LIFE

戸田での合宿生活&部員の素の姿をブログで紹介!練習のこと、仲間のこと、オフの出来事、etc

神津島

はじめまして。

経済学部2年の向井新と申します。順番だと次は永田くんだったのですが、感動が冷めないうちにライフを書こうとおもい抜かしてしまいました。
ごめんねナガズ、、、

999462E2-AA4D-4F2C-B7EB-7309C7F3E440

端艇部は先日まで待ちに待った “インカレオフ” に入っていました!計算したところ実に74日ぶりのまとまった休暇…
東日本選手権からそんなにたっていたんですね 早すぎる…。 艇庫内の時間軸がどれだけ歪んでいるかは小宮山くんのLIFEをご参照ください。

キーワード:「4年前、早慶戦、艇庫、時空」

みんなおもいおもいの場所でインカレオフを満喫していたようですが、僕は同期たちと神津島へ行ってきました!

「どこだよ⁇」と思ったそこのあなた!
神津島は東京から船で最速3時間半!伊豆諸島に浮く島です。東京都とは思えないほど美しい場所でした。詳しくは後ほど。

離島ということで当然船を使って行くのですが、集合場所はやはり竹芝東京港😏
たまらず恒例の写真を撮りましたので載せておきます。

IMG_0090

既視感溢れるアングルですね…

ここで今回の旅を共にしたクルーの紹介です。

【M4+】使用艇:さるびあ丸

C:向井新(経2)
S:村上廉太郎(政2)
3:鍛治田有史(政2)
2:浦敬太郎(経2)
B:桒原侃生(政2) (TO DA LAND より)

これまた既視感のある文ですね。
(ちなみに納涼船後のさるびあ丸はとても酒臭い😑)

到着すると宿の送迎バスが待っておりすぐにチェックインすることができます。おばちゃんがきりもりする民宿でした。
自転車をレンタルしまずはサイクリング🚵‍♂️ カラオケしながら海岸線を駆け抜けました。とても気持ちよかったです。

IMG_9713

そして到着!赤崎遊歩道!
海にせり出した岩場を利用し3つの飛び込みスポットが設けてあります。
外から見ると大した高さではないのですが、いざ立って見ると意外とびびるもんですね。かなり心拍数上がっています😇

IMG_0097

意を決すまではビクビクですがジャンプしてみれば楽しいもんです!あるあるですね。
ただ入水が下手くそだと鼻に水が入ってしまうため、この日はずっと鼻から海水を垂らしていました。

昼ごはんを食べた後は登山⛰
「さっきまで海にいたじゃん⁉︎」と思ったそこのあなた!
そう、神津島に行けば一日で海も山も満喫できるわけです。贅沢ですね。
雲行きが怪しかったこともあり序盤からかなりとばして登ったわけですが、これが仇となり中盤からは厳しい戦いでした🤮 ペース配分が重要なところはボートと同じですね。これが試合だったら戸田病院からオニの失速です…🚣‍♀️

登るにつれて強風によるラフコンでしたが、それでもなんとか踏破!きつかった…
疲れが飛ぶなんてことがあるわけはないのですが、すぐ下に海が広がっている景色は迫力満点。思わずLINEとinstagramのトプ画にしました。

IMG_0098

初日はこんな感じで海に入り山に登りと盛りだくさんな1日。不眠症の鍛冶田くんもこの日ばかりは熟睡💤

とまあ一瞬で朝になってしまうわけで、疲れを感じながらも二日目も海🏖 昼過ぎには帰りの船に乗らないといけないため港から一番近い前浜海岸に来ました!

IMG_0095

ええ写ですね。この直後、高寅さんからお借りしたビーチボールが潮で流され救出不能となります。申し訳ありませんでした。

Goproを駆使しおもいおもいに写真を撮るわけですが、水が綺麗ですね。水中でも遠くまで見渡せます。
IMG_0093

真っ白な浜は砂の量も桁違い

IMG_0096

恒例行事になりそうですね。今回は砂が大量でしたのでいけるとこまでかぶってもらいました。かなりの重さだったようで、体を起こすにも一苦労。

とまあここらで出港の時間も近づき神津島を後とすることに。

初めての島旅行だったわけですが、本当に美しい。感動。くすんだ心も洗われます。
みなさん来年のインカレオフは島に行きましょう。
海、山、温泉、サイクリングなんでもできますし、とにかくみんな優しい!夕食中も地元の漁師さんから金目鯛のひらきをもらったり!

IMG_9733

↑めちゃめちゃ美味しかった

すでにオフは明け練習が再開しているのですが今だに離島観光サイトから離れられません…
島ロスですね😩
次はどの島に行くかな🤔

そろそろネタも尽きてきましたのでここらで終わろうと思います。ありがとうございました。
次は永田くんに戻るかな?
みんなテンポよく更新していこうね!

ディベート

 はじめまして。
 田村くんよりご紹介に与りました商学部2年の中島大輔です。以後よろしくお願いします。
 まず、更新が大幅に遅れてしまったことを深くお詫びいたします。本当にすみませんでした。
 初LIFEということで何を書こうかとても迷いました。好きなことについて書こうか、あるいは私自身について書こうかといろいろ悩んだのですが、せっかくの機会ですので、ボートとは関係ないけれど、私が高校時代にやっていていまだ多くの人にその実態が理解されていない競技ディベートについて書かせていただこうかと思います。ディベートって論破するんでしょ~?とか言われないためにも……!

 私、高校時代は慶應義塾高校のディベート部に所属しておりました。高校ディベート部からボート部に入るのはなかなか珍しい例なのではないかと私自身思っております。
 さて、まずディベートとはなんなのか。ディベートとは簡単に言うと討論のことです。福沢諭吉先生がスピーチを弁論と訳したのは有名な話ですが、ディベートを討論と訳したのも福澤先生なのです。討論というととても幅が広いですよね。皆様が討論といって思い浮かぶであろう党首討論や、マイケル・サンデルの熱血教室もディベートの一種ということになります。このように様々な種類があるのですが、基本的に共通しているのが、ある一つの論題について討論しているんだ、ということです。ディベートはある論題に対して様々な角度から議論することで論題への理解を深めるための手段なのです。では競技ディベートとはなんなのか。競技ディベートとはディベートの中にルールを定め、競技として形作られたディベートのことです。まあこのルールもたくさんあるので、一口に競技ディベートと言っても様々あるのですが、基本的にはある論題に対し、肯定と否定の立場に立って討論していき、最終的に討論に参加していない第三者であるジャッジを説得できた方が勝ち、という競技です。ここが一番大事なところです。論破することが目的ではないのです!

 私が主にやっていたのは日本語の調査型ディベートと言われるものです。日本語のというのはディベートに用いる言語が日本語ということですね。競技ディベートは英語で行うもののほうが一般的かつ全世界的でありますが、母国語である日本語で行うと難解な英語を使うよりもより議論が深められるのです。まあそもそも私は英語ができないので英語でディベートなんてできないのですが。そして調査型ディベートとは、その論題について有識者の意見などを資料として用いながらそれぞれの主張を補強して行うディベートのことです。そのため試合前に相当な準備が必要となり、これが調査型と呼ばれる所以になっています。たぶん。ほかにも即興型ディベートというのがあり、これは試合の20分くらい前になって論題が発表され、資料等を用いずに行うものです。こちらは比較的手軽にできるため、私は最近ではこちらのものをよくやっております。

 私がやっていた競技ディベートは、立論、質疑、第一反駁、第二反駁の4つのパートに分かれています。立論でそれぞれの主張を述べ、質疑で疑問点等を質疑し、第一反駁、第二反駁でそれぞれの立論に反駁(反論)しながら反駁に対して再反駁も行い、最終的にどちらの議論が勝っていたかをジャッジに説明します。

 論題は多岐にわたりますが、調査型の場合は難解な論題になることが多いです。私が経験したものを例に挙げると、「日本は外国人労働者の受け入れを拡大すべきである。是か非か」や「日本は裁判員制度を廃止すべきである。是か非か」、「日本は国民投票制度を導入すべきである。是か非か」など、日本という国が今後どういう政策をとっていくべきかということを議論していきます。そしてこうした論題は試合の半年ほど前に発表され、選手たちは半年間ずっと同じ論題について調べることとなります。
 即興型の場合はこうした論題のほかにもっと身近な、たとえば「塾高は留年制度を廃止すべきである。是か非か」であったり、「ドラえもんを未来に帰すべきである。是か非か」のようなポップなもの、また「ペットとして飼うなら犬か猫か」のような価値論題という同等の価値を持つ二つからどっちを選ぶべきかということを議論するものなど、調査型に比べ種類も豊富で普段ディベートをしない人にも簡単で分かりやすい論題もたくさんあります。

 このように、ディベートにはさまざまな種類があり、種類によってはどんな方でも気軽にできる知的スポーツなのです!
 
 すみません、ちょっと長く、かつ面白みのない文章になってしまいましたが、これで大体ディベートというものがどういうものなのかご理解いただけたかなと思います。ディベートは第三者を説得する競技で論破することが目的ではないということさえ理解いただければもう何でもいいのですが。この記事を読んでディベートに興味を持った方がいらっしゃったらぜひ私に声をかけてください!

 次は名前もベッドもお隣さんの永田くんです!

美食

こんにちは、初めまして。

武井くんa.k.aマサル倶楽部長に紹介をあずかりました法学部政治学科2年田村直親です、以後よろしくお願いいたします。

さて、前回の武井くんのライフの終わりに突如として現れた「マサル倶楽部」という謎のワードですが、これは武井くんと武井くんに忠誠を誓いし精鋭のみが所属することを許された秘密結社のことです。活動内容に関しては僕のインスタ(@naoc.tm)をフォローしてチェックしてみてね。

艇庫にはこのような”軍団”が多く存在しており、日々互いの利権をめぐり熾烈な争いが行われているのです。

今日は僕の所属する「美食會」というグループの活動を少しだけご紹介します。

美食會とは”GODを独占し、世界中の食材を牛耳ろうとしている闇の集団”(トリコ総合データベースより引用)です。わかる人に伝わればそれでいいです。

活動内容は以下の写真でどうぞ。

 

2A941932-6E2B-4971-A298-C41F91FC754C

 

5A98F02A-F58C-4D59-A074-B45FA5168573

 

76BCBF2D-2D5B-488F-B68D-CA400AC1B6BD

 

新規メンバー募集中です!

(詳しくは会員まで。)

長文ライフにしようと思いましたがやめました。おしまいは某日に美食會で食べたパネチキンの写真でお別れです。

 

D69BA7C3-B2F3-4D45-ACE5-68EDF548D010

 

次は131期の誇るドラゴン、中島くんです!

 

早慶戦

初めまして。

小宮山くんに紹介を預かりました、経済学部2年の武井優と申します。前回のライフから1ヶ月以上が経ってしまいました。僕は第二エイトで出場させていただいたのですが、日々の練習に追われてしまい、ライフを更新することができませんでした。楽しみにしていただいていた方、申し訳ありませんでした。

時が経つのは早いもので、もう早慶戦から1週間以上が経過しました。結果を見てみれば、対校、女子、第二とも負け、昨年に引き続き早稲田に完全優勝を取られるという形になってしまいました。

悔いがないかといえば、あります。でも、普通の悔いとは違う。この一週間考えてそう気づきました。

反省会で小澤監督がおっしゃっていたことに、2003年にインカレ優勝した慶大クルーの話がありました。このクルーは早慶戦で負け、後の反省会でOBの方などから叱責を食らった際に、自分たちでやったことに干渉するなといい全く聞く耳を持たないという態度をとったそうです。

そのような態度を取ることがいいかどうかはさておき、私が言いたいのは、それくらい自分のやったことに責任を持ち、納得して負けたということが、その後、夏の大会などでいい成績を収めることに繋がったということです。

この話を聞いて、初めはこれが何を意味するのかがわからなかったのですが、改めて自分を振り返ってみると、自分は反省会でそこまでの気持ちになることはできなかったかなと思います。

2月の初めから始まった早慶戦合宿では、コーチや先輩に言われるまま、それについていくだけの練習になってしまい、頭で考えて練習することがあまりありませんでした。誰よりもきつい練習をやったのだからきっと勝てるだろうという自信のもと、本番を迎えました。結果は惨敗。与えられた地獄のようなメニューをやったから勝てるという甘い世界ではありませんでした。

自分が、日々の練習で考え、自分が納得し、腹落ちした練習を積み重ねていくごとが勝利への本物の自信へつながっていくものだと気付かされました。負けても納得できるような、誰に何を言われても気にしない自信が、2003年のクルーにはあったのだと思います。

小澤監督の言う『自分のために勝て』と言うことも、勝ち負けに他人の入り込む隙をなくすくらいに考えて、納得して勝てということなのではないか。

本当の意味で勝つことと同じくらい、本当の意味で負けよう。最後に勝てるよう、そこを目指していこう。

次は艇庫のインスタ厨、かつ我がマサル倶楽部所属の田村くんです!

キーワード:「4年前、早慶戦、艇庫、時空」

 

 

初めまして。

僕が女子だったら付き合いたいランキング1位(あくまで個人的にです)の桒原君から異端児との紹介を受けました、経済学部新2年の小宮山です。果たして僕は本当に異端児なのでしょうか。さて、入部からもうすぐで1年が経とうとしています。早い…早すぎる…。ここ艇庫(読:テイコ/意:自由のない世界)にいると娑婆(読:シャバ/意:外の自由な世界)に比べて時が経つのが明らかに早いです。F1カー並みに早(速)いです。どうにもおかしいと思って調べてみたところ、艇庫内の時空は早いほうに歪んでいることが分かりました。これは科学的にも証明されています。嘘です。

また一方で、毎年夏に1年生を対象に行う山中湖合宿(読:ヤマナカコガッシュク/意:陸トレ合宿)では逆に時が経つのが遅すぎます。3泊4日の合宿ですが、この4日間は艇庫での2週間に相当するくらい長く感じました。これまた時空が歪んでいるのではないかと思ったらやはりそうでした。遅いほうに時空が歪んでいます。これは心理学的に証明されています。半分本当です。つまり時の流れの早さは

山中湖合宿<<<娑婆<<艇庫

といったところでしょうか。あまりの時空の変化についていけませんね。

 話は逸れましたが待ちに待った初ライフ。というのも実は僕、今から4年前の高校1年生の頃からこの慶應端艇部のホームページにアクセスをし、先輩方の文才あふれるライフを読み漁り楽しませて頂いていたという、生粋のライフっ子だったのです。そのため、今こうしてライフを読む立場から書く立場になっていることを思うととても感慨深いですネ、、

そんな僕が高校生の時、先輩方にどんなライフを求めていたかというと、それはズバリ“艇庫の日常”についてです。謎多き艇庫生活、端艇部への入部を決意していた高校生の僕は、端艇部は一体どんなタイムスケジュールでどんな練習をしているのだろうかと気になって夜も眠れませんでした。そこで今回のライフは、当時の僕みたいな悩める高校生に向けて艇庫の日常についてでも書こう!と思ったのですが、もうすぐ新歓期、そういった情報は是非自らの手でつかみ取ってほしい!そういった思いから今回は敢えて書きません!新歓でお待ちしております!

長くなりましたが本題はここから。今はちょうど早慶レガッタのシーズンです。今年の早慶レガッタまであと1か月を切りました。先述した通り僕は高校1年生の頃から何故か端艇部に興味をもっていて、それは当時1人で早慶レガッタを見に行く程でした。ちょうど仮入部期間ということもあり時間があったので、日吉駅に貼ってあったポスターを頼りに1人春の墨田川へ。

20180326_092944

↑当時のポスター

浅草駅を降りて川沿いをぶらっと歩いているとアップ中の第2クルーが。

20180326_093151

↑今だからこれが第2クルーだとわかるのですね(船的な話)

そして慶應1年目プラス寂しく1人で来た僕は応援席に行くわけにもいかず対岸の芝生のところに場所を取り、そこにあった屋台の焼きそばを頬張りながらレース開始を待ちました。

20180326_093020

↑ここから見ました。桜橋の上にもたくさんの人がいますね。

そして待つこと数分から数時間(むっちゃ待った)。ようやく対校のレースがスタートしました。中々こないなぁと思いながらも、しばらくすると先に慶應のクルーが姿を現し、ゴール地点にある応援席の声援がより一層増します。そしてそのまま1艇身以上の差を開けてゴール。見事慶應が勝利しました。

20180326_093305

↑勝利後の慶應対校クルー(写真があまり良くないですね)

 

このようにすごく大雑把に振り返りましたが、正直高校1年生の僕はボートがどういった競技でどれくらいキツイか全くの無知でした。そのため1観客としてこの年の早慶レガッタを楽しんだ訳ですが、今は違います。ボートがどういった競技で、どれくらいキツくて、このレースにかける想いがどれくらいあるのかを今は少なからず分かります。この早慶レガッタ当日に向けて、果てしなく多くの時間と距離を重ね、どれだけの努力、どれだけの苦労があるのかを身をもって痛感しています。そしてあの時ただ眺めていただけの大舞台に今自分がチャレンジできていることに喜びを感じると共に、来年こそは自分がという強い想いが芽生えています。

そんな色々な人の色々な想いが詰まりに詰まった今年の早慶レガッタは4月22日(日)にありますので是非応援に来てください。百聞は一見に如かずです。そして新入生は新歓にも気軽に足を運んでみてください。最初に艇庫は自由のない世界みたいなことを書きましたが、自由は感じるものではなく自ら創るものです。きっとそうです。そうすれば自由はそこらじゅうに転がっているはずです。僕はそれを拾い集めて艇庫ライフを謳歌しています。そうして気づいたらもう1年が経とうとしています。早い…早すぎる…。やっぱり時空、歪んでない?

お後がよろしいようなので今回はこのへんで失礼します。最後まで読んで頂きありがとうございました。次は圧倒的イキリモブキャラ感武井君です!

Image_1ad783d

↑武井君

金曜日のオフのお話

初めまして

#今日のKJT先輩でお馴染みの鍛冶田くんから紹介を預かりました法学部政治学科1年の桒原侃生です。

何を書こうか迷っていたら2週間以上経ってしまいました。更新が遅くなってしまい申し訳ありません。

さて慶應端艇部は現在、約1か月後に控えた4/22の早慶レガッタに向け早慶戦合宿の真っただ中です。日に日に練習の強度が増し追い込まれていく中で、週二回のオフの重要性はいうまでもありません。そこで今回は先週の金曜オフの出来事とそれについて思ったことを書きたいと思います。

 

端艇部には月曜と金曜にそれぞれオフがあります。先日の金曜オフを利用して僕たち131期は同期会(?)を開きました。

残念ながら3人は予定があわなくて全員揃わなかったものの、ここまで集まってご飯に行けたのは初めてで2時間があっという間に過ぎました。久しぶりに伴くんにも会えてよかった。企画してくれた森田さんありがとう。

僕が端艇部に入部してそろそろ1年が経とうとしています。日吉練から始まり艇庫入りして山中湖に行って新人戦に遠漕と色々なことがあったなぁ。この1年、楽なことばかりではなかったけど部員をはじめ周りの人にたくさん助けられた気がします。特に同期には感謝感謝です。

 

共同生活という特殊な環境の中でそんな仲間を作れるのも端艇部のいいところなんじゃないかって今回の同期会を経て思ったしこれから入る新入生にも言いたいです。(ここが1番重要です笑)

まぁ僕の場合1年経っただけで全く何かを成し遂げたわけではないのでまだまだこれからなんですけどね笑

 

最後に例の同期会の写真を載せてこのライフを締めくくらせていただきます。

また次は”23人”全員で行こうね!!!

Image_60bc156

あまりにもつまらない内容になっちゃいました。

きっと次の人は爆笑ライフを書いてくれると思います!

次は131期の異端児、小宮山くんです。

あうろら

初めまして。

熊似の王田くんから紹介に預かりました、法学部政治学科一年、鍛治田有史と申します。

 

まず、前回のlifeの内容に誤りがありましたのでここで訂正いたします。

誤 普段怒ってばっかり

正 普段笑ってばっかり

めったに怒りません。紳士ですから。

僕のことを何かとdisる王田君ですが僕も彼も同じ慶應義塾高校端艇部出身でかれこれ四年目です。(留年はよ。)

 

さて、話題に欠くことのない艇庫ライフですが、先日ビッグニュースがありました。

それは、、、新艇が届いたことです!

新艇はVespoli社製のエイトです。来る早慶戦では対校艇として隅田川を走ります。

気になる新艇の名前はというと、、、

IMG_E1328

”AURORA(オーロラ)”です!黒いボディに銀の文字、ちょっとスターウォーズっぽくてカッコイイです。

実に輝かしい名前です!オーロラとはご存知の通り、電磁気が光の帯の様に上空で輝く自然現象ですが、語源をたどると古代の神にまでさかのぼるそうです。曙の神とされたアウローラ(似てる)が馬車に乗って東の空からやってきたときに美しい光を伴ったことからガリレオガリレイがこの自然現象に”オーロラ”と名付けたそうです。

新艇にはオーロラの様に慶應端艇部に新しい光をあたえてくれるようにという思いが込められているそうです。

実は先日の進水式で”AURORA”に乗せていただきました。水の上をすべるような進み方に感動しました。こんなにいい船に乗れて幸せです。OB・OGの方々のご支援に感謝し大切に乗っていきたいと思います。

早慶戦まで40数日ですが気を引き締めて頑張っていきます。

 

次はゴワゴワ桒原君です。

 

 

 

 

 

ぐらさん

初めまして
次期寮長との呼び声高い浦君に紹介を受けました、商学部の王田です。
出身は名門中の名門と言ったらもう分かりますよね?

そうです。大正解!!慶應義塾高等学校です。
名門すぎて三年で卒業してしまうのはもったいないと思い、三年生の時に留年して四年目の塾高生活を送るかどうか真剣に迷いました。しかし残念なことに成績が卒業ラインを超えていたため留年できませんでした。

女子高生に熊に間違えられた話ですが、その話をすると面白すぎて呼吸もまともにできないほど笑ってしまうので今回はやめておきます。

突然ですがボートに必要不可欠なものはなんだと思いますか?メンタル?フィジカル?テクニック?

僕は昼寝とサングラスだと思います。今回はサングラスについて書こうかと思います。
隣のベッドの住民である鍛治田君が最近新しいサングラスを買ったので見てあげてください。
S_7551542042551
普段怒ってばっかりの彼でさえこんなにハイテンションになるんです。サングラスがどれほど大事なものかわかりますね。ファッション的要素も大きいですが、これがないと練習中眩しくて仕方ないです。レースを観戦する際は選手がどんなサングラスをしているのかにも注目してみてください。

次のライフは#今日のKJT先輩でお馴染みの鍛治田君です。
S_7551542110527↑本人がどうしてもこの写真を載せてくれってうるさいので載せます。気分を害した方申し訳ありません。

決意というか、思いというか

 

 

 

 

 

 

 

初めまして

攻玉社高校出身 131期 経済学部一年 浦と申します。

 

初ライフ。

初めての投稿ならこれからボートをやる上での思いをここに真面目に書いてみます。伝えるために少し崩れた文章になります。日本語ガ苦手ナワケジャナイデス。

 

 

今はもう引退されましたが、僕の3つ上の代に北原さんという先輩がいらっしゃって

最後の大会が終わって、野心を持って頑張ってくれと後悔をにじませながら話してくださいました。

 

 

突然ですが、、、

僕は一年の浪人生活を経て慶應に入学しました。このホームページの自己紹介にも書いた通り、一橋大学に、一橋のボート部に入りたかったんです。

受験で一橋を目指したのは学びたいことがそこにあったから、尊敬する人が一橋のボート部出身だったから、などたくさんありました。

でも一番の理由は

限界を超えてみたかったから、

自分が想像できる範囲を超えた、達成には大きな壁がある、もし成し遂げられればきっと景色が変わるであろう世界に

自分も、自分自身の意志と努力でたどり着けるのか知りたかったから。

すごい人たちと肩を並べてみたかったから。

自分はここまでできるんだ、と自分で自分を見返すというか。

 

そんなことがしてみたかった。ダサい言い方をすれば 自分革命 みたいなことがしてみたかったんです。

 

ただ、それは叶わなかった。

だから一橋のクルーを見ると羨ましく思ったり、こいつらにだけは負けねぇって燃えたり。

 

 

そうして練習しているうちに僕が入部した時の4年生が引退しました。そして試合後のミーティングで、あの北原さんの「野心」というワードが自分にとって特別に聞こえたんです。特別な、というとありきたりな表現だけれど、なんか全身がチクチクするような不思議な感覚でした。

 

確かに、一橋のボート部に入れなかったから慶應でボートをやって一橋に勝つ、というのもボートを始める理由に違いなかった。

だけど、

 

最後の学生生活。やりたいことで限界を突破してみたい。高い壁を自分の力で越えてみたい。受験で失敗した分、もう一度、今度はボートで、そんなことに挑戦したい。きっと最後のチャンス。

 

そんな気持ちが不合格を知らされた時からあったから、このボート部に来たのかもしれない。

大学から初めて日本一になってやる。

 

そして、この気持ちこそ「野心」というのだ、とそこで気付かされました。

 

野心という的確な言葉にして自分で理解する前にここまで受験やらボートやらをやってきたけど、北原さんの言葉できれいに説明されたんです。

 

自分にとって高い目標を掲げた受験も、ボートを選んで、正しいのか報われるのかはわからないけれど自分なりに必死に練習してこれたのも、

全部「野心」のおかげだったんだと。2,3年間の行動の源がはっきりした瞬間でした。ドキッとして、全身がチクチクした。

 

もし対岸の、あの赤い旗がなびく艇庫に僕が今いたなら、これほど必死になれなかったのかもしれない。「野心」という言葉に気づかなかったのかもしれない。

僕は慶應の端艇部でよかったんだ。そういう気持ちにさえさせてくれました。

 

だから、

 

野心を持って。今度こそ。

 

これが僕のボートをやる上での思いです。決意です。覚悟です。

 

 

 

にゃん〇スターより面白くない、こんなLIFEを読んでいただきありがとうございました。

 

131期は幸か不幸かキャラが濃い人間ばかりです。これからのLIFEリレーこうご期待!!

つぎは…女子高生に本気で熊に間違えられた王田くんです!

Valentine’sday

こんにちは!今シーズンストサイリーダーの宮嵜くんから紹介を受けました三輪です。二月の初旬に期末試験が終わりそれと同時に早慶戦合宿が始まり、早慶戦のクルー選考の20分を2発引き終わり現在は3週間にも及ぶクルー選考を含むタイムトライアルの真っ最中で艇庫のみんなにも疲れが見えてきました。
さてさて2月14日にはとても大切なイベントがありましたね!
そうです、Valentinedayです!!
みなさん当然もらいましたよね????
39A74991-55A6-400A-A1CB-F7FE7B8C6160こんなにかっこいい同期のA谷くんはもちろん、毎年家族からしかもらえない君も艇庫に来れば心優しいキュートな女子部員たちがチョコをくれますよ!
また、宮嵜くんが前回挙げていたように、同じ掃除場所の女の子がくれたりもするのでたくさんもらえます。
女子部の方々本当にありがとうございました!
とても美味しかったです!

次は遂に一年生です!!乞うご期待!!
FFAF5789-2BAF-40EE-B896-5BA9C6916206

« Older posts