LIFE

戸田での合宿生活&部員の素の姿をブログで紹介!練習のこと、仲間のこと、オフの出来事、etc

 
 
 
 
 

 

こんにちは。

 

130期主将に就任しました新井勇大と申します。
これから1年間、よろしくお願いします。

 
 

本年度は、何としても結果を求める。

 

インカレ、全日本で決勝まであと一歩、隅田では早稲田に二連敗、負けは飽きました。

 
 

頼れる同期、ポテンシャル豊かな1.2年生、130年の歴史を武器に、どの大学にも、どの実業団よりも、早くゴールします。

 
 
 

もうどこにも、誰にも、負けません。

 

新井勇大

後悔先に立たず

 

 

 

 

 

待っていた人はこんにちは。

待っていなかった人も、ブラウザバックは控えて暫しお付き合いください。慶應義塾大学體育會端艇部129期主将の髙崎です。

何か楽しいことでも書こうと思ったのですが、せっかくなので自分語りをしようと思います。

 

思い返せば、こんな”仰々しい”肩書きを頂いたのも丁度去年の同じ頃でした。

圧倒的な実力を持ち、経験豊富でエネルギーに満ち溢れ、何よりボートを心から愛していた先代内田主将。

そんな偉大なる内田先輩から引き継ぎ、手渡された主将という役職は僕にとって、結局最後まで『荷が重いもの』でした。

 

これまでの人生において受け身の姿勢をとり続けた積極性の欠片もない僕が、部を率いなければならない。

体が大きいだけで知識も経験も少なく、大して上手くもない自分が、荻野さんと、根本さんと、山本さんと、航さんと、中田さんと、内田さんと同じ場所に立たなければならない。

誇らしい気持ちがありました。喜びがありました。過程は何にせよ選ばれたという事実に、今後部のトップを名乗れる事実に、承認欲求満たされちゃいましたよって感じでした。

だけどそれ以上に、不安がありました。

だって僕が今まで頑張れたのは、きっと期待値が低かったから。

「意外にやるじゃん。」そんな評価しかもらえない僕が最も苦手とすることこそ、きっと「期待に応える」ということだったのでしょう。

書いてて悲しくなってきました。しにたい。

 

そして朝比奈に何度も聞かれた、「お前はどうしたいの?」という問い。どうすればいいのかではなく、僕がどうしたいか。

人に未来はわかりません。だからこそ、局所的な正解が長期的に見て正解でないことがザラにあるからこそ、”なんとなく正解っぽい選択肢”ではなく”自分がやりたい選択肢”を採るべきなんだということを朝比奈は教えてくれました。

 

同期の誰から見ても、後輩の誰から見ても、きっともどかしくて苛立つような姿が多かったことでしょう。自分が何をしたいのかも分かろうとしないまま色々なことから逃げて、臆病に不完全で幼稚な”それっぽい選択肢”を選び続ける姿に、失望と怒りを覚えていたことでしょう。

太宰治風にいうと、恥の多い1年を送ってきましたって感じです。

 

そのツケを支払わされたのが、9月のインカレでした。スイープチーム全艇が2日目で敗退、スカルチームも3日目にて全種目が散ったのは、きっと、いつまでもいつまでも忘れたくても忘れられない。

どうしていいのかわかりませんでした。覚悟しているつもりだったはずの後輩からの評価も言葉も、同期からの呆れたような目も。自分自身のやってきたことと、やらなかったことの清算なんだと思いました。

自分の中で決めたはずのことが揺らいで曲がって圧し折られて、試合後からほとんど何も口にできないまま2000m測定を行なって、家からほとんど出ない5日間のオフを過ごして、艇庫入りして、どこかふわふわした状態のまま選考期間に入って、そして気づいた時にはもう、対校エイトに僕のシートはありませんでした。

当然ですね。この部が1番勝ちたい、勝たなければならない艇に覚悟の足りない中途半端な選手など必要ありません。ましてやクルーリーダーなんて務まる筈もない。

だからきっと、全日本選手権で僕の乗らない対校エイトが敗者復活戦で勝ち上がったのは必然だったのだと思います。日本大学の棄権があったからとかそういうのは関係ありません。

自身の乗るM4+の敗北を受けた後に、勝利に喜ぶ対校エイトの面々を見て思ったことは、その場に自分がいないことへの怒りよりも「僕じゃなかったんだ」という妙な納得感でした。新人戦も、早慶戦もインカレも負けさせてきた僕は、きっと初めからトップクルーには必要なかったのかもしれません。

 

 

申し訳なさと、後悔ばかり残る1年間でした。

 

それでも付きフォアの3番として挑んだ最後の2ヶ月間は、4年間でトップ3の中に入るほど楽しい時間でした。練習を心から楽しめたのは早慶戦ぶりで、陸でも水上でもやりたいようにやらせてもらいました。昨年に同期から唯一2人で対校エイトに乗って、先輩方の無念の引退を共に味わったタカトラと同じクルーになれたのは何の幸運か。2人で最後の最後まで楽しんでトライし続けることができました。

後輩を勝たせるのは先輩の仕事なんだと仰られていたのは、2年前の廣橋さん。

最後の最後のクルーで、近い将来に確実に部の根幹と成り得る鍛治田・王田・向井と漕げたことをとても光栄に思います。なけなしの経験と技術を伝えたつもりではありますが、勝たせてあげられなかったことが何よりの心残りです。

 

 

 

 

はい。

ここまでご覧になってくれてありがとうございます。実はここまでの文はほとんど試合に負けた夜と土曜に書いたやつなんですね。

 

なんか読み返すとネガティブがすごいです。自虐もひどい。でもこんなんしか書けませんでした。書いちゃいけないこととか書くべきこととか色々考えてたんですが、やめました。最初から最後までつらつらと頭の中に浮かんだ書きたいことだけ書いてあります。

打ち上げである程度スッキリしましたし、引退して1週間以上経った今としてはまあここまでネガティブになってるわけでもないので全部消して書き直そうとしたんですが、本音で語ろうとすると結局こんな感じ↑になるのかもと思いましたのでそのまま載っけときます。

 

引退して10日経った僕からは、アドバイスっぽいお願いを。

 

ホワイトボードにも書いた、感謝・謙虚・誠実の3つ。早慶戦のミーティングで麓が言った言葉です。

この3つを絶対に忘れないようにしたまま、みんなの心の中の奥にある、1番大事な目的に通ずる「欲望」をどんどん大きくしていってください。

 

目的とか目標とかこの1年間でよく聞いたと思いますが、目標とは基本的に目的のためのステップです。

例えばお金が欲しいとしましょう。だけど普通、お金というものは何かを買うためのもの。お金が欲しいのなら、きっとお金で買いたい何かがあるってことです。

そうです。プレステ4とスパイダーマンですね。ならばこの場合の「目的」とは、テレビの前に座って、自らの操るスパイダーマンでオープンワールドを駆け巡って楽しむこと。バイトを始めるとかお金を手に入れるのはそのための目標の1つでしかありません。

 

この部のみんなは本当に頭が良いです。どいつもこいつもめっちゃ考えてる。小賢しいと言ったほうがいいかもしれません。

だから色んなことに気がつくし、気がついたら全部試したくなってしまう。そしていつの間にか、お金を手に入れるためにお金を手に入れようとしていることがよくあります。

 

陸でも水上でも障害ばかりのこのスポーツをやる上で、自分がなんでこの部にいるのか、何がしたくてここにいるのかを忘れないようにしてください。

そしてその目的への思いが強ければ強いほど、その目的に至るまでのどこかに必ずある「勝つ」という目標に傾けるエネルギーが大きくなります。

この思いの強さ、なんていう曖昧な物が滅茶苦茶モノを言うのが学生スポーツの醍醐味だと思うのです。

 

感謝を忘れず謙虚な姿勢で、全ての物事に誠実に。そして何よりやりたいことにエネルギーを全部注ぎ込む、アツい現役生活を過ごしてください。

もう岸から応援しか出来ない身ですが、心からみんなの勝利を願ってます。

そしてこれまでの僕の10年間のボート生活に関わってくださった全ての人たちに、深く深く感謝いたします。何物にも代え難い充実した時間でした。

本当にありがとうございました。

 

 

支離滅裂・情緒不安定になってしまいましたが、別にいつもと変わらないですね。

129期、本当に楽しかったです。

ではまた。

 

次は新井くん。

お待たせして申し訳ございません。

4D4F8482-8DD2-4373-8D10-B2C1C5D06E45

『ヒロシの飯、味濃くね?』『まじそれな』

こんにちは、フジケンよりバトンを受けました129期主務の朝比奈です。

とうとうラストLIFEです。気張って行きます。

 

 

 

さて、引退生活5日目ということで、さぞ楽しい毎日を送っているのかと思われがちですが、実際は全然そんなことありません。

 

引退を区切りに、これまで多少勉強ができなくても、多少太っていても僕をキャンパスという戦場から守り続けてきてくれた「学生服」、「体育会学生」という鎧は失われ、今は大学に来ていく「私服」すら満足に持っていない、ただの体脂肪23.6%という驚異的な「脂肪」だけが残った22歳のふくよかな一学生となってしまいました。

 

 

この現実は週4で大学に通わねばらない僕にとっては余りに厳しい状況です。

 

 

 

そんなふくよかな一学生が、今となってしまっては過去となってしまった4年間で思ったこと、感じたことをツラツラと書いていきたいと思います。

文学部ですが、文才は皆無ですので根性で書き進めていきます。どうぞお付き合い頂けますと幸いです。

 

 

 

 

 

 

 

はい、ということでここからは少し真面目に。

何を書こうか迷いましたが、やっぱりマネージャーになってからの2年を中心に書き進めていこうと思います。

というのも、ここで感じたことが僕の端艇部生活4年間の全てであり、一つ屋根の下で暮らし、同じ釜の飯を食った家族同然のみんなに伝えたいと思ったからです。

 

あとは、もしかしたら1ヶ月後、10年後、50年後にマネージャーになるかもしれない端艇部員に向けて。

これは、僕の経験からですが、僕がマネージャーになった当時一番知りたかったのが、これまで端艇部の長い歴史の中でマネージャーをやってきた人達が最後に何を思って引退して行ったのか一番知りたかったからです。

ただ、実際に探してみると、なかなかありませんでした。当時は、ゴールが見えない、自分の残りの2年を捧げるにふさわしいポジションなのか分からなく不安でしょうがなかったのを覚えています。

なので、あくまでマネージャーを務めたうちの1人が思ったこととして、参考程度にしてもらえればと思います。

 

 

 

 

先日、同期の麓と引退後に艇庫へ荷物の片付けに行った帰り、飯を食いながら麓から「マネージャーやってて一番辛かったことって何?」って質問をされました。

その時は、なんとなく言わなかったですが2年間一番辛くて嫌で嫌でしょうがなかったのは、選手としてボートを漕げないことでした。

 

 

 

僕は、ボート部に選手として活躍したくて、もっと言えば選手として勝利した時に感じるであろう「熱い気持ちを得る」ことが目的でボート部に入部しました。極論を言えば、自分が一番いい思いをしたかったわけです。

 

 

 

でもマネージャーになりました。それまでの20年間の人生、それなりに色々ありましたが、こればっかりは本当に目の前真っ暗案件でした。就活的に言えば「人生で一番の挫折」ってヤツです。

 

 

マネージャーを任せられた時は、マネージャーといえば「選手を支えること」が目的であり、「熱い気持ち」とは最も遠いポジションだと思っていました。だからこそ、本当に嫌で嫌でしょうがなかった。

でも、マネージャーになっても声かけてくれた同期、後輩、先輩、家族いろんな人にカッコ悪いところ見せたくない。それに、マネージャーになってとき、僕と辻は監督から「マネージャーから端艇部を強くして行ってくれ」と言われました。

だから、マネージャーになった以上、「選手を支えること」に徹底しなきゃ、じゃないと自分の立場ないやって頑張って思ったんですね。

 

それから、選手を支える為に毎日の仕事とかなるべく丁寧にやりました。ただ、一向に身が入らない。

選手の時はなかったのに、毎日のようにボート漕いでる夢見るし、とにかく選手がボート漕いでる姿を見るのが羨ましくて辛くてしょうがないって感じでした。それでも、根性で乗り越える、そんな毎日でした。

 

 

 

 

 

すみません、長くなりました。

長くなりすぎるので、結論から言います。

マネージャーの目的が「選手を支えること」っていうのは間違いでした。

 

 

それに気付くきっかけは去年の86回早慶戦でした。

負けたときに、これまで感じたことがないくらい悔しくてしょうがなかった。心の底から「悔しい、ちくしょう」って感情が溢れてきたんですね。

そのときに、「あれ?他人の勝負事の結果なのにこんなに悔しいなんて、勝ったときはマネージャーでも熱くなれんじゃない??」って気付いちゃったんです。

 

 

 

 

それからは、マネージャーだからって諦めずに、入部当初の目的であった勝利したときに得るであろう「熱い気持ち」を掴み取ってやろうと思うようになりました。選手が1着でゴールして水上で喜んでいる時に、自分は陸上でそれ以上のガッツポーズをとってやろうって。

 

 

でも、「熱い気持ちを得る」には選手にいい結果・勝利を勝ち取ってもらわなきゃ始まらない。いい結果を取る為に、選手がボートに集中できるように、「選手を支える」事が必要。だから自分が全力でサポートすることで、艇速を一秒でもあげてやろう、そのために全力でマネージャーやってやろうって思うようになりました。

つまり、「選手を支えること」は目的ではなくて、「熱い気持ちを得る」ための手段となったんですね。

 

 

 

ただ、どんなに僕が頑張っても最後に漕ぐのは選手です。

だから、僕は選手に自分の4年間を「懸ける」ことを選びました。

 

 

 

 

それからの一年半、色々ありました。

自分の頭では理解できても、心がついてこず悩んだこともありました。

何より、選手、特に同期に対して一番の想いをかけていた分、中途半端なことをされると本当に頭にきたし、本当に悔しかった。選手との考えにギャップを感じることもありました。

 

 

 

 

ただ、4年間終わって引退した身として、先輩、後輩、そして同期みんなに一番言いたいのは「ありがとう」ってことです。

最後の全体ミーティングでも話しましたが、僕のマネージャーとしての2年で「嬉しい・悔しい」といった勝負事の世界において一番の魅力とも言える、「熱い気持ち」を選手時代のように僕にもたらしてくれたのは、皆んなのお陰でした。

最後の全日本が終わって、結果どうこう関係なくオールを置いていく同期をみて思うのは、誇らしい気持ちでした。

 

 

 

余談ですが、最後のエイトの順決の伴チャ帰りに辻井から

 

「成仏できた?」

 

って言われました。

成仏ってワードどっから出てきたのか覚えてないし、文字にすると意味よく分からないけど、それを言われたあの時の僕は涙ちょちょぎれました。「あーやっと終わった」って気持ちと、「マネージャーやってきて良かった」って気持ちと、色んな感情が溢れてきました。

 

仲間に恵まれたお陰で、僕は選手という憧れに未練なく、マネージャーに誇りをもって、マネージャーとして成仏できます。本当にありがとう。

 

 

 

 

 

またまた、長くなりました。すみません。

後輩の皆んなむけて、あとちょっとだけ書かせて。

 

 

これまでツラツラと、あたかも100%やりきって、最高の気持ちで引退して的なこと書いてますが、やっぱり勝てなかったことだけは心残りです。早慶戦の負けは思い出すと今でも、悔しくてしょうがないです。

やっぱり最後は、優勝してガッツポーズとって、対岸から慶應艇庫に届くくらい大きな声で雄叫びをあげるような「熱い気持ち」を勝ち取りたかった。

だからこそ、後輩の皆んなには本気で来年、再来年、その次も、早稲田に勝って欲しいし、インカレ・全日本では雄叫びを上げまくって欲しいなって心の底から思います。

 

 

じゃあ、慶應義塾體育會端艇部の強みとはなんでしょう。

 

 

 

それは、「一艇ありて、一人無し」を他大より体現しやすい環境にあるんじゃないかと思います。

というのも、全ミでも話した通り、選手から強制的にマネージャーを出す制度をずっとしているのは慶應の強みなんです。

 

 

だから、マネージャーは選手に想いを懸けるべきだし、勝ちたいなら、選手からは勝利という見返りをしっかり求めるべき。でも見返りを求めるだけじゃ絶対だめで、マネージャーにされちゃったって悲劇の主人公気取ってる暇があれば、少しでも頭使って部のためになることをしなきゃいけない。

マネージャーの仕事は、直接選手に関係ないことも多くあるし、何やってんだろって思うような仕事も多いけど、意味のないことに意味を持たせるのはマネージャーの努力次第だし、その努力に選手は結果で応えてくれるから。

逆に選手も、マネージャーは事務作業する事務員でも、飯作る調理人なんかじゃなくて勝利を掴むために存在しているポジションってことを理解して、相応の責任をもって試合に臨まなきゃいけないと思う。

 

これが出来た時、綺麗ごとじゃなく「一艇ありて、一人無し」が体現できると思います。

 

 

 

これは幸にも不幸にも、選手から強制的にマネージャーを指名する制度があるからこそできることなんです。

これが上手く機能するようになった時、慶應義塾體育會端艇部って組織に他大にはない色が生まれると思うし、それが最後100m並んだ時に他大とのトップボール1個分の差を生み出してくれると僕は信じてます。

 

 

 

 

 

長々と本当にすみませんでした。これで終わりです。

全ミでもお分かりの通り、話し下手だし纏めるのが苦手なんです。

読み返すと、恥ずかしくなっちゃうので読み返しません。訂正は受け付けません。

 

 

ちなみに、題名は僕が地味にエグられた同期からの言葉第1位に輝いたものです。

 

 

 

さて、僕はキャンパスという戦場で生き抜くため、引退後太るであろう同期に2年分のマウントを盛大に取るために、炭水化物ダイエットと有酸素運動をしてきます。

 

 

 

それでは、みなさん、最後は内輪ネタで。

『左様ならば(さようなら)』👋

※参照:https://wanodaigaku.com/genre03/use009/

 

 

最後は高崎!!!

 

 

 

S__61874178

 

 

朝比奈 寛

 

 

 

最高にアツい時間をありがとう!2018

 

 

 

 

引退してから約70時間が経過しました

 

どうもこんにちは、端艇部“元”副将の藤原健太郎です。

 

引退までに全員終わらせるという流れがあったにもかかわらず、僕が後ろ2人を残して止めてしまいました…

 

同期から○イッターやラ○ンで「早くしろ」とプレッシャーをかけられ、戦犯のような扱いを受けていますが、、

 

最後のレースに向けて降りる1時間前とかに突然「ライフよろしく!」なんて言われてもさ、厳しくない?

 

「わかった!!試合が終わったらすぐに更新するから!!!!!!」

 

 

その時はそう言うしかなかったんですよ。

 

そしてその発言から約80時間が経ちました、、

 

 

 

素直に謝ります。

本当にすみません、すべて僕が悪いです。

 

試合に集中してたしサー、引退してからはその余韻に浸っちゃてたしサー

ライフのこと忘れてたんだよー、許してエヘヘ。

 

 

 

 

 

おおぉ、色んな方向から「ふざけんな」という言葉が聞こえてきます。

 

 

 

 

さて、この4年間本当に長かったですが思い返せばあっという間。

 

 

いくつ大会に出たのかとふと思い、数えてみるとなんと16大会。

40回くらい2000mレースをしたのか、すごい数ですね。

 

 

 

どのレースも印象的ですが、

 

やはり僕にとって1番のレースは、先日行われた全日本最終日の順位決定戦。

 

負けたレースでしたが、

 

スタートからゴールまでの2000m、

最後にゴールラインを駆け抜けたあの一瞬、

あの瞬間、僕はボート競技の真髄に触れたような感覚でした。(大げさかな?笑)

 

 

負けた。

負けたけど、真に皆で心を一つにして、きついけど、攻めまくって、

 

最後は本当に果てました。

 

本当にきつかった(笑)

 

 

最高のメンバーとあの一瞬を共にできたことは、何にも代えがたい、かけがえのない経験です。一生味わうことのできない宝です。

 

 

 

 

そしてそこに至るまで、本当にきつい練習を乗り越えたあの1か月も絶対に忘れることはないでしょう。

 

 

僕の4年間のすべてが詰まった1か月でした。

 

 

我ながらそこで学んだことは、最後の全ミで言った事。

 

そしてもう一つ。

 

 

上手く・強くなるために最も大切な要素なのではないかと考えています。

 

それは、

 

質でもなく量でもなく

 

 

“熱量・集中力”

 

 

 

結局これに尽きるのかなと。

 

 

なんだそんなことかよ、と思う人がほとんどかもしれません。

 

そうです言葉にすれば非常に単純な事です。

 

 

 

しかしそれは、ただ練習を頑張るとかそんな生半可なものではなく、

 

真に強い思いを持ち、上手くそして強くなるために目の前の1本に本当に集中し、日々取り組む事。誰よりも。

 

 

これって実際本当に難しいことだと思います。特にボート競技においては。

 

同じ動作の繰り返しだし、

クルーボートの場合1人でもそうじゃない人がいたら絶対に艇は伸びない。

 

 

自分も最後の1か月でようやく少しできたかなという感じです。

 

 

こんなこと言うのは自己満足かもしれませんが、

 

最後の全日本のエイトは本当にこの2つが強くあったと思っています。

 

早慶戦・インカレと苦しい思いをした。

 

しかしそこから全員が覚悟を決め立ち上がり、より難しい全日本に向け、

 

 

勝つために、本当に一人一人が、「自分から」強くなる、成長するという強い意志を持ち、

 

目の前の1本に集中して取り組んだ。

 

 

 

もちろんうまくいかない時やきつい瞬間も多くありました。しかし誰一人そこで気持ちを切らさず、皆で支え合う雰囲気がありました。今まで感じたことのない強い雰囲気が。

 

 

「自分から」発信し、変え、クルーを引っ張る。

これを一人一人が強く意識できていたのが、今回のエイトの最大の強みだったのではないかと思います。

 

 

 

実際エイトのみんなは、1選手として、また1人間として本当に成長したと思う!

僕はそれが本当に1番うれしいよ!!

 

 

話が戻りますが、

 

「熱量と集中力」

 

量や質以前に、

 

練習に取り組む前提となる部分であるからこそ、

より強く意識してみてはいかがでしょう!

 

 

 

仰々しく語ってしまいましたが最後に、

 

全日本のラストレース、後悔はないけど、

 

でもやっぱり負けたのは悔しい!

 

だから130期のみんな、来年は絶対に勝ってくれ!

 

130期のみんなには本当に輝いてほしい、

もっと強くなって日本一になってほしい。

 

もちろん130期だけじゃなくて131、132期のみんなも。

僕らは最高の後輩に恵まれた。みんなの事が本当に大好きです!

 

心の底から応援しています、最高のチームを。

 

 

頑張ってね!!!

 

 

 

 

長文乱文失礼いたしました。

 

 

ヒロシごめんねお待たせ。

 

 

では!

ひとすじ

ご紹介に預かりました、129期女子部主将の萩原沙柚子と申します。

2回目にして人生最後のライフになります。

 

のんびり屋さんな同期が多いのでしょうか。この期に及んでも、相変わらずのスローペースな更新頻度だったので、私はてっきりこのままラストライフを投稿せずして引退するのではないかと、内心ほっとしていました。気を揉んでおりました。

 

それにしても、同期の皆はそれぞれ“その人らしさ”がぷんぷん溢れる素敵なラストライフを書いていますね。私も例に漏れず、思いの丈を徒然なるままに書いてみようと思います。駄文にお付き合いして下さると嬉しいです。

 

私は、皆さんに「有難う。」と「御免なさい。」、この2つの気持ちをお伝えしたいです。

 

大学1年生の春、右も左も分からないばぶちゃんだった私は、どういう訳だか分かりませんが、当時自分に足りないものは、筋肉とガッツだと信じ切っていました。ボートとも埼玉県とも、そもそも運動すら縁のない生活を送ってきました。しかしながら、“兎に角、強靭な身体が欲しい”と考え、無鉄砲にも最もマッチョの多そうなボート部の門を叩きました。

 

当時の先輩には、「大学のボート部っていうのはね、中高の運動部を2回りくらい本気にさせた様なところだヨ♪、ま、そう気負わずに、未経験でも何の問題もないよ。」と勧誘されました。

 

 

…大嘘じゃん!!、すぐに弱気になりました。正直なところ、まだぴよぴよすらしていない若かりし頃、日本一になることや早慶戦で早稲田を倒すこと、どちらも全くピンと来ませんでした。

 

転機は2年生の早慶戦です。雲のまたその上の存在であった早稲田が、レースでは意外と近くにいた。並んだ。バウだったからか、余計にそう思えたのかもしれないですが、この紛れもない事実が自分にとって大きな励みになりました。

3年の早慶戦では、早稲田の背中を捉えました。「あ、勝てそう。」、奇跡を掴みかけた瞬間でした。そして、「勝てそうだった去年よりも更に速い艇速」で挑んだ4年の早慶戦では、一瞬並んだもののあっけなく離されました。

主将という大役を頂き、クルーリーダーも任せて貰えたのに、クルー勝利に導くことが出来ませんでした。御免なさい。

思えば4年間、ボートを心の底から楽しむことなんて出来ませんでした。休む暇もなく毎日2回と続く厳しい練習は、まるで踊り場のない階段を強制的に昇らされている様に感じたことが多かったです。

頭の中が常にボートのことで100%を占めて、ボートに追われるのではなく、ボートを追いかけるような情熱を持って毎日を過ごせたのかと言われれば、正直なところ答えは否です。私は、きつい練習を“我慢する”ことは出来たのかもしれませんが、子供が遊びに熱中するように、寝食を忘れ没頭して楽しむことは本当に難しかったです。そう振り返ると、やはり申し訳ない様な、遣る瀬無い気持ちになります。

 

そして同時に、人間、自分の気持ちが高まることに最大の力を投入することが出来ることは、さぞ幸せなことなのだろうなとも思います。それがボートであっても、将来後輩の皆さんがよほどの不労所得をお持ちでない限り、やがて就くであろう何かしらの職業であっても、その道“一筋”になれることは最大の幸福だとも考えたりします。

何だか、冗長な話になってしまいましたね。

少し酷に聞こえるかもしれませんが最近、「三つ子の魂百まで」とはよく言ったものだな、とひしひしと感じます。幼少期の生まれ持った性格は大人になっても変わることはない、という意味です。ボート部に入って、まるでライザ〇プの広告に載るような変貌を遂げたり、エルゴのベストが更新されたり、そういったフィジカル的な変化は大いにあります。けれども、やはり本質的な性格というのはなっかなか変えられない、己を捨てることは非常に難しい。

慶應端艇部は、他大に比べて人数が多いのはさることながら、女子も男子も未経験が多く多様なバックグラウンドを持っています。これは日本一を目指す組織としてどうなのだろう、ずっと考えていました。他大の様に、最初から選りすぐりの経験者を集めて少数精鋭の組織のほうがよほど手っ取り早い。そして、私の持論ですが、人は簡単には変わらない、変われない。様々なカラーを持つ三つ子の魂達が集うこの慶應端艇部、果たして何が強みなのでしょうか。

 

私がヒントを得たのは、全国に現存している、日本のお城です。正確に言えば、その土台となる石垣です。中世に建てられて、およそ数百年が経つ今も、地震や自然災害に屈せず今もなお悠然とそびえ立っています。日本の石垣が、世界でも指折りの頑丈さを誇る秘密。それは、当時の職人さんが“大小さまざまな大きさの形や石”をせっせとみつけてきて、見事に隙間なく敷き詰めているからです。

 

これ、ちょっと慶應ボート部っぽくないですか?…飛躍しすぎですかね。

 

ずば抜けたフィジカルを持つ人、いつもクルーの元気印となる人、逆も然り。様々な個性が光る部員ら全員を共に抱えて、この慶應端艇部は129年と長い歴史を脈々と紡いでいるのです。

 

だから、どんなに自分に絶望しても、変わりたいのに、変われないって嘆いたとしても、自己嫌悪に陥っても意外と“どうにかなる”んです。自分がおいそれとどうこうしなくても、時間が解決に導いてくれることも、それこそこのカラフルな組織が、この環境が救ってくれることがあります。つまり誰ひとりとして欠けてはいけない、大切な礎なのです。

 

そろそろ締めに入ります。端艇部での4年間、多くの学びを得ました。この環境を与えてくれた、全ての皆様に感謝の想いでいっぱいです。

 

“ボート部に入りたい”こんな突拍子もないわがままに4年間付き合ってくれた両親、土日返上でご指導くださった監督やコーチ陣、共に切磋琢磨し合った同期、時に大きな道標となり厳しく温かく導いて下さった先輩方、本当に有難う御座いました。

 

そして、特に女子部の後輩に言いたいです。数ある選択肢の中から、慶應女子ボート部に入部してくれて本当に有難う。長く苦楽を共にしてきた3年生、残り1年頑張ってください、心の底から応援しています。練習熱心で頼もしい2年生、その向上心の高さに沢山の刺激を貰っていました。いつも明るく可愛い1年生、気恥ずかしいので直接は言えないけれど、ひたむきに練習に励む姿に日々感銘を受けていました。未来の慶応女子部にとって、とてつもない大きな戦力になってくれると信じています。有難う。ずっとずっとずっと、見守り続けたいです。お世話になりました、皆さん本当に有難う御座いました。

 

それでは、長文・乱文失礼致しました。お付き合い頂き有難う御座います。

 

何とか引退するまでに(後10時間くらいですかね…)、ラストライフを回したいものです。次は、副将のふじけん、宜しく。

強い選手とは

みんな大好きGENTA君から紹介に預かりました、タカトラです。

更新が非常に遅れまして、申し訳ありません。

 

優秀な幹部ならあと1日で129期のラストライフも終わるはず!

 

 

 

 

 

最後のレースを終えてから、何を書こうかと考えて思う所は色々あるのですが、コトバにまとめるのって中々難しいですね。

 

 

 

さあ困りました。

 

困った困った。。。。

 

 

 

困った??

 

 

 

 

_人人人人人人人人人人_

> 「困ったら原点」 <

 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄

 

 

 

 

これは僕の高校時代の監督の口癖でも何でもありませんが、非常に困ったのでH本くんの助言通り「原点」に戻ってみようと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

僕のiPhoneのカメラロールを遡ること、2015年8月22日。

第55回オックスフォードレガッタ。

 

これが僕のボート史上における原点とも言えるレースですね。

 

 

・2000mレースの想像を超えるエグさ

 

・300m以降の記憶ない

 

・この世にコレよりキツイものはある??

 

・てか、このレース四年間で何本やるの?

 

・圧倒的な絶望感、、、

 

 

 

中高まで陸上の短距離しかやったことなかった僕にとって、本当に地獄の7分間でした。

 

まあ、こんなことはボート選手全員が分かりきっていることではあると思うので、

この時の様子を写真で振り返ってみましょう。

 

 

life1

 

クルー紹介

 

【M8+】使用艇:LeviathanⅡ

 

C: N居くん

S: I貝くん

7: K本くん

6: T崎くん

5: T井くん

4: A比奈くん

3: Y田くん

2: H田くん

B: F原くん

 

 

 

みなさん、見覚えのある顔ぶれが揃っているかと思います。

 

そうです。

この時のオッ盾エイトBは129期の一年生だけで構成されたクルーだったのです!!

(ちなみに、H田くんは現在勉学に励んでいます。)

 

結局最初で最期だった同期オンリーのクルー、楽しくなかったわけがないですよね。

 

個人的には、垢抜けていない表情・髪型のT崎くんに注目して頂きたいです。

 

 

life2
life3

 

 

 

そして、こちらがレース中のショットです。

 

僕が見事なアウトハンドフェザーを決めている最中、5番でエンジンのT井くんが素晴らしいファイナルポジションを決めていますね。

 

 

 

そして、この時のタイムをみて驚いたのですが、慶應義塾大学Bは6:20だったそうです。

 

https://www.jara.or.jp/race/2015/2015intercollege_ox.html

(JARAの大会情報より)

 

 

経験者のみんなが頑張ってくれていたんですね、僕は全く覚えていませんでした。笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それから、3年と少しが経ちましたが

 

自分自身が一人前のボート選手、「強い選手」になることは出来なかった、そう感じています。

 

 

 

特に自分が最上級生になってからの1年間は苦悩の日々でした。

 

今まで通りに漕いでいるはずなのに、ビデオを見ると全く違う動きをしている。それに付随してエルゴのタイムも伸び悩んだり…

 

そして、目標にしていた早慶戦に出ることすらできず…

 

 

 

 

2,3年の頃に、先輩方と乗らせて頂いた付きペアやエイトで、

決勝や順位決定での熱いレースを経験させてもらったのにも関わらず、その意思を継ぎ、勝つことができなかったことが本当に悔しいです。

 

 

 

 

life4

 

 

 

 

 

 

「強い選手」と比べると何が足りなかったのか、自分なりに考えてみました。

 

というよりは、1つの記事を見てハッと気付かされました。

 

 

 

現在、日本を代表する陸上競技選手の山縣亮太さんの出身校である慶應の陸上部に関する記事に書かれていたことなのですが、

 

 

 

「強い選手」は現在の課題や調子の言語化が非常に上手い 

 

 

 

 

いまの自分はどのくらいの調子であって、どこを修正すればベストになれるのか――

 

それを言葉で表現することができるということはすなわち、自分の置かれている立ち位置や問題点を冷静に分析できているということである。

(文春オンライン 「慶応陸上部はなぜ強い? コーチ不在でも山縣亮太ら躍進の理由」より)https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181013-00009319-bunshun-spo&p=1

 

 

 

 

自分のカラダのコンディションを理解しており、それをしっかり自信を持って言語化できる。

 

それを分析できているからこそ、その日の周りのコンディション、ボートで言えば波風や、クルーの動きに敏感に反応できるのではないかと思います。

 

 

 

 

船の進みが非常に悪い時、

船の動きを無視して動いて揺らした時によく言われる

 

「船を待つ!」や「船の動きを感じろ!」

 

はそういうことです。

 

 

 

自分のカラダを上手く理解しきれず、船の進みが悪い時に

持ち前のフィジカルから繰り出すパワーでどうにかしようとしがちだった僕は、

 

正直何となくの感覚で漕いでいました。

 

 

 

 

自分を分析するためには、その自分の感覚や先輩から言われたこと等の客観的な視点をしっかりと文字に書き記すことが大切です。

 

そして、ただ練習メニューをこなすのではなく、それを元に考えて考えて漕ぐ!

 

 

分からないことがあれば、先輩方や有識者たちがきっと答えてくれます。

分からないことをそのままにしておくことが、1番危険です。

 

 

まず、自分を理解しないことにはクルー2人・3人・4人・5人・8人でまとまれることなんで出来ない、僕はそう思います。

 

 

 

 

 

これは後輩たち(特に未経験者のみんな)へのメッセージかな?

同じ道を辿ってほしくはないから。

 

自分を言語化して、コントロールできるようになって下さい!

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、

ボートに対して思うことがもう一つ!!

 

 

 

 

ボートは本当に繊細なスポーツだということ!

 

ちょっと力んだだけで揺れるし、少しズレただけで傾くし、クルー全員で漕げる瞬間なんて1回の乗艇の中で出せたらいい方。

 

 

 

自己ベスト更新を追い求め続け、ひたすら走れば走り込む程、脚は速くなる!

 

筋力と瞬発力だけを鍛えつづけていた中学・高校時代を過ごしていた僕にとって、このボートというスポーツは毎日が新鮮なことだらけでした。

 

最後の最後まで、ボートの難しさを痛感されられました。

 

 

 

 

でも、この困難に立ち向かっている過程で

 

タイムが0.1秒でも上がった時、1つでも弱点を克服できた時、クルー誰かが少しでもいい感覚があると言ってくれた時、

 

そのちょっとしたことでも、成長できていると実感できることが楽しかったし、それさえあればどんなキツイメニューも厳しい指導や怒号も耐えられました。

 

↑これはキャパらないコツです。

 

 

 

それを同じ目標にむかって戦う仲間と合宿生活の中で分かち合えるというのも、究極のチームスポーツならではでした。

 

 

 

メシ食べたり酒を飲んだりしたりしただけで、生まれるような友情関係とはキズナの深さが違います。

 

この4年間で一生付き合っていける仲間と出会えました。

 

端艇部のみんなありがとう!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、今日は2018年10月28日。

全日本選手権最終日。

 

約4年間苦楽を共にしてきた同期の引退レース、そして端艇部の未来を担う有望な後輩たちのカッコいい姿を見に行きましょう!

 

慶應義塾體育會端艇部129期の最終日ラストレースの始まりです。

 

life5

 

 

 

 

次はいよいよ129期の幹部たちのラストライフが始まります。

 

まずは、さゆこよろしくー!

僕らの生活を文字で伝えるには限界が

もはや順番も関係ないぐらいに追い込まれている129期ラストライフリレーですが、無事終わることを願いつつ、書き上げさせていただきます。

ご一読お願い致します。

 

つい先程プロ野球のドラフト会議が終わりましたね。

ドラフトされた人は、プロの世界へと進んでいくわけですが、どのような心境なのでしょう。

 

まぁ僕には関係のない話でしたね。(雑な導入でごめんなさい)

 

申し遅れました。どうも、平本です。

僕もあと数日で慶應端艇部を引退すると考えると何か悲しい気持ちになります。

 

“今の心地よい環境を失いたくない。”

そんな気持ちです。

 

この1年を振り返ると最上級生らしいことを何もしてないなぁと感じます。

 

Pと君で遊んだり、full谷君に漕ぎ方教わったり、Pと君と遊◯王を買いに行ったり、後輩のケータイで音ゲーしたり、Pと君の服で濡れた手拭いたり、変な挨拶したり、コース散歩したり、などなど。

 

ご覧の通り、ロクなことをしていません。

自分のやりたい放題に付き合わせてる感じがします。

 

4C319DB3-5D5A-4CA5-8DFD-5D3D09C0F57

(こんな顔して反撃をしてくる後輩もいますが、、)

 

 

本当に今年1年間は新しく入ってきてくれた1年生も含めた後輩、同期に世話になったなぁと思っています。

 

こうして自分に付き合ってくれた後輩や同期と当たり前のように一緒に生活する事がないと考えるとこれほどまでに悲しい事はないでしょう。

 

みんなと練習して、飯食って、騒いで、寝て、笑って、というかけがえのない日々は細胞レベルで体に染み付いています。

ボート部での4年間の合宿生活は僕が生まれてから死ぬまでの時の流れの中で最も多くの、最も大切な仲間を得た期間であると断言出来ます。

 

そんな大切な仲間へ一言

「基礎・基本を大事にしよう」

16F39BF9-9B6F-4698-AA34-382C91DE7E13

 

突然ですが問題です。

 

Q.

1段の階段の登り方も知らない人間が登るごとに段が高くなっていく階段を登り1番上へ辿り着けるでしょうか?

Q.

正確にワンストローク漕げない人が正確に漕ぎ進める事は出来るでしょうか。

Q.

スーパーマ◯オの1-1がクリア出来ない人はクッハ◯に辿り着き全クリ出来るのでしょうか。

 

A.

まぁリームーです。(無理!)

 

CE52FD0E-2E72-485B-9A21-B5917EFD4126

(ワぁーっっ!!)

 

 

「困ったら原点」

これは僕の高校時代の監督の口癖です。ピッチャーの配球についての言葉でしたが、今思うと万事に通ずるものだなぁと感じます。

 

Q.

皆さんは「基礎・基本」大丈夫ですか??

(はいorいいえ)

 

A.

自由記述(2文字以内)

 

 

 

「守破離」

と言う言葉をご存じですか

部員の半数は知らなそう。。。。。。

その関連の言葉にこんなものがあります。

「型を持つ人間が型を破ったら型破り、型を持たない人間が型を破るのは型なし」

 

基礎・基本を会得した上で次のレベルがあるんだよーって事です。(ちょっと違うけどニュアンスはそんな感じ)

 

この部活には129年の歴史があり伝統があります。この伝統は明文化されておらず非常に不明瞭で、解釈の幅が広い言葉だと思います。

 

Q.

“伝統”とはなんでしょう??

 

A.

過去を遡り過去の型に僕たちを縛るものではなく、過去を理解して、今から未来へ僕たちが歩いた道が結果“伝統”になるものだと思います。

過去を後追いするような堅く脆い伝統に縛られず仲間を信じて恐れず「型破り」してって下さい!

 

59E85726-EFA9-44B8-8B01-425B2C9F862A

(なんか型破りっぽい写真かなぁと)

 

 

と、まあ長々と綴ってしまいましたが、

 

苦楽を共にしてきた仲間は本当にかけがえのない一生物の宝です。

 

人がいなければ成り立たないこの社会に生きる以上、人(人とのつながり)は最重要です。

 

僕はこの4年間でとても強く深いつながりを手にすることができたと思っています。

 

このつながりは他の学生にはない僕たちだけの武器であることは間違いないでしょう。

僕はそう確信しています。

 

みんなありがとう!

(あと3日よろしくお願いします。)

 

ま、こんなもんでいっかー

 

 

本編は終わりですが、次回予告的なものが必要らしいので

ボーナス問題です。

 

Q.

次回更新するのは誰でしょう>>

 

1.赤帽超人

2.怪力恐竜

3.辻井将仁

4.温故知新

5.服濡手拭

6.平熱帰宅  7.八分六秒

8.継往開来

 

A.

>>>誰だろうね(笑)

 

 

それでは失礼しま、(ッスーーーーー)。

 

慶應義塾體育會端艇部129期

平本尚暉

enjoy rowing のすすめ

 

 

 

 

こんにちは!

文武両道の権化、麓君から紹介に預かりました南雲です。

 

同期の引退ライフを読み、引退を実感するとともに

独り感傷に浸っています。

 

何について書こうかな。

いざ自分の番になると思いつかないものですね。

面白いことが特に思いつかないので、競技生活を振り返りながら、ボート部から学んだことを書き記そうと思います。

 

①『楽しむこと』

 

今回、全日本選手権に舵手無しペアで出場することになり、後輩の古谷君とクルーを組むことになりました。

 

最初は驚きの毎日。

 

どんなに艇の調子が悪くても、後ろの古谷君は笑っています。

不思議に思い、古谷君に尋ねました。

すると、

「良くなる過程だと思って楽しんでいます。」

 

なるほど。

その日以降、私もどんなに調子が悪くても練習を楽しむようにしました。

 

するとどうでしょう?

艇の動きは弾むようになり、クルーの雰囲気も良くなりました。

 

確かに、それまでの自分は良いものを出そうと、強く艇を動かそうと力み過ぎていたのかもしれません。

今はリラックスして、一本一本を楽しむようにしています。

 

振り返れば私は昔からずっと、失敗ばかりしてきました。

中学受験も、高校の部活も、大学受験も…

いつも思い通りの結果が出ない。

 

今思い返してみると、自ら自身を追い込んでいたのかな、結果を求めて力み過ぎていたのかな、と思います。

 

これからの人生は楽しみながら過ごそっと。

 

最後の最後に、大切な後輩から大事なことを学びました。furuya

(左から南雲、古谷)

 

 

②『感謝のきもち』

 

ボート部は年間約300日の合宿生活を戸田公園で送っています。rowing4

(戸田ボートコース。ここで練習しています。寮の真横!)

まさに非日常。

 

中学・高校を書道部で過ごし、毎日定時に帰宅していた私にとって衝撃の毎日でした。

今までの日常がどれほど有り難いものであったのか

恥ずかしながら、ボート部に入って、艇庫で暮らして初めて気づきました。

寮では、家ではやらなかった食器洗いや洗濯も自ら行わなければいけません。

 

今では感謝の気持ちで胸がいっぱいです。

これからは、支えてくれた両親に感謝の気持ちをもって恩返ししたいなと思います。

 

また私は、先述した通りの書道部出身。

エルゴ(陸の上でボートの動きができる機械)もランニングも水上も部内最下位からのスタート。

入部当初、ボート部は無理な挑戦だったかなと思うこともありました。

一年生の時、何度も辞めたくなりました。

 

しかし、そんな時、先輩の

「南雲、今度飯行こうよ」(K原さん、N人さん)

という声かけに救われました。

 

「こんな僕でも見てくれている人がいるんだ…

強くなって、あの時声かけて良かったなって思われるようになりたい。」

今では、辛い時も、思うような結果が出ないときも

あの日先輩と食べた あぺたいと の焼きそばの味を思い出して頑張るようにしています。

https://tabelog.com/saitama/A1102/A110202/11021719/

(⇑あぺたいとの食べログ)

K原さん、N人さん、本当にありがとうございました!!

あと少し、頑張ります。

 

自分で言うのもなんですが、ボート部は人が素晴らしいと思います。

悩んでるときに話を聞いてくれる人がいる。

 

何かに躓いて苦しんでいる後輩がいたら

是非とも先輩に話しかけてみてほしいなと思います。

きっと楽になるはず。

(先輩は後輩に話しかけてあげるんだぞ!)

 

あれ?何を言いたいのか分からなくなってきたな。。。

 

感謝の気持ちは人を強くするってことを伝えたかったはずです笑

 

実際、感謝の気持ちを持つようになってから、日々の過ごし方が変わりました。

今日は一生懸命過ごせたのか?

支えてくれる、応援してくれる人に誇れる1日を過ごせたのか?

もし、頑張りたいのに頑張れなくて悩んでいる人がいたら実践してみてください。

感謝。おすすめですよ。

______________________________________________________________________________________________

ボート部からは他にも沢山の事を学びました。

書き始めたら止まらないので、最後に近況を報告して終わりたいと思います。

 

先ほど、全日本選手権の初日が終わりました。

結果は3位。明日の敗者復活に回ります。

しかし、心の炎はまだ消えていません。

4年間の全てを明日のレースにぶつけたいと思います。

あ、やべ。力み過ぎてるな笑

力み過ぎてると古谷君に怒られるので意気込みはこれぐらいに。

 

最後の最後、信頼できる後輩と一緒の船に乗れて幸せです。

4年間で今が一番楽しい。(練習も毎日楽しかったよ!)

あぁ、慶應端艇部に入部してよかった。

あと4日。

端艇部に恩返ししなきゃな。

(終)

 

次のLIFEは平本君!

感動のLIFEを頼むよ!

 

 

 

慶應端艇部万歳!!!!

ちは!4年の麓政人です。ラストライフとなる訳ですが、僕自身初めてライフを書かせていただきます。

さて、志木高から始まったボート人生も、いつの間にか気がついたら大学4年の最後の試合を目の前に控えています。高1から数えて7年間、本当にあっという間でした。

志木高入学時、部活説明会で僕は一切他の部活の見学に行かず端艇部の所に行きました。球技はあまり得意ではなく、体がぶつかり合うスポーツも嫌でした。その結果、ほとんど消去法で僕は端艇部、とずっと心に決めていたのです。
今思えばこのなんとなくの決断が全ての始まりでした。

高1は内田先輩、塚越先輩、仲野先輩にクォドで必死について行く毎日。エルゴもきつくてしょっちゅうゲロを吐いてました。幸運なことに、天竜、インハイも先輩方に連れて行ってもらいました。代替わりしてからはなかなか結果を出せずに本当に消えたくなる日々。そして高3はやっと、今やjapanの新井君の力もあり最後にインハイ行きを決めました。脳みそ溶けるくらい嬉しかったです。

大学では最初は医学部端艇部に入り、沢山の試合に出させていただきました。多くの先輩、同期にも恵まれました。今でも早稲田理工に早慶戦で勝ったときの感動は忘れません。

それでもどうしても、僕はもう一度志木高端艇部の仲間と漕ぐことを諦めきれませんでした。そして2年の冬に全塾の方に移らせていただきました。こんな身勝手な自分を許してくださった両部の皆様には感謝の念しかありません。

色んな人に迷惑をかけ、支えられ、守られてきた7年間でした。

しかしそれと同時に最高にきつい7年間でもありました。

自分ののやりたいこと全部やらせてもらってこんなこと言うのも間違ってると思うのですが、やっぱりきつかったです。

朝5時に起きるの当たり前、1日2部練が基本、雨でも雪でも乗艇、エルゴはえぐい、勉強する暇ない、例を挙げればキリがありません。ボートを始めた頃は本当に文字通り死ぬかと思う日々でした。

しかし不思議なもので、気がつけばボートは僕の生活の一部として無くてはならないものになりました。高1の頃は家に帰ってそのまま玄関で寝て、二度と明日は練習するもんかと思っていたボートが、今や毎日の中心です。

なんでこんなにもきついことを7年間やってこれたのか、自分でも驚きです。

オフが少なすぎて辞めたいと思う前にもう次の練習が始まってたから。一般大学生よりもえぐってる自分に変なプライドを感じてたから。色々理由はあります。

でもそれだけてはなかったです。

高校で引退して一度置いたオールを再び大学でも握りたいと思った理由、そして4年間勉強も大変だったけどボートを諦めきれなかった理由、それがなんだったのか。

ボート人生の終わりが見えてきた今、ようやくその答えが分かってきた気がします。

僕はきっと、ボート部でしか得られない、”仲間”を求めていました。

ボートが他のスポーツと絶対的に違う点、ボートをボートたらしめる所以、それはクルーの存在です。

今僕はエイトに乗らせていただいてますが、僕は他の8人のことを本当に兄弟のように思っています。気が合うから一緒にいるような単なる仲良しじゃありません。
苦しみ、悲しみ、喜び、全てを共有してきた、水上でしか得られない仲間です。

今年は早慶戦の敗北に始まり、インカレまで惨めな思いをすることが多かったです。結果が全ての體育會で甘いことは言えません。

それでも僕は誰に何と言われようと、今まで一緒に漕いできたクルーが大好きです。

真っ赤な夕焼けの下漕いだ河練も、冬の暗くて寒いでっぱんも、灼熱地獄の夏の練習も、そこには必ずクルーの皆がいました。

そして死にそうになりながらもコックスのコールに8人でまとまって艇速を上げるとき、お互い励ましてあって全員でえぐさを乗り越えるとき。
僕はクルーで共有するそういう血が燃えるような熱い瞬間がたまらなく好きでした。

ボートは楽しい競技ではありません。その代わりに、9人で飛び込む、最高にきつくて、苦しくて、でもめちゃくちゃ熱い世界がいつの間にか僕の居場所になっていました。

これは一緒のクルーじゃなかった皆にも同じです。

いくらでも快楽を追い求められる21世紀において、わざわざ體育會という選択をして、合宿生活の端艇部に入った人に悪い人がいるはずがありません。
そんな人たちと同じ空間で暮らして、同じ風呂入って、同じ釜の飯を食う。決して暮らしやすい環境ではないけど皆んなそれぞれ工夫して暮らしてる。そして必ず誰かがどっかでくだらなくて下品なことして皆んなで大声で笑って過ごす日々。

スマートじゃないけど泥臭く生きる、人間味あふれる皆との生活が本当に好きでした。

水の上も、陸の上も本当に僕は周りの人に恵まれました。感謝してもしきれません。

監督、コーチ陣の方々。休日返上で我々学生のために戸田に来てくださり、本当にありがとうございました。途中入部で人間的にも、漕手としても未熟だった僕を受け入れてくださったことは本当に感謝の念しかありません。最後まで皆様の元で漕げて、僕は本当に幸せでした。

志木高コーチ陣の方々。僕は志木高端艇部が本当に心の底から大好きです。志木高で過ごした日々があったからこそ、大学も最後まで続けられました。志木高端艇部は死ぬまで僕の原点であり続けます。本当にありがとうございました。

医学部の皆さん、本当にたくさんのご迷惑をおかけしました。それでも信濃町や戸田で、1人の後輩、同期、先輩として接してくださり、凄く嬉しかったです。勉学と部活の両立を目指す皆さんの姿は本当に心の支えでした。ありがとうございました。

先輩方。ずっと憧れていた皆さんと同じ艇、同じ部活で漕げたことは一生の誇りです。途中入部にもかかわらず、たくさんのことを教えていただき、そしてかわいがってくださったことが何より嬉しかったです。これから先も、ずっとずっと、先輩、と呼ばさせてください。

同期の皆、途中入部なのに僕を迎え入れてくれたことがマジで嬉しかった。129期の一員になれたことは僕の人生で起きたことの中で、間違いなく1番幸運なことだった。こんなにも愉快で、楽しくて、熱い皆んなに出会えて良かった。皆んなへの恩は一生忘れない。本当に、本当に、ありがとう。これからもよろしく!

後輩の皆。皆との何気ない日々のやりとりが凄く楽しかった。どんなに辛い時も、皆と一緒にいると必ず笑顔になれた。皆はいかなるときもユーモアを忘れなかった。さんざん、ど○○いだとか、ゲ○とかいじられたけど、それも良い思い出だ。
皆にこんな偉そうなことを言うのははばかられるけど、これだけは言わせてほしい。これから先、どんなに苦しい時も、必死な時も、みんなが持つそうしたユーモア精神を絶対に無くさないでほしい。もちろん、練習は死ぬ気でやるべきだし、妥協はしちゃダメだ。楽をした方がよいということじゃない。
でも困難に直面した時に、感情に支配されてほしくない。感情に支配され途端、人は盲目になってしまうから。腹立つことも、泣きたいことも、苦しいこともあると思う。勉強とか就活との両立で悩むこともあると思う。でもそんなときは冗談を言い合うくらいの、余裕ある態度を忘れないでほしい。
余裕ある態度は必ず心の余裕につながる。そして心の余裕はきっと、自分の中で新しい道を見つけてくれるから。

もう一つ、皆んなに言いたいことがある。それはクルーを信頼してほしい。ボートは信頼のスポーツだ。クルーに対して不信感を抱いた途端、全てが崩壊する。もちろん、仲良しごっこをしろということではない。皆んなで厳しく意見言い合うべきだし、生ぬるい空気でやるべきじゃない。それでも、相手を尊重し、信頼する心は絶対に無くしちゃいけない。
ボートは本当に不思議なスポーツだ。前のやつらは背中しか見えないし、ましてや後ろに座るやつなんて視界にも入らない。だからこそ、クルーに全幅の信頼を寄せて彼らにそれぞれのオール託すこと、そこにボートの面白さ、価値があると僕は信じてる。

喧嘩することも、なかなか馬が合わないやつも出てくるだろう。でも、いがみ合うことが目的になっちゃダメだ、あくまでも艇を速くすることが目的なんだということを忘れちゃいけない。
まずは自分がクルーを信じ、そして自分も相手の信頼を勝ち取ることを忘れないでほしい。

最後に、対校のみんな。

三輪、新井、宮嵜、本多。高校の頃、一緒に対校エイトかっけえーってよく話したな。俺はその頃から志木高端艇部で大学の対校に乗るのが夢だった。それが今や7番とストサイ全員志木高端艇部。これに胸が熱くならない訳がないよ。ほんと、6年間色々と世話になった。あと少しだけよろしく頼む。
中居、栗野、ゴリ、ふじけん。大学に入ってこんなにも熱く、信頼できる仲間ができるなんて思ってもいなかった。なぜだか皆のことは、大学よりももっと昔から知ってるような気がしてならない。皆んなに出会えて、そして同じクルーになれて本当によかった。最後の全日本、同じエイトになったのも、なんかの運命だ。よろしく!
僕が7年間ボートを続けてきた理由の全てがこのエイトには詰まってる。最後の最後まで、最高に熱く、皆んなで灰になるまで燃え尽きよう。

ここに挙げただけではなく、本当に多くの人にお世話になった7年間でした。全ての人に直接お礼を言いたい気持ちでいっぱいです。

ボートはスポーツの一言で片付けるにはあまりにも奥が深くて、難しくて、熱いものです。
そのボートは僕の人生であり、青春そのものでした。

そして永遠に続くものだと勝手に思っていたそんな日々ももうおしまいです。

明日からの全日本が終わったらどんな気持ちになるのか、想像もつきません。清々しい気持ちになるのか、それとも名残惜しい気持ちになるのか。

でも、今はただ、この仲間と最高のレースをして、熱く、熱く、燃え尽きたい。それが今の願いです。

僕が求めるもの、欲しいものの全てが水上にはありました。體育會端艇部に入って良かった。本当に、心の底から、ありがとうございました。

そして何よりも、これからもどうぞ、體育會端艇部をよろしくお願いします。

次は誰かな、ひらか南雲かな。。。。

ボートに愛された男

こんにちは。辻から紹介に預かりました、129期の辻井将仁です。東日本で乗ったダブルは楽しかったね。

朝比奈、もちろん忘れたわけじゃないよ。

辻 ダブル朝比奈 ダブル

 

二人には本当に感謝してます。ありがとう。もちろん鯉ちゃんも。

そしてあと少し、宜しく。

 

 

さて、いつもは関西から持って生まれた抜群のお笑いセンスで艇庫を楽しく盛り上げている僕ですが、たまには真面目な感じで書いてみようと思います。はい。

 

ラストライフ。何を書くか本当に悩みました。

過去の先輩やこれまでの同期のラストライフを読んでいると、皆思い思いのことを書いています。

同期のK本君は、普段はTW⚪⚪⚪の話しかしないのにものすごく真面目に書いていたり、同期のS田君は普段は艇庫の⚪口しか言わないのにいきなり感謝してたり、本当は皆この4年間で内に秘めてるものがあったんでしょうね。

 

ということで、僕も軽く過去を振り返ってみて思ったことを書いてみました。

駄文ですが、最後までお付き合いください。

 

ボート競技を始めて10年。本当にあっという間でした。始めてオールを握ったのは中学1年生の5月にある試乗会。ボート部に入ろうと思ったきっかけは、・・・・・

 

 

 

このまま続けると磯貝の倍は軽く超えてしまうので止めます。

 

大学に入って1年目は、全員同期で出漕したオッ盾。

楽しかったな。純粋に。朝4時に起きて右も左も分からずスイープ漕いで、知識もないのにとりあえずクルーミーティングしたり。全員同期で、始めてエイトを漕いで、未経験者のふじけんや高寅、朝比奈が、クソしんどそうだったけど楽しそうに漕いでる(と勝手に思ってた)のを見て、自分も初心にかえったのを覚えています。

オッ盾 エイト

2・3年目は、沢山の人とクルーボートに乗りました。

お花見、軽量級、東日本、新人戦、インカレ、国体、全日本・・・

今だから言えますが、シーズン中にスカルとスイープを行き来するのは本当に辛くて大変でした。特にこの2年間は辛いことの方が多かったような気がしますが、そこから学んだこともたくさんありました。何を学んだかは最後の方にちょっとだけ。

 

4年目。最初で最期の早慶戦。対校エイトで出場し、負けました。

岸蹴りの際、円陣を組んだ時の空気感、観覧席の横を通った時に感じたプレッシャー、桜橋から聞こえる大歓声、そして負けた瞬間は今でも鮮明に覚えています。

本気で誰かの為に勝ちたいと思ったのは、この試合が最初で最後でした。最高のメンバーで漕がせてくれた監督、田邊さん含めコーチの方々、最高の舞台を用意してくれたマネージャー、OBの方々、有難うございました。中学の時からずっと好きなことをさせてくれた両親、本当に感謝してます。そして当日までサポートしてくれた部員の皆、本当にありがとう。

宮嵜、新井、本多、ゴリ、三輪、来年は頼んだよ。

早慶戦 エイト

 

ざっと振り返って書いてみると、こんな感じになりました。

 

今シーズンは早慶戦、軽量級、東日本、インカレと続き、明日から全日本が始まり、引退まであと3日。早いものですね。

漕ぎたくても漕げないと思うと正直寂しいです。だからこそ、最後の一本まで悔いの残らないように。そして今一緒に漕いでくれている後輩達の力も借りて、結果を出したい。応援宜しくお願いします。

 

 

最後に一言。

 

ボート競技と出会って10年。長かったような、短かったような。

まあ、人生の半分ほど使ってるって考えたら長いですね。

自分でもよくこんなに続けてこれたなと思います。

単調で、同じ動きの繰り返しで、練習は本当にしんどいし、年に数回しかないレースで勝つのは本当に難しい。

よく同期や後輩から、「そんだけやってて辞めたくなったことはないの?」と聞かれますが、辞めたくなったことはありません。いろんな要素はありますが、単純にボートを漕ぐのが好きだったからです。笑

漕ぐ前に頭の中でイメージして、それを水上で実行する。それが時にはうまくハマったり、逆に悪い方向にハマったり、、、

でも僕は、それこそがボート競技の面白さだと思います。考えて、考えて、考え続けた結果艇速が伸びる時もあれば、考えれば考えるほど、漕げば漕ぐほど、悪くなる時もあります。そこにボートの魅力を感じてしまった僕は10年も没頭してしまいました。。。

他にもたくさん魅力があり、例えばボートにはいろんな種目があり、沢山の人たちと漕ぐことができます。

もちろん2・3年生から対校エイトに乗り、シーズン通してほとんど変わらないメンバーと部を背負って漕ぐのも素晴らしいことです。むしろ尊敬します。正直僕も1年生の最初の頃は対校に乗らないと意味がないとさえ思っていました。しかしその人たちには味わえない、多くの種目で沢山の人と試合に出ることも、また違ったボートの面白さだと気付きました。

そうやって1日1日、練習一つ一つに面白さを見出すのも悪くないと思います。

あと3日、できることを全力で。

長文乱文失礼いたしました。

 

次は南雲、頼んだ!

 

辻井

 

 

 

 

« Older posts