Shortlink

ハハハのハ

こんにちは!慶應のお笑いモンスター高田くんから紹介されました、経済学部3年の高橋航平です。

最近何かと話題になるてつおくんは、先日21歳の誕生日を迎えていました。入学してから2年間彼と共に生活しながら成長を見てきましたが、本当にいい男になったなあとしみじみ感じています。公私ともに絶好調な3年生のエースてつおくんの今後の活躍に皆さんご期待ください。てつお心からおめでとう!いろいろと。

 

さて、暦の上では6月となり暑く過ごしにくい日が増えてきたように感じます。季節の変わり目ということもあり、体調を崩しやすくなる方も多いのではないでしょうか。クーラーの設定温度に気をつけ、水分補給をしっかりして夏バテせずに過ごしたいものですね。

 

僕は体調を管理する上でとても大事にしている体の部位があります。それはどこかというと、、、「歯」です!ハハハのハです笑

 

歯は食べ物を噛む以外にも、人の身体にとって非常に重要な役割を果たしています。「発音を助ける」「表情を作る」「体の姿勢やバランスを保つ」「ものを噛むことで脳に刺激を与える」など、私たちの毎日の暮らしに不可欠な役割も担っているのです!

 

毎日の歯磨きはもちろん、歯間ブラシをしたり定期的に歯医者に通ってクリーニングをしてもらうこともスッキリして非常にオススメです!

さらに、寝るときに歯に力が入って強く噛んでしまう人は寝るとき用のマウスピースなども有用です。歯が削れることを防いでくれたり、顎の関節の痛みにも効果があるそうです。

 

歯のケアをすることは素敵な笑顔にもつながります(^^)一生ものの付き合いである歯を大事にして、健康な体でボートに臨んでいきたいと思います!

 

次は将棋よりも魅力的な女性、たっちーです!よろしく!

Shortlink

It’s My Life~♪

全国のLIFEファンの皆さんこんにちは!
艇庫のオシャレ番長こと笹岡クン(21)からご指名受けました3年の高田です。
最近はYoutubeにめっきりハマっていて、休憩時間のほとんどをYoutubeに捧げている日々を過ごしているのであります。
ちなみに好きなYoutuberは木下ゆうかさんです。
いっぱい食べる女性っていいですよね~。

 

 

さて、そんなどうでもいいお話は置いといてですね。
実はこのLIFE、想像以上に多くの方々に読んでいただいてるみたいなんです。
(僕たちは何の気なしに書いていますが笑)
かく言う僕も、高校1年のころからLIFEに目を通していました。
「え?高校一年生のころから?意識高くね?てかそんな昔の記事ないよ?」
と思っているそこのあなた。
実はLIFEは結構昔からあるんですよ~。
今現在のLIFEのページの右上の 過去のページはこちら という欄をクリックすると過去のLIFEを見ることができます。
http://keiorowing.sports.coocan.jp/life/ ←これです
過去の記事をずーっとたどってみるとなんと2007年から!?
これだけ昔から更新されていると知ると下手なことは書けませんね。笑
しかもよくよく読んでみると、現在コーチであるコ○マさん、T○NIさん、セ○グチさん、ホ○ダさんの現役時代のご様子が。。
これは現役部員も必見ですね!

 

さてさて、先ほども書いたように僕は高校生のときからこのLIFEを読んでいたのですが、今は縁があって慶應に入学しLIFEを書く側の人間になっているわけです。
僕が慶應に入ってボートをしたいと思った理由はたくさんありますが、その中の一つとしてLIFEを見て雰囲気が良かったからというのがあります。
なのでもし今、僕たちが更新しているLIFEを見てくれている高校生の君が少しでも「楽しそうだなあ。慶應ボーイor慶應ガールになりたいなあ。高田さんかっこいい!高田さんみたいになりたい!!」と思ってくれたらお兄さんめちゃんこ嬉しいです。そんな君には運命を感じます。是非慶應を受験してください。

「んなこといわれても。。勉強は苦手で。。」って思ったそこの君。
大丈夫です。安心してください。入れますよ!
慶應にはスポーツ推薦と呼ばれるものはありませんが、学業だけでなく自分が今まで頑張ってきたことが評価される受験方法があります。(詳しくはHPの 部活紹介>推薦入試 をご覧ください。

「いやでもどうせ入学してから地獄なんでしょ?」とか思ってるアナタ!
大丈夫です!安心してください。出れますよ(4年で)!
僕も推薦入試の一つであるAO入試で入学しましたが、順調に文武両道を体現できています!本気です!本気と書いてマジと読みます!

めちゃくちゃ充実した大学生活を保証します。
皆さん是非是非受験して、LIFE書いてみませんか?

 

次は、最近守るべきもの(ま○ちん)ができたテツオにイライラが爆発寸前のトントンa.k.a拳王 です。
「わが生涯に一片の悔いなし」って言えたらいいね。

Shortlink

我思う、故に我あり

小坂君から紹介にあずかりました3年の笹岡です。

石渡くんとは、家族制度というボート部員をランダムに縦割りにしたグループの仲間でもあり、いじり、いじられる素晴らしい仲を形成しております。これからもこのペースで仲良くやってこうねワタリ。ちなみに小坂君は彼女と今頃デート。いいなあ。

また、皆さんご存知かもしれませんが、昨日、軽量級選手権で細田内田ペアが準優勝しました。凄い、おめでとう!!
この調子でばんばん夏もメダルを取っていく慶応義塾端艇部の応援を皆さんどうぞよろしくお願いします!!!ぼくもその一人になれるよう頑張ります。

S__6029341

写真は細田内田ペア!おめでとう!

さて、今回の題名を、我思う、故に我ありにしたのには意味があります。

この言葉は昔デカルトという偉い人が言った言葉です。この世界のすべての物事において、確実に存在するというものは一つもない。と思いきや、自分がそういう風に考えていることは確かであり、また自分自身も確実に存在している。という意味で、要するに人(自分)は生きてて自分自身の考えや思いがあって存在してるんだよという意味です。

でももっと深い意味があったりして間違ってたらすいません。

結局言いたいことは、今の恵まれた環境でずっと過ごしていけるかなど確証はできないので、自分と、その考えを信じて持ち続け、その終わりが来るまで日々全力で考えながら生きていけるといいね、ということです。いつこっちで大地震が起きたり、艇庫が爆破されたりして、ボートが漕げなくなるかわからないのです。確かなのは、今この瞬間においては練習ができて、自分が生きてて、考えることができる、ということなのです。いや〜深いね。深いよね?

この話の最終地点がずばり、「考えて漕ぐこと」、あのオザワサンと言う偉い人が言っていた言葉です。オザワサンはデカルトに引けをとらない哲学者です。

unnamed

小澤さんです。

しかし、ボートという競技上ずっと考えて練習して練習して考えていては死んでしまうので、息抜きも必要です。この前は僕の所属する烏谷ゼミというゼミで法学部政治学科ソフトボール大会に参加してきました。
出岡ゼミに所属している北原くんも助っ人で一緒にプレイボールしましたが、彼に全部持っていかれました。彼はほぼ全部ホームランでした。可哀想なくらいホームベースを踏んでました。僕はベースが可哀想だったのでひかえめにしときました。

S__5955599

こんな感じです。楽しかったです。ソフトボール大好きです。ゼミはいいですね〜^^

ボート部はオンオフの切り替えがしっかりあります。オフではしっかり休み、オンでは考えて考えまくります!!オフでも考えたりもします。

そのオフなのに暇なので長くなってしまいましたすみません、最後まで読んでくださりありがとうございます。

次はアイスバケツチャレンジならぬすさまじいチャレンジをクリアしたと戸田中で話題の、高田君、通称直人です。

よろしく。

Shortlink

艇庫での勉強

みなさんこんにちは北原くんから紹介にあずかりましたボート部3年の小坂哲生です。最近は日々ボートの技術の難しさを日々感じながら練習に取り組んでいます。

話は変わりますが僕は慶応大学の看板学部である商学部に所属しています。しかしなぜか周りから頭が悪いとか勉強をしていないと言われ、あげく楽商学部という造語まで作られてしまいました。これは日頃の僕たちの勤勉さが伝わっていないからだと思いますので、ボート部の商学部を代表して伝えたいと思います。1464409872383
上の写真がボート部の勉強机です。僕たちは毎日ここで勉強をしています。僕で言えば今年は研究会の予習や英語の勉強などを日々取り組んでいます。ここまで説明すればもう伝わっていると思うので、ここまでにしたいと思います。

では次は最近石渡君をいじるのが趣味の笹岡くんです。よろしく!

Shortlink

Zootopia

皆さんこんばんは。128期の北原敬梧です。

長い間LIFEを途絶えさせてしまい申し訳ありませんでした。
「お前ホールでとんとんの足首のダサさなんてくだらねえことで騒いでる暇があったらさっさとLIFE書けよ」と内心イライラしていた現役の皆さん。本当にその通りです。反省しております。次回からは足首よりLIFEを優先したいと思います。すみませんでした。
ということで20日ぶりのLIFE書かせていただきます。

本日の午後オフ、僕は同期の笹岡君と一緒に「ズートピア」という映画を見に行ってまいりました。
色々な種類の動物たちが共存する都市<ズートピア>を舞台としたディズニー映画です。
ここで詳細を書くことはネタバレになってしまうので控えさせていただきますが、とにかく最高です。見て損はありません。期待を裏切りません。
その証拠に見終わった直後の僕の第一声は

「正味、最高やねんなズートピア」

これに尽きましたね。
※僕のエセ関西弁で気分を悪くされた関西出身の読者さん申し訳ありません。馬鹿にする意図は決してございませんのでご理解ください。

Try everythingの精神を学ぶことが出来ます!是非是非ご覧になってください!

次に書いてくれるのは動物で例えるとしたイノシシ🐗
最近守るもの(まほ○ん)ができたことにより、肩幅が1mm/1日のペースで広がっていると噂の男。てつをくんです。

  

Shortlink

賑やかですのお

こんにちは。3年になりました。片山です。

 

 

更新が遅くなって申し訳ございません。

 

 

 

最近のボート部は早慶戦も無事79年ぶりの5連覇を達成して、最近は新入生も入部しました。

 

艇庫も新入生が増えてとても賑やかです。

 

GWは新入生も合宿していて練習を頑張ってます。

期待の1年生なんで部の主力になるのが待ち遠しいです。

 

IMG_8035

 

次は朝日レガッタに行ってる漢・ケイゴです。

 

Shortlink

前日!

どうもこんにちは。三年になりました奥山です。

さて、長かった早慶戦合宿の締めくくりが近づいてまいりました。早慶レガッタまでもう残すところ数時間。

今日はその準備でした。

153672戸田公園から船を隅田川へと運び出すようすです。

明日は荒天の予報ではありますが雨にも風にも負けない慶應エイトの勇姿を見られると思います!

みんなで応援しましょう!

 

次は片山ー。

Shortlink

こんにちは。

端艇部3年になりました宇津木といいます。

桜

艇庫に桜が咲きました。

これは1日に撮ったものですが、今はもう花びらが散っていて、新芽が出始めています。

1年間毎日僕たちを見守ってくれていますが、色づいているのはほんの一週間だけです。

去年も桜の開花を見ましたが、艇庫で見る桜より綺麗なものはないのでしょうか。

寒い寒い冬から、だんだんと暖かくなってきて、薄着になって・・・気が付いたら4月です。

 
4月17日まで残すところあとわずかとなりました。

みんなボート部について色々話してくれましたが、

慶應ボート部最大の魅力はやはり早慶レガッタなのではないでしょうか。

 

e4dh7365akw

早慶レガッタ チア
大会に向けて慶應ボート部は10月のシーズン終了からずっと、この数分間のために準備を重ねてきました。

一つのレースに毎日の全力を、すべての人の思いを。だからこそ美しいのだと思います。

見えないけれども、本当にたくさんの方の思いが船に載っています。

 

桜橋に勝利の華を咲かせてくれる時を待っています。

 

新入生のみんなぜひ観に来てね!!

 

次はokkun、よろしく

Shortlink

New Zealand

Hello everyone!

How’s your going?

I’m Masashi Uchida.

Today, I’ll introduce about my studying in New Zealand.

However, it is difficult for me to explain my experiences in my poor English…

 

 

ということで今日の投稿は昨年12月のNZ留学特集を日本語でお送りします。

 

みなさんはNew Zealandと聞いてどんなことを想像するでしょうか?

NZ flag

ラグビー、自然、乳製品、キウイなどなど色々あるでしょうが、我々ボート選手はみんな

 

”ボート”

 

と答えるはずです。maybe

 

ロンドン五輪で圧巻の優勝を果たしたKiwiペアに憧れるボート選手は世界中にいて、その数を知れないと思います。

 

そんなボート大国のNZへの留学はDunedinにあるOtago大学で英語とボートを学ぶ目的で行われました。(遊ぶ目的を含む)

 

 

大きな生活リズムはこんな感じでした。

  • 5:30am 起床
  • 6:00am 艇庫
  • 7:00am~9:00am rowing
  • 10:00am~4:00pm 授業(昼食を含む)
  • 5:00pm~6:30pm Ergo  or  core session  or  weight traning
  • 7:00pm 夕食
  • 9:30pm 就寝

 

  • 寝泊り

留学中の寝泊りはOtago大学近くのFlat(小さな寮)にOtagoのボート部員としていました。僕のFlatにはなんと僕と身長の変わらないPenny(20♀)というmotherがいて食事を作ってくれたりわからないことを教えてくれたりお世話になりました。

IMG_0620左から3人目がPenny  我が家の前で

 

  • 移動

移動には自転車です。大学も艇庫も近くて、日本でストレスをためながら電車に乗っていたのが馬鹿らしく思えました。ただ、NZは天候がcrazyなので何度もびしょびしょになりました。ちなむとKiwiは雨が降っても傘をささないみたいです。

ストレスフリーに思えた移動ですが、この自転車達はパンクを起こしやすく、みんなの自転車が壊れるたびに僕が修理をしていたので僕はボートと英語の他にパンクを直す技術を身に付けました。

IMG_0147坂ばっかりで大変。。。

 

  • 授業

NZの生活に慣れる間もなく授業が始まりました。しかし、英語が聞き取れない。。。初めのうちは全く指示が聞き取れず困っていましたが、中国、サウジ、タイ、など様々な国からの留学生が優しくフォローしてくれました。

他に日本からの留学生もいましたが宮崎や岐阜出身の人がいて方言のお勉強もしました。

IMG_0498卒業証書的なの

 

  • 夕飯

最初のうちは日本と違う、だしの無いというか味が薄いというか、要するにあんまりおいしくない食事に戸惑っていて、G君のSトウのご飯に助けられたりもしました。Pennyと相談して僕らの慣れている洋食menuをわざわざ作ってもらって途中からは大満足でした笑 ラザニアは絶品でした。またKiwi達はとにかく集まるのが好きらしく、夕食のときは近くのFlatにいる友達とBBQをしたりコーチの家にお邪魔したりすることもよくありました。

 

  • 練習

もっとも驚いたことはなんでしょう。それはもちろん練習です。どんなに長くて厳しい練習をしているのだろうと思いきや、実はそんなにしていないんですね。よっぽど日本人の方が漕いでいるじゃないか!!と思いましたがKiwiは考え方が違うみたいです。どんな考え方なのか知りたい人は是非端艇部に入部して僕に聞いてください!!

IMG_0032 (2)

 

 

さてさて文章ばかりでは伝わらないという声が上がっているようなのでここで”NZ思い出ランキング”を発表したいと思います!!

 

第10位  セントクレア&トンネルビーチ

IMG_0420dangerous

IMG_0389dangerous too

自然が大好きな僕にとって最高の場所。

 

第9位  虹

IMG_0346

奇跡的な瞬間に出会えてみんな大はしゃぎ。

 

第8位  Hamish Bondの両親に会ったこと

IMG_0300

Hamish Bondのことについて色々教えて下さるなど、暖かくもてなして下さいました。

 

第7位  試合に出たこと

IMG_0335

IMG_0301

Twizel という場所で開かれ慶応の付フォアが優勝しました!!

 

第6位  コーチの家

IMG_0548

IMG_0550

Dunedinを出発する前日にお世話になったGlenの家に行きました。豪邸です笑

 

第5位  Queenstownの山登り

IMG_0601

 

IMG_0573

非常に過酷な山登りで死を覚悟する瞬間もありました。。。。。でも景色は最高!!

 

第4位  北京五輪のメダリストに会えたこと

IMG_0104

本物のオリンピックのメダルに触っちゃいました!

 

第3位  沈

IMG_0622

沈しました涙 南極からの海水冷たかった

 

第2位  スカイダイビング

Nzone_Skydive_Queenstown_5

IMG_0718

dive直前の緊張感は忘れられません

景色はきれいだったけど息ができなかった、、

 

第1位  仲間に出会えたこと

IMG_0559

IMG_0007

I’ll be back to Dunedin.

 

 

という感じでランキングは終了です。どうでしたでしょうか?

 

 

 

 

ここでNZに行きたいと思った人に朗報です。

 

 

 

 

今年もNZ留学やるらしいです!!!

 

 

体育会に入りたいけど留学もしたいななんて思ってる人はいませんか?ちなみに僕はそうでした。

でもそんなの無理だ、、と思って留学を諦めて入部した端艇部でしたが、幸運にもこういったプログラムに参加することができ、1か月という短期の留学でしたが僕には日本での2年分くらいに感じるほど、毎日数え切れないほどの発見や感動をしました。この留学は一生の思い出、これからの人生の糧になるでしょう。

 

さてさて長くなってしまいましたが今回の投稿が大学で何をしようか迷っている人の心に届いたら幸いです。

 

戸田公園って遠いなぁって思う人、遠いからこそ来てください。そして見てください。

Seeing is Believing!

 

 

最後になりましたが、今回の留学を支援してくださった三田漕艇倶楽部の皆様に心から御礼申し上げます。

 

 

 

それではみなさんごきげんよう。

Next is Takuya Utsugi

Shortlink

ボート部のコックス

こんばんは。石渡くんからのご紹介に預かりました。まむーと呼ばれるものです。

ボート部のコックスです。

 

 

おっと、画面の向こうのあなた、コックスってなにって顔をしていますね??前の人がボートについて少しでも触れていれば、みなさんがコックスを知らずにこんなに苦悩することはなかったでしょうに…

全く。前の記事の人はボートとは全く関係ないことばっか書いてて困りますね。

なんでしたっけ?ぷ。ぷ。ぷ。??いやいやいやいや笑(プププ..

もはや笑いがこみ上げてきますね。

 

さて、ということで今回はボート部のコックスについて語ります。よろしくお願いします。

まずボート部には大きく分けて3種類のジョブがあります。

1.マネージャー

(いなければ部が成り立ちません) ←募集中

2.漕手

(漕ぐ人です。力自慢や、道具を使った競技でスマートにこなすのが好きな人、是非)←募集中

3.コックス

(船は自然とまっすぐ進むものではありません。その船を操縦し、まっすぐ進ませる人。体力は要りません。船を巧みに操ることから、船の上の唯一神と比喩されることもあります。)←大募集中!!!!(後輩欲しい!)

 

今回はコックスの魅力について3ポイントにまとめて書かせていただきます。

 

1.力がいらない

力がいらない?それもそのはず。なぜなら、

“漕いでいないからです”。

写真1番手前側にいるやつがぼくです。つまりどんなに力がなくても体育会ボート部として、十分やっていけるわけですね。はっきり言って、練習中も汗ひとつかきません。マジです。

image

 

 

2.疲れない

ん?練習したら疲れるんじゃないかって?いやいやいやいや笑(プププ…

“まーーーったく疲れません!!!!”

なぜかって?(せーのっ

 

 

“漕いでないからです!!!”

はい、よくできました。漕がないので疲れません。練習後には大学の予習、復習、宿題、全て終えることも余裕です。知的体育会として充分やっていける勉強時間を確保出来ます。現にぼくは難なくやっていけています。体力なくても余裕です。

 

3.ボート部である

ボート部であることで、就職活動が飛躍的に有利になること間違いなしです。はっきり言って、他の部を圧倒出来ます。

漕手と違い、勉強時間も容易に取れるので、勉学において更に差をつけることができますね。はい。つまり、上の上ですね。

ボート部(上)の神(上)って感じですね。

就活のために部活入ろうと思ってる方も是非。

 

 

さあ、長くなりましたがまとめると、

疲れないし、体力いらないし、勉強時間あるし、就活強いし、神だし。

ってところです。

ぼくは、中高ともに帰宅部でゲームばかりしていたインドア派ですが、そんな体力がないぼくでも、体育会?!って思って入っちゃいました。今でも、なんで私が体育会に!!って感じです。

いまの生活は同期や先輩、後輩が多く、とても楽しくて充実しています。

たくさんの方々が我らボート部に興味を持つことを信じて、今これを書いています。

それでは、体育会ボート部をどうぞよろしくお願いします。

乱文失礼いたしました。

 

次回は、「ボート部の星」内田くんです。よろしく!