LIFE

戸田での合宿生活&部員の素の姿をブログで紹介!練習のこと、仲間のこと、オフの出来事、etc

真面目に書きます

こんにちは。4年の浅倉です。
福原に代わってライフを書かせていただきます。
今までふざけたライフしか書いてきませんでしたが、4年ということもあり流石に真面目なことを書いた方がいんじゃないかと思ったので、今回は真面目に書きます。

現在、慶應ボート部は女子栄養大学の上西研究室の方々に栄養面でのサポートをしていただいています。
上西研究室の学生たちは何チームかに分かれており、僕らが直接的にお世話なっている学生たちは慶應のボート部担当ということで毎月のインボディ測定(体組成計を使って選手の筋肉量や脂肪量などを測定)や食事メニューの提供を行っています。

僕はボート部の食事を担当しているということもあり、女子栄養大の学生や上西先生と関わる機会が多いのですが、先日上西先生との会話の中で僕らにとって非常に大事なことをおっしゃっていたのでこの場で共有させていただきます。

その前にまず食事のメニューの作成から提供までの一連の流れについて触れたいと思います。
女子栄養大の学生はボート選手に必要な栄養素を調べ、またインボディ測定後のアンケート調査から普段の食事で足りていない栄養素を分析することで僕らの食事のメニューに必要な栄養素を決めます。
そして与えられたテーマに沿って学生各々が自分で考えたメニューを持ち込み、実際に作ってみて皆で試食をおこない、どのメニューが選手に美味しく食べてもらえるか決めます。
メニューの案が決まったら実際に艇庫の厨房で調理をおこない選手に食べてもらうことで、調理の方法を見直したり、また選手に感想を聞いてそれをメニューに反映させたりして、ようやく1つのメニューが完成します。
ボート部は毎年5つのメニューを提案していただいているので、つまりこの一連の流れを計5回行います。

ここまで読めば分かると思いますが、このような食事のメニュー提供は1〜2週間で終わるようなものでは決してなく、非常に長い時間と労力をかけて行っていると容易に想像がつきます。
メニュー作成の話を受け、女子栄養大の方々に多大な負担をかけていることを知りました。
そこで上西先生に申し訳ない気持ちを伝えたところ、先生はこのようにおっしゃっていました。

「彼女たちは慶應大学ボート部の学生をサポートしたいという想いのもと集まっています。ですので、そのように申し訳なく思う必要は全くなく、むしろこれからもより多くのサポートをしていきたいと皆が思っています。」

大学生は各々が自分のやりたいことに打ち込み、または何もせず日々を過ごすわけですが、数ある選択肢の中で彼女たちはボート部を栄養面でサポートしたいという選択肢を選びました。
僕にはなぜそこまでして赤の他人をサポートしたいのか分からないのですが、ただ1つ言えることは自分たちが栄養面でサポートすることで日々練習を頑張っているボート部の人たちを応援したいという思いがあるからだと思います。

選手は今、夏の試合に向けて日々全力で練習に取り組んでいます。
モチベーションは選手それぞれだと思いますが、今回のライフを読んでまずは彼女たちに感謝をし、彼女たちの想いを胸にさらに練習に励もうと思っていただければ幸いです。

僕自身も残り引退まで数ヶ月しかありませんが、彼女たちの姿勢を見習い今まで以上に選手を全力でサポートしていきたいと思います。

以上長文失礼いたしました。

次の投稿は誰になるか見てからのお楽しみです。

玉ねぎ

軽量級オフ

こんにちは。2年の長谷川侑香と申します。ゴリに順番を飛ばされましたが、堀君の前にライフを書きたいと思います。

少し自己紹介させて頂くと、県立大宮高校出身でボート部に所属していました。舟橋さん、小豆澤さん、池田さんの後輩です。

先日、5月26日から全日本軽量級選手権大会が行われました。その後のオフについて書かせて頂きます。
めったにない2日続けてのオフを活用し、みんな約10日ぶりのオフを楽しんでいたようです。オフの活用方法は人それぞれですが、私は大体のオフを美味しいものを食べに行くことに費やしてしまいます。軽量級のオフも目白にあるお店まで食べに行きました。今からの季節、食べたくなるかき氷です。大行列ができる夏になる前に行ってきました。こちらです。

_20170531_225614
小さいころ屋台で食べたかき氷とはまったく違って、とても美味しかったです。

ボートとは全然関係ない話になってしまいました。
最後に、軽量級の日なしペアで銀メダルを取った新井君を中心に撮った同期写真でしめさせて頂きます。

1496068085904

次は、上の同期写真に唯一写れなかった福原君です。

八王子バンザイ!

みなさんこんにちは!日米ハーフのピートくんから紹介されました鈴木魁です!ピートくんの紹介にもあったように中学の頃からずっとゴリと呼ばれていました…最近では愛着あるニックネームになりつつあります。

そんなゴリは東京都八王子市に在住するレッキとした人間なのですが、最近少しだけ嬉しいことがありました。

なんと!艇庫の新入生に数少ない八王子市民が増えたのです!しかも女の子!しかし残念ながらその新入生はボート部ではなくカヌー部の部員なのですが、それでも僕は感激です。八王子バンザイ!!

はなしはこれで終わりません。なんとその子は僕と番地まで一緒の超ご近所!なんてこった!ここまできたら赤飯を炊きたいくらい嬉しい!

しかも、話を聞いたら同じ保育園にも通っていたというじゃありませんか!なんじゃそりゃ!?そんな話が実際あるのか!?僕としては驚きを隠せません。

待てよ?この展開は…幼なじみが久しぶりに再会してああだこうだなるニセコイ的なあれなんじゃ…

とか変な妄想してみたりしました笑。気持ち悪かったですね笑。すみません。陳謝陳謝。

とにかく地元の知り合いが増えたことがめちゃくちゃ嬉しかったので、今回のLIFEに投稿させていただきました笑。ボートのこと1ミリも書いてなくてほんとにすみません。

次はニュージーランドのボート選手Hamish Bondに似ている堀くんです!よろしく!

ライバル早稲田

郡山君から紹介を受けたコントレラスピート遥介です。ライフの更新遅れて申し訳ありません。最近は気温も高くなり、夏の足音が近づいているようです。そしてなんと言っても軽量級選手権が迫っています。どのクルーも練習や減量など追い込みの時期に差し掛かっていると思います。そんな中、僕は体重が重いので諏訪湖レガッタに参加させていただきました。諏訪湖レガッタとは早慶の1000mエキシビションレースです。早慶戦で悔しい思いをしたので、リベンジを果たそうという気持ちでレースに臨みました。結果は残念ながら負けてしまいましたが、早稲田の方たちと交流ができてとても良い経験が出来ました。早稲田とは艇庫がお隣同士ですが、正直交流があまりありませんでした。ですので、一緒にお風呂に入ったり、ご飯食べりして色々話ができたのはなにより貴重な体験でした。同い年の人も結構いたので、来年再来年の早慶戦で戦う人たちの存在というものをより一層意識させてもらいました。毎日辛い練習をこなさないといけませんが、同じように頑張っている人たちがいることを肝に銘じて練習に取り組みたいと思います。次はゴリことエルゴモンスター鈴木魁君です。

郡山創くん?はい元気です!

減量という過酷な挑戦をし、見事に体調を崩している栗野くんから紹介を受けましたボート部2年の郡山創です。

ついに新入生が艇庫(○ラスハウス)にやって来る時期が来ました。振り返ること1年前、華やかな大学生活を思い描いて入部を決めたボート部。あれ…おかしい。何かがおかしい。正直、自分の思い描いていた大学生像とは違います。世の中って自分が思うほどうまくはできていないんですよね。こんなことを言っていても始まらないので僕は最近新たな取り組みを始めました。それは筋トレです!部活で行う筋トレの他にも授業でフィットネストレーニングを取っています。あ、こいつバカだなと思ったことでしょう。しかし、そんなことを言われても僕は気にしません。範馬刃牙を目指して日々ボートと筋トレと(勉強)に励んでいます。僕は小学校時代、毎年開催される相撲大会に出ていました。結果は毎回初戦敗退…毎年涙を流していましたね。もうあんな思いはしたくない、強くなって誰にも負けたくないといった気持ちから筋トレをしています。体が仕上がるのを楽しみにしててください!

話は変わり、僕たちは寮生活をしています。突然ですがみなさん、自分の家のベッドで寝られることのありがたみをしっかり感じていますか?寮生活は僕にとって快適とは言えません。最近は寝付けずに苦しんでいます。その原因は至る所から聞こえるいびきや寝言です。何十人もの人が一緒に寝ているわけですからそれはまぁカオスです(笑)そして僕の最近の検索履歴がこちら。

IMG_2605

寝付けないという問題を解決するべくイヤホンとアイマスクは欠かせません。このようにいろんな人が共に生活するのは本当に大変です。しかし、日中はみんなとワイワイしてるのが好きな自分がいます。なんだかんだでみんなといるこの環境が好きなんですよね。
より快適に生活できるように試行錯誤していきたいと思います。長々と述べてきましたが、とりあえず伝えたいことは、僕は元気です!ということです。ではここらへんで失礼します。

次は僕の戦友であり、スラム街出身の危険な男、コントレラスピート遥介くんです。張り切ってどうぞっ

最近○○始めました。

初めまして、つい先週の話ですが大学生活二年目にして初めてクラスの子と昼ご飯を食べることに成功した栗野です。(全然やれてないってなんだ!友達は数より質だ!)

さて、今年の早慶レガッタは残念ながら期待とは正反対の結果に終わってしまいました。しかし、そんな先輩方や同期の熱いレースを見て僕はあの隅田川で勝ちたいという思いがより一層強くなりました。

本来ならここで熱いボートの話をしたいところですが、最近僕が始めたことについて書きたいと思います。それは何かというと、減量です。要するにダイエットというやつです。なぜ毎日運動している人間がダイエットかというと、五月末に行われる全日本軽量級選手権という大会に出場するためです。いや、結局ボートかいっ!というツッコミを下さった方、どうもありがとうございます。

軽量級選手権とは体重制限のあるレースのことで、選手個人の体重が72.5kg以下かつクルーの平均体重が70kg以下でなければ参加が認められないのです。このレースに参加するために僕は現在減量に勤しんでいるわけです。何が難しいかというと、筋肉を落とさず体重を減らす、つまり食べながら痩せるという一見矛盾しているような事に挑戦しなければいけないということです。

そして色々と調べて考えた結果、僕なりにある二つのキーワードに方向性がまとまりました。
「糖質制限」
「高タンパク、低カロリー」
毎日甘いものを食べないと気が済まない甘党の僕がお菓子を断ち切る。断腸の思いとはこのことか!その代わり空腹を我慢しないで食べてもいいよ、豆腐や鶏のささみであればね、と決めました。正直甘いものを食べないとこんなにかというくらいイライラします。現代社会への不平不満が止まりません。このまま筆を進めると凄まじいことになりそうなので突然ですがこの辺で締めたいと思います。

次のLIFEはその筋肉とルックスで数多の女性を虜にしてきた郡山くんです。

早慶戦

 

 

かねすぎから紹介を受けましたきぶねと申します。

Lifeの更新遅れてしまい大変申し訳ございません。

去年、ボート部に入部すると決めてからはや1年が経ちました。思い返すとほんとにあっという間ですね。笑 やっている最中は長く感じているのに振り返ると短く感じるなんて不思議なものです。

ほとんどの人にとってボート部に入部するきっかけとなるであろう出来事のうちの一つの早慶戦について話したいと思います。僕の昨年の早慶戦の記憶といえば大雨のためほとんどのレースが中止となり、最後の対校のレースも桜橋から観戦していたのですが早稲田が沈し、慶應のみがゴールしていく姿をみて正直あっけなかったなというのが初めての感想でした。

ですが今年、早慶戦を見る側から創る側へとなり気付かされることがたくさんありました。ただレースが始まって終わるだけではなく、その一つのレースにも多くの声援、支援があることに気付かされ、陰ながら早慶戦の運営を手伝って下さったOBの方々には感謝してもしきれません。ほんとうに有難うございました。

レースは惜しくも敗戦という結果になってしまいましたが、この試合をみて何か心に残ったものが一つでもあり、そしてまた新入生も入部する決意が固まった人もいると思います。
新しく入ってくる新入生、辛い練習もあるかもしれないけどこれからの4年間一緒に頑張っていこう!!!
最後になりましたが先輩方お疲れ様でした。

次はバカやれとみせかけて全然やれてない栗野です!よろしくっ!!!笑

新入生こんにちは

こんにちは。130期のマドンナ江藤さんからご紹介をいただいた兼杉です。
初ライフで緊張していますがお付き合いください。

三月もあっという間に去ってゆき、四月になってしまいました。四月ということなので、新入生の皆様向けにこのライフを書きたいと思います。しかし、書こうと思っても僕の貧困な語彙力と乏しい文章構成能力では、洗練された文章でボート部の良いところを書くことはできそうにありません。そこで、新入生が入りたくなるようなボート部の良いところを箇条書きにして書き連ねていこうと思います。決して手を抜いているわけではありません。

-筋肉隆々でカッコ良い
(ウエイトメニューがあるので、誰でもムキムキになれます)

-ご飯がおいしい
(マネージャーさんが作ってくれるおかずは美味しいです。マイニチカンショクシテマス)

-明るく優しい
(気軽に話しかけてくれ、違うクルーでも気にかけてくれます)

-目標に向かって精一杯練習に取り組んでいる

もっとたくさん書きたかったのですが、列挙すればきりがないのでこれくらいにします。
少ない方がスッキリしていて見やすので。
最後にボート部の新歓ぜひ来てください。誰でも大歓迎です!!

次はジャニ顔イケメンボーイ、貴舩君です。

女子漕手が増えました!

皆さん、こんにちは。

荒谷くんの紹介に与りました、経済学部新2年の江藤祐実です。

お花見レガッタも終わり、いよいよ4.16早慶戦です。

女子エイトは最近荒川に行くことが多く、練習がクライマックスを迎えている気がします。河での練習のときも、ビデオをマネージャーさんがモーターから撮ってくださります。最近始まった試みとして練習動画をマネージャーさんがYouTubeにあげてくださるのでみんなで共有しています。そういえば私は一時期Youtuberになるという野望を持っていました。笑 チャンネル登録者が増えると銀や金の再生ボタンが贈られるらしく、欲しいなと思っていました。残念ながら鍵アカの端艇部には無理そうですが、部員が熱心に練習を振り返って再生回数が増えると良いです!

話は逸れてしまいましたが、水上では一生懸命に漕ぎ、陸上では練習を振り返りと、充実したボートライフをおくっています。

130期女子漕手

130期女子漕手

そして仲間が増えました、130期女子漕手が2人から3人になりました。1.5倍です!笑

 

最後に、新入生のみなさん、新歓があるのでぜひお越しください。会えるのを楽しみにしています!詳しくは慶應ボート部2017新歓のツイッターへ。

次回は艇庫で私とお揃いのもふもふのジャケットを着ている兼杉春輝くんです。お楽しみに!

ボート部という選択

初めまして 1年生の荒谷です。 初ライフですがいい記事を書けるように頑張ります。今回はLIFEを見てくれている新入生の皆様に向けて書かせていただきます。

僕は高校時代バスケ部でした。当初は真面目に練習していて部活が楽しかったです。しかし途中で大きく伸び悩んでしまい最後は必死に頑張ったのですが出場時間をあまりえられずチームも二回戦で負けてしまいました。とても悔しくて「大学ではなにか部活したい!」「勝ちたい!」と思ったことを覚えています。

大学に入学後、何回か新歓の食事会に行きました。その中でもボート部の新歓は先輩がとても面白く、印象深かったです。そこでボート部が近々早慶戦をやると聞いて見に行きました。

早慶戦を見に行って僕は衝撃を受けました。つめかける何万人の観衆、試合を映し出す大きなスクリーン、波で荒れた隅田川 全てが圧倒的でした。特に大歓声の中、桜橋を駆け抜けるエイトは圧巻でした。早慶戦を見て「俺もあんな風になりたい!」と憧れを抱きました。こうして僕はボート部への入部を決めました。

ボート部に入ってもう1年が経とうとしていて時の流れは早いなあ強く感じております。まだまだ未熟で勉強の毎日ですがエルゴのタイムが伸びたり「上手になったね」と褒められると嬉しいしやりがいを感じます。

部活動に悔いが残っているみなさん、なにかスポーツを始めたいみなさんへ。 ボートは大学から始められるスポーツです。慶應自慢の対校エイトは半分の人が大学からボートを始めました。ここには自分を追い込める環境、頼れるかっこいい先輩、愉快でお互いを高められる仲間がいます。ちょっとでもいいなと思ったらまずは早慶戦を見に来てください!そうすればきっとあなたもボート部の一員となるでしょう…

最後まで読んでいただきありがとうございました! 次は130期のヒロイン裕実ちゃんです。

« Older posts