美術館まで遠足気分で鑑賞しに行き、何一つ理解出来なかったのを覚えています。その展覧会では<記憶の固執の崩壊>と<世界公会議>が展示されていました。

10年間の間に蓄えた知識と経験でダリの絵画を少しでも理解出来るようになったかなぁ、と期待したのですが

127019223978316103730_kyo2

*引用元 諫山創『進撃の巨人 第1巻』,講談社,2010年,p-35

まぁこんなもんですわな

やはり、ダリの描く世界はなかなか理解できるものではなく、図録の説明文を読んでやっと納得する事ができました。

ただ、この「わからない」というのが逆に心地よく、ダリの摩訶不思議でグロテスクさも含んだ不気味な世界観が現実世界を忘れさせると共に、知的好奇心をくすぐってくれます。

是非、皆さんも行ってみてはいかがでしょうか?

ちなみに、僕のオススメの絵画は<皿のない2つの目玉焼きを背に乗せ、ポルトガルパンのかけらを犯そうとしている平凡なフランスパン>です。この絵を見て、ダリは天才であると確信しました。

ディズニーとのコラボレーションした、短編映像作品<Destino>もディズニーらしさ、ダリらしさの双方が綺麗にマッチングしていてオススメです。けっして内藤哲也のフィニッシャーではありません。Los Ingobernablesも出てきません。

まぁ今回はこんなところで、次は廣橋

img_0692

*<メイ・ウェストの部屋>での一枚。記念撮影も撮れるようになってます

p.s.

マカヒキの好走を期待。頼んだぞ、ルメール

Jリーグは残り4節、今年はレッズが失速せずに年間優勝できると信じて