LIFE

戸田での合宿生活&部員の素の姿をブログで紹介!練習のこと、仲間のこと、オフの出来事、etc

大乱闘スマッシュブラザーズ!

こんばんは。

4年の今村匠です。

ボート部としてこのブログを書くのも次でラストかな〜〜なんて感じで、引退をひしひしと感じています。

今回はまだラストじゃないので、ボート以外のことを書きます。

 

はい。ここからは完全に私事ですが、ゲームの腕前には多少自信があり、練習時間外ではゲームをしまくっています。体育会の部活はキツいイメージがありますが、ゲームをする時間は沢山あります。

(1.この時点でゲームが好きな人は入部確定ですね。

 

日々後輩たちと切磋琢磨することで、今では一般人に負けるなんて考えられないレベルになりました。てかもはやガチ勢です。体育会の部活でゲームまで強いとなると、もはや敵なし。部活とゲーム、アウトとインの両立は非常にカッコいいですね。

(2.この時点で非常にカッコよくなりたい人は入部確定ですね。

 

さて、ボート部のブログで少し遊んでしまいましたが、言いたいことはただ一つです。

「練習は沢山あるが、趣味に興じる時間も沢山ある」

ということです。キツい練習と趣味を両立し、将来あらゆる方面で役に立つ人間を輩出する。それが

“慶應義塾體育會端艇部”

であると私は考えています。

(3.この時点でこれを読んでいる人は入部確定ですね。私自身、これを書いていて胸を打たれました。

image

↑これは私が今乗っている、エイトという種目です。ゴリラ8人でゲーマー1人を運ぶ、非常にかっこいい種目です。私は練習中もグレーのパーカーを着ています。外気に晒されたくないので。私は1番手前のやつです。

ちなみに、この船は800万円ほどです。規模が違いますね。

 

 

ほんの少しだけボート部の宣伝になってしまいましたが、ゲーム強い人  (もしくはボートやりたい人)  来てください。

挑戦者求む!!

次の4年生のライフは、

主将!!  内田優志(うちだ まさし)くんです。

 

以上、失礼致します。

慶應義塾體育會端艇部4年 今村匠

 

暑い夏は苦手です

みなさん、こんにちは!

3年の安立です。  期末試験も終わり先週から夏休みになりました。学校の授業がないだけで余裕ができますね

先日、戸田の夏のお楽しみでもある戸田橋花火大会があり、同じ日に艇庫祭も開催されており賑やかで楽しい1日となりました!

ちびっ子達と遊んだりかき氷食べたりと童心にかえった気分でいいリフレッシュとなりました。

花火の際女子部で浴衣を着たのですが、両手で数え切れないほど女子部の人数が増えていて、1年生の頃先輩に言われた「強くなるにはまず人数を増やすことから」という言葉を思い出しました。

早慶レガッタからシーズンが始まり軽量級、東日本も終わりもうすぐインカレ。もう折り返し地点です。昔に比べると女子部も少しずつ強くなっていると信じています。

まずはインカレ、結果を残せるよう夏頑張っていきます。

次は……映画大好き磯貝君かな?

知的體育會

こんにちは。
4年の石渡が担当させていただきます。

今年の夏は非常に暑いですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

夏といえばビアガーデン、ということで、先日の東日本選手権終了後、新1年生を新たに迎え、新宿のアロハビアガーデンで商学部会を行いました。

私たちの代が入部した時のボート部の商学部は、全部で5人しかいなかったのですが、 ここ数年の新歓の成功もあって、今や総数20人を超える、部内の一大勢力に拡大しました。一つのフレームに写真を収めるのがやっとという感じですね。
そんな頼もしい後輩たちには、知的體育會(?)としてこれからも慶應ボート部の繁栄を築き上げていってくれると期待しています。

もし、来年以降入部を考えている人がこのLIFEを見ていたら、今後もこの先輩たちがおいしいご飯に連れて行ってくれると思うので、乞うご期待!

(1年の時)
LINE_P20170801_12132508

(現在)

IMG_4564

IMG_4567

ハイライトはげんた君のバーピーでした。これからも山中湖合宿の思い出をバネに頑張ってネ!

IMG_4563

 

さて、4年生になってからというもの、就活、期末試験と、怒涛の日々を過ごしてまいりました。気づけば残り3ヶ月。

私事ながら、入部して以来初めて怪我をしてしまい、シーズンの最も大事な時期に逆境に立たされておりますが、1年の時のフレッシュな気持ちに立ち返り、悔いのないようラストを迎えられるよう身を引き締めて練習に取り組む所存です。

IMG_0034

(1年の時の山中湖合宿)

次のLIFEが誰になるかわかりませんが、次回もお楽しみに。

 

p.s
全く話は変わりますが、最近行ってみたいと思っているのが、先月オープンした池袋Esolaの梟書茶房というカフェです。

ドラマ「地味にスゴイ!」の校閲監修も務め、石原さとみ演じる河野悦子のモデルともいわれる、かもめブックスの柳下氏と、ドトールコーヒー取締役の菅野氏がコラボした、最近流行りの本屋カフェのようです。

TSUTAYAカフェと違うところとしては、
1000冊の選び抜かれた本、一つ一つが袋とじされ、作品名、作者がわからない状態になっており、思わず手に取りたくなる本の魅力が表紙に書かれているようです。またその本を読んでどう思ったかで、次のオススメの本が紹介される仕組みになっているようです。

気になった方がいたら、本の世界へ足を運んでみてはいかがでしょうか?

以上、したっ。

IMG_4680

#SFC会

ライフをご覧の皆様、こんにちは。
3年の渥美です!安立の登場を心待ちにされていた方、すみません。どうしても話したい、楽しいことがあったので忘れる前に書きたくて、書いてしまいました…
こういうのはスピードが大事ですからね!お許しください。

さて、急ですが、私は艇庫でも希少性が高く、慶應の花形学部といっても過言ではないSFCに通っています!ボートで言えばエイトのような圧倒的な存在感ですね!
そんなSFC生は100人いる艇庫の中にたった5人しかいません…
たった5人なのでメンバー紹介をします
4年生であり、副将NAOTOさん
IMG_0954
同じく4年生のバルトさん
IMG_0957
そして私の同期なのに2年生の辻井くん
IMG_0955
こんな風にガン飛ばしてるから原級するんですね。
皆さん気をつけましょう。
そして可愛い可愛い(?)1年の永田くん
IMG_0956
とっても賑やかそうですね!

そんな可愛い可愛い永田くんからのリクエストにより、艇庫の皆さんがテストでえぐっている中、開催されたのが、優秀なSFC生によるSFC生のためのSFC会です!いえーい!SFC万歳!(^^)
SFCはテスト期間などなんのその。常日頃より授業に赴き、教授とコミュニケーションを取っているので、テスト前に慌てふためくなどという粗末な行為はしないのです(๑˃̵ᴗ˂̵)

サムギョプサルの予定が何の変哲も無い焼肉になろうと、楽しければいいんです。
副将である直人さんから参考になるお話も聞けて、美味しい焼肉も戴けて控えめに言って最高でした♡
どんなお話かって、?もちろん、ボートの話に決まってるじゃ無いですか〜(゚∀゚)察してください。笑

とっても仲良しです♡
IMG_0949
あれ?6人いるぞ?!と思った方、鋭い洞察力ですね。笑

実を言うと私たちSFC生は、バルトさんを除いてAO入学なのです。ボートを続けたい!または初めてだけどやってみたい!と思う方はぜひ慶應端艇部にご連絡を!AO入試のお手伝い致します。
優しい先輩と、美味しいご飯が君を待ってます!
長文、駄文にお付き合い頂きありがとうございました。

次は私が飛ばしてしまった安立か、
私の次の担当、129期みんなの磯貝くんか、
どちらが先に投稿するか、お楽しみに!(^^)

気づいたこと・気づくべきこと

おはようございます!
慶應義塾體育會端艇部副務、関東漕艇学生連盟理事長を務めております、伊澤と申します。

前回のLIFEにおいて、日常の“あたりまえ”は、様々な人の見えない努力によって成り立っているということを書きました。今回は「気づいたこと・気づくべきこと」をテーマとしており、漕手からマネージャーになって気づいたことを中心に、日頃私が考えていることを書かせていただきます。

“気づく”とは…
き-づ・く【気付く】は2通りの意味があり、以下の通りです。(参照:デジタル大辞林)
1.それまでに気にとめていなかったところに注意が向いて、物事の存在や状態を知る。気がつく。
2.意識を取り戻す。正気に戻る。気がつく。
今回のテーマにおける“気づく”は、前者の意味で内容を進めさせていただきます。

では、本題に入ります。
マネージャーになってまず気づいたことは、漕手時代の自分の無知さです。
部の運営、大会の準備・運営を通して、何も考えずにひたすら漕いでいた過去の自分に後悔しました。一方で、なんとなく練習し、大会に出ていた側から、部や大会を運営する側に回ったことで、歴代の人々が部や大会に積み重ねてきた努力に気づくことができました。この“気づき”により、“あたりまえ”の実現の難しさや見えない努力の存在に気がつき、漕手時代に“あたりまえ”の環境を与えてくれていたボート関係者、OBの方々、マネージャーの方々などにより一層の感謝の気持ちを抱けるようになりました。

今、各々が生きている時間・環境は、誰かの支えによってできているのです。

だからこそ、今自分がおかれている環境に日々感謝し、自分にできることを精一杯行うべきだと思います。
一方で、「隣の芝生は青い」という言葉でもあるように、何でも他人のものはよく見えるものです。これに対しても、常に上を目指しつつ、己の環境に感謝して生きていくべきなのではないか、と考えるべきだと思います。

長くなりましたが、言いたかったことを要約すると…

自らの環境を当然とは思わないで、環境に感謝をすることで、考え方も変わるであろう

ということです。

もしLIFEを見ている受験生がおりましたら、是非一度自分がどれだけ周りの人に支えられているか、考えてみてください。心にゆとりが生まれるかもしれません!

重たい話だけだと寂しいので、最近のマイブームを少しだけ載せておきます。
最近、Pitbullと米津玄師のミュージックビデオをよく見ています。彼らの動画は独特な世界観、こだわりや一貫性があふれてて飽きないのでおすすめです。
特に、映画で使われていた「NANIMONO(feat.米津玄師)」(『何者』)や「Hey Ma ft Camila Cabello」(『The Fate of the Furious』)は、映画も合わせて見ると曲もさらに好きになると思うのでおすすめです!

では、最後に、朝比奈くんの誕生日の時に撮影した写真を!
マネージャー集合写真1
いい笑顔です。

明日、7月23日(日)は、戸田ボートコースにて東日本夏季競漕大会が行われます。未来の塾端艇部を引っ張る一年生たちからも何名か出漕致しますので、是非戸田へ足をお運びください。

また、受験生の方々は、暑い夏が始まりますが志望校に向けて頑張ってください!入学後は、端艇部員として、慶應義塾體育會端艇部を強いチームにしましょう!

長く、読みづらい文章で大変恐縮ですが、少しでも多くの方が理解しようと試みてくださるとうれしいです。

次は…誰かな?

体脂肪率:軽度肥満✔️

みなさん、こんにちは。
そして更新が遅くなってしまいまして申し訳ございません。
外嗣さんから何回も催促を受けやっと更新します、3年の朝比奈です。(本当にごめんなさい)

突然ですが、僕太りました。
一部の方にはすでにご指摘を受けておりますが本当に太りました。

「うるせーよ、もともとデブだろ」

こういった意見もあると思うのですが、ここ2ヶ月で今までより急激にたるみました。
階段を軽やかにステップして降りると、今まで揺れたことのない背中の肉が揺れるんです。
空を見上げたりすると、後頭部の肉で前より上向けなくて空が狭く思えるんです。

原因としては、いろいろ考えられます。

まず一番の要因は運動不足です。
これはもう分かりきったことなので、運動すればいいだけです。

問題はもう一つの方です。
マネ部屋には片山雄介さんという方がいらっしゃいます。この方がとてもいい方でして、僕がマネージャーになりたての時期に何もしていない僕にたくさんのご褒美をくれました。

金曜のオフにはよく二郎をご馳走していただきました。
外に用事で出た時は、必ずビックマックをご馳走してくれます。
オフの次の日には謎に家から芋けんぴを持ってきてくれます。
机の下から大量のカントリーマアムを僕のために取り出してくださいます。

ほんとうにやさしい!!

僕が最近太ったのは、この慈悲深いお方の愛情が時間差で僕の体に現れたのだと確信しております。

おかげさまで、漕手時代のスコア(体重67キロ、体脂肪13パーセント)から前回のインボディ測定では

体重:70,2キログラム
体脂肪:18,1パーセント

という結果をいただくことができました!日進月歩!ありがたい!!

また余談ですが、マネ部屋のもう一人の聖人、伊澤さんの愛ある肩パンによって右腕の筋繊維のみ破壊され続けたため、
左腕に対して右腕の筋肉量が多過ぎるという、なんとも気持ち悪いインボディ結果を出せました!これまたありがたい!!

このようにいろいろな方の慈悲深い御心により、朝比奈少年はすくすくと太っていきました。

しかし、このまま甘え続けると、歯止めがきかず80キロを誇った高校時代に戻る気がするので、やっぱり痩せることにしました。

なので、この場を借りて宣言させていただきます。

夏休み終わるまでに

体脂肪:15パーセント
体重:68キログラム

まで、戻すようにいたします。

褒められて伸びるタイプなので、ぜひ皆さん褒めてください。
できなかったら、何やるとかそういうのはやめておきましょう。やると決めたらやるんです。

次回ライフでご報告できることを楽しみにしています。
どうでもいいことをつらつらと書いてしまい申し訳ございませんでした。

次は安立!
お願いします!!

水上運動会

みなさんこんにちは。全てがうまくいっている福原くんから紹介を受けた堀優作です。先日福原くんのLINEの履歴を見たところ、彼女さんからの通知が来てて、見てはいけないものを見てしまいました。(不可抗力なので仕方がないです…)ごめんね、福原。
そんなことはさておき、7月9日に水上運動会が開催されました!当日は天気に恵まれ、逆に暑すぎるほどでした。僕は補助COXという役割で、ほとんどずっと船に乗っていました。日焼けしすぎて今も肌が痛い…
それでも、運営側の僕でもとても楽しむことができました!
特に印象に残っているのは小学生レースです。JくんとKちゃんとSくんと後輩の王田と同じ船に乗りました。予選を順調に勝ち続け、いよいよ決勝が始まると、僕たちの船は他の船に大きな差をつけ1位でゴール!…かと思いきや、残り100メートルくらいで失速して2位でゴール。王田本気出せよ…
まあ、みんな楽しそうでよかったです。この子たちは来年も来て、リベンジすると誓ってくれました。頑張れ!
ベストショットがこちら。
IMG_1807
すごく楽しい水上運動会でした!ありがとうございました!
来年も水上運動会はあるので、今年参加した方も参加してない方も来てください!
それでは今回はこの辺で。
次は自称タイとフィリピンのハーフの堀江くんです!

ドラフト

こんにちは。2年の福原涼介です。
私事ですが風邪を引いてしまい1週間ほど寝込んでいたためライフをかくことができませんでした。そのため僕の尊敬する浅倉さんが書いてくれましたのですが、あんなに素晴らしい文章の後なので緊張しています……。ライフの更新をお待ちのみなさん、クルーのみんな、申し訳ありませんでした。
艇庫では風邪が大流行です、季節の変わり目なのでみなさん気をつけましょう。

今回僕が書くのは掃除場所についてです。この前の日曜日、掃除ドラフトがあり2年生の掃除場所が決まりました。
僕たちが暮らしている艇庫には13の掃除場所があり毎日15分の掃除をしています。入寮してから1年間はローテーションで毎日違うところを掃除するのですが、2年生になると3年の先輩による“ドラフト”があり掃除場所が決まります。その結果、僕はホール掃除に決まりました!!

ホール掃除は一番人数が多くわいわいとした雰囲気で、しかも冷暖房完備、さらにはテレビもあるという最高の掃除場所です。入部を考えている方おすすめですよ!
ホール掃除の先輩方、ホール会したいですおねがいします!

最後に、ホール掃除のメンバーの写真で締めくくらせていただきます。

hall_souzi

次回こそ最近部活私生活ともに好調の堀くんです、どうぞ!

真面目に書きます

こんにちは。4年の浅倉です。
福原に代わってライフを書かせていただきます。
今までふざけたライフしか書いてきませんでしたが、4年ということもあり流石に真面目なことを書いた方がいんじゃないかと思ったので、今回は真面目に書きます。

現在、慶應ボート部は女子栄養大学の上西研究室の方々に栄養面でのサポートをしていただいています。
上西研究室の学生たちは何チームかに分かれており、僕らが直接的にお世話なっている学生たちは慶應のボート部担当ということで毎月のインボディ測定(体組成計を使って選手の筋肉量や脂肪量などを測定)や食事メニューの提供を行っています。

僕はボート部の食事を担当しているということもあり、女子栄養大の学生や上西先生と関わる機会が多いのですが、先日上西先生との会話の中で僕らにとって非常に大事なことをおっしゃっていたのでこの場で共有させていただきます。

その前にまず食事のメニューの作成から提供までの一連の流れについて触れたいと思います。
女子栄養大の学生はボート選手に必要な栄養素を調べ、またインボディ測定後のアンケート調査から普段の食事で足りていない栄養素を分析することで僕らの食事のメニューに必要な栄養素を決めます。
そして与えられたテーマに沿って学生各々が自分で考えたメニューを持ち込み、実際に作ってみて皆で試食をおこない、どのメニューが選手に美味しく食べてもらえるか決めます。
メニューの案が決まったら実際に艇庫の厨房で調理をおこない選手に食べてもらうことで、調理の方法を見直したり、また選手に感想を聞いてそれをメニューに反映させたりして、ようやく1つのメニューが完成します。
ボート部は毎年5つのメニューを提案していただいているので、つまりこの一連の流れを計5回行います。

ここまで読めば分かると思いますが、このような食事のメニュー提供は1〜2週間で終わるようなものでは決してなく、非常に長い時間と労力をかけて行っていると容易に想像がつきます。
メニュー作成の話を受け、女子栄養大の方々に多大な負担をかけていることを知りました。
そこで上西先生に申し訳ない気持ちを伝えたところ、先生はこのようにおっしゃっていました。

「彼女たちは慶應大学ボート部の学生をサポートしたいという想いのもと集まっています。ですので、そのように申し訳なく思う必要は全くなく、むしろこれからもより多くのサポートをしていきたいと皆が思っています。」

大学生は各々が自分のやりたいことに打ち込み、または何もせず日々を過ごすわけですが、数ある選択肢の中で彼女たちはボート部を栄養面でサポートしたいという選択肢を選びました。
僕にはなぜそこまでして赤の他人をサポートしたいのか分からないのですが、ただ1つ言えることは自分たちが栄養面でサポートすることで日々練習を頑張っているボート部の人たちを応援したいという思いがあるからだと思います。

選手は今、夏の試合に向けて日々全力で練習に取り組んでいます。
モチベーションは選手それぞれだと思いますが、今回のライフを読んでまずは彼女たちに感謝をし、彼女たちの想いを胸にさらに練習に励もうと思っていただければ幸いです。

僕自身も残り引退まで数ヶ月しかありませんが、彼女たちの姿勢を見習い今まで以上に選手を全力でサポートしていきたいと思います。

以上長文失礼いたしました。

次の投稿は誰になるか見てからのお楽しみです。

玉ねぎ

軽量級オフ

こんにちは。2年の長谷川侑香と申します。ゴリに順番を飛ばされましたが、堀君の前にライフを書きたいと思います。

少し自己紹介させて頂くと、県立大宮高校出身でボート部に所属していました。舟橋さん、小豆澤さん、池田さんの後輩です。

先日、5月26日から全日本軽量級選手権大会が行われました。その後のオフについて書かせて頂きます。
めったにない2日続けてのオフを活用し、みんな約10日ぶりのオフを楽しんでいたようです。オフの活用方法は人それぞれですが、私は大体のオフを美味しいものを食べに行くことに費やしてしまいます。軽量級のオフも目白にあるお店まで食べに行きました。今からの季節、食べたくなるかき氷です。大行列ができる夏になる前に行ってきました。こちらです。

_20170531_225614
小さいころ屋台で食べたかき氷とはまったく違って、とても美味しかったです。

ボートとは全然関係ない話になってしまいました。
最後に、軽量級の日なしペアで銀メダルを取った新井君を中心に撮った同期写真でしめさせて頂きます。

1496068085904

次は、上の同期写真に唯一写れなかった福原君です。

« Older posts