LIFE

戸田での合宿生活&部員の素の姿をブログで紹介!練習のこと、仲間のこと、オフの出来事、etc

いとこ

こんにちは。

フロンターレ愛に溢れた八木君に紹介を受けました2年の前田です。
やぎんごのフロンターレ愛は知っていて、優勝を逃しすごく落ち込んでたところも見たことがあったので、優勝のニュースを見た時僕もちょっと嬉しくなりました。

おめでとう、やぎんご🎉

さて、僕も初めてのライフなので何を書こうかと悩んだのですが、スマホの写真フォルダを見ていたら、みなさんと共有したいものがあったので、それについて書こうと思います。

 

その共有したいこととは僕のいとこのことです。

僕には最近、新しくいとこが生まれました。まだ、1歳にもなっていない男の子です。

これがまた恐ろしくかわいいんです。

家に帰るたびに、親に写真や動画を見せてもらって、「またちょっと大きくなったなー」とか「まだハイハイはできないんだなー」なんて思いながら癒されるのが最近の楽しみになっています。

でも、この子が僕らくらいの歳になる頃には僕らはもうおじさんになっていて、前田おじさんなんて呼ばれるのかな〜なんて考えたり、僕らにはまだ未来の出来事である東京オリンピックなんかもこの子にとっては断片的にしか覚えてないような出来事になるのかな〜なんて考えてみたらなんだか感慨深い気持ちになりますね。

 

お年玉なんかもあげたりするのかなぁ。

 

実は僕はまだこの子に会ったことがないので、早く会ってみたいという気持ちいっぱいです。

誰か赤ちゃんに気に入ってもらえるコツを知っている方がいたら是非僕に教えてください。

 

なにはともあれ、すくすくと元気に大きくなっていって欲しいですね。

 

僕は将来この子に大学生活について聞かれたとしても胸張って答えられるように今できることを精一杯頑張っていこうと思います。

 

最後に僕の癒しの写真を貼って終わりにしたいと思います。

IMG_1843

寝ながら笑う

 

 

IMG_2002

セクシーな胸元、薄い髪

 

 

IMG_2388

トトロ

 

 

IMG_2402

宇宙と交信中

 

次は我が道行く女 松原です。松原らしいライフ期待してるね。

祝!川崎フロンターレ初優勝!

こんにちは😊 “EDMと言えば村川”の村川様から紹介を受けました、文学部2年の八木です。艇庫内ではなぜか八木ンゴと呼ばれています笑

ところで、僕は今回ライフを書くのは初めてです。2年生の12月にライフを初めて書くという歴史的な偉業を成し遂げました😂😂 次にライフを書くのが、4年生の引退前のラストライフにならないことを祈るばかりです。

さてさて、僕の記念すべき初ライフ、何を書こうかと凄く悩みました。新人戦のことを書こうか、遠漕のことを書こうか、、、

でも、色々悩んだ結果、先日の年に一度の2週間オフに忘れられない出来事があったので、今回はそのことについて書こうと思います!

そうです!僕が小学校1年生からずっと応援している川崎フロンターレが2017年度のJ1で優勝しました🎉🎉 しかも、初タイトル😭 もちろん、応援しに行ったのですが歴史的な瞬間に立ち会えて本当に良かったです。目から溢れ出るものが止められなかったなぁ〜😌  僕は小学校から高校までずっとサッカーをやっていて、地元川崎のサッカーチームである川崎フロンターレをずっと応援してきました。地元ということだけでなく、僕の生まれた1997年に創立され、自分の成長と共にフロンターレも強くなっていったということもあり、なんとなく自分を投影しています笑 時には遠いアウェイの地まで応援に行ったこともありました。少なくとも200回以上は応援に行っていると思いますし、ボート部に入部してなかなか応援に行けなくなってからもDAZNに契約して可能な限り艇庫のベッドで引きこもって画面越しに応援しています。そんな大好きなフロンターレはこれまで、何度も優勝を逃してきました。8度の準優勝を経験していて、僕もそのうちの7回を見てきました。いつしかシルバーコレクターだとか無冠の帝王だとか揶揄されて、いつになったら優勝出来るのかと心を痛めていました、、、

そんな中で勝ち取ったタイトル、フロンターレを応援する全てのサポーターの喜びは並々ならぬものです。周りの人も皆、これまでの悔しい思いが実り涙を流していました。正直、2017年はもう思い残すことはないです笑 ボート部の練習も再開しましたが、次は僕がボートを通じて応援してくれている人に感動を届けられたら良いななんて思います😊

長々とボートに関係のない話をしてしまい申し訳ございません。でもライフで書きたくなるくらい嬉しかったんです!!笑

次は僕と同じ文学部2年の前田君です!イケメンの彼はさぞかし文章もイケメンであることでしょう!IMG_3220

心機一転🙃

こんにちは。

塾高ボート部からの直属の先輩でもある高崎主将に紹介を受けました2年の村川です。入部して1年と9ヶ月にして初めてのLIFEが回ってきました。次に書くのが引退前のラストLIFEにならないといいですね🙃

これだけ長い間順番が回ってこなかったので「書くことがない😔」なんてことは一切なく、直近で言えば新人戦に遠漕、そして何より僕自身がマネージャーに任命されたことなどなど…。

それらを纏めて大真面目に書き上げ、

いざ読み直してみると、

しかしまあ、らしくない。

自分の書いた文章になんかソワソワする。

録音された自分の声に違和感を覚えるのと似たような感覚ですね。なので堅いのは抜きにして書き直すことにしました。新人戦や遠漕については他の1・2年生が、マネージャーの話は同じく任命された堀君と前田君が書いてくれることでしょう🙃

さて、前LIFEでもある通り端艇部は今まさに年1のオフ期間です。でした。
高崎主将と同じく「どちらかと言われなくても陰ドア派」の自分は学校に行く時以外、存分に引き籠っていたわけですが、そんな僕もつい先日渋谷で行われたダンスミュージック(いわゆるEDM)のイベントに同期の数人を誘い、一緒に楽しんできました。ここ1ヶ月、ボート部のオフと1番好きなDJの初来日が被っていたことでテンションが上がりっぱなしだったぐらいにはEDMヲタクな僕が、初めてこのジャンルの音楽を聴いたのは高校に入る直前ぐらいだった気がします。

以前、「殆どの人間は思春期の頃聴いていたジャンルの音楽を一生聴き続ける」といった研究結果があるというのを耳にしました。現にここ5年ほど聴き続けているので当てはまってるのかもしれませんね。皆さんはどうでしょうか?将来、大人な男性👴になるためにも、”3!2!1!👊”やら”Put your hands up🙌”ばかりでなく、もっと落ち着いたテイストの音楽を聴くよう心掛けます。
逆に、これからEDMを聴いてみたい人は是非村川に直接聞くなりなんなりしてください。食わず嫌いは勿体ないですよ。

128期から129期へ、漕手からマネージャーへ、ましてや聴く音楽の幅すら広げようとしているわけで、周りと自分自身の変化が特に多い毎日ですが、心機一転、奮闘していこうと思います。長くなりすぎたのでまた書き直そうかと思いましたが面倒なのでこのままにします。約半年前、「何を書いたらいいかわからねえ😫」と嘆いていた兼杉君や貴舩君は僕を見習ってください🙃

文字ばかりなのもアレなので最後に遠漕最終日に撮った写真を貼って終わります。

s_IMG_9374

次は僕と掃除場所が一緒でもあるヤギンゴこと八木君です。文学部が綴る超絶技巧のLIFE、楽しみですね🙃

 

慶應端艇部 ver.129.01のごあいさつ

こんにちは。

主将となりました3年の高崎です。
代替わりより1ヶ月経ってからの初ライフということで、遅れたことをここに謝罪致します。誠に申し訳ありません。

あれだけ存在感の大きかった現4年生の方々の引退から1ヶ月が経ちましたが、意外となんとかなるものです。というのも別に何があったわけでもありませんからね。こっからです。こっから。
まあ何もなかったといえば嘘になってしまい、11月中には新人戦・遠漕があったのですがここらへんは次のむらかわくん・八木ンゴあたりが説明してくれるかもしれません。共につつがなく終了しております。つつがなく…?

現在我々は1年に一度の長期オフを満喫しています。はずです。ちゃんとみんな楽しめているでしょうか…?
僕はオフの使い方は人それぞれだと思っているので、1日中部屋でゴロゴロしてようが友達と旅行に行こうがパリピになろうが恋人と過ごそうが各々の自由だと考えています。貴重なオフではありますが、ダメですよ無闇に他人のオフを否定しては🙅‍♂️

どちらかと言わなくても僕は陰ドア派ですので、部屋から一歩も出ないのが理想ですね。ええ。
3年前、高校生と大学生の狭間の2月、1週間同じゲームをやり続けてたらいつの間にかプレイ時間が100時間を超えていたのは記憶に新しいです。たぶんあの時は1日が30時間くらいあったんじゃないでしょうか。じゃないと計算が合いませんからね🤔🤪

しかしこんな僕にも友人と言える生物が存在しているのも確かであり、つい先日、その友人たちと奄美大島に行ってまいりました。冬だというのに雲ひとつない晴天のうえ、25度もありましたので海にも行かせてもらいましたし、毎日うまいもの食ってカヌーも漕いでシュノーケリングもして…と大満足の二泊三日でした。同行者は頼れる副将であり運転免許を所持していないフジケン、免許を持つ今回の旅の企画者甘いマスクのタカトラ、辻井の豪華3本立てでした。辻井は早く痔を治せ。指入れられとる場合ちゃうぞ。

83C2CC70-4485-492B-9BD1-29B51D1CA66A

(奄美大島にて。ウミガメと。)

 

そしてそんなことをしている内にオフも終わりに近づき、つい昨日行われた應援指導部吹奏楽団・チアリーディング部による定期演奏会を持って僕の2017年度長期オフのイベントは終了いたしました。次に長いオフもらえるのは早慶戦後かな、、、😂

定期演奏会は…凄かったです。なんで去年行かなかったのか後悔しました。来年も絶対行きます。端艇部全員参加のイベントにすればよかったと思ったくらいです。
ああいったパフォーマンスを出来る人たちというのは本当に尊敬しますね。彼ら彼女らの応援を受けながら漕げるというのは非常に光栄なことです。普段は我々競技者を応援して下さる應援指導部の皆さまですが、昨日のホールに集まった人、そして差し入れの数!
いつもは応援する側の彼らもまた、数えきれないくらいの人達に応援されている存在なのだということがひしひしと伝わってまいりました。早慶戦に向けて帯を引き締められた思いでございます。

僕たち現役部員はここから陸トレ期間を挟み、秋学期の終了と同時に早慶戦合宿に突入します。新シーズン開幕、張り切っていきましょう。
これにて僕の挨拶…?は終わりにさせてもらいます。

次は僕の直属の後輩、塾高端艇部出身の村川くん!!

 

あとがき

 

 

 

 

こんにちは。

現役部員として役目を終え、引退生活を始めたものの家でできてしまう体幹トレーニングやおんぶスクワットをやめられない前主将の内田です。

現役諸君、いつでも呼んでくれ、スタンバイはできているぞ。

名残惜しいので老害としてライフを投稿させてもらいます。

 

さて、引退レースとなった全日本選手権は敗者復活で敗退という結果に終わりました。

今まで、大会前の練習の後は思うようにいかないことが多く、落ち込みながら艇庫の階段を上ることが多かったのですが、ここ1ヶ月楽しもうと改心してからは、笑顔であがれることが増えました。

レースも負けてしまいはしましたが、最後は出し切ることができ、悔しさは残るものの楽しいレースをすることが出来ました。皆さん応援本当にありがとうございました。

 

引退して数日ですが、今も後輩たちが必死に練習をしていると思うと自分はこんなに暇をもてあそんでいていいものかと思ってしまいます。せめて筋トレ位しなきゃ、、、

引退をしたお役御免の部員がわざわざライフに何を投稿しようか考えていましたが、前回のライフに私の想いを乗せてしまったので大したことは書けません。なので、引退して艇庫から家に帰る道中で思ったことをさらっと書いて終わりにしたいと思います。

 

道中で思ったこと

1、4年間過ごし年々増えた艇庫の私物も、本気を出せば1,2時間で片付けができる

家とほぼ同じだけの生活を送る能力がある艇庫に散乱していた私物もものの1,2時間で片付きました。もともと艇庫では自分が実際に使えるスペースは物凄く小さいのです。
何が言いたいのか、人は案外少ないものだけで過ごしていけるということです。1つ1つのものを無くさないようにしっかりと物を管理することが出来れば人はもっと経済的に過ごせるでしょう。実際、開封せずに捨ててしまった食べ物や、使わなかったものが多く埋もれていました、、、後輩たちよ気を付けて

 

2、電車から7年間見続けていた荒川にもう二度と浮けないこと

早慶戦合宿の時、恐怖に感じていた河練ももう二度とできないのだと考えるとなんだか寂しく感じました。インカレ金メダリストの野方がライフに乗せていた菜の花畑を秋ヶ瀬鉄橋から眺めていた時のことを思い出し、ボートの難しさについて考えました。とくに考えたのはスカル、ペア、フォア、エイトと異なる人数のクルーリーダーを務めて感じた、コミュニケーションの難しさです。人数が増えていけば増えていく程まとめるのが、本当に難しい。。。人が増えていくと、全体感でどうしようということを考えすぎて、1人1人と向き合えなくなってしまうので独りよがりになりやすいのです。1人1人と殴り合いをしあって本当にお互いの思うことをぶつけ合わないときっと本当の意味で1つになるクルーというのは作れないのでしょうね。現役諸君、嫌かもしれないけど喧嘩してみて下さい笑

 

3、全然引退したくない、まだまだ漕ぎたいよ!!ということ

そんなわけにはいかない、そんなことはわかっているです。でも終わってから気付いてしまったんです。現役の時は全然気づかず漕いでいましたが、OBからの多額の寄付、休日返上で指導して下さった監督、コーチ、そして金銭面でかなり援助してくれた両親の助けがあって壮絶な遊びをさせて頂いたことが、いかに恵まれていたかということに。きっと人生でここまで人に助けてもらって好き勝手できることはもう無いのでしょう。それだけ好きなことをして、結果を出して恩返しをできなかった自分を責めつつも、これからの人生で恩返しをしていこうと固く自分に誓いました。

 

道中で思ったことはこんなところですかね、、笑

現役諸君に参考になることはあったかな?笑

 

さあ、ついに本当のラストライフも終わりの時がきました。

内田さん話なげーよ、、イライラ、スワラセロ
って思ってた人ついにさよならです。

たくさわがままを通してきましたが、本当によく耐えて支えてくれました。

今まで本当にありがとう。

君たちは僕の一生の宝です。

 

そして最後に我々128期を応援して下さった全ての方へ

1年間本当にありがとうございました。

どうか、後輩たちのことも温かく見守っていただきたく思います。

それでは失礼いたします。

alljapan2

 

文:128期主将 内田優志

だって副将だもの

 

 

全国のLIFEファンの皆様こんにちは。

圧倒的黒さを持つ細田君にご指名受けました圧倒的副将の高田直人です。

皆、副将のこと小バカにしてるけど意外と大変なんですよ?

ミーティングの時に内田君の意見にウンウンしたり、艇庫の廊下を( ・´ー・`)な顔で歩いたり。

せっかくここまで上り詰めたんです、簡単に引退して副将を誰かに渡してたまるかって話ですよ。

来年も艇庫に残って副将やります!

嘘です。

 

 

 

と茶番はここまでにして主将の内田君も書けなかった4年生最後のLIFEを書きたいと思います。

皆が期待しているような感動は一切ありません。関西人ですから!

今回のLIFEは!!

8668b75c

新・3大「慶應端艇部に入って私が変わったこと」

をお送りします!

またこれかよ。と思った人、またこれです。

このLIFEを通して慶應端艇部に入ればこんないいことがあると伝えていくのであります!

 

 

 

 

早速一つ目行ってみましょう、こちら!

①  「ちょっと外見に気をつかうようになった」

 

 

有識者の北〇さんと細〇さんは言うのです!

gaishi kitahara

北「ウチじゃ金をもってる奴が全て。お金を持ってない奴らも最低限の身なりをしてほしいね。」

細「ユニクロ着てる陰キャラはこの艇庫に…いらない。」と。 (※一部脚色アリ)

 

関西出身で人は面白さで決まる、と本気で思いこんできた私にとってこの環境は衝撃でした。

絶対言っちゃダメですよ?ここだけの話…慶應boy=おかねもちってマジなんですよ。。

そんなこんなで入学当初革靴に短い靴下を履いていた私は、すぐさま黒くて長い靴下を購入し、

服にはアイロンを当て、髪を整えるようになっていきました。

恐ろしい人たちに迫害されないように。。

 

 

 

 

さてさて、テンポ良くいきましょう!

次はこちら!

② 「面白く?なった」

 

 

有識者のト〇ト〇さんは言うのです!

tonn

「ウチじゃ5秒で一発芸を考えて大爆笑なんてあたりまえ。恐ろしく速いギャグの振り、俺じゃなきゃ見逃しちゃうね。」と。

入部当初、ボートが強いわけでも面白くもなかった私に、優しい先輩方はこうも言ったのです!

「早く面白くなるか、早く強くなるか、どっちかしろ」と。

 

その言葉を胸に、ある時はエルゴを頑張り、ある時は無制限ギャグ対決で同期たちと競い合ったりしました。

その結果、ト〇ト〇はアメリカ50州ギャグという最強の武器を手に入れました。

ちなみに僕はクソみたいなギャグが3つほどしかできませんでした。。

これがポテンシャルの違いというものですね。

 

 

 

 

それでは最後行ってみましょう!

最後はこちら!

③ 「他大学の友達ができた」

 

 

有識者のW大 石〇良〇さんはこう語るのです!

ryouchi

「とりあえず俺と友達になっとけばまあ戸田で心配することはないわ。俺有名人やから。早く合コン行こや」と。

 

戸田公園には本当に多くの大学の寮があります。

時には合同練習をしたり、時には艇を借りたり、戸田内での繋がりは強く大切なものなのです!

プライベートでご飯に行き、いろんな話をする中で、

「他大学はこんな練習をしているのか」「他大学にはそんな可愛い子がいるのか

などの情報収集をすることも出来ます。

慶應の人たちは意外とシャイで斜に構えている人が多いので

もっと積極的に他大学の人と仲良くなることをオススメします!

ええことあんで(スケベ顔)

 

 

 

 

 

というわけで以上で私のラストクソLIFE

新・3大「慶應端艇部に入って私が変わったこと」

とさせていただきます!

皆様ご清聴ありがとうございました。

 

さいならッ!

ライフ隊長のラストライフ

 

 

 

野方さんに紹介されました、慶應義塾大学法学部法律学科4年の細田外嗣です。

彼女はこないだのインカレで優勝しました!まじですごい!全部員からの人気者!アメリカ帰っても元気でね!!

はい。2週間ぶり5回目のライフにして最後のライフを書きたいと思います!

 

同期にライフの更新を急かしたために、自分も早く書かないと怒られそう。

でも圧倒的文才のなさを前に絶望です。みんなのクオリティの高さが信じられません。頑張って書きます。頑張ります。

 

下級生の頃想像していた、引退直前の自分は、

「やっと引退だ!」とか、「さみしい」とかそんな感じなんだろうな、と思っていました。

2014年の僕にとって2017年は見えないほど遠い未来でした。東京オリンピックがまだ想像できないのと同じです。

しかし4年が経ち、思った以上に「終わる」という実感がありません。

自分の中で思ったよりも日常になりすぎたせいで、あんまり信じられません。

 

この4年間の思い出は、同期のみんなが色々書いてくれました。

懐かしい思い出は引退してからゆっくり思い返すとして、

僕はありきたりすぎますが、この部活で学んだことを書きたいと思います。

 

この部活で学んだことはたくさんあります。

人のベッドにチョコレート菓子をばらまいてはいけないこと、朝弱い人には話しかけていけないこと、人のベッドにシャンプーをばらまいてはいけないこと、など。

 

その中で僕の一番学んだことは、「自分に自信を持つこと」だと思います。

これが最も大切でインポータントだと最近になってわかりました。

 

「自分ならもっとできると思って、実力より一歩上の目標に挑戦してください。」

というのは、ありきたりですが、一番大事です。

有名スポーツ選手の書く本のテンプレですね。

でも彼らには絶対わからない、言わないことが一つだけあります。

 

「自信を持てば持つほど、失敗した時のダメージはとても大きい」ということです。

僕たちの代は早慶戦負けました。絶対勝てるという自信があったからこそ、ダメージはとても大きい。

テレビ放送はまだ見れていません。

でも、最初から「相手の方が格上だな」と思って挑戦すれば、おそらく精神的ダメージは軽微だったでしょう。

 

自信を失うような大きな失敗に直面した時、多くは自分の実力に対する自信を疑い、本能的にもうこんなダメージを食らわないようにしてしまいます。

この部活でも「絶対勝てるのに負けた」、「シートレースでびっくりするくらい勝てない」など、自分の実力を客観視できてしまう、自信を疑わざるを得ないような場面がたくさんあります。

 

あまりうまく言えないのですが、それでも、どうにかして自分を過信し続けてください。こんなもんかなと妥協した挑戦はあんまり楽しくないからです。どうせなら夢いっぱいの冒険しましょう。

 

どうしても辛い時は、周りに助けてもらってください。(仲間のありがたみについては北原のライフ参照)

僕はたまに同期の寺坂くんに相談するのですが、彼は99%こう言います。

「まあ、やむなしじゃね」(注:やむを得ないね、仕方ないねの意)

その言葉を聞いて僕は、やむなしな訳ねーだろおおと思い、突き放された気分になります。

でもよく考えると、皆同じ志を持ち、同じように挫折や成功を経験している人たちです。その仲間たちが仕方ないと思うレベルならまだまだいけると思って頑張れました。

皆さんも誰かが必ず助けてくれます。世の中寺坂より冷たい人間はいないよ。優しい仲間にあふれているよ。

 

もし今うまく行かねえと思っているのならば、今直面している挫折なんて過去に誰かが通ってきた道だと思って、自信を持って乗り越えてください。絶対いけます。

 

僕も最後まで自分を過信して全日本に挑みます。

4年間本気で挑戦できる環境と全ての人へ感謝を示すために勝ちたいと思います。頑張ります。

 

ラストライフだと思って読んでみたら思ったよりも説教じみてて腹が立った読者の皆さんへ、超ごめんなさい。

次は超面白くて超感動するライフを我が部の誇る圧倒的副将が書いてくれます。

ご期待ください。

IMG_4592

 

 

「つらさ」の後には必ず「幸せ」

 

 

 

 

ボート部に入ったときにはきのこみたいな髪型だったので、キノコと呼ばれていましたが、最近髪の毛が伸びて人間的魅力が増していると思われます。野方です。
ラストライフでは、四年間ボートをやっていて気づいたことを書きたいとおもいます。
それは、
「つらいことの後には、かならず幸せがくる」ということです。
例えば

《SFC1限練習からの…》

私がこの四年間で最も耳にするのを恐れた言葉。それは、「SFC1限」。
これは、SFC1限の授業に間に合うように朝練を終わらせなければならない、という意味です。
この一言を消灯前に聞いた翌朝はAM4時15分から練習が始まります。要するにAM3時45分くらいに起きなければいけません。3時45分はもはや朝ではありません。真っ暗です。早起きは三文の徳といいますが、この練習をすると一日中眠すぎて、あまり得をした気分にはなりません。
この早朝ならぬ深夜練習の後に、果たして幸せは待っているのでしょうか。
実は、待ってます。

練習していると、朝日が昇ってきます。

S__11567138

この美しい朝日をコースの特等席からクルーみんなで見られる。幸せです。

S__11567139

(この写真はオリビアが送ってくれました。オリビアありがとう!)
《苦しい河練からの…》
河練。なんだかんだきついのは荒川まで船を持って行く時です。今日もキムミナの絶叫が遠くから聞こえてきます。
船がイワオになったときは地獄でした。ガンネル細すぎ。
そして、川にボートを浮かべると、モーターから秋ヶ瀬までUTという指示を受け、秋ヶ瀬に向かいます。
このUTをやった先に、果たして幸せは待っているのでしょうか。
実は、待っています。

電車の音が徐々に近づいてきます。ラストスパートで水中をあげます。最高に苦しいです。鉄橋を超え、「イージョ」とコールされ、横の土手を見ると…
S__11567134

一面真っ黄色の美しい景色が広がります
ちょうど早慶戦合宿の終盤になると秋ヶ瀬は菜の花で埋め尽くされます。
S__11567135
この景色を見て癒されれば、帰り道もガンガン水中が出せます。

じゃあ、川下に行くときは何もないのか…
いやいや、ありますよ!
S__11567136

赤羽鉄橋のところでは芝桜と桜のコラボレーションが見られます!
S__11567137
つらいパドルの後には必ず幸せが待ってるんですね。

《早慶戦の連敗からの…》
早慶戦で早稲田に勝つ

長年の慶應女子部の先輩方がそのために努力し、それでも実現できずにいること。

今年も実現できませんでした。

S__11567140

今年の早慶戦でのこの瞬間を私は一生後悔するし、一生引きずると思います。

「もっと練習でハイレートをやりこんでいればこんなことにはならなかったのか。」
「バウの私がしっかり漕げていればこんなことにならなかったのに」
「ラストスパートをもっと遅くいれてればよかったのか」

試合が終わった後は、後悔だけがただただ募っていきました。この一瞬で、クルー全員で掴みかけた勝利がこぼれ落ちていきました。毎週土日に来てくれて、深夜までリギングをしてくれたコーチや、応援してくれた先輩方後輩たちに申し訳ない気持ちでいっぱいでした。

早慶戦で負けた日の夜、ベットで泣きながらそのときの気持ちを忘れないように練習ノートに書きました。そのノートを今年何度も読み返し、その瞬間を思い出して何度も泣きました。何度思い出しても悔しくて悔しくてどうしようもないです。
この早慶戦という舞台で勝つためには、早稲田の2倍も3倍も練習をして、早稲田のだれよりも強く漕いで、心から勝ちたいと思い続けなければいけません。
それはつらくて大変なことですが、クルーみんなでそれができれば、「エグ楽しい」毎日が送れるのでは無いでしょうか。
慶應にとってつらい結果が20年以上続いています。でも必ず幸せは来るはずです。
「つらさ」の後には必ず「幸せ」がやってきます。どんなにつらくても、目指すところが高くてどんなに不安になっても、クルー全員が決して諦めずに同じ方向を向いていれば必ず「勝利」を掴み取れると思います。
来年の早慶戦は、後輩たちが「幸せ」を掴みとってくれると信じてます。
私はもう早慶戦にはでられないので、四年分の思いを全日本でぶつけたいと思います。
応援よろしくお願いいたします!

次は、「真面目さ・優しさ・愛嬌」全てを持ち合わせている、完璧な男、細田くんです。

遊び

寺坂君から紹介頂きました長石です。
いよいよラストライフですね。感動はしないと思います(笑)
では書いていきます。

監督が全ミの中で話した4年間をかけた壮大な「遊び」も終わってしまいます。
僕はこの「遊び」という表現がとても好きです。監督が1度話しただけだと思いますが僕には心に残っています。これには色々な意味が込められているような気がするからです。

まず1つ目が辛い練習をしているときや心が折れそうなときもありますが自分が好きでやっていることです。貴重な時間やお金をかけてやっているのだから本気で取り組まなければ時間やお金のムダになってしまいます。だから心が折れそうなときは初心を思い出して自分で始めたのにツラいところから逃げ出してかっこ悪くないのかと自問しながら頑張ってください。

2つ目が遊びは夢中になるから時間があっという間にすぎてしまうということです。ボート部も4年間ありますが引退はすぐです。1つ1つの練習に本気で取り組んでほしいです。手を抜き続けてしまうと後に取り返しがつかなくなってしまいます。4年生の最後の試合にすべてやり切ったと言えるように頑張りましょう。僕も最後の最後まで本気で取り組んでいきます。

3つ目は楽しいと感じるところはどのような点に見つけてもいいということです。ボート部の生活で楽しめることは意外とあると思います。同期とわいわい過ごしたり、ボートを深く知ったり、辛い練習の中で自分に打ち勝ったり、自分の弱さや強さを知ったりなどです。数えきれないほどあって人の数だけあります。後輩にはこれらを多く見つけてボートを楽しみながら深くつきつめてほしいです。

他にも人によっては「遊び」の意味を受け取れるかもしれませんがこのあたりにします。

OBの方や先輩、同期、後輩、家族などたくさんの方々のおかげでこの「遊び」に夢中になれました。とても充実した4年間でした。

この4年間の経験を生かしてカッコいい大人になりたいと思います。

次は4年間で魅力が増したと言われている野方です。

ついにきてしまったLAST LIFE

みなさんこんにちは。
たっちーより紹介を受けた4年の寺坂僚太です。

ついにラストライフが回って来ました。皆んなのライフを読んで思うことは『文章うまくね?』なんやかんや皆んなうまくまとまった良い文章書くなぁとしみじみしていました。
僕もなんとか頑張ろうと思います。

ただ、書くことがない。。。
書くことがないというより何を書けば良いのかわからないという状態です。自分が思ってることを全部書いたら1冊も売れない本が書けそうです。
なので引退を間近に控えて今思ってることを超々厳選して書くと

『寂しい』

です。そうなんです。寂しいです。僕が端艇部に入った理由は日本一になれるからでもボートがかっこいいと思ったからでもなく、このチームの人や雰囲気が好きだったからです。だからもし、ここがラクロス部だったら僕はラクロス部に入っていたかもしれません。そんな直感的に入ったボート部でしたが、僕の直感は正しかったです。艇庫にいる時間は楽しくevery day 修学旅行のような気分でした。そんな場所にいられなくなるのですからそれは寂しいです。

しかし、どれだけ寂しいと言っても引退までの日数は変わりません、なので残り本当に少ない日数をより一層噛み締めて過ごしていきたいと思っています。

最後に支えてくれた監督コーチ、OBの方々、マネージャー、そして現役部員の皆さん、こんなにも引退することが寂しいと思わせてくれる4年間をありがとうございます。
感謝を形にするためにも全日本でしっかり勝ちます。
さて締まりのない文章をだらだらと書いてしまったので、僕のラストライフはこのくらいにして次のバルトの感動ラストライフに期待することにします。バルトよろしくね。

本当の最後に愛すべき128期の成長の証を乗せて終わりたいと思います。

1年山中湖合宿

0EC95728-CCE7-4277-9407-74EFC6711E1E

 

 

4年遠漕

92865521-794F-4E80-B8E9-2A9B37C3E547

 

« Older posts