LIFE

戸田での合宿生活&部員の素の姿をブログで紹介!練習のこと、仲間のこと、オフの出来事、etc

2016年 7月

水運お疲れ様です

こんばんわ、総合政策学部4年の佐々木多聞です。

突然ですが、最近、僕の中で一番BIGなニュースについて書きたいです。

 

それは、「主舵」の誕生です。

 

「え!?主舵って何?」って人のために、簡単に説明を。

端艇部には、漕手なら主将、副将、マネージャーなら主務、副務、三田漕など様々な役職があります。

そんな中でも、COXの中で一番偉い人を示す役職が「主舵」です。

 

この「主舵」という役職を誕生させたのが、僕の同期の米澤くんです。

 

彼は、127年という長い端艇部の歴史上存在しなかった「主舵」という役職を誕生させ、COXの地位を向上させました。

 

「早稲田にチーフコックスってあるから、慶應やったら主舵やん」って、何年の時から彼が言い始めたか、覚えてもないですが、聞いたときは首を傾げたのは覚えてます。

 

しかし、時は経ち、2016年7月端艇部のHPが一新されたのを機に歴史は動きました。

 

「主舵」という役職が主将、副将、主務に続いて載っていました。

 

ついに、彼は歴史を動かしました。

 

本当に凄いと思います。

 

終わり。

 

次は艇庫の女子力番長SASUGA。

一刻千金

こんにちは。法学部政治学科4年コックスの小原孝明です。

前回のライフで
>最近欲しいものは『頭スッキリ ひんやり メタルシャワー』です。
と書きましたが未だ手元になく、それどころか後輩コックスがそれを持っているのを見てより悲しくなりました。どうやら西の湖で漕いでらっしゃる先代主将も愛用していたそうです。ちなみにアマゾンでは651円で売っています。艇庫の住所はページ一番下「アクセス」をクリッククリック。

たまにはボートの話をしてみましょう。これは本当に難しいスポーツですね。
単純計算で年間300日x2モーションx2時間x3年=3600時間ほど船の上で波に揺られていましたが、何か壁にぶち当たる度解決に悩み続けます。壁を残したままいくら漕いだところで時間と体力を消費するだけで何も得られません。
初めの1年は驚きの連続でした。腰を痛め、手の皮がべろんべろんになり、エルゴをひくとゲロを吐く。正月も合宿をし、吹雪の中半袖短パンで練習して後頭部と船を凍らせる。0.1度単位で傾きを直し、風が吹けば18mの船も沈没する。舵を取るのが仕事なのに正面が見えない。コックスだけが曲がっていることに気づかない。欠陥スポーツだよなぁと今でも思います。ウインカーくらいつけろよ。

ではなぜ僕がボートを続けているのでしょう。日本一になりたいからです。もしここまでのキャリアで日本一になっていたならば、そこでボートは辞めていたと思います。残酷なことにスポーツは勝たないと負けたまま終わります。僕の早慶戦は一生負けで終わりです。中学も高校も、バスケはよくわからないところで負けて終わりました。
どうすれば負けないのでしょうか。体力やパワーがあるに越したことはありませんが、一番大事なのは修正し続けて漕ぐところです。40過ぎても勝つ選手がいるということはそういうことなのだと思います。艇庫のダルマも考えて漕げと言っていましたがその通りだと思います。

突然ですが今の楽しみはハツカ大根の栽培です。艇庫で使ったトマト缶を拝借しプランターにしています。朝晩水をやるたびにすごい勢いで成長していて育てがいがあります。何事も過程を楽しむのが好きなので料理をするのも壁を登るのも自転車を漕ぐのも好きです。良い趣味があれば教えてください。

お次は僕の倍以上波に揺られ過程より結果を好みそうなタモンです。

こんばんは。4年の大津匠です。

 

四年生になって初のライフです。。。

(更新が滞ってしまい、申し訳ありません。)

 

四年生になって改めて思いますのは、ボートってやっぱり難しいなあ、と。

 

クルー全員で同じ感覚を完璧にまで共有する、、、それってかなり難しいことだと思います。

 

 

突然ですが、ここで授業で教わった問題を一つ。。

 

【問い】

選挙の投票日です。次の候補者の3名のうち、誰に投票しますか?

 

A:彼は腐敗した政治団体との一件に巻き込まれたことがある。星占いに凝っている。愛人が2人。ヘビースモーカーで日に6〜10箱あける。

B:彼は2度役職を罷免されたことがある。抑うつ傾向があり、昼まで寝ている。毎日ウィスキーを1瓶空け、仕事中に居眠りする。

C:彼は愛国者で軍部から勲章を与えられた。菜食主義者でタバコを嫌い、たまにビールを1本飲み、性生活は極めて慎ましい。

 

 

 

 

十中八九、Cという答えになるかと思うのですが、、

 

ネタばらしをしますと、この問題、

 

Aがルーズベルト、

Bがチャーチル、

Cがヒトラー、

 

を言い表した文章だそうです。

 

社会・歴史の授業などでアドルフ・ヒトラーは良い人物として描かれることは

多くありませんが、見方を変えてみるとこのような側面もあるらしいです。。。

 

 

要するに、

何が言いたいかといいますと、

最上級生になった今でも一つの考え方に囚われないで、柔軟にやっていこう!と。。。

 

慶應ボート部には、80人以上の部員が所属し、

地方出身者、内部進学、ボート部経験・未経験者などなど様々な背景を持った人達が

一つ屋根の下で過ごしています。

そこには、一人一人の考え方や価値観があります。

そんな違った人達が同じボートに乗ってユニフォーミティーを皆で作っていく。。。。。

 

難しいですね。。。笑

 

しかし、そこが一番の醍醐味だと思います。

 

明日も練習頑張ります。

 

次は、おばらお願いします!(>▽<)