LIFE

戸田での合宿生活&部員の素の姿をブログで紹介!練習のこと、仲間のこと、オフの出来事、etc

自分なりの答え

 

 

 

 

こんにちは。端艇部128期、商学部4年の小坂哲生です。北原君はいつの間にか129期になっていたようですが、これはもしかしたらシャイな彼なりの現役続行の意思表示なのでしょうか?(笑)

まあそんなことははさておいて、とうとう最後のLIFEになってしまいました。僕はあまり文章を書くのが得意ではない上に、最後にして初めて真面目にLIFEを更新しようと考えているので、どうか多少のミスは温かく見守っていただけると幸いです。

自分でもこの4年間色々あったなあと振り返っていて思います。入学当初の体重が90kgを越えていた時期に始まり、秋には、シングルに乗って圧倒的なビリレースを高橋と繰り広げ、下手過ぎてシングルから降ろされるという珍事?を起こした事もありました。他にも怪我をして大部屋の隅っこで小さく存在感を消してずっと漫画を読んでいた時もありました。そんなこんなで時間は流れ、気付いたらもう引退間際になってました。

正直ラストLIFEでは4年間の振り返りをすればいいと思っていたのですが、前回の全体ミーティングの宍戸さんのお話を聞いて、少し気が変わり別の事を書きたいと思います。それは自分なりに4年間かけて考えてきた事で、この端艇部のもっと良くなるとおもうポイントであり、自分が全く実践できなかった事です。

急ですが、努力しているってどういう時だと思いますか。それ自体は人によって様々だと思います。エルゴ引いてる時、ウェイトしている時、艇に乗っている時、野球部なら素振りしている時、バスケ部ならシュート練習をしている時でしょうか。

スポーツを続けていると、自分もずっと感じていた事が起こります。なんで、こんなに努力しているのに、きつい練習を毎日しているのに成長できないんだ。なんで勝てないんだ。本当に絶望したくなる時もありますよね。あんなに毎日河練習で漕ぎまくって、努力していたのになんでなんだ。おかしいだろってボートを大嫌いになった時もありました。

でも8月の奥只見湖合宿明けに、家でゴロゴロしている時にふとある言葉を見つけました。

「努力は必ず報われる。

もし報われない努力があるのならば、

それは努力とは呼べない。」   日本のプロ野球選手の王貞治さんの名言です。

今まで、ボート技術が成長しないのは、自分が向いてないからで仕方がない事だし、こんなに練習しても勝てないのはきっともっと向いてる人たちを相手にしているからだろうと思っていました。

でも、この言葉を見た時、自分がしてきた物はそもそも努力と呼べるのか?という所に気が付きました。確かにどんな時も力いっぱい出力してきたし、集中力がなくなっても頑張ってきました。しかしそれは努力なのか?自分の課題に対しての最善の方法だったのかと考えると、全く違いました。

その時の僕なりの答えはこうです。

努力する事≠頑張る事

努力する事=何かを向上させることです。

だから、努力しているのに成長できないとか、誰よりも努力しているのに勝てないという事はないです。成長が出来ないのはただ頑張っているだけであり、それは努力ではなくむやみに練習をしているだけだからです。勿論体格の差や向き不向きはあると思いますし、僕たちが世界レベルの選手にと言われたら、違うと思いますが、インカレや全日本レベルなら勝てないのだって、単純に努力不足と考えられると思います。だからこれを読んだ後輩にはもしよければ考えながら練習に取り組んでほしいです。それは、何も考えずに長い距離をこなすのでも、エルゴをひたすらガンガンやるのでもなく、与えられた事に従うのでもなく、自分に必要な事を選ぶことです。最後の最後まで、気付きませんでしたが、コーチの方は思ったよりも優しく、考えてることを伝えると尊重してくれるはずです。これをやっても意味がないと考えながらやっても、それは実にならないし、努力しているとも呼べません。だから、むやみにエネルギーを使うくらいなら、今日何が向上できるのかとか、何を武器にすれば自分は他人に勝てるのかとか考えていた方がいいと思います。

こんな当然の事に、小学1年生の頃からスポーツを始めて、最後の最後にして気付きました。もっと早く気付いていれば、ボートにおいても、高校までのバスケにおいてももう少し違ったのかなとか後悔していたりします。

私の様な若輩者が、上から目線な文章な上に、乱文失礼致しました。しかし、自分なりに端艇部に関わってきて、最もこの部分が欠けていると感じた部分であり、自分自身出来なかった部分を伝えようとした結果ですのでどうかお許しください。

最後になりますが、今まで端艇部だけでなく、自分の人生を支えてきてくださった方々本当にありがとうございました。色々な方々のお世話になったのに短い文章になってしまい申し訳ありません。今までの人生は後悔ばかりのでしたが、一人ではこんなに幸せな人生にはできませんでした。この気持ちを集大成としての全日本選手権で見せられればと思います。

以上、何かカッコつけた文章になりましたが、大して中身は成長していないのでどうかこれからもよろしくお願い致します。

次は、高校以来7年間の付き合いの笹岡君です!!感動のラストLIFEを期待しているね(笑)

 

なまか

 

 

 

皆さんこんにちは。129期の北原です。

今回は、極厚で熱盛な、GOKUATSUMORI LIFEをお届けしたいと思います。

LAST LIFE。。。何を書こうか結構悩みました。悩んだんですがあまりいい案が思い浮かばなかったので奇をてらうのはやめました。

僕が今から書くのは何の変哲もないつまらない典型的なLAST LIFE。端艇部での4年間で得たものについてつらつらと書いちゃう系LIFEで大変退屈かとは思いますが、どうかお付き合いいただければ幸いです。

僕が艇庫入りしたのは、2014年4月2日でした。入学式の次の日でした。

なぜこんなにも早く入ったのかというと、僕の記憶が正しければ当時マネージャーであった宮本俊平さんから「YOUいつ艇庫入るの?どうせ入るなら早く入っちゃいなYO!」的な勧誘LINEを頂き、若かりし頃頭の悪かった僕はノリで「はい!できるだけ早く入ります!」と返事したのがきっかけだったと思います。

この早期合宿入りに関してはそこそこ後悔しております。完全に生き急ぎました。笑

これを読んでくれている高校生諸君!

かの有名なシェイクスピアも言いました。人生は選択の連続です。物事はもっと慎重に決めようね☆

とまあ、冗談はさておき、この2014年4月2日から本日2017年10月16日に至るまで実に1294日間の端艇部生活。

僕は色々なことを経験し、色々なものを得ることが出来たと思います。本当ならここに得たもの一つ一つについて詳細に書きたいです。しかし、そんなことをすると広辞苑並みのボリュームになってしまうので、今回はその中で最も得られて良かった思えるあるひとつのものについて書こうと思います。

そう!それは!ズバリ!女!!!!!おんなああぁぁ!!!!です!笑笑笑

端艇部に入って僕は本当に女の子にモテるようになりました!端艇部最高ー!端艇部ばんざーい!

……………

はい。したっ。

とまあ、冗談はさておき(10行ぶり2回目)、僕が得た最も大切なものそれは「仲間」です。

月並みな言い方にはなりますが、日本一を目指して同じ釜の飯を食い、苦楽を共にし、一緒にバカやってきた端艇部の仲間は本当に兄弟みたいなもんだなんだなあって最近になってしみじみ思います。

とにかくねんむいアップ、お世辞にも楽しいとは言えない練習、だらだら大部屋ストレッチタイム、風呂での裸の付き合い、和気藹々なご飯タイムなどなど、思い返すと艇庫生活ではどのフェーズにも誰かしらが近くにいました。

そんなプライバシーもくそもない環境が嫌で、「家帰りてえ、艇庫抜け出してえ」って1,000,000回くらい思ったと思います。

ですが、引退間際、この段階になってようやく気が付きました。

ここまで人と密に、真摯に関わりあいながら、何かに集中できる経験って実はものすごく貴重で素晴らしい経験なんだ、と。

現役の諸君、一人で自由気ままに生活することは大人になったらいくらでも出来ます。しかし同じ志を持った仲間とこんなにも近い距離で関係を築きながら、大きな目標に挑戦できるなんてこの4年間が最初で最後です。大いに楽しんでください。ただでさえボートの練習は地味で辛いです。艇庫での生活が楽しめなければ、何も楽しいことがなくなって、それはもうただの地獄(HELL)じゃないですか、って感じです。ちなみにこれはあくまで個人的な意見ですが、艇庫生活が楽しめれば練習の方も少しは楽しくなってくると思います。そういうもんな気がします。

最後に…

親愛なるお世話になった先輩方、お世話してやった後輩方(笑)、そして最&高な同期のみんな、本当に楽しかったです。端艇部を通じて出会えたみんなは間違いなく僕の人生で一番の財産です。心から言えます。ありがとうございました。

そして、その今まで関わった全ての人たちをハッピーに笑顔にするために全日本選手権勝ちたいと思います。

以上で僕のLAST LIFEとさせていただきます。

基本ふざけて、ちょいちょい真面目な部分をはさむ。まるで僕の端艇部生活を象徴するようなLIFEになったかなと思います。

次に書いてくれるのは、小坂哲生君です。よろしく~。

P.S. こんなに真面目なこと書けるなんて北原君見直したわ!ステキ!是非一度ご飯でもご一緒したいわ!とお思いの全国の女子の皆様、ページ右上のCONTACTをクリックすればお問い合わせフォームに飛びますのでドシドシご応募ください。ワンチャンあります。お待ちしております。

あんま書くことなくない???うぉううぉう

 

 

 

 

 

こんにちは。慶應義塾體育會端艇部128期三田漕マネの片山です。僕にもこんなかっこいい肩書があるんです。

なんかみんなのライフを見てるととんでもない量を書いてて本気でドン引いてます。あと2週間で引退だと思うと何とも言えない気持ちになりますなあ(T_T)(T_T)(T_T)(T_T)(T_T)(T_T)

今回は、ライフ係のがいしくんに怒られる気がするので、文章書くのへたくそだけど量だけは頑張って書きます。

 

それでは、僕の4年間振り返ってみます。

僕はみんなと違って春からボート部ではなくて、競走部に入ってました。この前その同期が箱根の予選会に出てて少しうらやましかったのは秘密です。

その後は、いわゆるテニサーと呼ばれるところに入って「ウパウパ」してました。

そんな生活が何となく嫌になって、やっぱ部活やろうと思っていたら、高校の同級生でパリピである笹岡君に勧誘されてボート部に入りました。

最初の練習が米澤さんとおっくんと一緒で、バーピー300回をやらされてその日は大号泣したのだけは覚えています。なんだよこの部活頭おかしいのかな??って1日目で思いましたね。そんな僕も試合に出ればこんなにかっこよく漕いでました。異論は受け付けません。あらぶる

そんな2年生の10月にマネージャーになりました。選手をやめてマネージャーになるので普通は悔しさで泣いてしまうと思うのですが、僕は意外とそうでもなくて、悔しさがありながらも結構面白い経験ができるんじゃね??くらいに思ってました。

ところが、コースビデオや河練や食事作りは何回やっても面倒くさいし全く楽しくないし、先輩やOBの方に怒られたり迷惑もかけました。三田漕の仕事も、序盤は年会費は例年より集まらないし、総会、決算は準備が大変でオフの日に艇庫に来て仕事もしました。それでも、どうにか形にできたのは社会人のOBの方々や先輩同期後輩マネージャーがいたからこそだと思います。特に社会人の方と多く関わらせて頂いたことは、本当に貴重な経験でした。ありがとうございました。

 

つまりいい経験ができたってことです。まじめな話も書こうと思えばかけるけど、やっぱりこの辺で。もう端艇部でやり残した事もだいぶ減りました。あとは選手のみんなが全日本で頑張ってるのを見るのと、食事づくりをクビにした浅倉に逆襲するくらいです。

宇津木と一緒に反撃するから覚えとけよ!!!!

 

まあ0.03mmくらいの内容が書けたのでこの辺で、極厚の内容は公約通り、漢KEIGO君が書いてくれます!

よろぴく~~

 

さいご。

 

 

 

 

どうもこんにちは。端艇部128期平部員の奥山です。

 

今村からラストライフリレーを引き継ぐと思ったら、突然の幹部二名の割り込みに遭い急激なハードルの高まりを感じております。困ったな。悩んでもしょうがないのでいつものように徒然なるままに書いていこうと思います。

さて、志木高端艇部の頃から数えて七年、長かったボート部員としての生活もようやく終わりの時が迫っております。七年間を通して振り返ると、前と比べ本当にいろいろと変化していった艇庫生活だなと感じております。その中でも特に艇庫にいる時間がより濃くなった大学四年間は有形無形問わず変化をより如実に感じた気がします。今回はその中の一部を紹介したいと思います。

 

まずなにより変わったのは食事です。ラストライフを書くにあたってカメラロールを漁っていたときにまず目に飛び込んできた一枚がこれでした。

S_6843425485756

もうなんだかわからないかもしれませんがこれはカレーです。汁物ではないです。当時これを四年間食べるのかという絶望感からとった一枚だった気がします。壮絶ですね。それが今では、女子栄養大からのメニュー指導とマネージャー方々の努力の甲斐あって

S_6843409350946

こうなりました。圧巻ですね。これには副将の直人君もニッコリ。

S_6843409313330

また、朝食も野菜炒めからおにぎりに変わり、以前より練習前に朝食をとる人が増えました。

体が資本となるアスリートにとって食事は最も大切な部分。毎日の食事がおいしいこと、三食食べることによって練習へのモチベーション、パフォーマンスが変わるというものです。感謝ですね。

 

二年前には艇庫の改装があり、大部屋、新生コックス部屋、そしてフロンティアルームができました。

S_6843420874276

大部屋改装前

S_6844530126698

大部屋改装後

S_6844530097305

新生コックス部屋

 

大部屋にはロッカールームが新設され、更衣と荷物の保管が楽になりました。多分。

また、私自身改装には関与してはおりませんが、環境大臣として艇庫生活がよりよいものになれるよう微力を尽くしまいりました。今後もより現役部員が住みよい艇庫になっていってくれたらいいなと切に願います。

 

端艇部という組織も大きな変化がありました。そも、私が大学に入部する前の端艇部のイメージと入った後のイメージは180°違うといっていいほど変わっていました。当時主将だった山本さんの下、雰囲気から何からすべて勝つことに向けより貪欲になっていったように感じました。そんな変化の起こった境目である年に入部できたのは今思えば非常にラッキーだったと思います。

そこからも毎年、勝つために、組織が前に進むために様々な変化がありました。あまりに多いのでここには書ききれないので記しませんが、よりよい方向へ向け変わっていったことだけは確かだと明記しておきます。

 

様々な変化を紹介しましたが、その中でも変わらなかったものもあります。

例えば練習前の体操。ウォーミングアップの手順はいろいろ変わっていきましたが、これだけは四年間欠かさずやってまいりました。割と伝統的で古くからある体操らしいのですが、運動前の動的ストレッチはパフォーマンス向上に有効であり、先人たちはそのことをわかってやっていたのでしょうか。すごいですね(小並感)。

慶應端艇部128年の長い歴史の中で培われた伝統は多く存在します。一見何の意味もないように感じるものも多くありますが、一つ一つが意味を持っているからこそ淘汰されずに残ったのでしょう。必要なものは大事にしてください。

 

長々と過去から現在までの変化を書いてきましたが、次は自身が思う端艇部の未来の変化について書きたいと思います。組織が今後前に進んでいくためには様々な変化が必要になると思います。故きを温ねて新しきを知るもよし、あるいはまったく新しい道を突き進むのもよし、後輩たちには勝つために最善を尽くしてほしいです。そのなかでも変化するときに、時流に合った形態を維持すること、これが当たり前かもしれませんが一番大切だと私は考えます。過去の成功、メソッドに固執しすぎず、部員のニーズ、周囲の変化に対応し変化し続けることができれば、きっと今より強い端艇部になれるのではないでしょうか。頑張ってください。

 

なんだか最後まで雑な文章ですね笑 文才もないの書き溜めもしないでぶっつけでライフを書くとこうなります。後輩諸君、備えよう。

そろそろ書くこともなくなってきたので最後に自分のことを少し書いて終わりにしたいと思います。四年前、高校で出し切れなかった何かを求め大学でもボートを続けることを決めました。やめたくなったこともありましたし、迷走した時期もありましたが、本気で日本一を目指す同期、先輩後輩に恵まれ非常に充実した四年間を過ごすことができました。その集大成として今月末、七年間のすべてを表現できるよう、そして願わくば笑顔で最後を迎えられるよう頑張っていきたいと思います。応援のほどよろしくお願いいたします。

S_6843432541022

 

以上!奥山清弘のラストライフでした。長々と書きましたが最後まで読んでいただきありがとうございました!

したっ!

次は同じ経済学部生であり、私の迷走期を共に駆け抜けた片山君です。

 

 

 

 

4年間

 

 

 
こんにちは。
端艇部128期主務の宇津木です。

今思えば、収穫祭の入場門を一緒に作ったり、同じ背なのにめっちゃエルゴ回してたりしたまさし君と一緒に漕ぎたい!と思ったのも入部のきっかけでした。

では最後のライフなので、自分が今までどう感じて、どう考えてボート部と向き合ってきたのか書こうと思います。

自分の4年間を振り返るとほとんどつらいことだらけでした。

高校バスケで試合に出れず、大学では対校エイトを目標に再挑戦だ!
と思ったのにマネージャーに指名され、、
(励ましてくれた先輩方と同期のみんなには本当に感謝してもしきれないです。)

また、自分の自信作だったご飯がまずいとホールで話題になっていたり、、、単純に料理が下手なだけですが

ミスしてしまったり怒られたり、そんなことは山ほどあります。
その分、嬉しかった時は本当にうれしかったです。

遠漕を無事にできたこと

勝敗は別として早慶レガッタを無事に開催できたこと(後から振り返ってですが)

試合に勝って同期と喜ぶ時
その満たされたような感情、今までの積み重ねの成果が表れた時。
自分のすべてをかけた勝負をしていたからこそ、それまでの自分すべてを認め、包み込むような気持ちになります。

あの時、監督がマネージャーに選んでくれたから、失敗したからこそ、今の大きくなった自分がいる。
そう思うとこれまであった自分のすべて、関わった人、物、環境、今までの歴史を作ってきてくださった先人方、すべてに感謝したくなります。

特に端艇部でたくさんの人と出会い本当に良い経験をさせて頂きました。
無償の愛を提供してくださり、人とのつながりの尊さを学びました。
すべての方が見ているかは分かりませんが、この場をお借りしてお礼致します。
ありがとうございました。いつか恩返しします。

早慶レガッタを見たお客さんから「ボートは美しい」と何度かおっしゃっていただきました。
みんなはいつも漕いでいるからあまり分からないかもしれませんが、ボート競技は本当に魅力に溢れていると思います。
ずっと同じ動きを何本、何モーション、何か月もやり続けても勝負は数分だけ。
長い月日が一瞬の輝きとなる瞬間
すべての人の思いを乗せて水面を滑るように進んでいく
キャッチした時の水のきらめき、洗練された動きは本当に美しい。
みんなには誇りを持って全日本に挑んでもらいたいです。

偉そうに言ってしまいましたが感傷に浸ってばかりいられません。
勝つことが最大の恩返しなので、次の全日本まで僕はやるべきことを全力でやります。
勝ってまた一緒に喜びましょう。

同期

次は志木高ということで陰ながらいつも親近感を抱いてるおっくんです。

宇津木琢哉

上手くいくこといかないこと

 

 

 

 

こんにちは、128期主将の内田優志です。
前回のライフはお休みしてしまい申し訳ありませんでした。
本当のラストライフは引退直後に書く予定ですが、今回がラストライフのつもりで頑張って書きます。
今村君が努力について書いていましたが、いかに彼が努力をしてきのかがわかる素晴らしいライフでしたネ。

さて、僕のラストは少しばかり自分の考えを書こうと思います。
いきなりですが、皆さんは今までの人生にどのような想いをいだいているでしょうか?
僕はボートを7年間やってきましたが、夢だったインカレでの金メダルや早慶戦6連覇を達成することができませんでした。そしてキャプテンとして勝どきを揚げ、部を盛り上げることが出来なかったことが何より悔しいです。(全日本では必ず勝ちますが)
人生で何か成し遂げたいと思ったとき、その結果がたまに上手くいくこともありますが、上手くいかないことがほとんどだと思います。
上手くいく時といかない時の差は何なのか、これがわかれば人生に苦労することはないではないかと思ってしまいますが、おそらくそれをわかっている人はこの世にあまりいないでしょう。
そんなことをぼんやり考えていた時、僕の趣味である将棋の動画を見ていたら、将棋界の巨匠=羽生善治さんの考え方を見つけました。

habu

そこではこんなことが言われていました。プロ棋士は将棋というゲームにおいて、「3手の読み」と「大局観」によって良い手を選び、決断をして勝利を目指していると。
将棋というゲームは、相手の玉を先に詰ます(先に玉を捕まえる)ことが出来れば勝ち、出来なければ負けという玉の人生を懸けたゲームです。相手の玉を詰ますために相手と交代で一手ずつ駒を動かしていくわけですが、どのような考えに基づいて駒を動かしていけばいいのかこれが難しさでもあり醍醐味でもあります。
しかし、艇庫の住民の皆さんは将棋について興味があまりないようなので、この「3手の読み」と「大局観」についてボートを例にとって説明します。

heavy rainorergo

「3手の読み」というのは、いくつかの選択肢が与えられた時にAをすることによってどのような変化が得られるかをわかりやすく考える方法です。
例えば、冬の日の朝に雨が降っていたとしてその日の練習をどうするかといったときに、
「予定通りコースで乗艇練習をする」「エルゴの練習に変更する」という2つの選択肢があるとします。その時に行われる「3手の読み」は
・コースで練習→雨の中漕ぐ→クルーが成長する ※ただし、風邪をひくリスクがある
・エルゴに変更→エルゴを頑張る→個人の体力が上がる ※ただし、艇に触ることはできない
大雑把にこのような比較をして、どちらかを選択をする。これが「3手の読み」の使い方です。
我々は無意識のうちにこのような「3手の読み」を使って様々な選択・決断をしていますが、時には「3手の読み」では決断ができない状況(例えば月や年単位など長いスパンを考える時、完全に迷ってしまった時など)が現れます。

その時に登場するのが「大局観」です。
「大局観」は言ってしまえばセンスと同じで、その時にどのような選択をしたら上手くいくのかを幅広い視野を持って直観的に判断する能力です。ボートで例えるなら、様々なトライをしても調子が上がらない時に、あえて全然違う練習をしようと考えたり、このままだと勝ちが見込めない時にリスクをとってでも予定を変更し、勝負をしたりするときに自然と使われています。これが「大局観」の使い方です。

habu2

単純に言うと、この「3手の読み」と「大局観」の使い方が正確だからこそ羽生さんは強いと言えます。
もちろん、この2つの方法を使いこなすにはたゆまぬ努力によって鍛え上げられた豊富な経験と、自分の直観を疑い続け幅広い大局観を持とうとする精神が必要です。
※ちなみに動画では、「3手の読み」と「大局観」を使って世の中にあるたくさんの情報やアイデア、選択肢を見極め、自分の選択に自信を持って生きて下さいと締めくくられていました。

 

さて、ここからは自分の考えを書きます。
動画ではさらっと「3手の読み」と「大局観」を使って下さいと言っていましたが、どうしたら正確に使えるようになるのかさっぱりわかりません。
そこでこの2つの方法を使いこなす羽生さんのような勝負に強い人間はどのようにして誕生するのかについて僕は考えました。

 

そして出た答えは、物事を本気で好きになり、熱い情熱をかけ続けることができる才能を持った人が勝つ、つまり物事に対し、「最後まで楽しみ続けられる」人間が勝つということです。

 

なんて偉そうに書いてしまいましたが、物事を本気で好きになるというのはなかなか難しいと思っています。
本気で好きになるという感覚は人それぞれだと思いますが、羽生さんは寝ている間も車を運転している間もずっと将棋のことを考えてしまうほど将棋が好きだそうです。(だから車の運転は危険なので出来ないらしいです)

porsche

今思えば僕は羽生さん程までボートを好きになれなかった、むしろ早慶戦もインカレもキャプテンとして絶対に勝たせなきゃいけないというプレッシャーの中で少し堅くなりながらボートをしていたなと思います。ボートが好きで好きでただ純粋に楽しみたいという熱い情熱だけを持って生きていたら今の慶応端艇部はどのようになっていたのでしょう。

しかしそのことが分かった今、残りのボートライフをどれだけ充実したものにできるかは、頭の中をどれだけボートで埋め尽くせるかだけの勝負だと思っています。

そして自分の好きなことが想い存分にできる環境を作ってくれている、三田漕艇倶楽部の皆様を始めとしたOB・OGの皆様、そして両親、自分のわがままを聞いてくれた部員の皆に、自分が最高に幸せであることを勝利という形で感謝を伝え、喜びを分かち合いたいと思います。

 

長くなってしまいましたが、僕がボートを7年間続けて肌で感じ取った勝負の難しさは、「楽しむ」ことで道が開けるかもしれないとう結論に至りました。
全然大したことではなかったですね。。笑

 

それでは皆さん、最後までお読みいただき本当にありがとうございました。
以上でお別れとなります。4年間ご支援ご声援本当にありがとうございました。

keio8

次は、志木高時代から助け合ってきた主務の宇津木君です。

文:内田優志

蒙古タンメンから学ぶ努力論

 

 

 

 

同期の何人かがラストライフを投稿し、そろそろ僕の番かなぁ….と思いながら蒙古タンメンを啜っていたら、ある男から連絡が来ました。

ガイシ「らいふ」
………どうやら僕の番のようですネ。

ちなみに、僕の次は主将、主務と大物が並んでいるので、少しスキップして奥山くんです。引退したら車の免許合宿に一緒に行きます。

 

改めまして
慶應義塾大学商学部4年、並びに慶應義塾體育會端艇部4年、今村匠と申します。
石渡くんからは3代目マジシャン? と言われましたが、好きなものはマジックと蒙古タンメンです。もう一度、好きなものは蒙古タンメンと蒙古タンメンです。
マジックは努力が形に表れるのが好きだからたまーにやっています。

マジックであれボートであれ、努力が実るのはとても素晴らしいことですネ。

 

 

さて、蒙古タンメンとマジックが好きな私ですが、今回は最後の投稿だということでボートの話をします。

ボートとは、みんなが書いてくれている通り非常に辛(ツラ)いスポーツです。たったの1試合で体重が2kg落ちる人もいたりするくらいで、とてもじゃないがやろうなんて思わn(略
いくら努力しようとも、周りも死に物狂いで、そう簡単には勝たせてくれません。
しかし、勝った瞬間に全ての苦しみが報われる。言い換えると、努力が報われる瞬間が最高なスポーツなんです。

なんであれ、努力が実るのはとても素晴らしいことですネ。

 
ところで、蒙古タンメンの話になりますが、みなさんは知っていますか?
こいつです。↓

image

初めての時は辛(カラ)い。
そんなことは当然です。努力していないのですから。
しかし、私は大学生活の4年間をかけて食べ続けた。そうしたら辛(カラ)くなくなった。

なんであれ、努力が実るのはとても素晴らしいことですネ。

 
ここからは私の個人的な見解です。

努力努力と言い続けてきましたが、努力というのは必ず報われると思っています。
なぜなら、報われるまでやるからです。
初めは辛(カラ)かった蒙古タンメンも、辛(カラ)さを感じなくなるまで食べ続ければ、報われます。(サンプル1:蒙古食続実験より)

同じことがボートにも当てはまり、辛(ツラ)いだけのボートというスポーツも、レースで勝利する瞬間まで努力すれば、報われます。
(こちらのサンプルは全日本選手権で示す予定です)

 

きつい言い方をしますが、
報われない=努力していない
と言っても過言ではありません。
わかりますか?

努力をしている人間はこの意志の強さを以てして、適切な努力をしているはずです。
だからこそだれよりも強いし、報われることが出来る。最後には、誰よりも報われたいと思う人間が勝つんです。

また努力というのは、辛(カラ)い蒙古タンメンや、辛(ツラ)いボートだけに限定されることではありません。
受験勉強やあらゆるスポーツ、全ての趣味にも同じことが言えます。自分自身が納得出来るところまでやればいいんです。とにかくやりぬくことが大事なんです。

 

これが、私がこの部活で学んできた全てです。
「なんであれ、努力が実るのはとても素晴らしいことですネ。」

image

“日常”の大切さは、きっと終わった時に気づく

 

 

突然ですが、ボート部に所属している皆さんに質問。どうしてあなたはボート部に入ったのでしょうか?

周りの自然と一体になれる最高なスポーツだから?

IMG_0362
艇庫の仲間とアットホームで濃密な合宿生活ができるから?

IMG_0360
なんとなく自分の自由な意志で決めただけ?
違います。

 

刷り込まれていたからです
ボートの街、戸田市には、至る所のマンホールにボートのイラストが刻まれ、大きなオブジェも置かれていたりします。
生まれた時から戸田市に住んでいる私はボートを漕ぐ運命だということをおそらく小さい頃から刷り込まれていたのです。
あなたも春の試乗会で初めて戸田公園に足を運んだ時には、既にボートを漕ぐイメージが暗示にかけられていたのかも知れません。

“それが、メンタリズム!!”

申し遅れました、人の心を見破る勝率1割、他人からは瞬時に自分の心を見透かされてきたエセ メンタリスト WataRiです。

 

今朝、まだ起床したばかりで意識がはっきりとしていない頃、ライフ更新の管理をしているガイシくんに、今日中に更新しないと命の保証はないと脅され、手を震わせながらこのライフを書いております。

 

 

 

とまぁ冗談はこの辺にして、、
ラストライフなんてたいそうなものは書けそうにないですが、

この1年間で変わったこと を思い起こしてみました。

 

この1年間でいつの間にか消えたもの

・猛暑の時、木陰として大変お世話になったヒマラヤ杉の大木
・その存在感と確かな眼差しで、慶応端艇部の85年間を見守ってくれていたという、艇庫の守護神 福澤諭吉像

IMG_0363
・アップのバーピーと4拍子で響き渡るメトロノームの音
・愛用のmy ベネックス (ガン萎え)
などなど。

当たり前だと思っている日常も、いつの間に変わってしまっていることに気付かされます。

そして、
着実に成長する為にPDCAサイクルをぐるぐる回していく日々。

たまにレースの選考体系や、練習プランに関して、愚痴ったり抗議したり、ボートに対して心をアツくする日々。

夜飯時に缶ジュースの漢気ジャンケンで場が沸き立つ光景。
当たり前に続けてきたこのボート生活も、残すところあと2週間ほどで終わり。

気が置けないチームメイトのベッドにシャンプーとリンスをかけ合ったり、粉々のフルーツグラノーラを撒き散らしたりする、キチガイみたいな艇庫ライフも、引退したらきっと恋しくなるのでしょうか?笑

 

最後に。
入部して一番最初に引いたエルゴ 2000mで7:46 を記録し、絶望の淵からスタートした自分も、ついに全日本の最後の舞台に来たことに感慨深さを感じております。

今まであまり恩返しして来れなかったかもしれないけれど、一日も欠かすことなくチームを支えてきてくれたマネージャー、監督コーチ陣、ここまで一緒に競い、成長し続けて来れた同期やスカチーメンバー、そしていつも自分の挑戦を後押ししてくれている家族、親戚には、本当に感謝の気持ちで一杯です。

シングルスカルの独特の緊張感と空気感を噛み締め、ラストレースを楽しみたいと思います。

 

一年ぶりの大舞台。

カラダはもう十分に、あたたまっております。

 

 

以上、最後まで読んでいただきありがとうございました。

IMG_0361

4年 石渡 達哉
次回のラストライフは、三代目(?)マジシャン 今村君に、乞うご期待下さい。

つながり

 

 

 

 

 

 

こんにちは。

突然ですが、人は、地球上に最低何人存在すれば生きていけるでしょうか。1人、2人、100人…?はっきりした数はわかりませんが、誰からの支えもなくたったひとりだけで生きることはおそらく不可能でしょう。

 

改めまして、

慶應義塾體育會端艇部副務、関東漕艇学生連盟理事長を務めております、伊澤と申します。最後のLIFEということで、ボート部生活で得たものについて述べます。

 

私は、ボート部生活の中で、人とのつながりの大切さを学びました。人は、多くの人々に支えられて生活している、このことに気がつけたことが、最大の収穫だと思っています。このことを最も感じたのは、今年の夏に行われた藻の除去作業です。

今年の夏は、インカレ開催が危ぶまれる程の藻の大量繁殖が戸田ボートコース内で発生しました。大会開催のために、戸田公園管理事務所の方々、ボートクラブの方々、関西学連、各大学の方々などと共に連日作業を行い、延べ700人ほどの人員で藻の除去作業を行いました。夏の炎天下、猛暑の中にもかかわらず、大勢の人が一致団結したこと、作業のおかげで無事にいつも通りの大会を行うことができたことが、ボート部生活での一番の思い出です。特に、戸田公園管理事務所の方々とは、連日朝から夕方まで、藻について話し合い、作業を一緒に行いました。また、大会前1週間は、関西学連や関西の大学のボート部員にも協力していただき、かなり助かりました。

 

その時の写真を掲載致します。(※刺激強めの画像なのでご注意ください)

【↓藻1↓】

藻1

【↓藻2↓】

藻2

【↓藻3↓】

藻3

【↓藻4↓】

8月7日藻

戸田に艇庫を持つほとんどの大学が協力してくれました。ありがとうございます!

ボート競技、ボートの大会は、人々のつながりや支えあいで成り立っています。ボート協会の方、審判の方だけでなく、多くの方々の努力によって、あたりまえの大会が実現しています。大会に出る側から大会を運営する側に回ることで、このことに気がつくことができました。

 

私が所属している学連も微力ながらあたりまえの実現に携わっています。1973年に設立された学連は、代々経験やノウハウを引き継ぎ、ボート協会と連携をとりつつ、悪天候やアクシデントの中でもあたりまえ大会運営を常に実現するために、さらなる正確性、安全性の向上を目指してきました。今後も後輩たちが、さらなる安定化を求めて改善していくでしょう。

現在、学連は17団体のボート部員から構成されており、4年生14名(6名)、3年生10名(2名)、2年生11名(7名)、1年生4名(2名)の計39名(17名)で活動しています(※()内は、cox数)。しかし、大半のcoxが出場するインカレや軽量級、大会に向けてのコース整備などにはcox勢がほとんど参加できないため、慢性的に人員が不足しております。


ここで、各大学ボート部、未来のボート部員たちへお願いがあります。

安定した大会運営、練習環境の実現には、学連員、大会の補助員が必要不可欠です。是非これからも学連員、補助員の派遣にご協力宜しくお願い致します。


 

 

では、読み飽きてくる頃だと思うのでそろそろ終わろうと思います。

今月末の全日本選手権大会で部を引退しますが、端艇部員、学連員として、人とのつながりを大切にし、悔いのないよう最後まで全力で取り組みます。そして引退後は、Dwayne Johnsonのような大きな人間を目指します。

10月26日~29日に行われる第95回全日本選手権大会は、すべてのボート部員の集大成が見られますので、是非戸田へお越しください!お待ちしております。

 

最後はお気に入りの写真で終わります!かなり厳選したつもりですがこんなに…

艇庫も戸田もいつもとても賑やかです!

~戸田写真館~

【↓戸田の月<中秋の名月>(10月4日)↓】

 中秋の名月

【↓いつかの戸田ボートコース↓】

 戸田

【↓Dwayne Johnson↓】

 ドェインジョンソン

【↓関東・関西学連2016↓】

 関東・関西2016

【↓関東・関西学連2017↓】

 関東・関西2017

【↓Olivia@Disney Sea (with 謎メン)↓】<KILL WEAKNESS>

 Olivia Disney

【↓Olivia送迎団↓】羽田空港で一番ラフな格好…

 Olivia送迎団

【↓Victor↓】懐かしのVictor!!フランスでボートを漕いでるのかな。

Victor

【↓128期+たかとら↓】野方、Olivia、東日本、インカレ優勝おめでとう!全日本でも同期が活躍してれるでしょう!

同期

【↓Team ベランダ↓】ふじけん、誕生日おめでとう!真顔カメラ目線率の高さ…(笑)

Team ベランダ

以上、端艇部LIFEを凝縮した~戸田写真館~でした。端艇部LIFEに少しでも興味を持った高校生は、大学入学後はボート部に入りましょう!

 

※関東漕艇学生連盟のfacebookページでは、学連の活動報告のほかにも、コースの閉鎖情報、ボートの魅力など様々な情報を配信しております。是非、いいね、フォローしてください!(関東漕艇学生連盟」で検索して下さい!)

 

次は、最近絶好調で「知的體育會の石渡くんです。よろしくー

ラストライフの題名って付けづらいですね

こんにちは、有馬です。入部当時に数々の粗相をやらかしてきた浅倉君が、今は艇庫の料理長として部員の尊敬を集めているとは誰が想像できたでしょうか。彼のハートウォーミングなライフに涙が止まりません。

さて、「ラストライフ何書こうかなぁ」というくだりは浅倉君がやってくれたので、ありきたりですが自分の4年間を振り返ってみました。長い上に面白くもない、ただの決意表明みたいになってしまいましたが御容赦下さい。

まず、私がこの部に初めて来たのは、何を血迷ったか、高校3年生の12月でした。128期の中では、内部ボート部以外で2番目に早く艇庫に来ていたことになります。

当時、今より”少しだけ”ふっくらしていた若かりし頃の高田君(現副将)にエルゴを教えてもらったり、エイトに試乗したり。
思ったより地味なスポーツでしたが、シンプルに動くことがこんなにも難しいことなのかと、球技とはまた違う魅力に惹かれ入部を決めたのを覚えています。

入部してからは日吉の陸トレで毎日クロカン3周をし、自分が何部なのかよく分からなくなり、1年の冬はスカルで午前も午後も24km、挙げ句の果てに怪我人入り。オフは我れ先にと艇庫から逃げ出すなど、1年目はただひたすら地獄でした。

転機となったのは早慶戦合宿明け。エルゴとスカルが伸び始め、運が良いことにインカレと全日本に出場するチャンスを頂けました。
高校の野球部ではチームの代表として試合に出るという経験が全く出来なかった私にとって、ずっと待ち望んでいた素晴らしい機会を得ることが出来た、それだけでもこの部を選んで良かったと思えるようになりました。

しかしながら、人間の欲望というものはとどまることを知りません。今度は、結果を求めるようになります。
同期が新人戦や早慶戦、インカレ全日本などで結果を残していく中、私は現在も満足のいく結果は得られていません。

高校時代、野球部のコーチに「野球部は9割が辛く苦しい、それでも残り1割の楽しさがあるから頑張れるんだ」という話をされました。
でもボート部では「9割9分」が辛く苦しかった。だからこそ、10月末の全日本で残りの「1分」を満足いくものにしたい。素直にそう思っています。
そして、今まで結果の出なかった私を応援してくれた家族の為にも、全てを出し切ります。

長文乱文、失礼致しました。

次は伊澤くん(のはず)です。

« Older posts